ぼんやり 類語。 解離性障害の意識:ぼんやりした状態

ぼうっとの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

ぼんやり 類語

「昏い」の読み方 「昏い」の読み方は「くらい」 「昏い」は「くらい」と読みます。 「昏」の訓読みとしての読み方で、「昏い(くらい)」や「昏む(くらむ)」のように使われます。 また「昏」は訓読みで「く」とも読め、その時には「昏れ」(くれ)になります。 「昏す」とは「こんす」と読む 「昏」という字を音読みすると「こん」で「昏す」(こんす)のようにもちいられれて、「目が暗くなって見えなくなるくらむ」ことを意味します。 「昏睡」という言葉にも「昏」が使われています。 ちなみに「昏す」(こんす)にはあまり一般的に使われていませんが、太古には暗くなってから嫁入りする風習があったことから「結婚する」という意味もあります。 「昏い」のさまざまな意味 「日が暮れてくらい」の意味 「昏い」は日暮れや暗闇など「日が暮れてくらい」という意味です。 「くらい」といっても周りが見える程度の状態で、日没などの日の光がまだあるものの明るさはなく、夜の闇に近づいているという状態で使われます。 「道理が分からない」という意味 「目が見えない」という意味から転じて「道理が分からない」という意味でも使われています。 この意味で使われている言葉には「昏迷」があります。 「昏迷」の意味は「分別がなく迷っている状態」です。 「昏迷」は医学用語では軽度の意識障害という意味でも使われています。 また「昏睡状態」といえば意識がなくなっている状態のことを指しますし、また同じ「こんすい」でも「昏酔」と書けば前後不覚になるまで酔っぱらっている状態を意味します。 「ぼんやりとして陰気であるさま」の意味 晴れ晴れとしていない状態で、さらに陰気な状態のことという意味が「昏い」にはあります。 この意味では、気分や人の気性などがぼんやりとしてい陰鬱な場合に使われます。 例文:「気分が昏い」「性格が昏い」「昏い過去」 「昏い」の使い方 日の光が弱くなりくらくなってきた状態を表す「昏い」を使った例文や、知識が劣り道理が分からないという意味の「昏い」を使った例文など紹介します。 「空が昏い」 「空が昏い」と言えば、「まだぼんやり光が残っているものの明るいとは言えないような空の状態」です。 この日が暮れてくらくなっていくという意味で、「昏い」はよく使われます。 例文: 「さっきまで明るかったけれど、昏くなってきた。 そろそろ帰ろう」 「あたりが昏くなってきたので、一人で帰りたくない」• 「昏い瞳」 光の加減で黒く見えた人も、よく見ると茶色だったなど、光の状態でくらく見える瞳のことを「昏い瞳」のように表現します。 「昏い水の底」 光の加減によってくらく見える水の底のことを「昏い水の底」と表現します。 湖など水が深くなればなるほど暗く濃く見えますが、「昏い水の底」とは水の深さと関係するのではなく、あくまでも光の加減によってくらく見えるときに使われます。 「昏い光」 日が暮れたときの弱くなり明るさのない光の状態を「昏い光」と表現することができます。 「昏い気持ち」 「昏い気持ち」とは曖昧で明確でなく、さらにネガティブな気持ちを表し「足元がおぼつかないような不安な気持ち」を表します。 「その分野は昏い」 「その分野は昏い」や「専門知識が昏い」など、ある分野の知識などが十分でなくあまりわからないという状態のときに、このような言い方をします。 「暗い」「冥い」「闇い」のそれぞれの意味と違い 「暗い」は「光が少なくて見えなくなるさま」 「昏い」と同じ読み方をする「暗い」の意味は、「光が少なくて見えなくなるさま」です。 「昏い」は光が弱くなるものの、何も見えなくなるほどくらくありません。 一方、「暗い」は周りに何があるのか見えなくなるほどに物理的にくらい状態を指します。 しかし「昏い」との共通の意味として、「暗い」には「知識が乏しい」「物事に疎い」という意味もあります。 また「暗い」には「ぼんやりと陰気なさま」という意味もあります。 感情を表す表現として「暗い気持ち」がありますが、「昏い気持ち」よりもより気分が重く不安の色が強いときに「暗い気持ち」が使われます。 「冥い」とは「真っ暗な状態」 「暗い」よりもより暗さが増した状態に「冥い」(くらい)という字が用いられます。 物理的に「暗い」よりも暗い状態を表すのが「冥い」で、「真っ暗」と言い換えることができるでしょう。 時には「冥い」には死後の世界や霊界といった神秘的なイメージも想起させることがあります。 また「道理が分からないさま」という意味でも「冥い」は使われますが、「道理が分からなくて愚かだ」という感情的な意味合いも含まれてきます。 例文: 「お墓が冥く、何か出そうな気がする」 「その分野には冥く、もっと勉強しておけばよかった」 「闇い」は全く光がない状態 ここで紹介するどの「くらい」という字の中でも、もっとも暗さが深いのが「闇い」(くらい)です。 全く光がない状態を指します。 「闇い」の「闇」の意味には「不正や正規でない」といった社会的に正しくないという意味があり、その意味が反映される場合もあります。 その他の「昏い」の類語 「道理が分からない」という意味の「昏い」の類語• 「疎い」• 「物を知らない」• 「見識がない」• 「無知」 「ぼんやりして陰気なさま」の意味の「昏い」の類語• 「暗鬱」(あんうつ)• 「陰鬱」(いんうつ)• 「どんよろした」 まとめ 「くらい」と読む字はいくつかありますが、なかでも「昏い」はうすぼんやりと明るさが残っている状態のくらさを説明するときに使われます。 夕闇が訪れる少し前の状態とでもいえるでしょうか。 この微妙な「くらい」という表現の違いを覚えておくと、小説などを読むときにより理解が深まるでしょう。

次の

「昏い」とは?読み方と意味と類語「暗い・冥い・闇い」との違い

ぼんやり 類語

解離性障害の解離によって現れる症状の多くには、 意識がぼんやりした状態が関係しているといえます。 いわば放心状態で、本人の意識は正常に保たれていません。 意識障害は、量的と質的という2つの観点から分類することができます。 量的とは、覚醒の度合いのことをいいます。 覚醒度が低く、刺激に反応しない状態が昏睡で、覚醒度がやや低下した状態が意識混濁です。 質的とは、意識混濁にさまざまな精神症状が加わったものです。 例えば、朦朧状態やせん妄(興奮、幻覚、妄想など)です。 解離のある人は、認知や記憶、運動、同一性、覚醒度など、意識と深く関わっている領域に破綻が起こっています。 ぼんやりした状態では、興奮することもあります。 以下では、興奮の程度によって状態を分類しています。 (意識障害そのものの重症度という意味ではありません。 軽度 ぼんやりした状態になっていた間のことを覚えています。 離人症状に似ており、周囲の対象物が遠ざかったり、逆に迫ってきたりするなど、不気味な感じがします。 途中で、ふっと正気に戻ることもあります。 持続時間は数分から数十分のことが多いです。 中等度 不安と恐怖が増します。 周囲の気配に過敏になって、何か怖いものが襲ってくるような気がすると訴えます。 過呼吸や立っていられないといった症状があります。 ぼんやりした状態になっていたときのことは覚えていますが、やや健忘もあります。 持続時間は数十分から数時間です。 重度 不安や恐怖、攻撃性、興奮が高まって錯乱状態になります。 飲酒によって誘発されやすいです。 周囲が制止しようとすると強く抵抗します。 数時間持続しますが、翌日まで続くことはありません。 本人は全く覚えておらず、完全健忘のことが多いです。

次の

ぼんやりの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

ぼんやり 類語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 17• 研究社 新和英中辞典 10• Weblio Email例文集 8• Weblio英語基本例文集 4• Weblioビジネス英文メールテンプレート文例集 1• Eゲイト英和辞典 8• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 46• 科学技術論文動詞集 1• 日本語WordNet 32• EDR日英対訳辞書 71• Tanaka Corpus 23• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 7• 官公庁発表資料• 特許庁 17• 書籍・作品• Hans Christian Andersen『絵のない絵本』 1• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 2• JULES VERNE『80日間世界一周』 3• JACK LONDON『影と光』 2• Ouida『フランダースの犬』 1• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 1• James Joyce『エヴリン 「ダブリンの人々」より』 1• Conan Doyle『黄色な顔』 2• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 1• Wells『タイムマシン』 8• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 3• Ambrose Bierce『空飛ぶ騎兵』 1• Ambrose Bierce『男と蛇』 1• James Joyce『カウンターパーツ』 1• James Joyce『二人の色男』 1• James Joyce『アラビー』 1• James Joyce『死者たち』 3• James Joyce『下宿屋』 1• James Joyce『レースの後に』 1• James Joyce『母親』 1• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 3• John Tyndall『英国科学協会ベルファースト総会での演説』 1• Thorstein Veblen『所有権の起源』 1• Robert Louis Stevenson『宝島』 6• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 1• Lawrence『馬商の娘』 5• Lawrence『プロシア士官』 2• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 2• Chesterton『少年の心』 1.

次の