ぐるなび 女性。 トップランナーが語る! “女性料理人”の仕事と生き方、活躍のヒント

最新「ひとり飯」調査2018|株式会社ぐるなびのプレスリリース

ぐるなび 女性

withコロナとなる2020年の夏、「自身の実家へ帰省する予定」と回答した人は既婚者全体の24. 9%、「配偶者の実家へ帰省する予定」は17. 2%、一方で 「帰省しない」は66. 4%と昨年に比べ1割多い、7割近くに上りました。 そのうち 「新型コロナウィルス感染症拡大の影響による自粛のため」が理由であると回答した人は37. 8%と、移動を伴う帰省への懸念が影響していることが分かります。 また、 帰省をせずにEC(インターネット通販)を利用して贈り物をすると回答した人が1割ほどとなり、平均額は 3,429円で持参する場合の平均額よりも高めに設定していることが分かりました。 調査のポイントと分析結果は以下の通りです。 オンライン帰省をしてみたい人は約24%。 平均額は3,429円。 オンライン帰省をしてみたいと思う人は約24%。 今年は 帰省をしない決断をする人が 既婚者全体の6割超に。 そのうち4割近くの人が帰省しない理由として「新型コロナウィルス感染症拡大の影響による自粛のため」と回答しました。 平均額は3,429円。 帰省しないと回答した人のうち、 帰省の手土産の代わりに贈り物をECで購入して届ける予定のある人が 約1割ほどで、 平均額は3,429円となり、持参する場合よりも 高めの予算を設定していることがわかります。 宅配便は withコロナ時代に沿った贈り物の手段の1つとして認知される傾向にあるようです。 実際に宅配便で帰省土産を送った人の自由回答からは、 直接手渡しする場合とは一味違う形で、サプライズ感がでると回答した人もいました。 一方で、あらかじめ在宅確認を行うなど、受け取る側への負担をかけないことが大切なようです。 今後のwithコロナにおける贈り物で重視するポイントとなりそうです。 また、配偶者の両親の好みにあったものを選びたいと回答した人が半数以上となりました。 特に配偶者・恋人の実家用は自分の実家に比べ難易度がアップ! 手土産選びを 『不安』に思ったことがある人は「非常にそう思う」「そう思う」の合計で 6割超。 そのうち 50. 3%が配偶者や恋人の実家への手土産選びには 不安を感じることが多いようです。 『不安』に思う理由としては 「自分自身が食べたことがない手土産だから」が 2位にランクイン。 自由回答では「以前と異なる商品を選ぶと選択肢が減ってくる」 50代男性 「日持ちするものをと考えると同じ商品に偏ってしまう」 60代女性 「どの口コミ情報を信頼してよいか分からない」 50代女性 など、新しい商品に挑戦しようとすると、味や包装等の仕様が分からず不安に感じるようです。 年間約10回にわたり、秘書室本会員による手土産品評会を開催し、多くの手土産店が出品する自信作を「ビジネスシーンにふさわしい贈り物」という観点で目利きし、誰もが知る名店の手土産から、知る人ぞ知る各地の名品まで、日本の文化とも言える手土産品を随時紹介しています。 また、1年間かけて目利きした商品の中から、秘書からの評価が特に高い手土産を「特選」として発表しています。 取引先との会食や接待に適した上質な飲食店情報のほか手土産情報やセミナーなど、秘書業務に役立つコンテンツを展開しています。 2002年のサイト開設以来、全国の秘書業務に従事している方を会員組織化し、接待利用に適した高級飲食店と結びつけています。 そのほか高級飲食店の下見会や秘書懇親会の開催、手土産情報の提供、各種セミナーの開催、秘書同士の掲示板の提供などさまざまなサービスで秘書業務のサポートを目指しています。 また、秘書の知見を活かした情報発信もしています。

次の

相手を虜にさせるメール術~女性向け~

ぐるなび 女性

お店の味を自宅でも。 ネットで事前決済、待たずにテイクアウト! 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎 以下、ぐるなび)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により需要が拡大している飲食店のテイクアウトについて、加盟飲食店の支援とユーザーの利便性向上を目的に、楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:、以下「楽天」)が運営する、飲食店の商品を事前注文・決済することが可能なテイクアウト支援サービス「楽天リアルタイムテイクアウト」との連携を2020年7月21日(火)から開始しました。 gnavi. 以下、対象店舗)をエリアやジャンル、フリーワードで検索して注文・事前決済をすることが可能です。 また、ぐるなびサイト上でテイクアウトの検索をした場合、検索結果の一覧ページおよび各店舗のページに、対象店舗には「ネットで注文」のボタンが表示され、ここから「楽天リアルタイムテイクアウト」のページに遷移して、注文・事前決済することも可能です。 さらに、ぐるなびアプリでは、対象店舗が地図上に表示されるため、現在地から近い場所の検索に便利です。 「楽天リアルタイムテイクアウト」は、近隣の飲食店をオンラインで検索して商品を選び、時間指定の事前注文、且つ事前決済のため、ユーザーは店頭での待ち時間無く出来たての商品を受け取ることができます。 ぐるなび加盟店においては、ぐるなび経由で契約することにより、特設ページやぐるなび内の店舗ページからの誘導が付くほか、店舗ページのこだわり枠に、テイクアウトの枠が追加されるため、テイクアウトを探しているユーザーへの接点を増やすことができます。 ぐるなびではこれまでも、ぐるなびサイト内でのテイクアウト検索機能の強化や、予約管理システム「ぐるなび台帳」のオプション機能として、テイクアウトのネット予約機能を追加し、2020年10月末までオプション機能を無料で利用できるようにするなど、ユーザー、加盟飲食店双方へのテイクアウトサービスの拡充をはかってきました。 今後も、「日本の食文化を守り育てる」の企業使命のもと、飲食店のサポートおよびユーザーへのさらなる利便性向上を目指します。 rakuten. オンライン決済時に決済事業者に対して発生する、決済システム利用料やクレジットカード決済手数料を除きます。 詳しくは以下をご覧ください。 「楽天リアルタイムテイクアウト」に掲載の全店舗が対象となります。 本キャンペーンのポイント費用は、すべて楽天が負担します。 予告なく内容の変更もしくは中止させていただく場合がございます。 「ぐるなび」をもっと詳しく.

次の

最新「ひとり飯」調査2018|株式会社ぐるなびのプレスリリース

ぐるなび 女性

withコロナとなる2020年の夏、「自身の実家へ帰省する予定」と回答した人は既婚者全体の24. 9%、「配偶者の実家へ帰省する予定」は17. 2%、一方で 「帰省しない」は66. 4%と昨年に比べ1割多い、7割近くに上りました。 そのうち 「新型コロナウィルス感染症拡大の影響による自粛のため」が理由であると回答した人は37. 8%と、移動を伴う帰省への懸念が影響していることが分かります。 また、 帰省をせずにEC(インターネット通販)を利用して贈り物をすると回答した人が1割ほどとなり、平均額は 3,429円で持参する場合の平均額よりも高めに設定していることが分かりました。 調査のポイントと分析結果は以下の通りです。 オンライン帰省をしてみたい人は約24%。 平均額は3,429円。 オンライン帰省をしてみたいと思う人は約24%。 今年は 帰省をしない決断をする人が 既婚者全体の6割超に。 そのうち4割近くの人が帰省しない理由として「新型コロナウィルス感染症拡大の影響による自粛のため」と回答しました。 平均額は3,429円。 帰省しないと回答した人のうち、 帰省の手土産の代わりに贈り物をECで購入して届ける予定のある人が 約1割ほどで、 平均額は3,429円となり、持参する場合よりも 高めの予算を設定していることがわかります。 宅配便は withコロナ時代に沿った贈り物の手段の1つとして認知される傾向にあるようです。 実際に宅配便で帰省土産を送った人の自由回答からは、 直接手渡しする場合とは一味違う形で、サプライズ感がでると回答した人もいました。 一方で、あらかじめ在宅確認を行うなど、受け取る側への負担をかけないことが大切なようです。 今後のwithコロナにおける贈り物で重視するポイントとなりそうです。 また、配偶者の両親の好みにあったものを選びたいと回答した人が半数以上となりました。 特に配偶者・恋人の実家用は自分の実家に比べ難易度がアップ! 手土産選びを 『不安』に思ったことがある人は「非常にそう思う」「そう思う」の合計で 6割超。 そのうち 50. 3%が配偶者や恋人の実家への手土産選びには 不安を感じることが多いようです。 『不安』に思う理由としては 「自分自身が食べたことがない手土産だから」が 2位にランクイン。 自由回答では「以前と異なる商品を選ぶと選択肢が減ってくる」 50代男性 「日持ちするものをと考えると同じ商品に偏ってしまう」 60代女性 「どの口コミ情報を信頼してよいか分からない」 50代女性 など、新しい商品に挑戦しようとすると、味や包装等の仕様が分からず不安に感じるようです。 年間約10回にわたり、秘書室本会員による手土産品評会を開催し、多くの手土産店が出品する自信作を「ビジネスシーンにふさわしい贈り物」という観点で目利きし、誰もが知る名店の手土産から、知る人ぞ知る各地の名品まで、日本の文化とも言える手土産品を随時紹介しています。 また、1年間かけて目利きした商品の中から、秘書からの評価が特に高い手土産を「特選」として発表しています。 取引先との会食や接待に適した上質な飲食店情報のほか手土産情報やセミナーなど、秘書業務に役立つコンテンツを展開しています。 2002年のサイト開設以来、全国の秘書業務に従事している方を会員組織化し、接待利用に適した高級飲食店と結びつけています。 そのほか高級飲食店の下見会や秘書懇親会の開催、手土産情報の提供、各種セミナーの開催、秘書同士の掲示板の提供などさまざまなサービスで秘書業務のサポートを目指しています。 また、秘書の知見を活かした情報発信もしています。

次の