端末 リモート 追跡 サービス 勝手 に。 「端末リモート追跡 1」Galaxy端末に届いた通知は内部テスト中の誤送信と判明

絶対悪用させない!スマホを紛失した時に困らないための行動

端末 リモート 追跡 サービス 勝手 に

お世話になります。 業務使用で遠隔地に7台のWindows10 PC ThinkPad を設置しています。 常時ログインするわけではなく、必要に応じてRDPで接続しているため、常時PCの状態を把握できておりません。 勝手に電源が切れても困るので、下記の設定を行っています。 ・Windows Updateは時間を指定して実行 ・Windows Updateのための再起動は実行させない ・かわりに、週に1度タスクスケジューラにて再起動を実施している ですが最近、PCの電源が落ちる現象が5台で発生しております。 イベントビューアーでシステムログを確認すると、すべてのPCで --------------------------------------------------------------- システムがスリープ状態になります。 スリープの理由:バッテリ --------------------------------------------------------------- とログが残されているのですが、もちろん電源は常に接続されている状態で、起動時には問題ない残量になっています。 電源も同一の場所から取っているため、電力供給自体遮断された場合は複数のPCが近い時間(長くても1日以内)に 落ちることになると思いますが、発生する日時もバラバラです。 ですので、ログとしてはこちらが残っていますが、バッテリが原因でシャットダウンしたとは考え難いです。 何か、同様の事象や解決策をご存知ないでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。 お世話になります。 業務使用で遠隔地に7台のWindows10 PC ThinkPad を設置しています。 常時ログインするわけではなく、必要に応じてRDPで接続しているため、常時PCの状態を把握できておりません。 勝手に電源が切れても困るので、下記の設定を行っています。 ・Windows Updateは時間を指定して実行 ・Windows Updateのための再起動は実行させない ・かわりに、週に1度タスクスケジューラにて再起動を実施している ですが最近、PCの電源が落ちる現象が5台で発生しております。 イベントビューアーでシステムログを確認すると、すべてのPCで --------------------------------------------------------------- システムがスリープ状態になります。 スリープの理由:バッテリ --------------------------------------------------------------- とログが残されているのですが、もちろん電源は常に接続されている状態で、起動時には問題ない残量になっています。 電源も同一の場所から取っているため、電力供給自体遮断された場合は複数のPCが近い時間(長くても1日以内)に 落ちることになると思いますが、発生する日時もバラバラです。 ですので、ログとしてはこちらが残っていますが、バッテリが原因でシャットダウンしたとは考え難いです。 何か、同様の事象や解決策をご存知ないでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。 マイクロソフト コミュニティへの投稿、ありがとうございます。 症状について確認なのですが、『電源が落ちる』というのは、スリープ状態になっているのでしょうか? それとも、シャットダウンまたは強制終了を行ったような状態のことですか? スリープのことであれば、念のため、スリープに移行するまでの時間の設定を確認してみると良いと思います。 また、同様のログが出ていた下記スレッドの質問者さんの場合は、ハードウェア側の問題だったようです。 津森 美緒 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 津森さん お世話になります。 PCはいつでもリモートログインできるように、電源に接続し、スリープモードにはしない設定となっております。 こちらに関してはノーマークのため、確認してみます。 >電源に接続し、スリープモードにはしない設定となっております。 赤矢印先を ク リ ッ ク。 赤枠内を ク リ ッ ク。 赤枠内を ク リ ッ ク して出た画面の緑枠内を確認。 ハードディスクが図のように時間で切れる設定になっていませんか? 私の設定では100分にしていますが、 初期設定では20分だったと思います。 スリープの時間設定をしていないので放置しておくと、 ハードディスクが時間で切れてしまうのではないでしょうか。 プロフィールでPochi の由来をお教えします。 確かに、おっしゃる通り電源接続時には20分でハードディスクの電源を切るように設定されています。 ただ、こちらの設定でハードディスクの電源が完全に切れてしまうと、他でも大きな問題となっていると思いますので、こちらは未使用時はHDDを休止させる、というような意味合いで今回のPCの電源が切れてしまう件とはあまり関係がないように思います。 ちなみに、多数のメンバーでPCを共有しているため、はっきりとはわかりませんが、PCが使用されない期間が1週間以上に及ぶこともあるかと思います。 はじめに、PCの電源が切れていることを確認してから1ヶ月以上経過しましたが、どのPCも1度しかこの現象が起こっておりません。 安藤坂の Pochi さん、いつもアドバイスありがとうございます。 OSAMU Kurihara さん、こんにちは。 また、起動時には「スリープから復帰しました」のようなログではなく、通常のシャットダウンから起動を行ったときのログ表示になっているでしょうか。 その後現象は再現されていないとのことでなかなか原因特定も難しそうな状況ですね。。。 気休めかも知れませんが、念のため発生した 5 台の PC で電源のトラブルシューティング ツールを実行してみて、しばらく様子を見るようにしてみてはいかがでしょう。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 近藤さん お世話になります。 あまりWindowsに詳しくないのと、公式な場所から得た情報ではないので申し訳ないのですが、 Windows10では高速スタートアップ機能が備わっており、 こちらの機能は内部的にはスリープとして処理される、と見たことがあります。 ですので、ログとしては --------------------------------------------------- イベントID 42 システムがスリープ状態になります。 スリープの理由: バッテリ --------------------------------------------------- が、シャットダウンのログに対応するものだと思っています。 スリープの理由: アプリケーション API --------------------------------------------------- というようなログが出力されました。 起動時のログは今回の現象、故意の再起動にかかわらず --------------------------------------------------- イベントID 1 システムは低電力状態から再開しました。 416681500Z スリープ状態の解除元: 不明 --------------------------------------------------- です。 分後にスリープにするような設定に変更されただけでした、、、 OSAMU Kurihara さん、こんにちは。 ご返信ありがとうございます。 ログの内容からでは原因の特定に繋がるようなものは読み取れないですね。 こちらでは他に確認できそうな設定項目や切り分け方法など、思い当たるものがありませんでした。 お役に立てずごめんなさい。。。 この件について他に何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、書き込みをお待ちしています。 ------------------------------------------- 近藤 茂 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 あなたが送ってくれたスクリーンショットを拝見すると大画面の方で、 ディスプレイの電源を切る・・・適用しない コンピューターをスリープ状態にする・・・適用しない になっています。 >一定時間経過後に スリープする設定が勝手に120分に設定されていて、これが優先されていたようです。 休止状態が勝手に(初期設定では180分だったと思うのですが)120分に なっていたのであって スリープ時間が優先されたわけではありません。 スリープ時間の設定場所はこの上に別にあります。 (赤矢印先) 休止状態は思い切りでかい数字にするよりも なし に設定する方がよいかも。 休止状態はシャットダウンと違い直前の状態を保持したまま電源を切るので、 勝手に切られても実害(データの消失)はありません。 プロフィールでPochi の由来をお教えします。

次の

紛失した Android デバイスの位置の特定、ロック、データ消去を行う

端末 リモート 追跡 サービス 勝手 に

目次: 1. 誰もが他人事ではない、スマホ乗っ取り 1-1. スマホ乗っ取りとは 自分のスマホが第三者によって遠隔操作されたり、操作不能にされてしまうことを、スマホ乗っ取りといいます。 乗っ取るという言葉の通り、自分の意思とは無関係に操作をされてしまうので、重要な個人情報が流出したり、端末そのものを使用不能にされてしまうなど重大な被害に及ぶことがあります。 乗っ取ったスマホからネットサービスやSNSなどにログインをされてしまうと二次的な被害が発生することも考えられるので、スマホ乗っ取りはとても危険です。 しかも厄介なことに、自分のスマホが乗っ取り被害に遭っているかどうかが分かりづらく、今お使いのスマホがもしかすると知らないうちに乗っ取られているかも知れないのです。 1-2. スマホ乗っ取りの被害に遭うと起きること 1-2-1. 遠隔操作されて盗撮や盗聴につながる スマホが乗っ取られると、内蔵カメラやマイクの遠隔操作が可能になります。 その機能を利用して遠隔操作で写真や動画、音声などを撮られてしまうので盗撮・盗聴につながります。 近年のスマホはカメラ機能がますます進化しており、自慢のカメラ機能を使って自分が盗撮されるというのはとても皮肉なことです。 1-2-2. 端末にロックをかけられて身代金を要求される ウイルスに感染したパソコンに保存されているデータを暗号化して読み込めなくした上で、その復号を引き換えに金銭を要求するランサムウェアというマルウェアがあります。 それと全く同じ手口でスマホにロックを掛けられてしまい、そのロック解除と引き換えに金銭を要求する被害が発生しています。 スマホの中には電話番号のリストやデータなどが保存されているため、そのデータもろとも端末が人質となって身代金を要求されるため、被害に遭うと重大な事態となります。 1-2-3. 個人情報などの漏洩 電話番号やSNS、メールアドレスなどスマホは個人情報の「宝庫」です。 攻撃者はその個人情報を狙っており、その手口としてスマホ乗っ取りを企てています。 個人情報が漏洩すると登録されている友人、知人などに対する攻撃につながりやすく、被害が拡大する恐れがあります。 1-2-4. アカウントの乗っ取り、不正利用 スマホはとても便利な端末なので、スマホを利用してさまざまなネットサービスを利用している方は多いと思います。 SNSやネットバンキングなど、これらのサービスを利用するにはログインするためのアカウント情報が必要ですが、スマホが乗っ取られるとこうした重要な情報も知られてしまう可能性があり、自分のSNSへ勝手に投稿をされたり、ネットバンキングで不正に送金をされてしまうリスクにつながります。 いずれも被害に遭った時の影響がとても大きいため、それを防ぐためにもスマホ乗っ取りに遭わないようにしたいところです。 1-2-5. 位置情報の漏洩 スマホには位置情報を取得する機能があります。 位置情報機能はSNSやゲームなどに幅広く利用されていますが、攻撃者によってスマホが乗っ取られるとこの位置情報も筒抜けになってしまい、自分がいる場所を特定されてしまいます。 プライバシーに関わるだけでなく、防犯という意味においても位置情報が意図しない相手に知られることは好ましくありません。 1-3. スマホ乗っ取りの主な手口、侵入経路 1-3-1. 不審なWi-Fiアクセスポイント 公衆Wi-Fiスポットの増加により、無料で利用できるWi-Fiを日常的に利用している方は多いと思います。 こうしたWi-Fiスポットの中には悪意をもって設置されたものも存在しており、そうしたWi-Fiアクセスポイントに接続してしまうと、それがスマホ乗っ取りにつながる恐れがあります。 不正なWi-Fiアクセスポイントに接続するだけなら情報が筒抜けになってしまうだけですが(これだけでも好ましくはありません)、サイトのアクセス先を攻撃者によって変更されてしまい、不正アプリをインストールされて乗っ取り被害に遭う・・・ということも技術的に可能なので、信頼できないWi-Fiアクセスポイントには無闇に接続するべきではありません。 1-3-2. 不正アプリ、ウイルス 悪意をもって作成された不正なアプリのインストールやウイルス感染させることによって、スマホを乗っ取ることが可能です。 他の目的をもったアプリであることを偽装して、それをインストールしたら不正プログラムやウイルスも一緒に入り込んでしまうという手口が多く見られます。 1-4. スマホ乗っ取り犯の目的とは 1-4-1. 金銭の窃取 スマホ乗っ取りに限らず、攻撃者にとっての最も直接的な目的は金銭です。 ランサムウェアのように保存されているデータや端末そのものを人質として身代金を要求する手口をはじめ、その他にもネットバンキング口座を不正使用して金銭を窃取するなどの被害が考えられます。 その他にもクレジットカード決済でオンラインショッピングを利用している人のスマホからカード情報を盗み取って、そのカード情報で勝手に買い物をされてしまうという被害もあり、攻撃者はあらゆる方法で不正に金銭を得ようとしています。 1-4-2. 情報の盗み取り 個人情報の宝庫と言われるスマホを乗っ取ることによって、その中に保存されている重要な情報を意のままに盗み取ることも、攻撃者にとっての大きな目的です。 スマホ本体に保存されている情報だけでなく、そのスマホから利用しているオンラインストレージに保存されている情報も含めると、スマホを乗っ取ることによって盗み出せてしまう情報は広範囲に及びます。 1-4-3. ストーカー、嫌がらせ 特定の人をターゲットとして個人情報や行動の記録などを盗み取るには、今やスマホを乗っ取るのが攻撃者にとって最も効果的でしょう。 ストーカーから逃れるために転居をしたとしても、スマホを乗っ取られてしまうと位置情報から新しい住居の場所を特定できてしまいますし、交友関係なども一目瞭然になってしまいます。 ストーカーや嫌がらせを企てている攻撃者にとっても、スマホを乗っ取ることは大きな意味があるのです。 自分のスマホが乗っ取り被害に遭っていないか調べる方法 2-1. セキュリティアプリでウイルス感染をチェックする スマホの乗っ取りはマルウェア ウイルスもマルウェアの一種です に感染させることで行われるケースが多いため、こうしたマルウェアがインストールされていないかをチェックすることは乗っ取り被害の有無を調べるのに有効です。 代表的なスマホ向けセキュリティアプリには無料体験版が用意されているので、まずは体験版を利用してマルウェアの有無(今回は乗っ取り可能性の有無)を調べてみましょう。 偽のセキュリティソフトも存在するため、有名なブランドのものを使用されることを推奨します。 ノートン以外の製品についてはそれぞれの会社の手順に従ってください。 【iOS】 iPhoneの場合は脱獄(ジェイルブレイク)をしていない限りはマルウェア感染の可能性は低いとされていますが、見に覚えのないアプリがインストールされている場合、乗っ取りもしくはそれに近い被害に遭う可能性があります。 インストールした覚えのないアプリがないかどうかをチェックしてみることをおすすめします。 iPhoneのウイルスに関しては、以下の記事もご参照ください。 2-2. SNSなどネットサービスの不正使用を調べる SNSなどのネットサービスを利用している場合、スマホが乗っ取り被害に遭うとそれらのサービスを利用するためのアカウントが不正使用される可能性があります。 FacebookやTwitterに身に覚えのない投稿を自分がしていたり、知らないうちにLINEのメッセージを知人に送っているケースはそれぞれのSNSサービスまたはスマホの乗っ取りによって可能になるものなので、ご自身がお使いのアカウントで自分が知らない時にログインしていないかを調べると乗っ取り被害の有無を調べることにつながります。 以下の代表的なサービスをお使いの方は、それぞれの方法で調べてみてください。 ここで表示されているのは、Facebookにログインをした履歴情報です。 現在進行中のところに身に覚えのない場所やデバイスが表示されたら、第三者がログインしている可能性があります。 なお、場所についてはスマホが位置情報を間違えて取得していることもあるので、より正確に表示される「機器に種類」に注目してご自身がお使いではないデバイスが表示されたら要注意です。 Facebookに何者かがログインしているからといってスマホが乗っ取られていると決まったわけではありませんが、スマホの乗っ取りが原因であることもあります。 Facebookのセキュリティについては、「」にも詳しい情報があるのでそちらもご参照ください。 ・Twitter まずはご自身のツイートやダイレクトメッセージを確認して、身に覚えのないツイートが投稿されていないか、またはダイレクトメッセージが送信されていないかをチェックしてみてください。 Facebookと同様、Twitterのアカウントが乗っ取られているかといってスマホが乗っ取り被害に遭っていることと同義ではありませんが、異常事態であることに違いはないのでパスワードを変更するなどの対策をとってください。 Twitterのセキュリティについては、「」も併せてお読みください。 ・Gmail Gmailでは、普段利用していない環境からのログインがあるとメールで通知される機能があります。 その通知内容に心当たりがない場合は、不正にログインされている可能性大なので、スマホ乗っ取りの可能性も疑ってみてください。 GmailはGoogleアカウントからログインするため、Googleアカウントのログイン履歴を確認すると、最後にログインをした日時が分かります。 この日時が身に覚えのない日時ではないかも確認してみてください。 Gmailアプリの左上にある三本線アイコンをタップして、アカウント名の下向き三角形をタップします。 そこで表示される「アカウントを管理する」をタップ、その次の画面で「Google」をタップします。 ここでGmailの項目を見て、その最終同期日時に心当たりがあるかどうかを確認してください。 Gmailのセキュリティについては、「」にも詳しい解説があります。 2-3. 身の覚えのないアプリがインストールされていないか調べる お使いのスマホに身に覚えのないアプリがインストールされていないかをチェックしてみてください。 アプリのチェックはスマホ乗っ取りの有無を調べるという以外の意味でも有意義なので、定期的にインストールされているアプリをチェックする習慣づくりをおすすめします。 2-4. その他、「兆候」から乗っ取り被害を察知する あくまでも主観的な判断方法ですが、マルウェアなど意図しない動作をするものがインストールされている場合、それが動作することによってスマホの動作を重くしたり、バッテリーの消耗を早めたりすることがあります。 特に普段と違う使い方をしていないのに動作が急に重く感じたり、電池の消耗が早いと感じたら、それをきっかけに上記の方法でチェックをしてみてください。 スマホ乗っ取りが疑われる場合に取るべき対処 3-1. 不審なアプリをアンインストールする 「2-3. 身の覚えのないアプリがインストールされていないか調べる」で、身に覚えのないアプリがインストールされていないかチェックする習慣づくりをおすすめしましたが、不審なアプリを見つけたらアンインストールしてしまいましょう。 自分でインストールした覚えがあるかどうかが重要なので、日常的にたくさんのアプリをインストールする人だと見つけづらいかも知れません。 そのためには、インストールしたアプリが不要になったら削除しておくことも併せて習慣づけておくと良いでしょう。 3-2. スマホを初期化する スマホを工場出荷時の状態に戻すことができるので、乗っ取りが疑われる場合は初期化をしてしまうことでスマホの乗っ取りに関わっている不正アプリやウイルスなども一緒に削除することができます。 この際、スマホの中に保存しているデータは当然ながら失われます。 連絡先やSNSのログイン情報、画像や動画など必要なものはバックアップをとった上で初期化することを忘れないでください。 3-3. 買い替えを検討する スマホの初期化と同様、新しいスマホに買い替えることで乗っ取り被害の疑いを解消することができます。 あくまでも最悪の場合に採るべき対処ですが、そろそろスマホが買い替え時期に差し掛かっているのであれば、これをきっかけに買い替えを検討しても良いかも知れません。 スマホのライフサイクルはおおむね2年とされており、機能面は使い勝手だけでなくセキュリティの面でも買い替えは有効です。 スマホ乗っ取りに遭わないための対策5ヶ条 4-1. アプリのダウンロードは信頼できるところから さらに万全を期するのであれば、メールのURLや広告などをクリックするのではなく、ダウンロードしたいアプリの公式サイトにアクセスをして、そこにあるGoogle PlayやAppStoreへのリンクをタップしたり、Google PlayやAppStoreを立ち上げてそこから検索してダウンロードページに進む方がより確実です。 この方法であれば、偽のアプリダウンロードページを回避することができるためマルウェアを含んだ偽アプリをダウンロードしてしまう可能性が限りなく低くなります。 iPhoneの場合は脱獄(ジェイルブレイク)をしていない限り、AppStoreからしかアプリをインストールすることができません。 もちろんこれは安全性を高めるための措置なので、決して脱獄をすることなく安全性を確保した状態で使用してください。 4-2. 無料Wi-Fiを利用する際の注意点 無料Wi-Fiはとても便利ですが、無防備に使用するのはセキュリティ上好ましくありません。 特に無料で提供されている公衆Wi-Fiサービスなどは暗号化されていない場合が多く、通信内容が筒抜けになってしまいます。 そこからSNSなどのログイン情報が漏洩してアカウントを乗っ取られたり、偽アプリのダウンロードページにアクセスさせられてスマホ乗っ取りウイルスに感染したりと危険が多いので、「鍵マーク」がついていないWi-Fi、とりわけよく分からない名前のアクセスポイントへの無防備な接続は危険です。 以下のようなWi-Fiアクセスポイントがある場合、赤い囲みをしているアクセスポイントのうち、上のアクセスポイントは鍵マークがついているので暗号化されていますが、下のアクセスポイントは鍵マークがなく通信内容が筒抜けになる恐れがあります。 鍵マークのあるアクセスポイントを優先的に利用することを心がけ、その上で無料Wi-Fiサービスを利用する場合はそのサービスが提供されている場所なのかを確認して(偽アクセスポイントへの接続を避けるため)、接続するようにしてください。 アクセスポイントの名前は自由に変えることができるため、実在する企業やサービス名になっていたり、紛らわしい名称になっていることもあります。 くれぐれも注意してください。 4-3. セキュリティアプリをインストール、有効化しておく 「2-1. セキュリティアプリでウイルス感染をチェックする」でご紹介したものを中心に、セキュリティアプリをインストールして常に最新の状態にしておくと乗っ取り被害を水際で防げる可能性がグッと高くなります。 スマホの乗っ取り以外にもさまざまな脅威に対して有効なので、今やスマホもパソコン同様にセキュリティアプリが必須の時代だという認識を持ちましょう。 Androidに対してiPhoneはiOSの仕様上マルウェアスキャンが出来ません。 iPhoneはもともとiOSが持っているセキュリティ機能がありますが、その機能を損ねるような改造(脱獄など)をしたり、自ら不審なアプリをインストールするようなことは避けましょう。 4-4. SNSやメールにある不審なリンクをタップしない 攻撃者はあの手この手でマルウェアに感染させようとしてきます。 SNSやメールなどから不審なリンクが届いたとしたら、それは攻撃者によるものかも知れません。 知人のスマホがすでに乗っ取られてしまい、その友達リストを利用して不審なメッセージを送りつけてくる可能性もあるので、発信者が知っている人だとしても不審なリンクを安易にタップすることは避けましょう。 逆に自分のスマホが乗っ取られてしまうことにより、知人にマルウェアをばらまくことにもつながります。 4-5. 定期的にバックアップを取っておく 最終手段としてスマホを初期化する場合や、ランサムウェアの被害によって中のデータを回復不能になってしまう場合など、スマホが乗っ取られることによってスマホの中に保存されているデータは極めて危険な状態になります。 そのような事態に備えて自動的に大切なデータがバックアップされるように設定しておくと安心です。 Android、iOSそれぞれで設定する方法は「」で解説していますので、できるだけ早く設定しておくことをおすすめします。 まとめ ご自身のスマホが乗っ取り被害に遭っているのでは?と不安をお感じの方が今すぐできる調べ方や対処を解説してきましたが、不安は解消できましたでしょうか? また、スマホ乗っ取りは他人事だと思っていた方も、この記事をここまでお読みいただいたら「自分のスマホも調べてみて、適切な対策をとっておこう」と思われたのではないでしょうか。 セキュリティの技術はどんどん進歩していますが、最後はユーザーの心構えが結果を左右します。 まずは今が安全なのかをしっかり確認した上で、今後においても乗っ取り被害に遭わないように適切な対策で臨みましょう。

次の

【サムスン】誤って世界中のGalaxyに「端末リモート追跡」通知を送信。ユーザーを怯えさせる[2/24]

端末 リモート 追跡 サービス 勝手 に

おそらく、「勤務中にインターネットで遊んでいると分かりますよ」ということ らしいです。 しかし、私にはそんなシステムが導入されているとは思えません。 脅しのような話ならひどい会社です。 1 遠隔操作用のソフトが入っているのかどうか確認する方法はありますか? 2 遠隔操作ができる』とは、具体的にどういうことでしょうか? オンタイムで同じ画面を見ることができてしまうということか、 どんな作業、閲覧、印刷をしたかデータとして履歴が残るのか。 以下、環境です。 ・Microsoft XP ディスクトップ ・PCは社員共有 ・社員それぞれが持つID、パスワードでパソコンにログインする ・シャットダウンと同時に不要なファイルは削除され、社内SEが設定した初期にもどる (マイドキュメント、ゴミ箱などはない) お昼休み中はPCを自由に使っていいことになっており、 宅配野菜や本などをネットで購入したりしています。 見られても困ることはありませんが、それでも、プライベートの事なので、 あまり気持ちの良いことではありません。 ネットワークについては全く無知なのでどうぞよろしくお願いします。 勤務している会社のパソコンは『遠隔操作ができる』という話を聞きました。 おそらく、「勤務中にインターネットで遊んでいると分かりますよ」ということ らしいです。 しかし、私にはそんなシステムが導入されているとは思えません。 脅しのような話ならひどい会社です。 1 遠隔操作用のソフトが入っているのかどうか確認する方法はありますか? 2 遠隔操作ができる』とは、具体的にどういうことでしょうか? オンタイムで同じ画面を見ることができてしまうということか、 どんな作業、閲覧、印刷をしたか... A ベストアンサー 会社PCということであれば、資産管理ソフトウェアが導入されている可能性があります。 その様なソフトが入っていれば、メールの送受信ログ・Webサイトのアクセスログも取られている可能性があり、 また、Windowsのリモートデスクトップと違って、使用者に分からないように遠隔操作で画面だけ見たりすることも可能です。 njs-net. motex. html > 1 遠隔操作用のソフトが入っているのかどうか確認する方法はありますか? タスクマネージャを起動し、普段のWindowsで動いているもの以外のプロセス名を見つけたら、ググると上記のようなシステム管理製品名が出てくるかもしれません。 > 2 『遠隔操作ができる』とは、具体的にどういうことでしょうか? リモートデスクトップと違って、同じ画面を同時に見て、操作したり出来ます。 PCサポートには有用です。 操作はせず、見るだけ、ということも出来ます。 そして、動作ログの取得により、どのファイルにアクセスしたか、どのURLにアクセスしたか、そしてどんな印刷をしたかわかります。 ただまあ、SSLで接続している場合は、アクセスしたURLはわかっても、その時の画面や入力内容まではわかりません。 きちんとSSL構成されているログイン画面や注文画面だったなら、個人のパスワードや電話・住所などの入力はシステム管理者も知り得ないということですね。 会社PCということであれば、資産管理ソフトウェアが導入されている可能性があります。 その様なソフトが入っていれば、メールの送受信ログ・Webサイトのアクセスログも取られている可能性があり、 また、Windowsのリモートデスクトップと違って、使用者に分からないように遠隔操作で画面だけ見たりすることも可能です。 njs-net. motex. html > 1 遠隔操作用のソフトが入っているのかどう... Q 初心者です(初心者が技術者向けカテゴリーで質問して,すみません) 知人が新品のパソコンを購入して1ヶ月弱使用した後に わけあって私がそれを知人から買い取りました. それ以来ずっと私はそのパソコンを使っています. この状況で,例えば私がインターネットでどのサイトを見てるとか 何を検索しているとか, メールソフトの送信メールや受信メールの内容だとか パソコンに保存しているマイドキュメントの内容などなど そういったパソコンの使用状況や内容を その知人…つまりこのパソコンの元・持ち主が 知人本人のパソコン等から監視したり覗き見したりすることは 何らかのソフトを使うなどして可能のようですが 〈1〉実際に監視、覗き見されているかどうかを調べる方法. 〈2〉もしされていた場合にそれを阻止する方法. この2点について知りたいです. 初心者でもわかるように教えていただけるとありがたいです. お願いします. A ベストアンサー >古いパソコンから新しいパソコンへソフトをインストールする方法も >わからないのですが教えていただけますか? ?? 古いPCにはどうやって入れたんでしょうか? もしかして、古いPCのソフトをそのまま移動したいとお考えなら それは無理です。 というか、やってはいけません。 ソフトは通常、PC1台に1本必要なので、 新しいPCに入れたければ古い方は削除が必要です。 ですので、古いPCに入れた方法をもう一度新しいPCでやり直せば OKです。 >また,古いパソコンからメールやドキュメントなどのデータを移動す >る際に,ウィルスチェック等は何もせずに,データをCDなどに入れて >そのまま新しいパソコンへ移動させるだけでは問題ありますか? > 新しいパソコンも監視されてしまう可能性…という意味です. そもそもこれ自体も意味不明です。 新しいPCにウイルス対策ソフトを入れ、ちゃんとスキャンすれば 問題ありません。 というか、今現在、新しいPCにそういったソフトは入れてないのでしょうか? 後、補足ですが、監視ソフトはウイルスとは別物の場合がほとんどです。 今回のケースだと、無差別的に情報をネットで流す物ではないので ウイルスではないと考えます。 混同しないように。 (一部、情報を外に漏らすウイルスもありますがその場合は無差別的が多いです。 ) 今現在、それから新しい環境にもウイルス対策はしてください。 >古いパソコンから新しいパソコンへソフトをインストールする方法も >わからないのですが教えていただけますか? ?? 古いPCにはどうやって入れたんでしょうか? もしかして、古いPCのソフトをそのまま移動したいとお考えなら それは無理です。 というか、やってはいけません。 ソフトは通常、PC1台に1本必要なので、 新しいPCに入れたければ古い方は削除が必要です。 ですので、古いPCに入れた方法をもう一度新しいPCでやり直せば OKです。 >また,古いパソコンからメー... Q 離れているPC同士で 相手のPCの検索履歴を見ることは可能でしょうか。 彼氏に私のパソコンを見られている気がしてなりません。 また、私がPCを接続している時間も把握しているようです。 具体的には「PCをつけているのに、なぜメールの返信がないのか」 「PCをつけているのに、スカイプにログインしないのはなぜか」 と言われたことがあります。 彼は「PING送信すれば簡単にわかることだ」と言っていましたが 私はPCに詳しくないので、よくわかりません。 調べてみましたが、やはりわかりませんでした。 また、以前私のPCの調子が悪くなり 「パソコンの中身をチェックしてあげるから」と言われ VNCという遠隔操作のためのソフトを入れたことがあります。 このソフトが関係あるのでしょうか。 ちなみに、今はそのソフトはアンインストールされています。 彼は一度も私のPCに直接触れたことがありません。 どなたか、詳しい方にご助言いただきたく思います。 よろしくお願いいたします。 離れているPC同士で 相手のPCの検索履歴を見ることは可能でしょうか。 彼氏に私のパソコンを見られている気がしてなりません。 また、私がPCを接続している時間も把握しているようです。 具体的には「PCをつけているのに、なぜメールの返信がないのか」 「PCをつけているのに、スカイプにログインしないのはなぜか」 と言われたことがあります。 彼は「PING送信すれば簡単にわかることだ」と言って... A ベストアンサー 貴方のPCのセキュリティに関していえばリモート接続を許可した時点で相手のなすがままの状態と考えられます。 又、既にリモート接続に使用したソフトは判明していますが、これは正に氷山の一角と考えて良いでしょう。 これはウイルスやスパイウェアに感染した時と同じで侵入に成功したらより高度なリモート操作が可能なプログラムを自由に設定できるからです。 dslmaniacs. htm 他の方の指摘があるようにリカバリからやり直したほうが良いでしょう。 但し既にリモート接続されているものは既に監視下にあるものと想定して下さい。 具体的なリカバリに関してはメーカーの機種より異なります。 PCのマニュアルを揃えて初期出荷状態に戻すというマニュアルを探してください。 そこにやり方は書いてありますが、メーカーの用意しているのは初期出荷状態に戻す為の手順だけです。 既に使用しているメアド設定やメールなどのデータは破棄されてしまいます。 自分の大事なデータをバックアップしてからリカバリ作業に入ってください。 折角リカバリするならば下記のリカバリの手順を参考にされるとかなりしっかりしたセキュリティを構築できます。 way-nifty. way-nifty. html 尚、リカバリが終わり設定などが済むまではLANコードを抜いてネットには接続しないでください。 このリカバリ基本編 応用編の手順をダウンロードしてそれを見ながら作業する様にしてください。 貴方のPCのセキュリティに関していえばリモート接続を許可した時点で相手のなすがままの状態と考えられます。 又、既にリモート接続に使用したソフトは判明していますが、これは正に氷山の一角と考えて良いでしょう。 これはウイルスやスパイウェアに感染した時と同じで侵入に成功したらより高度なリモート操作が可能なプログラムを自由に設定できるからです。 dslmaniacs. htm 他の方の指摘があるようにリカバリから... A ベストアンサー こんばんは 私はクラシックスタートメニューにしていたので説明不足でした。 itmedia. html こんばんは 私はクラシックスタートメニューにしていたので説明不足でした。 A ベストアンサー 一般的に、監視するにはエージェントをあらかじめインストールする必要があります。 これは、ファイルのコピーやプリントアウト等のログ収集目的ですが、これならばNo2の方のとおり、一つ一つネットで調べれば監視エージェントがインストールされてるか否かは自力で分かります。 がんばって下さい。 ただ、自分が会社のインフラを使用して、どのWebサイトを閲覧したかどうかを知られたくないのであれば、PHSカードなどを自腹で購入し、Web閲覧はそのカードを使用するのがいいのでは、と思います。 また、従業員の業務効率を著しく低下されるようなWebサイトにフィルタリングがかかっていないような環境であればWebのアクセスログもとっていないでしょう。 最後に、、、変なサイトを見て、社内にウィルスをばらまいたら人間失格です。 A ベストアンサー 「ESTABLISHED」はそのIPのポートにパケットが到達したという、漠然としたものです。 gojyouagaruさんのIPに対して通信を行っているものは既にいくつかあるはずです。 ・プロバイダのDNS ・プロバイダのプロキシ ・ルータ ・自分のサーバ(立てていればですが) 実際、自分のPCが何のポートを空けている(監視している)か、どのようなサーバサービス(例えばApacheを立てているかなど)に対して、プロバイダ以外の不明なIPが接続されているならば、アタックを受けている可能性があると判断出来ます。 ただし、内部セグメント(LAN側)にgojyouagaruさんのPCがある場合には、ルータあるいはファイアウオールにて許可していなければ、何か不正アクセスをされるということはないでしょう。 あったとしても、セキュリティホールがあるかどうかチェックしているだけかもしれません。 プログラムを入れられたりするのは、単なるJava系のウィルスだと思うので、それはgojyouagaruのみに対して行ったハッキングではなく、不特定多数に対する愉快犯的な行為だと思います。 もしも気になるようでしたら、「パーソナルファイアウオール」などのセキュリティソフトを入れて、監視および拒否してくれるようにしておけばいいと思います。 「ESTABLISHED」はそのIPのポートにパケットが到達したという、漠然としたものです。 gojyouagaruさんのIPに対して通信を行っているものは既にいくつかあるはずです。 ・プロバイダのDNS ・プロバイダのプロキシ ・ルータ ・自分のサーバ(立てていればですが) 実際、自分のPCが何のポートを空けている(監視している)か、どのようなサーバサービス(例えばApacheを立てているかなど)に対して、プロバイダ以外の不明なIPが接続されているならば、アタックを受けている可能性があると判断出来ます。 A ベストアンサー A1. 可能です。 小規模な台数なら、暇な時にネットワーク管理者に見られてるかも。 同じ立場のクライアント同士でも、共有アクセスを許可していれば、簡単に見られてしまいます。 他の回答にあるように、sirimarimoさんの退社後に見られる可能性もあります。 2.[全般]タブの[インターネット一時ファイル]のクリアをする 3.[設定]ボタンをクリックして「保存しているページの新しいバージョンの確認」を「ページを表示するごとに確認する」にする 4.同じダイアログの「使用するディスク容量」を0MBにする 5.[プライバシー]タブの[詳細設定]ボタンをクリックして、クッキーをブロックするに設定する 6.[コンテンツ]タブをクリックして[オートコンプリート]ボタンをクリック、チェックを全て外して、フォームとパスワードのクリアをする 7.[詳細設定]タブをクリックして、[ブラウズ]の項目にある「Webアドレス用のインラインオートコンプリートを使用する」と、「エクスプローラのインラインオートコンプリートを使用する」のチェックを外す 以上を設定し直しておけば、履歴が残りません。 画像についてですが、ホームページ上での表示なら、「最近使ったファイル」には残りませんが、画像単独でフォトエディタなどで開いた場合は残りますので、以下の方法を実行します。 vector. html A2. A1の回答にあるように、オートコンプリートを無効にしておけば、ユーザーIDとパスワードを知られる事が無いですから、大丈夫です。 いずれにしろ、これらの処置をすると、キャッシュを貯めないので、IEの表示スピードが遅くなったり、入力補助が働かないので、面倒な操作が増えますが、プライバシーは守れます。 但し、職場のマシンを個人的に利用するモラルの問題もありますから、実行するかしないかは、siromarimoさんの判断にお任せします。 vector. html A1. 可能です。 小規模な台数なら、暇な時にネットワーク管理者に見られてるかも。 同じ立場のクライアント同士でも、共有アクセスを許可していれば、簡単に見られてしまいます。 他の回答にあるように、sirimarimoさんの退社後に見られる可能性もあります。 2.[全般]タブの[インターネット一時ファイル]のクリアをする 3.[設定]ボタンをクリックして「保存しているページの新しいバージョンの確認」を「ページを表示するごとに確認する」にする 4....

次の