恋するソワレ ネタバレ。 恋するレイジーネタバレ注意33話最終回の感想と考察「かのちゃんの誠実さが全て」

すぐ泣く女に機関銃|ネタバレ4話〜最終回!杏が迎えた結末は…?

恋するソワレ ネタバレ

わしは2-Bやったなあー 2 宮野くん嫉妬しまくる 歩いているとやはり目立つ、残念三人衆。 周りから宮野くんも「モデルみたいだ」と言われます。 かのも、小さくてかわいい、なんて言われたりしましたね。 クラス替えから1週間たち、かのちゃんのキャラも受け入れ始めて、他の生徒が「あの子いい子だね」「タイプ?」なんか噂しているのを 宮野君が見て嫉妬します。 すると、宮野君はかのを連れて屋上に連れていき抱きしめます。 「オレ、やきもち焼きなんすよ」 「他の男に心変わりしないで、そんだけ」 なんてクールに言います。 するとかのちゃんは、 「人の気持ちや周りの環境はどう変わっていくか分かりません」 「でも私は自分の気持ち神様に誓えます」 「わたしは一生、宮野君だけが好きです」 と断言します。 何度もレイジーに聞き直され、何度も言います。 何度も言われたいですねー。 高校生の時は…. くさいセリフを私もけっこう言ってしまった記憶が… 2 梓や香澄は.. 前回伏線ありましたが、梓と時生はいつの間にか仲良くなっていました。 というか付き合ってますね。 」「今度尋問だな」というレイジー。 最後に、かのちゃんは、宮野君と出会ったきっかけのアタリつきアイスを2人で買って食べます。 レイジーは外れでしたがかのちゃんは…. なんと人生初めての当たりでした! 「宮野くんといるとキセキが起きます!」というかのちゃんn。 敬語がいいですね。 レイジーも、心から思います。 「ツイている日も、ツイてない日も、 2人でいればまぶしいくらい楽しくて」 「かのちゃん、大好きだわ!」 と抱きしめました。 甘くてダルくて、愛しい日々は続きます~~~。 わたしにもくるんやろーかー?? 恋するレイジー33話の考察 恋するレイジー33話の考察をシェアします。 って最終回に考察することあるんかいっって感じですが むりやり1ついきます。 1 レイジーのいいかげんさとかのちゃんの誠実さのコントラスト この物語は基本的に、かのちゃんの誠実さが光っていたと思います。 元々、タイトルにもなっていましたが、レイジーというかったるくて、アバウトな男に恋するところから始まりますが それとは対照的なかのちゃんですが、最後までかのちゃんは誠実なまま アバウトなレイジーを好きでい続けます。 別にだるいレイジーに影響されて染まるわけではありません。 ただただ、かのちゃんのままで、正反対の人を好きになり、続くわけです。 それが良かったですね。 どちらかというと、レイジーがかのちゃんに影響を受けていたように思います。 敬語キャラ、いいですね。 ネットや周りの友人の感想を載せました。

次の

「この男は人生最大の過ちです:31話」最新話ネタバレと感想!ほしいもの

恋するソワレ ネタバレ

体育前、足元にあったソーダのにおいがするベトベトを踏んでしまって几帳面に拭きながら廊下を辿っていると1限目が始まるのに教材室でさぼっていた男の子3人組と出会う。 かのはソーダアイスをたべながらゲームをしている3人組を注意。 かの「先生に報告しよ」 ところが3人組の1人がゲームの資材を集めないと部屋から出してやらないと言います。 3人組がめんどくさくて苦戦していたゲームの資材をあっさりと集めるかの。 実は夜寝る前に1時間丸3年もコツコツとやっていたのです。 3人組にすっかり気に入られたかのはポンコツな自分を褒められてちょっぴり嬉しい気持ちに。 しかし、とっくに1限目は始まっていて遅刻した罰として10周走らされ、二度とかかわらないことを誓うのでした。 【1人目 斉川夏目】 ・女の子大好き ・経験人数 星の数 ・モテキャラすぎて男女共に敵が多い魔性イケメン 【2人目 荒木時央】 ・ドS 毒舌 ・ゲームにしか興味ないゲーオタ ・黙ってても怖いし、口開けば残念な冷血イケメン 【ラスボス 宮野玲次】 ・けだるげな色気 ・頭脳明晰で長身 ・ハンパないイケメンなのにあらゆることにやる気ゼロ かのはそんな3人のうちのラスボス「玲次」にパシリにされてしまいます。 ある日の事、呼び出されたかのはアイスを買ってこいと玲次にいわれますが、ふとみると玲次の手にはアタリの棒が。 そしてかのがアイスを全員分買ってきて食べると。。。 やはりかのはハズレで玲次は当たりを引きました。 玲次「当たり あげよーか かのちゃん?」 マジメにコツコツと頑張ることを人生で初めてバカらしく思い、「いりません」と断ってその場を去ったかの。 自分が3人と住んでる世界が違う事。 「残念」って言われながらキラキラしてあっさり当たりを引いちゃうような3人といつもハズレばっかり引く「残念」な自分を比べて落ち込むのでした。 しかし、翌日も玲次から呼び出されるかの。 怖い先生が見回りをしているから静かにしてっていわれたのに音を立ててしまいました。 かの「わたしのせいで見つかっちゃう・・・」 自分がいやになって涙目になっているとやっぱり先生に見つかってしまい怒られてしまいました。 しかし、先生からはかのが見えません。 玲次が背中にかのを隠し、1人だとかばってくれたのです。 玲次のおおきな背中やゴツゴツした男の子の体、イイ二オイを感じてなんだかときめいてしまうかの。 音を立てたことで先生にばれてしまったので玲次に怒られるのかとドキドキしていると 玲次「・・いいよ いくらでも 守ってやるよ」なんて言われたかのは胸が少しときめいてしまいました。 かのちゃんのメアドと交換といってアタリの棒を渡す玲次。 玲次らと比べて落ち込んでいたかのだけど、もう少しだけ知りたいと思うように。 そして購買にたどり着いたかのがアタリ棒とアイスを交換すると、見事にアタリを引いたかのは、心にも前向きな変化が訪れたようです。

次の

僕らは恋がヘタすぎる・第14話のネタバレと感想|恋するソワレ4号|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

恋するソワレ ネタバレ

「永久指名お願いします!77話」のネタバレ サプライズ 朝起きたらマキもみのりもいなくて、突然控え室でメイクされるモエは戸惑うばかり。 待機する十和子たちの背後に見つけたものに驚くモエ。 まさか…と予測するモエに、自分たちが選んだから気に入ってもらえるかはわからないけれどとお披露目。 そしてマキらの待つビーチへと向かう。 主役の新婦の登場とみんなが盛り上がると、モエは大号泣。 せっかくのメイクが崩れてしまうと焦る十和子らとは裏腹に、マキまでもらい泣きし始める始末。 マキの行動が不自然すぎて、どうなるかと思ったとみんなが肝を冷やしたなかでのサプライズは大成功をおさめた。 指輪交換でマキは、奥さんになってくれてありがとうと恥ずかしそうに告げる。 モエはズルいと涙する。 早く教えてくれていれば言いたいことをまとめられたのにと。 そもそも素敵なドレスが着れるならダイエットだってできたし、そもそもこうなるなら昨夜なぜ酒を飲ませたのかと責め始める。 そんなモエにマキは今日が一番綺麗だとキスをする。 そんな二人を見つめていた十和子は、いずれ蓮次とそんな日を迎えられたらいいなと夢見るのだった。

次の