東レ株価。 全てのビジネスが成長産業? 東レのビジネスと株価

東レの株価は上がらない?

東レ株価

どうも!! 『らしらん』(rasiran)です。 本日は、 『東レ』【3402】の株価を分析していこうと思います。 突然ですが『東レ』の 『レ』って なんやねん? って思ったことはないでしょうか? 現在の社名は『東レ』ですが、1926年に創業した当時の社名は 『東洋レーヨン』で化学繊維の『レーヨン』から来てるようです。 現在ではレーヨンの生産は行っておりませんが、社名の由来を知るのはおもしろいものです。 記事の内容は私の個人的な考えであり、株の購入を進めるものでも安全性を保証するものでもありません。 あくまで投資は自己責任にてお願いいたします。 また、企業の一般公開情報によって判断をおこなったため、事実と異なる点が存在する可能性があります。 どのような考えをもって投資を行うかの『考え方の流れ』を参考にいただければと思います。 参考にした上での不利益を当方で負うものではありません。 ご自身の判断によって投資は行ってください。 東レとは? 東レは、時価総額1兆7954億円、化学の分野で162社中3位の規模の企業です。 私たちの身の回りでは、衣料向けの合成繊維や、自動車向けの合成樹脂、シート表皮の『 』(商品名アルカンターラ) 浄水器の などが有名です。 あと炭素繊維は、ゴルフのシャフトやラケット、釣り竿、スポーツタイプの自転車、航空機のボーイング787にも採用されています。 このようにみると身近な物を作っている企業ですね。 事業構成 事業構成は以下のようになります。 事業名 売上高 売上高利益率 繊維 9136億円 7. 92% 機能化成品 8033億円 8. 89% 炭素繊維複合材料 1779億円 11. 69% 京樽環境・エンジニアリング 2383億円 5. 58% ライフサイエンス 538億円 3. 53% 売上高利益率というのは、その事業の 売上高に対して何%が利益になるのか?を表したものです。 各事業の 売上高が100億円だと仮定して、ここでは 繊維事業と 炭素繊維複合材料事業を例に計算してみましょう。 92億円• 69億円 要は、同じだけの売り上げを出した場合、炭素繊維複合材量事業は、繊維事業の 約1. 5倍の利益を出すことが出来るという事です。 まだまだ、炭素繊維複合材量事業の売上高は全体の8%程度ですが、今後その割合が増加するとするならば大きく利益を増やす余地があるとみることが出来ます。 一番利益率の低いライフサイエンス事業は、単純に利益を出せていないのか?それとも今後に向けての発展段階にあるのかの確認は必要です。 炭素繊維複合材料分野において世界最大のシェア 先ほどの事業構成の項目でも触れましたが、東レは現在炭素繊維複合材料の分野で世界最大のシェアを誇っています。 燃料電池車の普及など、低燃費に注目が集まっていることから金属に変わる軽量素材の需要は今後増加することが予想されます。 インドで新工場新設 2018年2月20日に150億円を投入して、おむつ用不織布や自動車用の機能樹脂の工場を立ち上げると発表し、インドのアンドラ・プラデシュ州に35万㎡の新規事業用地を取得しました。 稼働は2020年をを目指しているようです。 インドのGDPは年率6%で成長していると言われることからも今後に期待したいところです。 一株当たりの利益の割合を表す、(株価収益率)は 14. 93倍とやや割安の範囲内です。 ただし、業界水準から見ると 平均的な水準であるので注意は必要です。 (一株当たり利益)は 61. 3円です。 を基準にお買い得と判断されるPERの10~15倍を掛けると、 613円~919. 5円です。 ちなみに、 現在の株価915円との15倍の差は 4. 5円です。 一般的に安値圏と言われるPER15倍からは、 4. 5円も割安であると言えます。 東レを資産の観点から分析する 株価がの何倍の価格になっているかを表す(株価純資産倍率)の値を確認すると、 1. 34倍です。 5倍までが割安ととられることを考えると割安の範囲内です。 は 681. 92円なので、お得の範囲内とされるBPSの1. 5倍を計算すると 1022. 88円ですから、 現在の株価 915円と比較すると資産面からは、 107. 88円割安だと言えます。 理論上の株価の底値は681. 92円です。 東レの配当や株主優待はどうなのか? 配当は、一株当たり 16円を予定しているので、100株保有していたとすると配当は 1600円です。 は、 1. 配当性向は、過去の推移をみると20~30%で推移しています。 企業の方針としても内部留保などを総合的に判断するとのことで数値自体は一般的な平均水準です。 株主優待は、行っていないようです。 東レの売上高と利益はどうなのか? 、営業利益ともに直近5年で判断するとバラつきが見られますが緩やかな上昇を続けているように見えます。 原燃料価格や景気に影響されるところも考えると問題はないと判断しました。 1%、は6. 2%、が6. 3%とROEは8%、ROAは5%の水準を超えています。 優秀な範囲と言えるでしょう。 流動比率は1. 70倍で 短期的な資金に問題は見られません。 自己資本比率は42. 倒産の危険がないと言われる40%以上の水準も超えていることからこちらも優秀です。 営業キャッシュフローと有利子負債の割合は、 4. 85倍ですから一般的に言われる5倍以下の水準を下回っています。 十分な営業キャッシュフローがあるとみてよいでしょう。 まとめ 今回は 『東レ』の株価分析を行いました。 分析を行ってみて、個人的に株の購入を検討してもいいと思える企業でした。 株価指標の数値に加え財務面、また企業の行っている事業の今後の成長についても期待できるものだと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

Yahoo!ファイナンス

東レ株価

東レの社名の由来 [3402]東レの社名にある「レ」は再生繊維の レーヨンに由来しています。 (旧社名:東洋レーヨン) ただし、現在では、レーヨンの生産は行っていません。 沿革 [3402]東レの沿革です。 化学繊維は、19世紀から実用化されており、の出資によって 東洋レーヨンとして、1926年に創業しています。 1951年には、 アメリカ・デュポン社により開発された合成繊維 「ナイロン」の製造技術を導入。 1958年には、帝人と共にポリエステル繊維 「テトロン」(テは帝人の「テ」、トは東レの「ト」から来るもの)の生産を開始し、徐々に業績を上げていきます。 1970年に現在の「東レ株式会社」に社名変更しています。 主力製品 [3402]東レの主力商品です。 3大合成繊維(ナイロン、ポリエステル(テトロン)、アクリル繊維(トレロン)) ナイロン、ポリエステル、アクリルを合わせて、 3大合成繊維といいます。 東レは様々な製品に対応した合成繊維製品を製造しています。 合成樹脂 樹脂製品は、いわゆる 「プラスチック」です。 成形しやすい樹脂で、複写機などのOA機器から、自動車の内外装部品、家電用品、日用雑貨に至るまで幅広く利用されています。 炭素繊維(トレカ) 炭素製品は、 航空・宇宙分野をはじめとして スポーツ・レジャー用品、一般産業用途まで様々な用途で使用されています。 繊維業界 売上高ランキング [3402]東レの業界内シェアを 繊維業界の売上高ランキングで見てみます。 [3402]東レは、、に次いで、業界内 第2位となっています。 順位 企業名 売上高(億円) 1 11,701 2 東レ 9,742 3 6,715 4 1710 5 住江織物 986 6 ダイワボウHD 750 7 東洋紡 645 [3402]東レ 株価 ( 2020/07/11時点) [3402]東レの 株価は、 484.2円です。 売買単位が100株のため、最低購入金額は、 約4.8万円です。 1年チャート 5年チャート [3402]東レ 配当金・配当利回り・配当落ち月・配当金支払い月 [3402]東レの配当金関係の基本情報です。 ( 2020/07/11時点) 配当金 [3402]東レの 1株当たりの配当金は、 9円です。 100株保有の場合、 年間900円の配当金が支払われます。 配当利回り [3402]東レの 配当利回りは、 1.86%(税引き前)です。 税引き後の配当利回りは、 1. 79685= 1. 48% となります。 権利確定月、次回の権利確定日 [3402]東レの 権利確定月は、 3月・9月です。 配当性向 [3402]東レの 配当性向は、 36%です。 [3402]東レ 配当金まとめ 株価 484.2円 年間配当 9円 最低購入額(100株) 約4.8万円 年間配当(100株) 900円 利回り(税引き前) 1.86% 実質利回り(税引き後) 1.48% ( 2020/07/11時点) [3402]東レ 配当金 ・利回り・配当性向の実績 配当金の支払い実績 [3402]東レの 配当金支払い実績です。 穏やかではありますが、増配傾向が続いています。 配当利回りの推移 [3402]東レの 配当利回りの推移です。 配当利回りは、1~2%台の間で推移していますが、ここ最近は増加傾向です。 配当性向の推移 [3402]東レの 配当性向の推移です。 配当性向は、配当金支払いがある際は、おおむね40%以下で推移しており、問題ない範囲と言えます。。 [3402]東レ 業績 売上高 [3402]東レの 売上高です。 (単位:百万円) 営業利益 [3402]東レの 営業利益です。 (単位:百万円) 経常利益 [3402]東レの 経常利益です。 (単位:百万円) 純利益 [3402]東レの 純利益です。 (単位:百万円) まとめ [3402]東レは、増配傾向が魅力の銘柄です。 利回りがもう少し上昇する場面があれば、購入を検討したい企業です。 おすすめの証券会社 証券口座は、まずは 松井証券 と SBI証券 の2つを開くのがおすすめです。 (投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。 ) 松井証券 は、 売買 手数料「無料」が魅力です。 50万円以下 で売買できる銘柄は、 取引手数料なしで、 上場銘柄の90%以上が対象となります。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。 の記事では、 口座開設の手順を解説しました。 かなり詳しく書いたので、 準備するもの、入力時の注意すべき点、解説にかかる日数など、疑問となることを解消していただけると思います。 > 口座を開くのは、株式投資で現状を変える 【第一歩】です。 まだの方は、これを機会に、ぜひどうぞ。 (素人の手作り感が満載ですが) いけやん自身も 会社の給料だけに依存しない 配当生活を目指して、日々投資をがんばっています。 株式投資は、初めはとっつきにくいですが、 少しでも早く始めた人が有利なゲームです。 そして、投資の勝ち負けに「絶対」はありませんが、 失敗の可能性を下げる情報を集めることは大切だと思います。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ>.

次の

東レの株価が下落する理由とは?なぜ炭素繊維の利益が上がらないのか。|投資の達人

東レ株価

気になる日本株を分析・予測するコーナー。 ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。 今回は東レ【3402】の株価を分析。 そして今後を予想していきます。 東レとはどんな会社? 東レは、繊維製品および人工皮革などの合成繊維や化成品などの製造を行っています。 また、エンジニアリング樹脂や高性能フィルムなどの様々な産業用材料も製造しています。 電子回路や液晶用カラーフィルターなどの情報関連製品も開発しています。 以下はWikipediaより引用 三井グループの中核企業の一つとしてその名を知られており、コーポレート・スローガンは、「Innovation by Chemistry」(化学による革新と創造)。 社名にあるレは化学繊維のレーヨンを意味する(旧社名:東洋レーヨン)が、同社は現在、レーヨンの生産は行っていない。 現在の株価は? 現在の株価は607円前後です。 取引単位は100株なので、60,700円程度で東レの株を所有することが可能です。 10万円以下なので、気軽に投資を始めることができます。 いいですね。 PERは15. 28倍です。 15倍前後なので適正ラインです。 そして、配当利回りは2. 63%。 日本株の中では少しはあるレベルです。 ちなみに、株主優待はありません。 過去の長期のチャート 上場来最高値は2015年の1130円。 多くの日本の大企業の銘柄が1989年バブルピークの株価を超えられない中、東レは直近で最高値を更新しています。 こういったバブル崩壊を乗り越える、右肩上がりの成長が日本には必要です。 アメリカ株と同じように、右肩上がりで成長し続けるチャートを見せれば「長期投資もありだな」と思う人が必ず出てきます。 それは株式市場の健全化にもつながるので今後もぜひ頑張って欲しいです。 ちなみに直近1年のチャートはこちら 軟調ですね。 極めつけは、2020年2月です。 新型コロナの問題で、20%近くの殺人的な下落となっています。 多くの投資家の悲鳴が聞こえるようなチャートですね。 東レの売上高は? 堅調ですね。 しっかり右肩上がりです。 これならまあ合格です。 次に東レのEPS(1株当たりの利益)の推移です。 FY2017をピークに緩やかに下げています。 少し心配ですね。 東レのBPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。 こちらは比較的キレイな右肩上がりです。 いい感じです。 ROE(株主資本利益率)の推移はこちら ROE(株主資本利益率)は直近7. 02%。 10%を割っています。 日本株の中では健闘していますが、もう少し頑張ってほしいですね。 ちなみROEは「経営のうまさ」を測る指標。 一般的に高ければ高いほど、経営者が優秀だといえます。 最後に、流動比率は1. 71倍です。 こちらは1倍を超えているので問題ありません。 東レの今後をまとめると 優良銘柄です。 ただ、EPSが緩やかに下げているのと、ROEが少し低いのが気になります。 日本を代表する大企業、東レ。 狙っていた方はこのコロナの急落でかなり買いやすくなっていると思います。 気になる方はウォッチしてもいいかもしれません。 【ちょこっと宣伝】追記 今井バフェット、株を1,200万円分買いました。 今回のコロナショック、ご存知のように多くの銘柄が下げています。 2017年11月から投資ブログをピタッと止めていた私。 それは他ならぬ「株価が高水準だった」からです。 バフェットはこう言いました。 「賢い人たちは、チャンスが訪れたときに大きく賭けます。 オッズが有利なときは大きく賭けるのです。 しかし、そうでないときは賭けません。 ただそれだけです。 」 現在でも50万PVをこえるこのシェアブログですが、その間に多くの日本株やアメリカ株の投資ブログが生まれました。 そして今回の下落。 優良銘柄が適切な評価をされておらず、「お宝がザクザク」しています。 紛れもなく10年に一度のチャンスです。 そんな中、私も投資を再び再開しました。 貯金1,400万円のうち、ある一つの日本株に1,200万円以上を投資しました。 多くのお宝銘柄の中で、さらに埋もれている「これはものすごい!」と感じた銘柄があったからです。 これまで何百と日本株を分析した私が、身銭を切って一気に投資しました。 今回のコロナショックで資産の80%以上を投じた銘柄とは? 今井バフェットはいったい何に一気に勝負をかけたのか? 理由とともに売買履歴や今後の売買戦略なども詳細に述べています(適宜更新予定です) もし気になる方はコチラを見て下さい。 ちなみに有料ですが、途中まではタダで読めます。 (追記:すでにお買い上げ頂いた方ありがとうございました。 ) 上記の有料記事を買わずとも、シェアブログでは現在のコロナショックを千載一遇のチャンスととらえ、多くの日本株分析をしていくつもりです。 アフィリエイト狙いのビットコイン取引所や貸付ファンド、太陽光ファンドなどは一切勧めないつもりです。 (一般的に多くのブロガーはこういった報酬の高い商品を勧めて、実際に読者がクリックして購入することで一人あたり1万円〜5万円の利益を得られます。 その利益のために自らの信念を曲げて本当はおすすめしない商品を勧めているケースも多々見られます) このブログでは、あくまで「適切に評価されていない超優良企業をなるべく格安で買う」ことを主眼に記事を書いております。 莫大な富を築いたネイサン・ロスチャイルドは言いました 「街のあちこちで、通りが血に染まっている時こそ、空前未曾有の大チャンスなのだ」 今回の暴落で大切なのは飲み込まれず、冷静に状況を分析して行動することです。 ぜひこの状況を一緒に乗り越えましょう。 株式に長期投資をしている36歳。 節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。 年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。 投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。 一度買ったらずーっと売らないつもり。 評価損は気にせず長期で投資していきます 今までに投資をした総金額。 アーカイブ• 109• 102•

次の