織田 裕二。 織田裕二の嫁と子供まとめ!結婚した妻の野田舞衣子が美人すぎる【画像あり】

【画像】織田裕二の若い頃は?学生時代のエピソードや経歴・デビューのきっかけも調査!|まるっとログ

織田 裕二

プロフィール 氏名:織田裕二 本名:織田 裕二(おだ ゆうじ) 生年月日:1967年12月13日 出生地:神奈川県川崎市 身長:177cm 血液型:A型 職業:俳優・歌手 事務所:BAC CORPORATION 織田裕二さんと言えば、『 東京ラブストーリー』、『 振り返れば奴がいる』、『 お金がない』、『 踊る大捜査線』など、 数々のヒットドラマに出演した、日本を代表する俳優です。 歌手としても『 歌えなかったラブ・ソング』 などのヒット曲を持っています。 1987年公開の映画『湘南暴走族』に、 出演者オーディション数万人の中から選ばれて、 デビューしました。 主役デビューの江口洋介さんと名演技を見せました。 1989年、東宝映画『彼女が水着にきがえたら』 で原田知世さんの相手役に選ばれ、知名度を上げます。 1991年、ドラマ『 東京ラブストーリー』 のカンチ役で大ブレイク! 「 月9」 という言葉もこのドラマから生まれたんですね~。 その後も1990年代の数々のドラマに出演し、 1997年の『 踊る大捜査線』の青島刑事役がハマリ役になり、 代表作になりました。 織田裕二は性格悪くて干された!? 1990年代~2000年代は大活躍だった織田裕二さんですが、 最近、 「見ないな~」と感じている読者の方も多いのでは?。 音楽活動も2008年をラストにされていないようです。 この現状に 「干された?」という噂が飛び交っています。 しかもその理由が、本人の 性格にあるという噂が…。 そんな織田裕二さんの悪い噂をまとめてみました。 ・『踊る大捜査線』の撮影現場で、 他の役者さんとうまくいってなくて、スタッフにも怒鳴ったりわがままを言ったりと、困らせているそうです。 ・特に柳葉敏郎さんとは犬猿の仲だそう。 織田裕二さんのわがままを柳葉敏郎さんがたしなめる場面もちらほ らあったらしいです。 織田裕二さんのダメ出しに深津絵里さんが泣いてしまう場面もあっ たとか? ・織田裕二さんは他の役者さんのことなど気にしていない様子。 時間が押そうが、何をしようが、 自分の撮影には納得するまで時間をかけるそうです。 ・現場のスタッフや他の役者さんたちとは、 一切プライベートな付き合いはしないようです。 自分の撮影時間以外はずっとホテルにこもっていて、 自分が認めた相手としか挨拶なし。 ・自分のモノマネをする芸人に対して、 気に入らないという内容の発言を自身のブログに投稿したとか。 器の小さい大物俳優として話題になったそうです。 以上・・。 1990年代からのあまりの人気ぶりに天狗になっているのかもし れません。 これでは、スタッフや共演者から突き放されて、干されても仕方ないかも…。 織田裕二の結婚した嫁や子供! そんな織田裕二さんですが、 2010年8月16日に 12歳年下の一般人女性と結婚しています。 奥さんの名前は 野田舞衣子さんという噂が流れています。 芦屋育ちで、中学・高校・ 大学と甲南女子学園に通っていたそうです。 生徒会経験もあり、なかなか目立つ存在だったとか。 大学卒業後は、読者モデル、タレントとして活躍した後、 美容研究家として雑誌「25ans」の編集にも携わり、 結婚を機会に寿退社しました。 野田舞衣子さんの父親はアパレル企業の重役であると同時に、 ファッション業界の大物らしいです。 つまり、 セレブ嬢だということですね。 綺麗なかたですよね~。 イロイロとうるさそうな性格だと言われている織田裕二さんでも惚れたってのが、納得出来ちゃいますね~。 笑 織田裕二さんと出会ったきっかけは、 知人同士で開催した合コンで、 7年付き合った上で結婚したそうです。 ちょっと性格に難ありの織田裕二さんをまとめられるのは、 こういうセレブな方なのかもしれませんね。 2014年10月末には第一子となる 長男が誕生しています。 私生活については断固秘密主義を貫いている織田裕二さんですから 、残念ながら息子さんの写真は見当たりませんでした…。 ひょっとしたら、子どももかわいい盛りですし、 家庭を大切にするために最近はテレビでの露出が減っているのかもしれませんよ。 もしそうだとしたら、織田裕二さんの株が少し上がりそうですが…。 色々と良くない噂もある織田裕二さんですが、 演技力についてはおおむね 高評価です。 明らかに違う人格を、 きちんと使い分けるカメレオン俳優だという声があります。 『 踊る大捜査線』や『お金がない』の少しコミカルな役から、『 振り返れば奴がいる』のシリアスな役まで使い分ける器用さ。 また、 織田裕二さんは同時期に花開いた江口洋介さんと比較されることが 多いようです。 『湘南暴走族』 では江口洋介さんの方が上手いという声が多く、 貫禄もあったと言われています。 『東京ラブストーリー』 も江口洋介さんの方が演技力が高かったと言われているそうです。 しかし、そんな織田裕二さんに転機が訪れます。 1993年の『 振り返れば奴がいる』です。 それまでのコミカルな役とは逆のシリアスな冷徹な役を演じ切りま した。 「まだ20代の若者ができる演技ではない」 という声が多く上がっています。 脚本家の三谷幸喜さんも 「 織田さんがいなければ、成り立たなかったドラマだった」 と太鼓判です。 こだわりを持ってるからこそ、いい演技ができる反面、偏屈に思われてしまうのかもしれませんね。 性格には少し問題がありそうですが、やはり、 織田裕二さんには俳優として、 名演技を見せる役者としてこれからも活躍してほしいです。 新ドラマが楽しみですね! これからも織田裕二さんを応援していきたいと思います! 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 フェイスブックやTwitterなどのフォローもお待ちしてます! 他にも、気になるあの方の噂をオモシロおかしくお伝えします。 ごゆっくりご覧ください!.

次の

高視聴率男!織田裕二主演ドラマ歴代視聴率ランキングTOP10

織田 裕二

引用:ビタミンママ 小学生だった織田裕二さんは、 桐蔭学園小学校に通っていました。 桐蔭学園は 神奈川県の横浜市青葉区にある学校で、小学校から大学まで一貫教育で学べる有名校です。 1974年に入学し、1980年に卒業しています。 名称:桐蔭学園小学校• 住所:神奈川県横浜市青葉区鉄町1614 織田裕二の小学生時代のエピソード 小学生の時の織田裕二さんは、 少年野球でリトルリーグや地元のチームに所属。 野球が大好きな少年だったようです。 野球の他には、ラグビーもかじっていたというから、スポーツ万能だったんですね。 この頃の夢は 「野球選手か漁師」だったといいます。 織田裕二の中学生時代 織田裕二さんは、 桐蔭学園中等教育学校・男子部に、1980年4月に入学。 3年間の中学校生活を送り、1983年の3月に卒業されています。 桐蔭学園中等教育学校・男子部は、 偏差値は52~53位の、周囲ではなかなかの難関校と言われる学校です。 この学校の出身者には、 「椿鬼奴」さんも。 ただし、織田裕二さんと椿鬼奴さんは年齢が4歳差ということで、同時期に通われていたかは不明です。 名称:桐蔭学園中等教育学校・男子部• 住所:神奈川県横浜市青葉区鉄町1614 場所は、桐蔭学園小学校と同じ敷地のすぐ隣になります。 織田裕二の中学生時代のエピソード 引用:桐蔭学園公式サイト 中学生時代の織田裕二さんは、 「テニス部」に所属していたようです。 かなりストイックに真面目に頑張っていたようで、高校生になってこのテニスを辞めるときにはかなり思い詰めたというほどに、夢中になって取り組んでいたそう。 大会で優勝した経験などはないようですが、 当時はテニスが大好きだったようですね。 織田裕二の高校生時代 織田裕二さんの出身高校は、「 桐蔭学園高等学校 」です。 中学校も桐蔭学園だったので、そのままエスカレーター式に上がっていったのですね。 偏差値は65位で入学するには、それなりの学力が必要のようですが、 織田裕二さんは学業も優秀だったようですね。 1983年に入学し、3年間在学の上、1986年に卒業されています。 名称:桐蔭学園高等学校• 住所:神奈川県横浜市青葉区鉄町1614 場所は、やはり桐蔭学園小学校と同じ敷地のすぐ隣になります。 小学校から高校まで、ずっと同じ場所に通われていた織田裕二さん、かなり思い出のつまった場所となっているのではないでしょうか。 織田裕二の高校時代のエピソード 中学校からずっとテニス部をしていた織田裕二さん。 高校1年生の時に 膝を壊してしまい、テニスを断念せざるを得ない状況になったそう。 その時には、 かなり思い詰め一時期は自殺まで考えてしまっていたといいます。 と、いうのもテニスをしていた頃は、365日テニスのことを考え、一緒に過ごす仲間もテニス仲間、行きつけのお店もテニスショップと、とにかく テニスづくしの生活。 それが突然、全てなくなってしまったら、どうしていいか思い詰めてしまってもおかしくはないですよね。 当時の織田裕二さんは、 「仲間が急に冷たくなった」と感じていたそうですが、実は 「そっとしておいてくれていた」ということに後になって気づいたそう。 テニスを辞めた織田裕二さんは、その後・・・• パチンコ屋に行って落ちてる玉を拾ってパチンコ• ビリヤード などをして目的のないまま過ごしていたといいます。 ですが、その後 「このままではだめだ」と思い、 友人とバンド活動を開始。 バンド名は 「Deps」で、織田裕二さんの 担当はギター。 高校2年生の時のクリスマスライブで、 音楽関係者からスカウトされるという道を手にしました。 織田裕二の大学生時代 高校を卒業した織田裕二さんは、当時流行していた外国の大学の日本校である、 「ピッツバーグ大学日本校」に入学。 織田裕二さんがちょうど大学生くらいだった1980年~1990年の頃は、海外の大学がこぞって日本校を設立。 日本にいながら、外国の大学に入れるとかなり大人気だったようですが、無認可で通っても学位とは認められなかったり、授業料が高額だったりと、なにかと障害があり、 徐々に衰退。 織田裕二さんが通っていたという、 ピッツバーグ大学の日本校も廃校となっています。 その上、織田裕二さんは途中から 俳優業に専念するため、 時期はわかっていませんが 大学を中退しています。 織田裕二の大学生時代のエピソード 大学生になった織田裕二さんは、 芸能界で俳優としてデビュー。 ちょうど大学生時代にあたるという、1986年~1990年にいたっては、 出演したドラマの数が12本に、映画が5本と、かなり引っ張りだこな状況でした。 ドラマで初主演を務めたのは、 1989年1月に放送された「十九歳」で、村上大介役を演じました。 織田裕二が芸能界に入ったきっかけとは? 大学生の途中から俳優業に専念していた織田裕二さん。 いったいいつから、どんな理由で芸能界に入ったのかも気になります。 最初の出来事は、 高校2年生の時に一度だけバンドで行ったクリスマスライブ。 その際に、見に来ていた人の紹介で、 現在所属している芸能事務所にスカウトされた織田裕二さんでしたが、 「学校がうるさいので」という理由でお断り。 その後、進学した大学を中退したのちに、 「俳優の道に進もう」と決意し、 1987年4月に 映画 「 湘南爆走族 」のオーデションに参加。 このオーデション時に、審査員に言われた通り演技をしようと思っている織田裕二さんを、相手役の男性が突き飛ばしてきたといいます。 これを受けた織田裕二さんは思わず本気で 「ふざけてんじゃねーぞ」とやり返してしまったそう。 ところが、この行動が 「迫真の演技」と評価され、8万人のなかから選ばれ、みごとに 「湘南爆走族」の準主役を射止めたそう。 まさかの出来事が、芸能界に入るきっかけになろうとは・・・織田裕二さんも予想していなかったのではないでしょうか。 織田裕二は湘南爆走族の挿入歌も担当 スポンサーリンク 織田裕二の代表作とは? 大学を中退し、俳優業に専念しはじめた織田裕二さん。 デビュー当時、映画やドラマにかなり引っ張りだこの人気者だったそうですが、代表的な作品はどの作品かも気になるところ。 織田裕二さんを代表する作品は以下の通りとなっています。 織田裕二の代表作1:「東京ラブストーリー」 織田裕二さんの代表作といえば、 「東京ラブストーリー」。 鈴木保奈美さんと共演したドラマで、当時織田裕二さんが演じた 「カンチ」と、鈴木保奈美さん演じる 「赤名リカ」の恋の行方が気になり、このドラマを見るために急いで帰宅する人も続出するほどの大ヒット作に。 東京ラブストーリーは、 最高視聴率32. 3%を記録し、これに主演していた織田裕二さんもドラマの人気と共に一気に名を広めました。 織田裕二の代表作2:「振り返れば奴がいる」 織田裕二さんと石黒賢さんのW主演で制作されたドラマ、 「振り返れば奴がいる」。 天才的なメスさばきの医師を演じる織田裕二さんが、最後に後ろから刺されるシーンは、かなり衝撃的で、大きな話題になりました。 織田裕二主演「振り返れば奴がいる」の制作秘話 この作品で一番印象に残るラストシーンとなった、 織田裕二さん演じる医師が後ろから刺されて倒れるシーン。 実はこのシーンは 元々台本にはないものだったそう。 ドラマの撮影も進み、 あと2シーン撮影してクランクアップというところに来た時、突然織田裕二さんがラストシーンについて 提案をしたそう。 その提案とは・・・• こんなに悪い役が生き残っていいの?• 刺されて死にたい というものだったようです。 織田裕二さんの申し出を受けて、現場で急遽シナリオを変更。 こうして、ドラマの物真似ができるほど印象的なシーンが出来上がったということです。 ちなみに、このドラマの脚本家だった三谷幸喜さんは、 「自分の作ったシナリオが知らないところで変更されたことを面白く思っていなかった」ことを、後々になって語っていたといいます。 織田裕二の代表作3:「踊る大捜査線」 織田裕二さんの代表作として知っている人も多い作品が、 「踊る大捜査線」。 織田裕二さんを主演に制作された刑事ドラマで、出演者に深津絵里さんや、柳葉敏郎さん、いかりやチョースケさんなど、実力派俳優が並び、かなりの人気作品となりました。 織田裕二の代表作4:「アマルフィ女神の報酬」 映画 「アマルフィ」で、踊る大捜査線とはまた違った雰囲気の役柄で、イタリアに駐在する日本大使館員を演じた織田裕二さん。 ヒロイン役の天海祐希さんとの演技が素晴らしく、物語の世界に引き込まれるような作品でした。 織田裕二さんのその他の主な出演作品 湘南爆走族で俳優デビューを果たした織田裕二さん。 それから現在までにかなりの作品に出演してきました。 1987年 スポンサーリンク 織田裕二のプロフィール 織田裕二さんのプロフィールは以下の通りとなっています。 名前:織田裕二(本名)• 生年月日: 1967年12月13日• 年齢:52歳(2020年2月現在)• 出身地:神奈川県• 身長:177㎝• 血液型:A型• 配偶者:野田舞子• 所属事務所:BAC CORPORATION 織田裕二さんは神奈川県の出身。 配偶者の野田舞子さんとは、2010年に結婚しました。 まとめ:織田裕二の若い頃は?学生時代のエピソードや経歴・デビューのきっかけも調査! 大学生時代に芸能界入りし、それ以降第一線で活躍してきた織田裕二さん。 数々の素晴らしい作品を残し続けています。 52歳となった2020年現在も、ドラマや映画に出演し続け、大きな話題を集めています。 今後の織田裕二さんの新しい作品にも、ますます期待しています。

次の

織田裕二の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値|若い頃の画像

織田 裕二

ただ、これは確証がある訳では無く、 あくまでもネットの噂に過ぎません。 なので、織田裕二さんの父親の名前や年齢、職業といった正確な情報はどこにも出てないのが実情です。 しかし、織田裕二さんは小学校から高校まで 「桐蔭学園」に通っています。 桐蔭学園は神奈川県の中でも特に 「お金持ち」が行く学校なので、父親が 「普通のサラリーマン」と言う可能性は低いのではないでしょうか。 なので、一流企業の 「三菱電機の役員」という噂もあながち間違いでは無いのかも知れません。 そして、織田裕二さんの母親に関しても、名前や年齢と言った情報はどこにも出ていませんでした。 ただ、織田裕二さんが結婚した時に 「女性自身」が母親に取材した際の情報があり、それによると、母親は織田裕二さんには似ていなくて 「細身で色白の上品な感じの女性」と言う事です。 なので、両親のうちどちらかと言えば、父親が織田裕二さんに似ているのかも知れませんね。 また、母親は織田裕二さんが結婚した事をすごく喜んでいて、記者の結婚についての質問にはずっと笑顔で答えていたと言う事です。 それを思うと、母親は 「息子想いの優しいお母さん」と言う感じで、織田裕二さんのまっすぐな性格はこうした母親の愛情から育ったのかも知れません。 織田裕二の兄弟もすごい? 織田裕二さんの兄弟は、上に兄が一人いるので 2人兄弟です。 ただ、織田裕二さんの兄に関しても名前はもちろん、いくつ違いの兄弟なのかなど正確な情報は一切出ていません。 しかし、兄も父親と同じ 東京大学の出身で、現在は 官僚とか 弁護士になっていると言った情報は出ていましたが、これも確証がある訳では無くあくまでも噂に過ぎません。 でも、織田裕二さんが 「桐蔭学園」に通っていたと言う事は、当然兄も通っていた可能性が高いはずです。 そして、現在はそうでもないようですが、昔は桐蔭学園も 「東大合格者がゴロゴロいた」と言う事から、織田裕二さんの兄がその頃に通っていたなら、東大出身というのも頷けます。 また、 「噂」は 「噂」なのですが、 意外と近い関係者から出ている噂もあるので、状況証拠だけで言うなら、織田裕二さんの兄が東大へ行ってても不思議ではありません。 ただ、現在の所、織田裕二さんの兄についての情報が全く無いので、あくまでも想像するしかないのが現状です。 そして、織田裕二さんの兄の情報が全く無いのは、これまでに 織田裕二さんが一度も兄について語ってない可能性もあり、それを思うとあまり兄弟仲は良くないのかも知れません。 もちろん、これもあくまでも憶測でしか無いので、織田裕二さんの兄に関しても今後何か情報があればまた追記していきます。 織田裕二のすごい年収とは? 俳優の主な収入は、やはり ドラマや映画の出演料です。 そして、織田裕二さんのドラマ1話のギャラは、2016年の 『IQ246 ~華麗なる事件簿』では 250万円と言われています。 なので、ドラマ1本10話の場合、織田裕二さんが現在ドラマに出演すると 2,500万円の収入と言う事になります。 それを考えると、年間3本くらいの連続ドラマに出演したとすると、それだけで 7,500万円の年収となり、映画の仕事なども入ると 軽く億は超えるのではないでしょうか。 ただ、織田裕二さんは最近それほど頻繁にドラマや映画には出演して無くて、多くても年間1本か2本くらいです。 それを思うと、最近はドラマや映画ではそれほど収入は多く無いのかも知れません。 特に、日本の映画はそれほどギャラが高くないと言う話なので、主役クラスでも 300万円~500万円と言われています。 同じ映画でも 「ハリウッド作品」なら、そこそこの役でも 数億円のギャラになりますが、それはやはり資金力の差があるのでアメリカとは比べ物になりませんね。 俳優はCMの出演料も収入源 そして、俳優はCMの収入も相当な収入源となり、売れっ子の俳優だと1クール(3ヶ月) 3,000万円は当たり前で、年間契約なら 8,000万円以上は確実です。 実際、人気俳優の阿部寛さんの1クールのCMの出演料は 3,500万円で、年間契約だと 8,000万円と言われています。 なので、同じ人気俳優の織田裕二さんも、阿部寛さんくらいのCM出演料かそれ以上あっても不思議ではありません。 ただ、昔はめちゃくちゃCMに出演していた織田裕二さんも、最近はあまりCMに出演していない為、近年はほとんどCMの収入は無いでしょう。 それを思うと織田裕二さんの現在の年収は、ドラマ2本分とその他の出演料で 5,000万円~と言う感じではないでしょうか。 (あくまでも推測です) しかし、過去に相当数のCMやドラマに出演している為、過去の年収は毎年 2億円くらいは余裕で稼いでいたでしょう。 なので、恐らく今はそれほど一生懸命になって仕事をする必要が無いのかも知れませんね。 織田裕二の結婚した嫁との馴れ初めは? 織田裕二さんは、2010年8月16日に 12歳年下の一般人女性と結婚しています。 交際は極秘で行われていた為、週刊誌などにも気づかれずに結婚の発表となったので、当時はかなりの驚きがありました。 また、結婚当初は相手は 「一般人」とだけ公表されていましたが、時間が経つにつれ情報も出てきて、現在は 「野田舞子さん」と特定されているようです。 そして、結婚した野田舞衣子さんは 「モデル・美容研究家」としても活躍していた方で、結婚前は雑誌に登場したり、ブログで情報発信もしていました。 しかし、現在はブログも閉鎖されている為、ブログでどういう活動をしていたのかは知る事ができませんが、相当な美人なのでファンも多かったのではないでしょうか。 さらに、野田舞衣子さんは兵庫県の 「芦屋出身」で、父親は アパレル企業の重役と言う事もあり、家柄もすごいお嬢様と言う事です。 そんな野田舞衣子さんと織田裕二さんの馴れ初めは、2003年に知人を介した食事会で知り合い、そのまま意気投合して交際に発展したそうです。 なので、結婚直前に出会ったのでは無く、意外と長く交際していたと言う事になりますね。 それなのにも関わらず、週刊誌にも全く撮られなかったのは、恐らく相手の野田舞衣子さんが誰にも一切話さずに交際していたからかも知れません。 織田裕二さんも、そういう相手だったからこそ結婚相手に選んだのではないでしょうか。 やはり、人気俳優と交際していたら普通は周りに少しくらい自慢したくもなりますが、それをするとすぐにバレたりトラブルになる為、普通の人は交際が続かなくなるのかも知れません。 それを考えると、結婚発表まで交際がバレずにいたのは野田舞衣子さんの配慮の凄さだと言えるので、野田舞衣子さんは見た目だけで無く中身も完璧な女性と言えそうです。 織田裕二の子供は何人?ゲイ疑惑って本当!? 織田裕二さんの子供は、 2014年10月末に生まれています。 性別は 男の子と分かっているものの、名前や画像などは残念ながら一切出ていません。 そして、織田裕二さんの子供は、それ以後「生まれた」と言う報道は出てない為、 現在も子供は一人だけです。 また、織田裕二さんは基本 「役者はプライベートは見せない方が良い」と言うスタンスなので、ほとんどプライベートを語る事がない為、子供に関する情報もほぼ出ていません。 なので、子供が現在どのように育っているのかや、普段どのように子供と接しているのかなども一切分からないのが現状です。 そして、そうしたプライベートを一切語らない事が原因なのか、世間では織田裕二さんの 「ゲイ疑惑」へと繋がっているようです。 色々調べてみると、織田裕二さんは2枚目俳優なのにも関わらず、これまで一切女性との浮いた話が無かった為にネットでは 「ゲイ疑惑」が囁かれていました。 また、結婚しても 「ゲイのカモフラージュ」として捉えられ、2012年には 「アメリカのサンフランシスコにあるゲイタウンに高級アパートを買った」と言った噂まで流れています。 もちろん、そんな証拠や織田裕二さんがカミングアウトした事実も無い為、完全な 「噂」に過ぎませんが、これもプライベートを一切出さない為に起こる現象なのかも知れません。 それを思うと、織田裕二さんも少しくらいプライベートな一面をファンに見せたら、このような変な噂も無くなるのではないでしょうか。 織田裕二のすごい経歴とは? 織田裕二さんは、1987年公開の 「湘南爆走族」のオーディションに応募し、 数万人の中から合格を勝ち取り俳優デビューしました。 また、当時は大学生で 「ピッツバーグ大学 日本校」へ通っていましたが、本格的に演技を学ぶ為に中退しています。 そして、その後も順調に映画やドラマに脇役として出演し、1989年の『 彼女が水着にきがえたら』で主演の原田知世さんの相手役に起用された事で、一気に知名度が高まりました。 さらに、1991年の 『東京ラブストーリー』で主役の 永尾完治(カンチ)役が見事にハマって大ブレイクし、若手俳優の中でもダントツの人気者へと成長しています。 織田裕二の出世作「東京ラブストーリー」 この 『東京ラブストーリー』は、トレンディドラマブームの先駆けで 「恋愛ドラマの金字塔」とも言われるだけあって、次の展開が気になって仕方ない名ドラマです。 なので、一度見始めたら最後まで夢中になって見てしまう中毒性があり、特にヒロイン役の鈴木保奈美さんの可愛らしさが 「何度も見たくなる」ほど魅力的ですよ~。 そして、これまで 『東京ラブストーリー』は「DVDBOX」でしか見る事が出来ませんでした。 さらに、1997年に主演した 『踊る大捜査線』は、ドラマのヒットだけで無く 「映画」もシリーズ化されるほどの人気となりました。 特に映画2作目の、 『踊る大捜査線 THE MOVIE 2』は、興行収入 173. 5億円、観客動員数 1250万人と言う空前のヒットとなり、 織田裕二さんの代表作となりました。 また、この頃から織田裕二さんのものまねをする芸人も出てきて、織田裕二さんは国民的な俳優へと定着していきます。 そして、その後もコンスタントに注目ドラマや映画に出演し、その存在感ある演技で現在も話題作に出演し大活躍されています。 恐らく今後も、年齢的に深みのある役柄がどんどん多くなりそうなので、これからの織田裕二さんのさらなる活躍に注目です。 こちらの関連記事もどうぞ 終わりに 織田裕二さんは、1990年代から現在までずっと第一線で活躍している人気俳優です。 しかし、プライベートな面はほとんど謎な為、両親や兄弟はもちろん結婚した後の嫁や子供の情報もほとんど出ていません。 それは、本人がそういうスタンスで芸能活動している以上は仕方無い事なので、もし今後何か新しい情報が出てきたらその時はまた追記していきます。

次の