プリズマ イリヤ。 プリズマ☆イリヤ 新作劇場版制作決定!雪下の誓いの続編かな!?さらに期間限定で原作読み放題だぞ!|まったりマイペースライフ

「プリズマ☆イリヤ」新作劇場版決定、門脇舞以「天にも至ってしまいそうな心地」(コメントあり / 動画あり)

プリズマ イリヤ

さて、このキスシーンだが、作中でいったいどのくらい描写されているのだろうか。 記憶を軽く掘り返してみると、なんとなく2期3期あたりは毎話のようにチュッチュしていた気がするのだが……。 どのシリーズが多かったのか、誰と誰のキスシーンが多かったのか、真実を明らかにしていこう。 キスシーンの回数がもっとも多いシリーズは? まずはこちらの表をご覧いただきたい。 以下の表は、キスシーンが描写された回数をシリーズ、話数ごとにカウントしたものだ。 本シリーズは、平穏な学校生活を送っていたイリヤと美遊の前に、イリヤの命を狙うイリヤにそっくりな少女(クロ)が現れるところから物語が始まるのだが、この クロの登場がキスシーン増加に大きな影響を与えた。 なんと、キスシーン7回のうちすべてがクロ絡みという獅子奮迅の活躍っぷりを見せてくれたのだ。 この回では、学校に通うことになったクロが、約3秒のあいだにイリヤの友だち3人の唇を奪う匠の技を披露している。 (画像はより) (画像はより) (画像はより) キスシーンの回数がもっとも多いキャラは? 続いて、誰と誰のキスシーン描写が多いのか見ていこう。 作中で描かれたキスシーンのペアは以下の通り。 とくに クロは、15回のキスシーンのうち 12回に絡む圧倒的な数値を誇り、もし本作にキスMVPなる賞があったら、間違いなく彼女に贈られるだろう。 というか、もはや彼女の存在そのものがキスシーンが増えた要因と言っても過言ではない。 (画像はより) ただ、クロのこのキスシーンの多さにはちゃーんと理由がある。 クロはとある理由により、定期的に魔力を摂取しなければならず、キスはそのための効率的な手段なのだ。 そして、その魔力供給の効率がいい相手がイリヤというわけ。 クロ曰く、ほかの人のざっと10倍の効率のよさらしい。 つまりイリヤがいなければ、作中のクロのキスシーンの回数は60回(イリヤとのキスシーンが回数が6回)以上に伸びていた可能性も。 そんなにチュッチュしていたら話が延々と進まなかっただろう……本作を陰ながら支えてくれた縁の下の力持ちはイリヤだった。 ありがとう、ありがとう。 (画像はより) 描写のこだわりがすごいキスシーン3選 最後に若干余談だが、キスシーンの時間について触れていこう。 作中のキスシーンはほとんどが一瞬、もしくは数秒のライトな描写なのだが、とくに気合いの入っていた描写が3回ほど存在する。 戦闘シーン真っ只中に前フリなく差し込まれた約25秒に及ぶキスシーン、涙目の美遊がけしからんすぎるのに加えて、ふたりのキスシーンを眺めるイリヤの表情もいい味出している。 』1話、イリヤとクロが学校の階段でキスするシーン。 キスシーンの時間は約40秒、その時間もさることながら描写の濃厚さもガン攻めの域に。 「ダメよ、全然足りない。 もっと唾液ちょうだい」「げ、限界……ちょっと休ませて」などセリフも非常に強い。 時間こそ、約30秒と上記のキスシーンより短いが、その濃厚さは断トツ。 イリヤがキス中に心の中でつぶやく 「舌が溶けちゃう」は後世まで語り継ぎたい名言だ。 これらインパクト大のキスシーンの存在により、実際の数値以上にキスシーンの印象が強く残っていたのかもしれない。 キスシーン以外も見たくなった方はぜひご覧あれ。 」製作委員会•

次の

「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」バースデーパーティーIN 池袋 展示内容など追加情報を公開!

プリズマ イリヤ

概要 [ ] 『』における。 の可能性の一つ。 略歴 穂群原学園小等部(5年1組)に通う小学生。 義兄の、本来はメイドだがほぼ家族同然に接しているとの姉妹と四人で暮らしている。 父の、母のは仕事で家を空けていてあまり帰ってこない。 なお、はの養子で、イリヤとの血縁はない。 とは夫婦ではあるがイリヤ曰くいろいろあって籍は入れていない。 そのため、・イリヤと・とでは姓が異なる。 物語当初は「巻き込まれただけの一般人」だったイリヤだが、次第に彼女にも秘密があることが明らかになっていく。 人物 重たい運命とか使命とかとは一切関係ない一般の家庭に育っているため、比較的素直な性格で捩れていない。 言ってしまえば単純な性格。 精神的に追い詰められるととりあえず逃げの一手を打ち、安全圏に脱出してほとぼりが冷めるのを待ちながら打開策を考えようとする悪癖がある。 ただ、基本的な性格骨子はFate本編のイリヤと共通なのか、隠れたSっケなどの素養は持っているようである。 義兄である士郎に異性として好意を寄せており、やきもちを焼いて士郎をトンカチで殴ったり素手で脇腹を殴ったりと意外と攻撃的な一面、メイドというものに異常なまでに興奮してメイド姿の美遊を(たぶん)性的な意味で襲ったり、極限状態とはいえ士郎を幼女三人がかりで性的な意味で襲ったりと若干おかしな部分もある。 性格的にまっとうな為か見知らぬ相手とも友達になる事ができ、「敵とも友達になってしまえる事」が最大の長所だと評される。 実際、である。 能力 能力の大半は彼女自身のものではなく、カレイドステッキの及び回収したを利用した「魔法少女」としてのもの。 アニメで培った想像力と発想力のおかげで、本来難度の高い飛行能力を難なく会得するなどの才能を見せる。 この他、凛やルヴィアすら思いつかなかったクラスカードの夢幻召喚(インストール)という使い方を発見している。 ただしこれは彼女自身も把握していない魔術の素養(すなわち『stay night』のイリヤの項で解説した聖杯の器、願望器としての機能)がもたらした発見であり、彼女の発想力から生まれたものではない。 稀有な才能を持っていたイリヤだったが、後にが分裂したことで出力は3分の1以下に弱体化。 以後はそれを魔力の収束刃や、障壁を拘束に応用するなどの方法で補って、何とか戦っているという状態。 ただ、『幸運』は異様に高く、クロエ分離後も生命の危機をすんでのところで回避し続けるなど、イリヤの安全確保に一役買っている。 原作のイリヤはそこまで幸運とは言えないので、ある意味こちらのイリヤ特有のものともいえる。 また、地味ながら足が非常に速く、美遊が転入してくるまで短距離走はクラスで一番だったらしい。 ツヴァイフォーム 2本のステッキを合体させて変身する強化フォーム。 黒化ギルガメッシュと融合したが繰り出した数々の宝具を通常攻撃だけで片っ端から粉砕するほどの出力に、それを可能とする斬撃・砲撃の強化、降り注ぐ宝具の雨を置き去りするほどのスピードを得る。 最後に放った「多元重奏飽和砲撃(クヴィンテット・フォイア)」は、黒化し巨大化したギルガメッシュが使用した最大出力の「天地乖離す開闢の星」を上回る威力を持つ。 両者の激突で地形が変わり、円蔵山に大規模なクレーターが生まれ、巨大化ギルガメッシュはこれによって跡形もなく消滅した。 このモードは使用者の限界を遥かに超えた力を引き出し、実体化した最強クラスのサーヴァントですら圧倒するほどの力を得るが、通常の魔術回路だけでなく筋系、血管系、リンパ系、神経系まで擬似的に魔術回路として使用している。 そのため非常に消耗が激しく、発動中は力を使えば使うほどそれらが摩耗していき、使用後は全身が引き裂かれるような激痛に苛まれる程の大きなダメージを負い、生命の危険すら伴う。 ここではイリヤの固有の仕様や、作中での使用状況を記述する。 限定展開 宝具「射殺す百頭」を得る。 射殺す百頭(ナインライブズ) 通常時のイリヤでは重過ぎて使いこなせない。 戦で上空から重力に任せて落下するという方法で使用しようとしたが、子ギルが繰り出した「真・射殺す百頭」で破砕されてしまう。 夢幻召喚 英霊と一時的に同化し、バーサーカーの宝具とスキル、身体能力を会得する。 エインズワース家との最終決戦の際、ベアトリスとの戦いで使用。 そのカードを排出へと導く。 特に性質が似通っている訳ではないが、不思議と相性が良いという。 実際、ベアトリスが暴走した際に、狂化してしまうギリギリでイリヤの自我を保っていた。 限定展開 宝具「刺し穿つ死棘の槍」か「突き穿つ死翔の槍」を得る。 刺し穿つ死棘の槍(ゲイ・ボルク) 学校に突然現われたクロに対し使用しようとしたが、限定展開する前に邪魔が入って不発に終わる。 突き穿つ死翔の槍(ゲイ・ボルク) 番外編コラボコミックやドラマCD「イリヤエ・ロボマエ」で使用。 夢幻召喚 英霊と一時的に同化し、ランサーの宝具とスキル、身体能力を会得する。 平行世界で合流したクロとの屋上の戦闘で使用。 刺し穿つ死棘の槍(ゲイ・ボルク) ルビー曰く「手加減できないガチ宝具」であるため、真名解放を行ったことはない。 限定展開 宝具「破戒すべき全ての符」を得る。 破戒すべき全ての符(ルールブレイカー) ダリウスに対し使用。 短い間合いを補うためにセイバーの夢幻召喚と併用して攻撃した。 攻撃は命中したものの直後にカードを奪われ、正体を現したジュリアンに砕かれて「クラスカード・キャスター」の消失と言う結果を招いた。 夢幻召喚 英霊と一時的に同化し、キャスターの宝具とスキル、魔術能力を会得する。 高速神言 神代の魔術を詠唱するスキル。 ベアトリス戦ではこれによって「神言魔術式・灰の花嫁(ヘカティック・グライアー)」を行使するも、「悉く打ち砕く雷神の鎚」に敗れる。 夢幻召喚 英霊メドゥーサと一時的に同化し、ライダーの宝具とスキル、身体能力を会得する。 平行世界で合流したクロとの屋上の戦闘で使用。 自己封印・暗黒神殿(ブレイカー・ゴルゴーン) イリヤの場合は美遊と違い、右目だけを覆う眼帯状になっている。 石化の魔眼・キュベレイ 宝具ではなくスキル扱い。 しかも美遊と違って両目ではなく、右目のみに発現するにとどまっている。 ベルレフォーン 本編では未登場だが、『ディバインゲート』とのコラボイベントでは宝具扱いになっていたため、使用可能と思われる。 限定展開 宝具「約束された勝利の剣」を得る。 約束された勝利の剣(エクスカリバー) 黒化バーサーカー戦では、イリヤと美遊が協力しての「並列限定展開(パラレル・インクルード)」にて九本同時に出現させ、一斉照射により黒化バーサーカーを倒した。 『ドライ』では群れを成す泥の英霊の宝具への迎撃に用いた。 夢幻召喚 英霊と一時的に同化し、セイバーの宝具とスキル、身体能力を会得する。 イリヤが夢幻召喚した場合の衣装は美遊と違い、セイバー・リリィに近いデザインとなっている。 約束された勝利の剣(エクスカリバー) 真名解放せずともその切れ味は最強の聖剣にふさわしく、クロの投影した贋作を叩き折った。 限定展開 宝具「妄想幻像(ザバーニーヤ)」による自身のデコイ。 カレイドステッキの仕様上、転身状態との併用が不可能。 バゼット戦、子ギル戦にて使用。 夢幻召喚 英霊ハサン・サッバーハと一時的に同化し、アサシンの宝具とスキル、身体能力を会得する。 気配遮断 「暗殺者」のクラス特性。 アンジェリカから一時的に身を隠す際に効果を発揮した。 限定展開 黒塗りの弓を得る。 ただし矢は得られなかったため、戦闘では使用されなかった。 夢幻召喚 英霊エミヤと一時的に同化し、アーチャーの宝具とスキル、投影魔術を含めた各種能力を会得する。 干将・莫耶 黒化セイバー戦で使用。 投影宝具。 アニメ版では「オーバーエッジ」も披露した。 TVアニメ版にて、黒化セイバー戦で使用。 真名解放はしていない。 コミック版にも同様のシーンは存在するが、はっきりとこの剣と判る描写はされていない(そもそもコミック版はカラドボルグでなかった可能性もある)。 このため、この宝具の正確な名称は不明。 クロが使う際は「III」だが、この時のイリヤは分離した後のクロと比べても高い出力を有していたため、「III」ではなく「II」だった可能性も否定できない。 熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス) 投影宝具。 『ツヴァイ』にて、円蔵山の大空洞の崩落から身を守る為に使用。 TVアニメ版では黒化セイバーとの戦いでも使用。 約束された勝利の剣(エクスカリバー) 投影宝具。 黒化セイバー戦で使用。 本来このカードには神造兵装であるこの剣を投影する力まではないのだが、イリヤは10年間溜め込んだ魔力と小聖杯である自分の力によって投影ができ、真名解放までやってのけた。 黒化セイバーの持つ真作の「約束された勝利の剣」と競り合い、凌駕する。 限定展開 なし。 夢幻召喚 バーサーカークラスの上書きにより、女神メドゥーサとしてではなく魔物ゴルゴーンとしての側面をより強く引き出す。 イリヤが夢幻召喚した場合の衣装は、巨大な尾と先が鱗状になった手足、元からあった眼帯に加えて額の巨大な宝石と、純粋なライダーの時と比較してよりに近い衣装。 は髪になり、蛇の形状に変化し独立して攻撃可能。 上書き前と比べると鎖はなくなっているが、キュベレイの魔眼は健在であり、ルビーが変異した蛇のような髪とその牙に込められた石化の毒、さらには手足の爪とミョルニルを受け止める程の怪力を活用しての攻撃が可能である。 だが、バーサーカークラスを上書きした事により、徐々に理性を奪われてしまう。 強制封印・万魔神殿(パンデモニウム・ケトゥス) ランク:A 女神としての最後の名残を放棄する事で、成れの果てたる「ゴルゴンの怪物」を一時的に実体化させる。 だが、一時的とはいえ完全に怪物と化すことに人間の脳では耐えきれないため、実質使用不可。 常時発動。 込める魔力を強め、かつ視線を合わせることでより強力な効果を発揮する。 対魔力がC以下の者は石化。 Bでも判定次第で石化する。 身体能力のみで宝具に迫る。 バリエーション [ ] イリヤスフィール・フォン・アインツベルン Grand Order [ ] カレイドステッキのと契約して魔法少女になった並行世界のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン……がサーヴァントとして召喚されたもの。 詳細は「」を参照。 使用技 [ ] [ ] カレイドスコープ 相手に与えるダメージが2倍になる。 登場作品と役柄 [ ] Fateシリーズ [ ] 主人公。 stay nightなど本編シリーズとは異なる並行世界の一般人であったが、たまたま出くわした魔法の杖のせいで魔法少女として戦うハメになった少女。 Fate関連作品 [ ] 美遊、クロと共にチーム「盗んだステッキで走り出す魔法少女の夜」の一人として参戦。 その他 [ ] 美遊ともどもゲストとして出演。 その場に居た士郎や凛やルヴィアとちょっとしたトラブルに。 コラボイベントでゲスト出演した。 天華百剣 -斬- 電撃ホビーウェブ開発のスマホゲーム。 コラボイベントでゲスト出演した。 人間関係 [ ] 冬木市 [ ] 親友。 同様にカレイドステッキを持つ魔法少女だが、彼女のもつ友情の価値観は「正直重い」と思っている。 イリヤから分裂して誕生した、もう一人のイリヤ。 当初は命を狙われたり日常生活を浸食されかけたことなどから険悪だったが、イリヤがクロの気持ちを理解したことや母・アイリスフィールの仲裁もあって和解し正式に家族になる。 魔法少女になった最大の原因で、うさんくさくてはた迷惑な魔法のステッキ。 しかし、共に過ごすうちにお互いにとって大切なパートナーへと変わっていく……はず。 自分のパートナーの姉妹機にして、親友のパートナー。 『ドライ』では一時的にパートナーとなる。 ルビーよりはまともだと見なしているが、性格に問題があるのは姉妹共通だと諦めている模様。 魔法少女になった原因のひとり。 同じ女性として凛の女性としての姿勢に憧れているのか「かっこいい」と称することもあったが、トラブルメーカーなのも事実なので時折冷たい。 イリヤ含め色々な女子に好かれており、時折腹いせに殴ったりしているが、義兄妹としては仲良し。 むしろ大好き。 仮にそうなったとしても法律上何も問題ないという事は知っているが世間体や士郎の気持ちや自身の幼さ、今の兄妹関係の居心地の良さ等々の理由により現状で満足している。 アイリスフィールに雇われたハウスメイド。 教育ママのような彼女を若干苦手にしている節はあるが、家族同然に接している。 セラの妹(?)で同じハウスメイドのひとり……のはず。 家事しないけど。 イリヤと同じアニメ等を好んでおり、趣味が合うこともあってか「リズおねーちゃん」と慕っている。 奇行で雰囲気をぶち壊すエアブレイカーママと恐れているが、基本的に仲の良い母娘である。 「おとーさん」と呼んでおり嫌ってもいないが、本編で絡んだことが一度もない。 切嗣は泣いていい。 小学校のクラスメイトで、親友である仲良し四人組の一人。 美々の隠された趣味を知り、一瞬拒否感を示すが雀花の姉・火雀の言葉を受けて、彼女の気持ち無視して強要しようとした事を反省し、和解する。 でも美々の持論にはついていけない。 小学校のクラスメイトで、親友である仲良し四人組の一人。 小学校のクラスメイトで、親友である仲良し四人組の一人。 小学校のクラスメイトで、親友である仲良し四人組の一人。 小学校の担任教師。 小学校の養護教諭。 平行世界の冬木市 [ ] イリヤと聖杯を奪い合う。 『ドライ!! 』では一時共闘することに。 『Grand Order』にて、一回魔法少女の格好をさせてみたい等と危険な考えを持っていた事が判明した。 平行世界で出会った記憶喪失の少女。 エインズワース家打倒のために、行動を共にする。 ドールズ達を使って美遊をさらった張本人。 平行世界で出会った少女。 束の間の交流を持つが… ドールズの一人。 何度も戦うが、無数の宝具と魔術の前に苦戦を強いられる。 後にジュリアンを救う事を約束して和解し、友人同士となる。 ディアンドル風のブラウス(通称「童貞を殺す服」)を着て微笑む彼女を前に変なスイッチが入りかかったことも。 ドールズの一人。 こちらも何度も戦うが、ケタ違いの防御力と攻撃力に圧倒される。 エインズワース家との最終決戦の際はバゼットと組んで彼女とマッチアップした。 その他 [ ] 衛宮士郎(Fate世界?) 「アーネンエルベ狂詩曲」で共演。 誕生日プレゼントを買う為にアルバイトしており、アドバイスを受けた。 なおその際にちょっとしたトラブルに巻き込まれるのだが、 おそらく意図的に「衛宮士郎が投影を使うシーン」を認識しないように描写されていた。 (ルヴィアがルビーの力で謎空間を展開したため、投影した物が花束になり、「手品」と認識された) ドラマCD「イリヤエ・ロボマエ」で共演。 琥珀の企みを打ち破るべく、彼女に協力した(させられた)。 声が一緒だった上に、言動を聞いて完全にルビーの同類と認識した。 高町なのは コラボコミックで共演した他社シリーズ『魔法少女リリカルなのは』の主人公。 実は 18禁ゲームから魔法少女モノへのスピンオフ作品であるという共通点も。 年下(小学三年生)なのに非常に礼儀正しく可愛らしい姿ではあるが、正体不明のプレッシャーを感じていた。 (ルビー曰く「魔法少女力」1万を持つイリヤのさらに53倍らしい) 「友達になりたい人がいる」という彼女の願いに共感し、一緒にその友人を探すことに。 戦闘では彼女の超火力にドン引きするが、一方の彼女からは「より先鋭的・限定的に特化した魔法体系で、おまけに戦い慣れてる」とどっちもどっちな感じにリスペクトされていた。 コスプレアイテム「変幻の鏡」で自身に仮装した彼女から「イリヤお姉ちゃん」と呼ばれて変なスイッチが入りかかっていた。 なお、彼女のCVもイリヤと同じく門脇舞以女史である。 ……………うん。 ですよねー。 一見単なるギャグシーンだが、この直感の鋭さは後述の思い込みの強さと並んで本作でのイリヤの強みの一つになっている。 ちなみに、アニメではこのシーンはカットされている。 「お兄ちゃんは朴念仁じゃないよ!」 初対面のうさんくさいステッキにお兄ちゃんを「朴念仁っぽい方」と評されてこの反論。 ……残念ながら、お兄ちゃんはこちらの世界でも筋金入りの朴念仁である。 「あ、そっか。 飛んじゃえばよかったんだね」 「魔法少女って、飛ぶものでしょ?」 本来なら訓練を必要とする飛行を、思いついただけであっさりこなす、頼もしい思い込み。 この強固なイメージ力が、本作におけるイリヤの強みの一つでもある。 「倒さなくちゃ………倒さなくちゃ……」 セイバーの強大な力に打ちのめされるも、無意識のまま立ち上がる。 直後、秘められた力が発動してアーチャーのクラスカードを夢幻召喚する。 アニメ版では、このとき画面いっぱいに「どうやって?」という問い掛けが映し出される。 「なん…なの?どうしてわたしがこんなこと…」 「敵も…ミユたちまで巻き込んで…」 「もう…もう…もういや!! 」 敵に追い詰められた際に秘められた力が発動。 結果を見ればイリヤのおかげで美遊達は助かったのだが、イリヤは自分の力への恐怖と、覚えのない自分の力の余波で傷ついた美遊達の姿に心を痛めて逃げ出してしまう。 イリヤの人間的弱さが露呈したともいえるシーンだが、そもそもこちらの世界のイリヤはただの小学生であり、今までこうならなかった方が奇跡だったのかもしれない。 原作ではイリヤが自責の念に駆られ突然逃げ出し、凛たちが内心でツッコミを入れるというコメディ要素が含まれている展開が、アニメ版では美遊から拒絶の言葉をかけられた結果逃走するという完全なシリアス展開に改変されている。 「でも、本当にバカだったのは、逃げ出したことだ!」 「〝友達〟を見捨てたままじゃ、前へは進めないから…ッ!」 一期クライマックス。 ウソみたいな現実と自分の力への恐怖を乗り越えて、大切な友達のためにイリヤは前へ進みだす。 今のところプリヤでイリヤと切嗣と絡んでいる唯一の場面。 [ ] 「うぬぬ…おのれ此奴め戯れ言を弄するか!」 怒りのあまり語調が変になったイリヤ。 「なんてこと…! テロだわ!! これは兄妹の仲をヤバい感じに破壊するテロ行為だわ!」 ルヴィアたちの拘束をブッちぎって兄の士郎に「イリヤとして」迫るクロを物陰から目撃しての一言。 士郎との兄妹の仲が壊れる事に危機感を抱いたイリヤだったが、一方のルビーからは「望んでたことじゃないんですか?」とツッコミが入った。 そしてイリヤは兄の貞操を守るため、自衛のための自傷行為に走る。 「みぎゃっ…」 士郎をクロから守るためにとった最終手段。 壁の角を足の小指のみで思いっきり蹴った。 やらかしたイリヤはもちろん、当然、痛覚を共有するクロも悶絶して文字通り痛み分けとなった。 「わたしはもう逃げない!」 「出会った人も 起こってしまったことも」 「なかったことになんて絶対しない!」 「普通の生活に戻りたい」という願いは、自分たち全員との出会いの否定だと受け取り、それが望みならわたしたちに関わらないでとクロは怒るがイリヤも引き下がらない。 みんなとの出会いを否定する気などまったくないのだから。 自分の力に怯え、逃げ出した頃よりイリヤは強く成長していた。 「わたし…ミユと友達になれてよかった」 言葉だけだときれいな台詞だが、実際には彼女が 三百万くらいため込んでいると聞いての反応である。 流石に、クロに「あなたそれ、今言うには最低のセリフよ」とツッコまれた。 「年収220万のT子さんは年収460万のKくんと結婚しました。 月々の生活費を18万とした場合、3300万のマンションを買えるまで何年かかるでしょう。 」 タイガから出されたおしおき問題・算数編。 あまりの生々しさにクロが「解きたくない!」と叫んだ。 「ていうかさー! この二人がうまくいってないのって結局T子が臆病だからじゃない!?」 同上の国語編。 T子とKくんとN子の色恋沙汰について。 なお、、、には、どこかで見たような面々がキャスティングされている。 因みにこのセリフを叫んだ時イリヤら三人が片付けている宿題は最後に残った漢字の書き取り。 どうやらそれをやりながら直前に解いた文章読解の、クロの言うところの「100ページはある昼ドラのような小説」についての感想を熱くなって叫んでいる様子(三人とも目が据わっている)。 ついでに言えばその漢字の書き取りに出題されたと思しき問題も、「年収」「柵」「結納」「不倫」「年金」「賠償」「姑」「相続」と小学生に出すレベルで無い上に生々しい。 ちなみに「柵」は「さく」ではなく「しがらみ」と読む。 これは 漢検準一級レベルの問題で、下手すると高校生や大学生でも読めない代物である。 いい加減にしておけよ藤村。 「お兄ちゃんは…渡さないんだから!」 コミックス4巻限定版ドラマCDより。 小学生3人が士郎を奪い合って戦おうとしていた。 」 田中さんに自身が何者であるのかを問われた際に出た答え。 そして少女は前に進む。 ただ「友情」という何よりも尊い願いのために。 「ラーメン屋さんが放っていいレベルの殺気じゃないよッ!!? 」 おごりだと思ってたラーメンが実は有料 2杯で3200円 だった。 料金を請求された際に文無しをラーメン屋さんに見抜かれ、スープの材料にされかけた際の絶叫。 平行世界のラーメン屋さんというのはである。 そりゃ背後に髑髏が浮かぶほどの殺気も放つ。 」 イリヤ、エインズワース家に対する真の宣戦布告。 友を助ける決意の言葉。 「今は…敵わなくても、届かなくても、いつか、必ず助け出す!」 「ミユは、あなたたちの道具じゃない!!! 」 美遊を捕らえたエインズワーズの力に撤退を余儀なくされるイリヤだったが、同じような状況でかつて敵の強大さに震えていた時とは違い、美遊を必ず助け出すことを大声で宣言する。 いつかまた、大事な親友と笑い合うために。 「……ひとりじゃ何もできないの」 「ルビーがいて、ミユがいて、クロがいて…いつも誰かが一緒にいてくれたから戦えてた」 「そんな当たり前のことを…ようやく思い出せたの」 「だから…クロ。 わたしの隣にいて。 もう離れ離れになるのは…ヤだよ」 敵の強大さを思い知り、また、美遊の孤独さを知ったイリヤ。 美遊を助けたいのなら甘えを捨てろと忠告するクロの言葉を理解しつつも、イリヤは誰かの助けがなければ何もできないと漏らす。 だがそれは、その誰かの後ろにいるという意味ではなく、隣に立ち、一緒に戦うという意味。 もう誰も、自分の隣からいなくなってほしくないから。 なおこの時のイリヤの表情はとても可愛らしく、あのクロですら頬を染めて一瞬黙り込んだ。 「こっ……この子…!!」 「本気で言ってる…! 無邪気に…何の悪意もなくこんな方法を選んだんだ…!」 「いったいどんな育ち方をしたらこんなふうになるの…!? なんて……なんて」 「歪な子…!!」 なんの因果かぬいぐるみに意識だけ入れられてしまったイリヤ。 それを実行して無邪気に喜ぶエリカを目の当たりにして。 エリカに対しては美遊も全く同じ評価をしており、それ自体は間違ってはいないのだが……。 原作のイリヤを知る読者は「お前が言うな」と突っ込まずにはいられない。 「どっちかしか選べない……なんて、はじめからそれが間違ってる!」 「聖杯なんでしょう!?人の願いを!希望を託すのが聖杯なんでしょう!?」 「だったらどうして…全ての人の幸せを願わないの!!!」 世界(たすう)を殺すか、美遊(ひとり)を殺すか。 アンジェリカから詰問された末の回答。 未だかつて誰も成し得なかった領域……「みんなを幸せにする」道へと。 それは奇しくも、平行世界の父・衛宮切嗣の夢、兄・衛宮士郎の理想と同じ「願い」だった。 「だめっ!! 」 「まだ… 終われない…!! 」 「お願い… まだ……」 「もう少しだけ 力を貸して……」 「バーサーカー!!! 」 最終決戦・対ベアトリス戦。 ベアトリスのクラスカードの正体を見誤った結果、狙いは潰え、時間切れでクラスカード・バーサーカーの強制排出が作動する。 しかしイリヤは祈り願う。 自身と戦っている眼前の敵を救うために、もう少しだけでも力を貸してほしいと。 「ああ」 「このカードで良かった」 「強くて」 「頑丈で」 「狂化してしまう ギリギリまで 待っててくれる……」 「優しい 英霊 バーサーカーで良かった」 自らの記憶を雷にして放ち続けるベアトリスを前にして、イリヤは彼女のかけがえのない「思い」を救うために走り出す。 強く頑丈でギリギリまで主のために踏ん張ってくれる、奇妙で遠い縁の、あのバーサーカーへの感謝を込めて。 「それも 嘘なんだね」 「恋心を失って」 「……だけど」 「五年かけて もう一度」 「同じ人を好きになったんだね」 戦いを通じて知ったベアトリスの記憶と本心。 ジュリアンに対する恋心をなくしたと嘆く彼女に対して、それは嘘だと指摘する。 なぜなら。 記憶を失くし、恋心を失い、それでもベアトリスはそれを取り戻していた。 だからこそ、彼女は戦えた。 その共感にベアトリスは涙を流す。 「じゃ、わたし 次あるんで」 ベアトリスの号泣で戦いの幕は引かれるが、イリヤにとってはまだ序章に過ぎず、戦いの次を急ぐ。 …しかしベアトリス側にしてみれば心も体もいたぶられ、自分の恥ずかしいトコロを全部つまびらかに凝視されちまった上での放置プレイ状態。 ドSの才能が溢れすぎた一言。 「ママ、おとーさん!わたしだよ、イリヤだよー!」 「ちょっと!?」 「私だって好きで恥ずかしい格好してるんじゃないんですけどー!?」 の両親と遭遇し、娘だと分かってもらおうとするが、「よく見たら全然似てない」やら「うちの娘があんなふざけた恥ずかしい恰好するはずがない」と踏んだり蹴ったりであった……。 「うわーん、やっちゃったー!もうお家に帰れないよー!」 両親とそのサーヴァントを負かした際の台詞。 別世界の両親だと知らないため家に帰れないと勝利を喜べず困っていた。 「まぁまぁ、泣かないで最長老さま」 某国民的人気漫画の某星人のような肌色になったクロに対して。 これにはクロも「誰が最長老さまか!」とお約束のようにツッコんだ。 その他 [ ] 「うるせえええええええ俺だってそろそろ勝ち馬に乗りてぇんだよォおおオおおォ!!」 『』で、イリヤ(をアバターにしたひろやまひろし)が主人公(磨伸映一郎)を裏切った際の酷すぎる発言。 全体的に彼女?は全編こんな感じにアバターを考えない突っ込みどころ満載の発言が大半であり、最後には「まかり間違ってアニメ化されたら門脇舞以さんがアフレコするんだぞ!?」とツッコまれる事態に。 メモ [ ]• とんだ平行世界の因果もあったものである。 話題まとめ [ ] 商品情報 [ ] 脚注 [ ] 注釈 [ ] 出典 [ ] リンク [ ]•

次の

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

プリズマ イリヤ

画像一覧(本編) OP映像 水中を漂う、全裸のクロエ。 第1話「イリヤ grow up!?」 ホットパンツ姿のリーゼリットの生脚。 寝ぼけて美遊を士郎と思い込み、キスしようとするイリヤ。 「おはようの、ちゅーっ…」 「…あっ」 フェラチオの如く棒アイスを食べる、イリヤと美遊。 その様子を目撃し呆然とするイリヤ。 「ちゅっ…んちゅっ…ちゅぱっ…じゅるり…」(舌入れ) 「もがっ!?…はんっ…あうっ…」 「ええっ…」 「ふう…ご馳走様」 「ハァ…ハァ…」(放心状態) 「美遊、しっかりして!」 「イ…イリヤ…。 御免…」 「美遊ーっ!」 イリヤの攻撃を受け、服が破れたクロエ。 「痛っ…やるじゃない、イリヤ。 ちょっと、予想外だわ」 第3話「日常ブレイカー」 校舎の屋上にて、クロエに襲われる美々。 美々は」 「表じゃ、優等生の顔して…でも、本当は好奇心いっぱい。 イケないことにも、興味があるんでしょ?」 「イリヤちゃん…あうっ」 美々にキスをするクロエ。 「んっ…ちゅっ…」(接吻) 「ふう…。 うーん、やっぱり一般人じゃ、何人吸ってもあんまり溜まらないな~」 「この…名誉棄損変態女ーっ!!」(飛び蹴り) 「うわあっ!?」 「美々、美々!大丈夫?」 「凄い…キャンディーがいっぱいだぁ…」 昇天して目を回す美々。 第4話「嵐の転校生」 クロエに唇を奪われる、雀花、那奈亀、龍子。 ブルマ体操服の女子たち。 第5話「それは、つまり」 リーゼリットの巨乳に見とれる美遊。 「おお…凄くデカい」 「いえ。 リーゼリットさんは、ルヴィアさんに負けてないと思います」 湯船を泳ぐクロエ。 体を洗いながら、セラに対し巨乳自慢をするリーゼリット。 「だから、何の話ですか?」 「セラが気にしないなら、いいけど。 並ぶと、差が目立つと思う」 リーゼリットを乳揉みするクロエ。 「それにしても、相変わらず大きいね~」(おっぱい揉み揉み) 湯船に潜り、クロエに攻撃を仕掛けるイリヤ。 入浴中のイリヤ、クロエ、美遊、凛、ルヴィア。 第6話「嘘と強がりの向こう側」 美遊の臍に触るクロエ。 水中を漂う、全裸のイリヤ。 入浴中のイリヤ、クロエ、アイリ、美遊。 風呂場で暴れるクロエを説得するイリヤ。 第7話「激突!クッキン・シスターズ」 朝、目を覚ました士郎。 下半身パンツだけの格好で寝ているクロエを目撃する。 「うへっ!?」 「くー…すぅ…」 「い、イリヤ!?…じゃない」 「ん…お早う、お兄ちゃん」 修羅場に突入する士郎。 「お兄ちゃんって寝るとき、抱き癖があるんだね。 ちょっと苦しかったわ」 「………」(嫉妬の炎) 「いやいやいや、違うぞイリヤ!勝手にクロが入って来て…」 「不潔ーっ!!」 バシーン!(平手打ち) 翌朝、またも士郎の布団に潜り込むクロエ。 第8話「彼女の名は」 校庭を走る、ブルマ体操服のイリヤと美遊。 全裸のクロエ。 第9話「独りの戦い」 服が破れ、ブラチラするルヴィア。 バゼットに掴まれて逆さ吊りとなり、パンツ丸見えのイリヤ。 第10話「その手が守ったものは」 下半身パンツだけの格好でベッドに倒れ込む、クロエとイリヤ。 OVA「魔法少女 in 温泉旅行」 温泉入浴中の、イリヤ、美遊、セラ、リーゼリット。 男湯に入り込んだクロエを発見する士郎。 「クロ、何してんだ!?ここは男湯だぞっ」 「あっ、そうなんだぁ。 間違えちゃった~」 「間違えって…。 分かったから、早く出ないと…」 「え~、いいじゃん。 せっかくだから、背中流し合いっこしようよ~、お兄ちゃんっ」 士郎に抱きつくクロエ。 「えいっ!」 「ねえ…こっち見て、お兄ちゃん。 今なら、誰も居ないし…」 「こらっ、クロ!何やってんのーっ」 美遊に取り押さえられ、女湯に連れ戻されるクロエ。 「何それ、裸マント?お風呂で変身したら、そうなるの?」 「黙って!」 クロエに説教をするイリヤ。 イリヤを押し倒し、ディープキスをするクロエ。 「ちゅっ…んちゅっ…むちゅっ…」(舌入れ) 濃厚な百合キスシーンを目撃して赤面する美遊。 クロエにイカされ、アヘるイリヤ。 「クロ、やめて!」 「何よ、美遊。 私は命が懸かってるの。 止めないでよ…」 「ふにゃあ……」 イリヤの代わりに、自分にキスするようクロエに求める美遊。 「魔力が供給できればいいんでしょ?抵抗しないから、私を…」 「自分から言うなんて…。 むしろ、されたいのかしら?」 美遊にキスをした後、力尽きて倒れるクロエ。 浴衣の胸元が開け、胸の谷間を見せるルヴィア。 偶然掘り当てた天然温泉に入浴する、凛、ルヴィア、イリヤ、クロエ、美遊。 するとそこに、山中を彷徨っていた士郎が出現する。 「あっ…」 「お…お兄ちゃん!何でっ!?」 「お兄ちゃん、また一緒に入ろ~っ」 「これは、不幸な事故…御免!」(逃亡) ED映像 ソファーに寝そべる、ホットパンツ姿のリーゼリット。 全裸のイリヤとクロエ。 エンドカード 第2話:キスをする美遊とクロエ(絵師:山吉一幸) 第7話:バナナボートに乗る、水着姿のイリヤたち(絵師:田村正文) 画像一覧(映像特典) 第1巻「ファーストブラ イリヤ編」 脱衣中のクロエ。 イリヤのパジャマを捲るクロエ。 「いやああああっ!」 「イリヤったら、まだブラしてなかったんだ。 お子様ね~」 セラの上着を捲り、ブラジャーを確認するクロエ。 「きゃああああっ!?」 「ねっ。 こんな適当な下着を選んでいるから、きちんと育たないのよ」 セラのブラジャーを拝借し、装着を試みるイリヤ。 「イリヤさん、私の部屋で何を…って、それは私の!?」 「うわあっ!?ち…違うの。 これは何と言うか、知的好奇心って奴で…」 第2巻「ファーストブラ 美遊編」 凛にシャツを剥ぎ取られ、ブラジャー丸見えのルヴィア。 ルヴィアに服を剥ぎ取られ、ブラジャー丸見えの凛。 下着姿を披露するルヴィア。 「オーホッホッホッ。 さあ…ご覧なさい、遠坂凛。 気品に溢れる、このランジェリーを!」 風で制服が捲れ、ブラチラ・パンチラする美遊。 第3巻「おねえちゃんの人肌治療」 風邪を引いたクロエ。 上半身裸になり、リーゼリットに体を拭いてもらう。 「恥ずかしい?」 「そ、そりゃあ…」 「じゃあ、私も脱ぐ」 「はあ!?」 「これで、お相子。 恥ずかしくない」 「次は、下…」 「下は、いいから!」 第4巻「小学生チャイナドレス」 チャイナドレスを着たイリヤたち。 人物一覧• イリヤ/イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(Illyasviel von Einzbern)• クロ/クロエ・フォン・アインツベルン(Chloe von Einzbern)• 美遊・エーデルフェルト(Miyu Edelfelt)• アイリ/アイリスフィール・フォン・アインツベルン(Irisviel Von Einzbern)• セラ(Sella)• リズ/リーゼリット(Leysritt)• 衛宮 士郎(えみや しろう)• 遠坂 凛(とおさか りん)• ルヴィア/ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト(Luviagelita Edelfelt)• 桂 美々(かつら みみ)• 嶽間沢 龍子(がくまざわ たつこ)• 栗原 雀花(くりはら すずか)• 森山 那奈亀(もりやま ななき) 関連作品• (TVアニメ第1期、2013年夏期放送)• (TVアニメ第2期、2014年夏期放送)• (TVアニメ第3期、2015年夏期放送)• (TVアニメ第4期、2016年夏期放送).

次の