オオカミ ちゃん いと。 『オオカミちゃん』出演で話題の、宮瀬いと「好きになった人にはアタックしたい!」|ウォーカープラス

オオカミちゃん最終回 考察 感想 嘘をついたのは運営だった!?

オオカミ ちゃん いと

オオカミちゃんには騙されない 最終回12話 ネタバレ感想 オオカミちゃんには騙されない 11話 の簡単な振り返り 前回のオオカミちゃんには騙されない11話で起きたことのまとめはこちら• モザイクアート&カフェ完成• ゆいとが月LINEを使用(送信先不明)• ルードが月LINEを使用(送信先不明)• ゆうか&いとはルードからの月LINEは来ていないと答える。 ほのばびはゆいとからの月LINEは来ていないと答える。 ひろむの太陽LINEデート 千葉みなと PENHOUSE にてひろむの太陽LINEデート。 そこに、まさかの 渦中のルード本人が登場。 そして、 ゆうかを呼び出して2ショットで会話をする。 ただし、放送では2ショットトークの内容は見られない。 取り乱すひろむといと。 ルードとゆうかの2ショットが終わると、ひろむがルードの核心に迫る。 ひろむ「ルード君って月LINE誰に使ったの?」 ルード「のちのちわかることだし、 本人の気持ちを尊重してあげたいから、今はまだ言えない」 そこにさらに ミチが登場する。 なぜか困った表情をみせるルード。 そしてミチは言う。 ルードはミチを月LINEでアトリエに誘う。 ルードは結局直観で好きだったミチに戻るのか??と思わせるが、、 ルードがミチを呼び出した理由は「カズマのこと」であった。 実は、カズマが参加できるのは今日が最後だったという。 つまり、カズマは最終告白には出られないのだ。 おそらくカズマは今日が最後だと伝えずに最後の瞬間を皆と楽しく過ごしたかったのだろう。 ルードはこれをミチに伝えるために呼び出しただけであった。 ミチは寂しくて泣いた。 「本人の気持ちのために言わない」というのは実はカズマのためであったのだ。 ルードはただのいい奴だった(笑) 最終告白 女子はオオカミちゃんの着ぐるみを着て、赤い風船を持って告白を待つ。 オオカミちゃんの場合は、風船を手放す。 告白OKの場合は、風船を相手に手渡す。 ここで、オオカミちゃんではないが告白NGのケースが説明されなかったのは謎だった。 1人目 ゆうか 1人目でいきなり、自分の予想では大本命のゆうか。 最初に来るということは、外したか?と勘ぐってしまった。 オオカミちゃんが1人目で発表されることってあるのかなぁ… 告白に来たのはひろむ。 最初からずっとゆうかを一筋に想い続けてきたひろむ。 ひろむ「年の差はあるけど、ゆうかちゃんの隣に並んでも大丈夫な男になります。 」 … 風船を手放すゆうか。 ゆうかはやはりオオカミちゃんだった!! ゆうかが風船を手放す瞬間はめちゃめちゃ鳥肌が立った。 いい演出だなこれ。 ゆうかから手紙を受け取るひろむ。 「私はオオカミちゃんでした。 自分がもっと上手くやっていれば、ひろむくんに辛い想いをさせずに済んだんじゃないかと思うこともありました。 でも それは私自身の問題です。 悪いのは全部私です。 ただ最後に一つだけ 聞いてほしいことがあります。 ひろむくんは人を幸せにできる素晴らしい魅力を持っています。 そのことに自信をもってください。 この夏 ひろむくんは私のせいでたくさん傷つき 辛い思いをしたはずです。 でも君は ずっと変わらなかった 駆け引きなど一切せず ずっと真っすぐだった 本当に強かった 私たちには5歳の差があったけど 実際には逆だったね ひろむくん もっともっと素敵な大人になってください ひろむくんの笑顔が大好きでした ゆうか」 ゆうかはひろむが真っすぐで一途すぎて、オオカミちゃんとして気持ちを受け取るのがつらかったのだろう。 かずまやルードにアプローチしたのも、そこから来る思いもあったということか。 オオカミちゃんという難しい役をしっかりとやりきったゆうか、素晴らしかったです。 「自分を責めさせてしまっていたことが苦しい。 オオカミちゃんとしてみんなとは違う気持ちで過ごしていたとしても、ゆうかちゃんと出会えてよかった」というひろむ。 最後までイケメンだった。 2人目 いと 2人目はいと。 告白に来たのはルード。 「最初に気になった人が誰とか、そういうのは関係なく、選んだ答えがいとちゃんでした。 」と告白する。 … 風船をルードに手渡すいと。 不器用なところが、わざとやっているオオカミちゃんにみられがちだったりもしたが、別になんでもなかった(笑) いととルードはどちらもそこまで相手に強いこだわりはなくて恋愛したかったからくっついた感じですかねー。 3人目 ほのばび 告白に来たのはKaya。 序盤はほのばびがゆいと大好きだったので行けなかったKaya。 中間告白でゆいとに正式にフラれ、そこからKayaとほのばびは徐々に距離を縮めてきた。 うんこミュージアムでのデートなどはとても良い雰囲気だったので期待が高まる。 Kaya「ばびちゃんのことが好きです。 オオカミじゃないって信じてるのでお願いします」 … 風船を手放さず、渡しもせず、オオカミの頭を外すほのばび。 オオカミちゃんではなかったがカップル不成立。 いや、このパターンの説明しとけや。 オオカミちゃんじゃなかったら絶対成立しないといけないのかと思ってナニソレってなったわ。 さすがにそんなことはなくて良かったが。 これ、もしオオカミちゃん以外が全員成立してて、成立しないパターンの説明してなかったら無茶苦茶ヤラセっぽくなってたぞ? 結局ゆいと以外を好きになれなかったほのばび。 序盤だからもう忘れかけてたけど、ゆいとのこと好きな仕草とかは本当に全然演技じゃなさそうだったからね。 まぁ演技だったらあんなウザきもいアピールの仕方はしないよな(笑) 演技ならさすがにもう少しスマートに行くはずなので、やはりオオカミではなかったというところだ。 ゆいとのターン ゆいとは告白はせず、あいりがオオカミちゃんだったかどうかを知る権利を使う。 浜辺には、あいりからの手紙が置いてあった。 「ゆいとくん お元気ですか? あの日から、少し時間が経ったけど 私には、まだ昨日のことのように思えます。 そして今、この手紙を手にしてくれたゆいとくんに感謝して 真実を伝えます。 私はオオカミちゃんではありません。 私は心から ゆいとくんの事が大好きでした。 でも、この夏に後悔はありません。 脱落してしまったけど 私はゆいとくんにいっぱい気持ちを貰えたから 私には ちゃんと伝わっていたよ。 ゆいとくんが仲間を大切にすることを 人一倍責任感が強いことを 私をずっと信じてくれたことを ゆいとくんに出会えたことを 本当に感謝しています。 あいり P. S 月LINE届いたよ 最後まで信じてくれて本当にありがとう 幸せでした。 」 あいりはオオカミちゃんではなかった! やはりあいりに関しては、視聴者にはオオカミちゃんに思わせるように放送内容を選んでいたと予想する。 ゆいとへの想いがガチであることがわかる場面を見せないようにされていたんだろうなぁ。 でも、もちろんゆいと本人はあいりの気持ちをわかっていたから信じ続けたんでしょう。 ゆいとは人の気持ちに鈍感な人間ではないように見えるしね。 まぁゆいとはリーダーとして頑張ってたと思うし、よかったよ。 ゆいととあいりは普通にこれからプライベートで付き合えばいいと思います。 それから、 ゆいとの月LINEはあいりに送られていた。 デートの誘いではなく、「俺は、あいりを信じています。 」のひとこと。 いや、イケメンやけど、そんなんアリ?(笑) 脱落メンバーに月LINE使っていいなんて知らないし、これによって 結局ほのばびも嘘をついていなかったことが判明する。 ん?てことは... 「誰かが嘘をついた」っていう煽り自体が嘘だったのかよ!! いや、それはさすがにセコいやろ。。 あそこまで堂々と「誰かが嘘をついた」って書かれてたから、さすがに最低一人は嘘をついている前提で考察してたのに。 ちょっとこれは運営に腹が立ったね。 人狼ゲームとかってプレイヤーが嘘をつくものであって、運営が嘘つき始めたら収集つかないじゃん? それはナシやろー。 Last Message ゆうかが、他の女子メンバーたちに自分がオオカミちゃんであったことを告白する。 「ごめん、本当にごめん」と泣きながら謝るゆうか。 こんな大掛かりな人狼ゲーム、確かにオオカミ側はつらいよな。 謝ることじゃないかもしれないけど、謝りたくなる気持ちもわかる。 ゆうかさん、お疲れ様でした。 スペシャルエピローグ 最後にかずまが月LINEでミチをアメリカに呼び出す。 そう、 まだミチはオオカミちゃんだったかどうかの発表をしていないのである。 そしてこの部分だけは、ビデオ限定で放送されることになる。 ボストンにて、かずまの告白。 一瞬、風船を手放そうとする画が流れるが、結局かずまに風船を手渡す。 ミチはオオカミちゃんではなかった 風船を手放そうとする画を予告で流していたので、ワンチャンどんでん返しのオオカミあるかと騙されかけたが、さすがにミチはふつうにオオカミちゃんではなかった。 あの場面は予告用に別撮りしたのか?? 様子や動きだけでいけば、圧倒的に最白位置だったミチ。 これでオオカミちゃんだったら予想外ではあるけど、 もしそうなら後半ももっとミチの様子写せよってなるからさすがに違うよな(笑) 疑惑の縦読み約束も偶然なのか番組側が用意したのかはわからないが、杞憂だった。 このあとは、かずまとミチがアメリカでいちゃつくシーンが放送されてENDとなる。 オオカミちゃんには騙されない 結末を見て感じたこと まず結果は、 ゆうかの1オオカミでした。 一応、本線はゆうか1オオカミだったのでだいたい予想通りではあった。 5人で2オオカミ以上は多すぎるからなぁー。 まぁでも確かに「最低1人以上」とすることで、 発表の順番に関わらず最後までドキドキできるという意味で、このシステムは悪くないとは思った。 あいりやミチに関しても、ほぼほぼないだろうなとは思いつつも、 なんやかんやで発表の瞬間までドキドキしてめっちゃ楽しめました(笑) いやいや、終わってしまって寂しいですが、楽しかったなオオカミちゃん。 全体的に男性陣のイケメンシーンが多かったので、メンバーはこれからの反響がすごそうですね。 以上、オオカミちゃん最終回の感想でした! オオカミちゃんには騙されないに関する記事一覧は.

次の

オオカミちゃんの正体は誰?ネタバレ予想と全話を一気に振り返り!

オオカミ ちゃん いと

youtube・abemaTV 今度は逆、女子がオオカミの新シリーズ 「オオカミちゃんには騙されない」 今夜は波乱が起こる・・・。 ゆうかが月LINEを使った相手は ルードだった。 オオカミちゃんには騙されない【10話】 ゆうかが月LINEで呼んだのは「ルード」だった ゆうかとルード楽しそうにデート スウィーツを食べながら、ルードはなんで 自分を呼んだのかを聞く、 ゆうかはひろむが5コ下でかわいいけど発展しない。 ルードは歳は関係ない、心に従えばいいと思うと話す。 ゆうかはルードのこと・・・。 作業場では、 ゆうかがルードを誘ったことで落ち込むいと ほのばびはいとに「相談だよ」って慰める Kaya Kayaはほのばびの名前が ほのかだという事を知った 「これからほのかって呼ぶわ」 「うれし~」 スタジオメンバーひろむに惚れる、17歳なのにかっこいい~ ルードの本音 ルードはゆいとに本音を伝える いととゆうかどっちが上とか わからないと話す。 ひろむはほのばびにゆうかの事を話した。 ほのばびはひろむは 「素のままでいれば良い」と アドバイスする いとが聞く いとはルードに料理を作ろうと誘う、 そして、ゆうかとの事を聞いた。 ルードは正直にゆうかに気になると言われた事を告げる 今まではハッキリいとに気持ちをぶつけた来たけど 今回は歯切れが悪い、二人とも素敵、 今は決められない。 いとは「いいよ」としか言えなかった。 ひろむ月LINE ルードがタコライスを作ってみんなに振舞う。 そんなとき、ひろむがトイレに行くと 席を立ち月LINEを使う。 みんなの前で声を出して 「ゆうかちゃんお願いします」 帰宅中またも月LINE メンバー帰り道、また月LINEが入る。 いとがルードに月LINEを使った。

次の

宮瀬いと(オオカミちゃん)の身長体重は?出身高校や性格と彼氏も気になる!

オオカミ ちゃん いと

ついに待ちに待ったあの新シリーズが放送決定した。 オオカミシリーズとして 月とオオカミちゃんには騙されない。 放送のたびにファンからの怒涛の興奮の声が続出し、 「日経MJヒット商品番付2019」や 「マイナビティーンズ『2019年ティーンが選ぶトレンドランキング』」、 「JCJK流行語大賞2019」など多数の2019年トレンドランキングに 「オオカミちゃんには騙されない」がランクインするなどおおいに注目を集めた。 今回のシリーズでは前回シリーズ初の「オオカミちゃん」の2作目といえる。 果たして今回はどんなドラマ、感動が待っているのか。 私も含め前回の終わりからこの放送を待っていた方も 多かろう。 オオカミちゃん予想の難易度も過去最高!」の声も上がっている。 そんなオオカミシリーズを知らない方にどんな内容なのか解説していく。 では、ここであらすじをたどっていこう。 オオカミちゃんには騙されないのあらすじは? 10人の男女5人ずつが登場し、みんな本気で恋をする。 しかし、 その中に恋をせずただ嘘を付いている女性が一人いるのだ。 その女性は恋はせず最後までオオカミという正体を隠しながら 物語を進めていかなければならない。 男女とも、その一人はわからないまま物語は進んでいく。 特に男性はオオカミちゃんを察しながら進めていかなければならない。 また、物語の中でルールとして 「太陽ライン」と 「月ライン」というものがある。 「太陽ライン」とは 太陽ラインはメンバー達が1度だけ使える気になる相手をデートに誘う事が出来るラインである。 ただし、誰が誰を誘ったのかはメンバー全員が知る事ができ、 その他のメンバーもデートに参加する事も可能なのだ。 ライバルがいる場合はせっかく誘ったデートにライバルも来てしまう可能性があります。 ですが終盤でライバルがいない場合は2人きりでデートできる可能性もある為、 どこで使うかも駆け引きが重要になってくる。 「月ライン」とは 月ラインは太陽ラインと同じくメンバー達が1度だけ使える気になる 相手をデートに誘えるラインである。 ですが太陽ラインと違って月ラインは誰が誰を誘ったのかメンバー達にはわからないのだ。 つまり完全に2人きりでデートできるわけである。 ここぞという時に使うラインなのだ。 月LINEも使いどころが難しい。 やり方としては 仲良くなるためにあえて最初に 月ラインを使って 後に 太陽ラインを使うのか、 まずはラフな感じでライバルが来ても可能な状態で 太陽ラインを使って 勝負所で 月ラインを使うのがいいのか それは駆け引き次第にもよる。 この二つのラインの使いどころによって勝負は変わってくる。 ただ、個人的に思うのはオオカミちゃんとして進めていくのは 女性にとって、少し荷が重いだろう。 その時の男性の気持ちを考えたらちょっと悲しくなるだろう。 ここで今回のキャストを見てみよう。 オオカミちゃんには騙されないのキャストは? まだ確定ではないが、SNSでは色んな出演者予想が繰り広げられている。 現在は皆さんの予想を並べてみた。 正式な情報が解禁され次第追記していく。 よしあき 曽田陵介 ノベコア(ノーベルコア) 堀江享 久保田琳加 出口夏希 リコリコ POPteen 夢菜 クレア 岡本莉音 紺野彩夏 ゆあていー 加藤ナナ <スタジオ観覧キャスト> 横沢夏子 松田凌 Dream Ami 飯豊まりえ いつものメンバーといって過言はなかろうか。 素晴らしいキャストばかりだ。 今後追加キャストも募集がある可能性があるとなるとどのようなキャストになるのか楽しみだ。 また、今後 視聴者投票というルールで誰が脱落していくのか、、、気になるところでもある さて、ここで今回起用されている主題歌をチェックしてみよう。 月とオオカミちゃんには騙されないの主題歌は? 楽曲は公開されていないので、情報が入り次第公開してく。 しかし、前回はBTSの 「Lights」だった。 またあの曲が番組のエンディングにかなりあっているように感じた。 今回もより番組を盛り上げてくれるような曲になるとひそかに期待している。 ここで前回のオオカミちゃんには騙されないのおさらいをしておこう オオカミちゃんには騙されないの最終回(12話)のネタバレ! まずひろむ、ゆうか、いとの三人のシーンから始まる。 前回の放送ではルードが月LINE、ゆいとが月LINEを送ったところで終わっていた。 まずはルードの月LINEから説明していこう。 ルードが送った相手は、ミチ。 ミチに送った理由として、前日アトリエが完成しみんなで楽しく終わったが何とこの日で かずまが最終日だったのだ。 ここでかずまは告白が出来ないまま旅立つことに。 そのことをミチに告げるため、アトリエに呼び出し月LINEを使ったのだ。 それを知ったミチは号泣。 以前の浜辺でもミチは別れが一番寂しいといっていた。 別れを知ってさよならするよりは、楽しい気分で終わった方が良いと思ったのだろう。 だから、カズマはミチに言わなかった。 しかし、ルードはミチにそのことと告げたのだ。 ミチはかずまのことを考えないようにしていたとのこと。 最後にルードとミチはハグ。 その月LINEを送られたことをルード、ひろむ、ゆうか、いとに告げる。 続く場面では、告白タイムに移る。 ~告白~ 一組目としてひろむはゆうかに告白。 結果はゆうかはオオカミちゃんだった。 そのため、ゆうかはひろむに手紙を渡す。 2組目はルードがいとに告白。 結果は見事に成功。 3組目はKayaはばびに告白 結果的に上手くはいかなかったが、ばびは今後とも Kaya君と仲良くしていけたらと思っているとのこと。 最後にゆいとがオオカミちゃんの赤い手紙を受け取る そう、あいりからの手紙だ。 その後、海辺のシーンで男女で触れ合るシーンがあったが、ここで波乱が起きる。 アメリカにいるはずのかずまから月LINEが届くのだ。 相手はなんとミチ。 かずまがミチに「ミチちゃんに告白したので、アメリカに来てくれませんか?」 と。 ここで、ミチはアメリカに渡米しオオカミちゃんがどう暴かれる。 かずまはミチに告白し成功。 そのままアメリカをデートするのだ。 結果的にはゆうかがオオカミだった。 オオカミちゃんには騙されないの最終結果は? ひろむー ゆうか・・・ 失敗: ゆうかはオオカミちゃん ルードー いと・・・成功: カップル成立 Kaya- ほのばび・・・失敗:ほのばびがふることに ゆいとが あいりの手紙を受け取る・・・あいりはオオカミちゃんではない かずまー ミチ・・・成功: カップル成立.

次の