軽蔑 意味。 貶む、蔑む、貶す、貶めるの読み方は?意味や類似語など詳しく解説!

「サイゼリヤ」の意味・由来!一般的な説は間違いって本当?

軽蔑 意味

「軽蔑」の意味とは? 「軽蔑」の意味• 「軽蔑」の英語• 「軽蔑」の心理• 「軽蔑」の言葉の使い方• 「軽蔑」を使った言葉と意味を解釈• 「軽蔑」を使った例文 「軽蔑」の意味とは? 「軽蔑」という言葉を知っているでしょうか。 「軽蔑」は 「けいべつ」と読み、誰かに対して悪い感情を持った時に使う言葉です。 みなさんも誰かの事を 「軽蔑」した経験があるかもしれません。 また誰かから 「軽蔑」されていると感じたことがあるかもしれません。 一方で 「軽蔑」という言葉を、今回初めて知ったという人もいるでしょう。 そこで 「軽蔑」という言葉の意味や使い方を紹介して行きます。 この言葉の意味を知る事で、誰かに対する自分の想いを言葉にできるようになるかもしれません。 「軽蔑」の意味 「軽蔑」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。 「軽蔑」には、 「バカにする事」 「劣ったものなどとみなす」という意味があります。 例えばAという物を見た時に、卑しい、劣っていると思い、バカにする事を 「軽蔑」と言います。 ただし 「軽蔑」するのはあくまで主観であり、真実かどうかは別です。 Aは他の人から見れば、卑しくも劣ってもいいないかもしれません。 このように 「軽蔑」という言葉には、何かを見た時に、または誰かを見た時に、卑しい物や劣ったものとみなす事、さらにバカにしたりさげすんだりするという意味があります。 また 「軽蔑」はかなりの悪口になりますので、誰かに対して 「軽蔑している」などと言う時は、嫌われてもいい覚悟が必要になります。 「軽蔑」の心理 人が人を 「軽蔑」する時には、どのような心理が働いているのでしょうか。 「軽蔑」という感情は瞬時に起こり、誰かを見た瞬間に出てくる感情です。 例えば誰かの服装を見た時、言葉遣いを知った時に、 「軽蔑」は生まれます。 敬語が使えない人に出会った時に 「軽蔑」という感情が生まれるのは、敬語をまともに使えない人を、社会人失格だと思うからです。 またその程度の社会マナーしかないという点を、低く見るからです。 このように 「軽蔑」をしている人は、相手に対して優越感を持っています。 相手を嫌悪する反面、自分の方が上だという優越感に浸り、気分良くなっている面もあります。 誰かに対してやたらと 「軽蔑」する人がいますが、そうする事がその人にとって気持ちがいいからかもしれません。 結果的に 「軽蔑」という感情には 「快感」も同時に備わっている事になります。 「軽蔑」の言葉の使い方 「軽蔑」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。 「軽蔑」には、何かを見た時、誰かに対して、マイナスの感情を持ちバカにするという意味がありますので、そのような時に 「軽蔑」という言葉を使ってみましょう。 ビジネスシーンでは、会議中に下ネタを連発する上司や、セクハラ発言をする同僚に対して、卑しいものと見てさげすむのではないでしょうか。 このような時に 「軽蔑」という言葉を使います。 またお金至上主義の人なら、貧乏な人を見た瞬間、 「軽蔑」するかもしれません。 さらにお金でしか人の価値を判断できないお金至上主義の人に対して、 「軽蔑」する人もいるでしょう。 このように、 「あの人は卑しい」 「この作品は劣っている」と感じ、バカにする気持ちになる時に、 「軽蔑」という言葉を使ってみましょう。

次の

「サイゼリヤ」の意味・由来!一般的な説は間違いって本当?

軽蔑 意味

「リスペクト」の使い方と例文 「リスペクト」は主に「リスペクトする」と使われています。 日本語では「リスペクト」自体は「尊敬」と名詞として使われており、 「尊敬する」は「リスペクトする」と使います。 しかし、今記した例文のように本来の「尊敬」という言葉が持つ意味よりも軽く使われていまがちです。 本当に尊敬していることを相手に伝えたい場合「リスペクトしてます」と使うのは注意が必要です。 相手によっては馬鹿にしているのか、と思われることもあります。 そのため、ビジネスシーンや目上の人に対して使うのは控えましょう。 もしかしたら軽く使っていない人もいるかもしれませんが、本当に尊敬している場合は日本語で使うことをおすすめします。 「尊敬しています」と伝えるようにしましょう。 その他詳しくは例文を参考にしてください。 「はっきりと物を言う彼をリスペクトしている」 「もうあなたのことはリスペクトできない」 「リスペクトしてるって言われたけど、これって馬鹿にしてるよね」 「限定品俺の分もゲットしてくれたの?まじリスペクト」 「ラスボスもう倒したの?まじリスペクト」 「リスペクト」の類語《外来語》 オマージュ 「オマージュ」は 「尊敬、敬意」という意味を持つフランス語です。 最近では、パロディ的な意味で「オマージュ」が使われていますよね。 「尊敬し手本としていたために、似たような作風になった作品」という意味で「オマージュ」と言われていました。 それが尊敬していなくても、元ネタがわかる作品で改変されたものや似通わせたものを「オマージュ」と呼ばれるようになりました。 主に、芸術作品や映画などに対して使われています。 オマージュを用いた例文をいくつか紹介しますので、詳しい使い方はこちらをぜひ参考にしてください。 「彼の作品は、とある芸術家のオマージュ作品がよく見られる」 「前作をオマージュしたシーンは、ファンにはたまらないものだ」 「さすがにこのオマージュは指摘されたようだ」 「オマージュって言えばいいと思ってない?それパクリだよ」 インスパイア 「インスパイア」は 「思想や感情が吹き込まれる、感化される」といった意味です。 インスパイアは、意図的に真似をしたり手本にしたわけではなく「吹き込まれてしまう、影響されてしまう」といったニュアンスです。 こちらも主に芸術作品や映画などに使われています。 インスパイアを用いた例文をいくつか紹介しますので、詳しい使い方はこちらをぜひ参考にしてください。 「この作品は、大震災にインスパイアされたそうだ」 「彼に多くの企業がインスパイアされ、類似したものが多く生産された」 「あの小説、この音楽にインスパイアされたらしいよ」 「インスパイアされたって言えばいいと思ってない?それパクリだよ」.

次の

「侮辱」と「軽蔑」の違いとは?分かりやすく解釈

軽蔑 意味

という言葉は良い言葉ではない事は何となくわかるかとは思います。 あんまりいい意味でないにせよ、他者に使うにしては重い言葉だからです。 よっぽどの出来事がない限り、人は軽蔑なんていう言葉を使いません。 他者に対して使う事が多い言葉ですが、もしあなた自身が誰かからこの言葉を言われた時、どんな気持ちになるか言葉の意味を理解しておかないと苦しみますよ。 軽蔑の意味はネガティブ? そもそも軽蔑とはなんぞやと思っている人は多いでしょう。 現代人は何となくで理解しているため、言葉の意味をちゃんと理解している人間はほぼ少ないです。 最低限軽蔑の意味はポジティブどころか、良いものではないというのはわかっておきましょう。 これは他者に対して使用する言語になります。 「軽蔑」の意味 そもそも軽蔑とはどんな意味を持つかという事ですが、他者の性格や能力が劣っていると考えて相手を馬鹿にする事になります。 ざっくり言うのであれば、相手に失望したという言い方が正しいかもしれません。 普段あまり使うような言葉ではないでしょう。 相手に軽蔑したというのは、他者に対して気軽に言えるものではないからです。 職場で軽蔑される人の特徴15個! 軽蔑したという言葉をよく使うのは、やはり職場でしょうね。 プライベートで軽蔑したという言葉を使うのはあまり聞いた事がありません。 神経が極限にまで覚醒させている状態の仕事場で、よく軽蔑するを使います。 何せ職場は常識を求められるような場所です。 職場にいる時間は、家族や友達や恋人と一緒にいる時間帯よりも長いと言われています。 特に一緒に暮らしている家族以上に、職場の人間の方が自分の事を理解していますからね。 大体相手が軽蔑される側の立場にありますが、自分自身が他のスタッフに軽蔑されている状態であるかどうかは判断しにくいでしょう。 自分に対しては優しく人に対しては完璧主義を求める、優柔不断、好き嫌いで動くような人物は軽蔑されると思った方が良いです。 もし1つでも軽蔑される特徴に当てはまる場合は、行動に気をつけて下さい。 1:上から目線で物事を話す 上司や先輩は基本的に飢えから目線で物事を話すのは当たり前の事かもしれませんが、あんまり上から目線で物事を話す人ってちょっと嫌だなと思いますよね。 別に上司や先輩でなくても、立場が同じなのに偉そうにする人って結構いるんですよ。 人間は傲慢な生き物です。 しかし人間は傲慢な対応される事を好まない生き物でもあります。 上から目線で話されるといらっとするんですよね。 自分を見下されているような気持ちになるので、嬉しくないでしょう。 上から話すような人間は、基本的に人として終わっています。 他の人と仲良くなりたい、もしくは普通に接したいと考えているものです。 しかし上から目線で物事を話すような人間は、相手を完全に下に見ており、一緒にいる人間を不愉快にさせます。 一番多いのが上司に多いのですが、上から目線で偉そうに話す人いませんか? そういう上司って偉そうに言うだけで仕事を1つもしなかったり、役立たずというパターンが非常に多く見られます。 上から目線で話す人間ほど、自分を良く見せたいという気持ちが強いのですが、そういう人間は出来損ないしかいません。 人に物を言うときは、立場が上だろうが下だろうが個人として話すため、普通に接する必要があります。 2:責任を取らない 自分の失敗の責任を取らない人っていますよね。 どんな小さな仕事でも、責任を持ってやらないといけません。 責任って面倒くさいけど、必要なんですよ。 学生なら責任とれないですみますが、大人になって社会人になると、責任を取れないではすみません。 ミスが軽いものならまだ良いですが、会社を潰すような大きなミスをしてしまった場合は、自分の責任だけでは済まない場合があります。 ミスした時ほど逃げたい気持ちがつよく、他者に責任を押し付けたりするような人間が多いでしょう。 ただ非常に残念な事ですが、周りの人は結構見てるんですよ。 最近は昔と違って上司は一人一人見ている事が多いです。 見ていないと上司も自分の責任になってしまうので、見ていないといけないんですね。 責任を取りたくないのであれば、仕事なんか辞めた方が良いですよ。 そうじゃないとどの仕事でも同じ事をするだけになります。 そもそも責任を取りたくないと考えているような人間の仕事っぷりは、本当に大した事ありません。 適当にこなしていれば問題ないでしょうという風な働き方をしているので、怠け者としてしか周囲には認識されないでしょう。 3:裏で陰口や悪口を言う たまになら良いですが、いつも陰口や悪口を言うと人からいやがられてしまいますよ。 今現在私の職場で悪口や陰口を言う人間がいます。 その人はヘルプとして来てもらう人でそんなに頻繁に入っている訳ではありませんが、最近その人は私の悪口を他のメンバーに言っているそうです。 人生やり直せとか変なあだ名で呼んだりとかしており、他のメンバー達から教えてもらいましたが、当人以上に悪口を言われた子達の方が嫌がっていました。 一生懸命頑張っている私の事を悪く言うなんてあり得ないと味方してくれたのです。 他の店舗の人に話を聞くと、私だけではなく他の人達の悪口もあれやこれやと言っているようで、全員から軽蔑されている状態ですね。 悪口を言う対象の人間は、どれも店長格ややや偉い立場にあるような人間みたいです。 はっきり言って完全にひがみでしょう。 ひがみで悪口を言うような人間は、底が知れているので大した事はありません。 人を呪わば穴2つという言葉があるように、人を貶めるような行為をする人間も堕ちていくという意味を表しています。 悪口を言うような人間の顔はとても醜いものです。 自覚のある人は悪口を言わないようにしましょう。 もし自分が悪口を言っている際、一度鏡を見てください。 そうすると自分の醜さがわかり、人から軽蔑されるような存在であるというのが理解できますよ。 私自身親友からですが、悪口を言っている時の私は楽しそうで嫌と言われた事があります。 親友から言われた時はさすがにこたえますね。 そもそも人間は悪口を言うも聞くのも嫌な人ばかりです。 どちらかというと人間は平和主義者が多いでしょう。 4:時間にルーズ 世の中には時間にルーズな人間はとても多いです。 ただ時間にルーズな人間のみ、微妙な所ですね。 私の旦那は時間に物凄くルーズな人間です。 付き合っていた頃は待ち合わせ時間まで寝ているのが当たり前、待ち合わせ時間にちゃんと来てもらうにはモーニングコールが必要でした。 一度寝たら起きない性質らしいので、私と結婚する前は遅刻を3回以上していたとか。 軽蔑されても当然という人間ではありますが、会社からは厳重注意もしくは頭を坊主にする程度で終わっています。 何故遅刻してもクビにならないかという事ですが、それは旦那一人で会社の利益を生み出しているからです。 つまりエースのような存在であるため、誰も咎める事が出来ません。 その為黙認している訳ではないそうですが、強いて厳重注意くらいで終わっているようです。 言っておきますが基本的に時間にルーズな人間は社会的にはありませんよ! 旦那の事例は本当に稀なケースです。 利益を生み出している、会社に物凄く貢献している人間であれば文句を言われる事も少ないでしょう。 しかしその反対に損失ばかりしている、会社に損害ばかりしかしていない人間は文句を言われて当然だと思って下さい。 本当に信用を失います。 5:清潔感がない 清潔感がない人間ほど嫌だと思うものはありません。 ワキガ、髪の毛ボサボサでふけだらけ、服はよれよれしわくちゃの人間にいい顔をするような人間はいないでしょう。 清潔感がないと人から軽蔑されてしまいます。 ただしそれも仕事ができれば話は変わりますよ。 私の旦那は時間にルーズの上に、清潔感がなく一歩間違えれば浮浪者に近い人間です。 文章のみで見ていたら、良いところはまるで無いように聞こえるでしょう。 仕事のスペックが高い、理論が他の人間以上に凄い、性格も協調性があるので、人から軽蔑される所かむしろ人が集まっていますね。 ただし旦那の場合は接客業や顧客を相手にするような仕事ではないという理由もあります。 接客業や顧客を相手にするような仕事の場合は、清潔感が無いと人から嫌がられますよ。 6:人の失敗が大好物! 他者の失敗を何よりも好む人っています。 何故他者の失敗を面白いと思うのか、あわてふためく様が面白いという声があるようです。 しかし真意は大きく異なります。 仕事が出来ない人間ほど、他者の成功がつまず失敗すれば面白いというものなのです。 要するにこれもまたひがみですね。 昔短期バイトに行った時の事、グループに分かれて作業をしていたのですが、その中でも一人の男性が他の人達からめちゃくちゃ注意されていました。 話から察すると、その男性は長期で働いてるようですがよく失敗ばかりしているそうです。 私が失敗した時、他の人から軽く注意を受けましたが、その男性は私の失敗を笑ったのです。 失敗を笑うというのはあるにはある事ですが、その男性からは悪質なものを感じました。 他者の失敗を面白がっているという感じですね。 しかしそれを見ていた他の人からは、お前は人の事を笑えないと言われていました。 仕事が出来ない人間ほど、自分と同じ立場に堕ちると面白いと感じるようですが、私の場合はかなり露骨だったので悪い例ですね。 失敗はしてなんぼです。 むしろ失敗をしてなんぼだと思って下さい。 しかし同じ失敗を何度も繰り返しているような人間は、学習能力がありません。 7:協調性がない 協調性がない人間ほど、他者から軽蔑をされてしまいます。 コミュニケーション能力が低い人間ほど、他者と一緒に仕事をする事を拒みます。 協調性って結構難しいものなんですよ。 仕事をするにおいて、コミュニケーションというのは必要不可欠です。 チームでする仕事であれば、他者との連携が必要になります。 他者任せにしたり、自分勝手で仕事をしているような人間がいると他の人達に迷惑をかけてしまうようになるでしょう。 特に医療系の仕事においては、チームプレイで行うものなので、誰か一人が輪を乱してしまうとキツイです! 命に関わるような仕事なので、自分一人が勝手な行動をしてしまうと、患者さんの体調に影響を及ぼしてしまう可能性が高いですよ。 協調性がない人間は、何も身勝手な人間とは限りません。 やる気のない人間や他者を信用していない人間にも当てはまります。 営業など個人で行うような仕事であれば、個人プレーでも出来るので問題はないかもしれません。 しかしほとんどの仕事は誰かと一緒にしないといけないものです。 私自身誰かと一緒に仕事をするのは苦手ではないのですが、性格上合わない人間と一緒に仕事をするのはしんどかったですね。 協調性というものは相手の行動や性格を見て考慮しないといけないものですが、怠惰な性格な人間と一緒にやると若干切れそうになります。 他者と関わるとしんどいかもしれません。 しかし誰かと一緒であれば、いい仕事が出来るのも事実です。 8:社会人としてのマナーが身についてない 社会人としてのマナーというのはだいたい4つほどあります。 上記にも記載されていますが、時間厳守と責任ですね。 それ以外に仕事をどのように進めるか、もう1つは自分が勤めている職場の暗黙の了解を把握しておかないといけません。 仕事をどのように進めるかというものは、言い換えれば仕事を覚えていくという意味です。 新入社員の時って右も左も分からない状態にあると思います。 何に対しても質問を先輩や上司にしていく事は良い事です。 分からない事は質問をガンガンして行くのは悪い事ではありませんし、反対に先輩たちが下の者の質問に答えられなかった場合は、先輩方の怠慢や無知があらわになります。 よく同じ質問をするなと思うかもしれませんし、1回言えば覚えるだろうというのは悪しき風習だと思って下さい。 非常に酷な言い方をしてしまえば、1回言えば分かるというのはその人物の教え方が悪いのです。 先輩が言った事を理解出来ないのではなく、ちゃんと説明が出来ていないから相手が理解してくれないだけですよ。 社会人のマナーというのは全部ではありませんが、他の誰かが社会人はこうであるべきという風に決めつけた愚かな固定概念に過ぎません。 メモを取ったら聞かない、1回言ったら覚えろというのは凄く傲慢な話しです。 ただし分からない箇所は自力で調べていくようにしないと、他者に嫌な顔をされるのも事実でしょう。 誰かがやってくれるだろうというような甘い考えを持っている人物は、失敗しますからね。 9:お人好しな性格 お人好しな性格というと聞こえが良いかもしれませんが、これは最低のクズだと私は考えています。 何故最低のクズなのかというと、お人好しな性格の人間のせいで私は過去に何度か地獄を見たからです。 お人好しな人間の性格は良い言い方をすれば優しい、悪い言い方をすれば偽善者にしか見えません。 何故お人好しな人間はだめか、決断や判断が出来ないのです。 どんなにドメスティック・バイオレンスを受けていたり、人から嫌な目に合わされていても許してしまう人っていませんか? 自分が我慢すれば良いと考えているため、人に攻撃や反論なんて出来ないと考えているようです。 私から見ればお人好しな人間は、マゾ野郎としか言いようがありません。 いじめられている人間が、お人好しな人間が多いです。 最近学生さんで酷いいじめにあって自殺してしまう人間たくさんいませんか? 私には考えられません。 だって遺書を書いて自殺するとか馬鹿げてます。 自分自身は殺せるのに、いじめる人間に復讐しようとは思わないんですね。 優しい子だから何も出来なかったとかうざいです。 人間時には自分を守るためには攻撃的にならないといけません。 むちゃくちゃされて何でへらへらアホみたいに笑えるのか、意味がわからないですよ! きつい言い方に聞こえるかもしれませんが、お人好しな人間は自己犠牲が酷いため、周りの人間が心配するはめになってしまうのです。 自分一人なら良いのですが、周りの人間が心配してしまうので止めて下さい。 本当に何より一番軽蔑すべき存在です。 10:おどおどしている おどおどしている人間って鬱陶しいとおもいませんか? 別に緊張している分にはおどおどしてしても問題はありません。 新社会人の時や転職したての時は誰だっておどおどするものです。 しかし上記関係なく常におどおどしているような人間は、軽蔑の対象になります。 男女共におどおどしている人間はたまにいますよ。 気持ちが悪いのと見ててイライラするのと、ヤバイ感じの人間が多いのです。 他の言い方をすれば根暗な感じでしょうか。 根暗な人間と一緒にいたいという人間はいませんよね。 今現在一緒に働いている子で困った時におどおどしている子がいます。 結構とっさの時にどうすれば良いか判断が付きにくいようです。 観察していて相手が何に困っているか察する事は出来るのですが、さすがに全てを察知する事は出来ません。 おどおどしている人間は結構顔には現れているのですが、相手が察知してくれと思っている事も多いです。 はっきり言えば他力本願な人間が多いので腹が立ちます。 自力で何とかしろと思ってしまう事は非常に多いです。 こういう人間は本当にズルい人間がたくさんいます。 11:すぐ感情的になる 感情的になるというのはあまり良い事では無い事を自覚しましょう。 何故感情的になってはいけないか? 感情で動く人間は、その場の気分によって違うからです。 いい気分の時は優しいですが、悪い気分の時は対応が酷い人間がたくさんいます。 まだ他人に当たらないだけマシの人もいますが、察しが良い人は人の感情を読む事が可能なのでいい気持ちにはなりません。 特に女性はホルモンバランスの影響で体調がしんどくなってしまったり、生理前症候群の際はイライラしてしまう人も多いです。 感情に飲み込まれてしまうと正常な判断がしにくくなってしまうので、嫌な言い方をすれば使い者いはなりません。 絶対に見落としをしてしまう可能性があるので、一緒に仕事をしていても怖いんですよ。 冷静な時はともかく、焦っている時や怒っている時の視野は狭くなってしまいます。 目に見えている物が頭に入ってこないんですよ。 感情的になってしまう事は誰にでもあります。 しかし感情的になって行動したとしても、上手く行くことはありません。 むしろ他者に迷惑をかけまくってしまう傾向が強いので、注意してほしいくらいですね。 感情的になる人間も軽蔑されると思っておいて下さい。 12:好きな人と苦手な人への態度が違う 好きな人と苦手な人の態度が違う人って結構多いですよ。 確かに態度を変えたくもなりますし、苦手な人に優しくしたくないという気持ちは大きいです。 しかし自分自身もし対応が違うようにされていたら、疎外感を感じませんか? 私ならそんな事をされたら悲しいですね。 実際ちょっと前に他の人との対応があまりにも違う人に会いました。 その人は若くて可愛い子には優しいのですが、主婦層や男性陣には態度が素っ気ない所か酷かったです。 私は普通に接していましたのに、結構頭に来ていましたからね。 他のメンバーにも話はしましたが、みんなその人物の事を軽蔑していたようです。 裏表のある人物も仕事を疎かにしてしまう事が多いので、厄介なんですよね。 13:自分が一番じゃないと嫌 自分一番じゃないと嫌って言う人いますよね。 別にそういう人は悪い訳ではないのですが、問題視されるのは行動ですね。 実力で努力している人間ならともかく、他者を引きずり下ろすような事をする人も中にはいます。 昼ドラなどでよく見るような露骨な妨害工作をするような人間はそうそういませんが、それでも執念深い人間は直接攻撃してくる事もいるのです。 酷い場合は子供のように駄々をこねまくる人いますからね。 軽蔑どころか、行動がみっともないのでやめて下さい。 14:間違いを指摘しても認めない たまに間違いを指摘しても認めない人っていませんか? これは自分が正しいと思っているか、思い間違いをしている事が多いんですよ。 ただ間違いを指摘というのは、自分自身も適当に突っ込んではいけないのです。 相手が思い間違いや勘違いしている事はよくあるので、事前に確証をちゃんと得ておかないと相手を説得する事は出来ません。 もしかしたら自分が勘違いしているかもしれませんしね。 間違いを指摘しても認めないと言うのは、結構ある事です。 これに関してはちょっとグレーゾーンかもしれませんよ。 基本的に間違いを見つけた場合は、相手に注意しておいた方が良いです。 しかし間違いを指摘された際、凄い上から目線な言い方で言われたらちょっとむかつきますよね。 間違いを指摘する場合は言い方にも気をつけなければいけません。 基本的に間違いを指摘されるというのは、あまり気分が良い事ではないからです。 指摘をする際は言い方を気をつけないと、間違いを指摘しても認めないので気をつけましょう。 15:平気で嘘をつく 平気で嘘をつく人間は、軽蔑しかありません。 人間は嘘を付ける唯一の生き物です。 私は嘘を付くことはしません。 部分的に言わない事はありますが、嘘を付くと自分の気持ちが穢れるような気がして気分が悪いですね。 よく時には嘘を付くことも必要だというセリフを言う人はありますが、そういう人ほど下らない偽善者であるとしか言いようがないです。 平気で嘘を付くような人間は、罪悪感がない人間だと思ってください。 そういう人間は一緒にいるのが怖いと思いませんか? 私は人の嘘を暴くのが得意です。 嘘を付くような人間は子供並の嘘をつく人もたまにいます。 すぐバレるような嘘という意味ですね。 何故嘘を付いてしまうのかという事ですが、誰だって怒られるのは嫌ではないでしょうか。 私だって失敗がバレたら誤魔化したいという気持ちはありますし、嫌だなと思ってしまいます。 しかし嘘がバレてしまうともっと怒られてしまうのです。 嘘つきは人から信用されないので、軽蔑の対象になります。 軽蔑されないようにするには? 軽蔑されないようにするにはどうすれば良いか?という事ですが、相手に対して悪い行いをしなければ問題ありません。 ただし軽蔑されないようにする行動をいざしようにも、どうすれば良いかわからないという人もいるでしょう。 相手を困らせないような行動を取ることが大切ですね。 良い行いをしろという訳ではなく、人に対して優しくすると良いでしょう。 人間の行いに正解などはありませんが、もし自分がされたら嫌だという事はせず、反対に自分がされたら嬉しいという行いをすれば周りも軽蔑なんてしなくなるでしょう。 相手の気持ちになって考える これは結構難しいのですが、相手の気持ちになって物事を考えてみましょう。 相手の性格や状態などを把握しておかないと出来るものではありませんが、一緒に仕事をしていると大体人となりって分かりますよね。 仕事していると本当に家族以上に接する事が多いので、相手の良い部分も悪い部分も明確に目立つようになります。 それを考慮しつつ、この人の性格はこうだからこうしないといけないという風に考えて行動をすると上手く行きますよ。 ただ相手の気持ちになって考えるというのは、時々外れてしまう事もあります。 普段から結構コミュニケーションを取っていても分かりにくいものなのです。 3ヶ月くらい一緒にいないと分かりにくいものですよ。 相手の気持ちが分からない場合は、自分が他者にやってもらって嬉しいと思うような事でも構いません。 気持ちが通じてくると、相手が何を言わなくても大体何して欲しいか分かってきます。 仕事に余裕があるのであれば、相手を観察してみましょう。 もしくは積極的にコミュニケーションを取るのも良いですね。 休憩時間一緒になった時、話してみたら実はこんな人だったと言うのはよくある事です。 周りとコミュニケーションを積極的にとる 周りとのコミュニケーションは必ず取りましょう。 面倒くさいなと思う時もありますし、休憩時間一人でのんびりしたいなと思う事もあります。 正直誰かと過ごす休憩時間って結構しんどいんですよね。 私は一人でゆっくりしたい方なので、正直誰とも被らないように避けていました。 ただたまには誰かと一緒に休憩を取るのも悪くないと思うようにしています。 仕事中ではあまり話せませんからね。 周りとコミュニケーションを取る際は、積極的に話して行きましょう。 人間会話をしないと分からない事もあるものです。 会話が難しいという場合は、せめて挨拶をして下さい。 おはようとかお疲れさまなどですね。 笑顔で挨拶をしてくれると、相手も嫌な気持ちにはならないでしょう。 挨拶も立派なココミュニケーションの1つになります。 陰口や会社の文句は厳禁! どうしても悪口や会社の文句を言いたい場合は、職場ではなく友達や家族に話しましょう。 あまり話してしまうと嫌がられてしまうので、どうしても耐えられなくなってしまった時のみにして下さい。 陰口や会社の文句を言い過ぎてしまうと、色んな人からの評判を落としてしまいますし、仕事中以外で誰も話そうとしませんし、みんな離れていってしまいます。 悪口ってたまになら良いのですが、ずっと聞いていると気分が悪いんですよね。 否定したくても今度は自分が悪口を言われそうで、反論できないんですよ。 悪いところばかりではなく、少しでも相手や会社の良い所を見つけてみてはいかがでしょう? 軽蔑されないように注意! 軽蔑されないために行動に気を付けるという風に考えるとしんどくなってしまいます。 反対に相手には好かれるまではいかずとも、人から嫌がられる行動は止めましょう。 嫌われるのは簡単です。 相手から好かれるのは難しいですよね。 一度相手から軽蔑されてしまうと、信用を取り戻すには最低でも1ヶ月以上かかります。 その間1回でも軽蔑されるよう行動をとってしまうとおじゃんになってしまいますよ。

次の