懐かしの満州。 森山未來「いだてん」壮大な伏線の回収に驚き

いだてん:第39回「懐かしの満州」 志ん生が五りんに語り出したのは… 男たちの人生が交差する!

懐かしの満州

を起こして倒れた()は一命をとりとめ、弟子の五りん()に、戦争中にへ兵士たちの慰問興行に行ったときのことを語り出す。 ()と共にを巡っていた孝蔵()は、小松勝(仲野太賀)と出会っていた。 やがて。 おりん()は帰国しない孝蔵を占ってもらおうと、のバー「ローズ」を訪ねるが、そこに田畑(阿部サダオ)が現れる・・・。 感想: 懐かしいという気持ちにはなれませんでした。 第1回「夜明け」で登場した小松。 に弟子入りして五りんの高座名を貰い、今回彼が小松勝の子であることが正式に判明する。 有力なマ選手だった勝は、で金の夢が消えたが、いつの日にか再びと思っていたでしょう。 その小松が出征しにいた。 沖縄に転戦する際に生きるためと脱走し、出会ったの落語を聞いて満足し、その感想を「絶品」と記した葉書を息子・金治に送ったあと、軍に撃たれて亡くなったという。 を演じるさんの演技にはが乗り移っているようで、すばらしい演技でした。 勝は落語「富久」を演じるの走る身振りに、自分が走る姿を重ねて大満足だったのでした。 生きられないと知って、息子の金治に、自分のみじめな姿を見せたくないとマ選手になれとも言えず亡くなった。 この時代の日本女性は、日本歴史のなかで最も悲惨な体験をもったかもしれません! では、中立条約があるにもかかわらず突然のソ蓮軍の侵攻という国際条約違反で、多くの人が亡くなり、夢を失い人生のドン底に突き落とされた。 日本人にとって決して忘れてはならない歴史であり、描かれてよかった。 しかし、懐かしいとは思わない。 こんな辛い悲しいなかで、たとえ酒のため、女のためであっても 笑 、笑ってくれ!との地で高座に上がるの心意気に感動です。 直後の混乱のなかで、生かされた命をどう使うか。 孝蔵に変化が現れる回でした。 もう戦争の話はよして、オリンピックの話を聞きたいです! *** を起こして倒れ入院中の、五りんが気を利かして酒を持ってくる。 なんとを持ってきた。 これはダメだろいと、での出来事を思い出し、五りんに話して聞かせる。 昭和20(1945)年春、孝蔵は軍隊の慰問に1か月ほどにいかないかと誘われ、はこれを即決、孝蔵も酒が飲めると行く気になっていた。 その晩、空襲で、家族が無事だったが、自宅が焼けてしまった。 皆が反対したが、長女・美津子が家のことは心配しないで行っていいというので、「少年飛行兵になりたい」という長男・清を自分の弟子にして残し、に渡った。 で、と軍隊慰問と日本人相手の興行を続け、1か月予定が気がつけば2か月を過ぎていた。 大連のの部隊慰問を行っているとき、高座を終えた孝蔵のところに見知らぬ青年が訪ねてきた。 それが学徒出陣でやってきた勝だった。 この日、孝蔵が「富久」を演じていた。 これを見た勝が「主人公の久蔵が 走るホームがおかしい。 短距離ホームだ。 長距離ホームはこうだ。 呼吸法がなっとらん」と言いがかりをつける。 孝蔵が怒ると逃げ去った。 7月、孝蔵とはに渡り、新京の放送局から来た若い社員に出会う。 小噺も歌も玄人はだしのその社員は、(知)と名乗った。 森繁によると沖縄の日本軍は全滅したという。 孝蔵は勝が沖縄に配置換えになると言っていたのを思い出し、彼も亡くなっただろうと思っていた。 森繁によれば軍が中立条約を無視してに攻め込んでくるという。 それから数日後、広島に、3日後長崎にが投下され、その噂がまで伝わってきた。 8月10日、が攻め込んでくるという情報が流れ、残留邦人たちが逃げ惑う中、孝蔵とは路地で勝とぶち当たった。 沖縄に向かうはずだった勝は、出発前夜、長から「死にたいやつは行け!妻子を内地に残してきた者は今すぐ逃げろ、今なら見逃してやる」と言われ、軍服を捨てて逃げてきたという。 「いい隊長に恵まれたな!」と孝蔵。 孝蔵とは、このあと大連に戻って二人会をやることになっていて、ついて行きたいという勝に、が「逃亡兵を連れていると、敵味方両方から狙われる」と断った。 「俺たちはこっち、あんたはあっち」と別れたとき、突然中国人が日本人を銃撃する。 自分たちにも銃を向けられたが、よく分からないが「次だ!」と言って逃げていった。 小松の姿を見て逃げて行ったらしい。 3人はそのまま大連に行き、8月15日を迎えた。 を街頭のラジオで聞いた。 中国人は大喜びで、ひっちゃかめっちゃかだった。 二人会を開く映画館に行ったところ、中は荒らされめちゃめちゃ。 が興行主から貰ったとの瓶が入った箱を抱えて戻ってきた。 3人でそれを飲んだ。 に酩酊した勝が、四三とともに上京し、マでを目指していたこと、あげんいい加減な男、働いているのを観たことがないと金栗を偲び 笑 、5歳になる息子がいることなど身の上を語った。 「走りたか!走りたか!オリンピックは永久に来ない」と浴びるように飲んだ。 孝蔵が「引き揚げたら息子の噺を聞くのが楽しみだ」というと、勝は「息子がオリンピック選手になったらうれしいでしょうね」とつぶやいた。 二人会の当日、大混乱の中にもかかわらず、会場には100人ほどの客が集まった。 どいつもこいつも暗い表情、話ばかり。 が「」という色っぽい噺で笑いを取る。 どんなネタをやればいいかと孝蔵が考えていると、勝が「富久だ!」という。 「これはケチつけられたからいやだ」というと、勝が「距離を伸ばせいい。 浅草からまでは4~5kmだが、久蔵が大騒ぎして走る噺だから、10kmにしたらいい」という。 「そんなに走るやつはいない」と言えば、「俺が走っていた」と勝。 森山さんの熱演でした。 孝蔵の落語を思い出しながらの帰り道、ポストを見つけて、絵葉書に「の富久は絶品」と書き、ポストを投函した直後、軍兵士が乗ったトラックがやってくる。 逃げる勝に機関銃の銃声が響いた。 路上に倒れている勝を見つけた孝蔵が駆け寄り「起きろ、起きろ」と促すが、動かない。 兵の姿を見て、そのままにして戻った。 落語を聞く人たちの笑いのなかで、この悲劇を描くという演出、孝蔵の無念さが伝わってくる、悲しいシーンでした。 五りんはこの話を、りくの元に戻ってきた勝の履いていた足袋を抱いて泣く姿を思い出し、亡き父が母りくに送った絵葉書を手にして泣いた。 ここは貰い泣きでした。 は話を続けた。 ひどいもんだった。 女はみんな連れて行かれ逆らったらで撃たれる。 いっそ死んでしまおうと残ったに手を伸ばすと、に「せがれの高座、見るんじゃねえのか」と止められ、悔しさで瓶を叩き割った。 この頃k、内地では息子の清が高座に上がり一生懸命に喋るが芽が出ない。 友人の万朝()も孝蔵はダメかもしれないと心配しだす。 おりん()は心配のあまりバー「ローズ」のマリー()7に占をお願いに行くと「諦めろ!」と言われる。 そこには生彩のない政治もやってきていた。 昭和21年1月、孝蔵とは帰りの船を待っていたが、いつになるか分からない。 は小唄の師匠と所帯を持つことになり、孝蔵にもの師匠を紹介する。 和服美人の写真を見せられ孝蔵もその気になって会ってみると、写真とはまるで違い、酒癖がひどく、孝蔵はほうほうの体で逃げ出した。 笑 そこからが本当に惨かった。 食うために何でもやった。 昭和22(1947)年1月、引揚船が出ることになった。 この2年間は芸の肥やしになった。 もぅ2度とには来ないと孝蔵は思った。 ところがそこに、中国人の服装で美川()が現れ、「昔がなつかしい」と思ったがそれどころでないと別れた。 これには驚きです。 とも離れてさらに極貧生活を続けた孝蔵は、昭和22(1947)年1月、ようやく引き上げ船に乗ることができた。 が2か月後に戻ってきた。 孝蔵が家族の元に戻ると、ありんと子どもたちが涙で迎えた。 孝蔵は「また貧乏に逆もどりか。 俺たちだけではない。 日本が本当に貧乏になった。 みんなでやっていけばいい」と高座に上がる。 孝蔵の第一声は「ただいま帰って参りました!」で、富久を語り始めると、どっと座が沸く。 *** matusima745.

次の

いだてん 39話「懐かしの満州」感想・ネタバレ 志ん生の富久は絶品

懐かしの満州

2019年大河ドラマ『 いだてん』第39話『 懐かしの満州 』放送終了後の感想です! Twitterで面白いなと思ったツイートも交えながら、好き勝手に感想を言いまくります。。。 というか、五りんの父・小松勝と、古今亭志ん生との関係を伝える回やった。。。 で、それにプラス、志ん生の落語が成長した理由(満州行きによって)も解り。。。 ってなとこかな。 しかしさー、五りんの父・勝と出会っていたって事、最初に五りんと会った時に志ん生は解っていたんじゃねーの?? 第一回の記念すべき志ん生と五りん/小松金治の初のやり取り。 満州で富久を高座にかけたのもおそらく数多いでしょうけど、 の志ん生にとってあんな最期を遂げた、そして富久の日本橋を芝に伸ばさせた青年兵の事は忘れられなかった筈。 ハガキを見た瞬間に思い出したんじゃないかな。 — ルルフ hervorruf で、やっと話す気になったのか? もしくは、本当に忘れてて、徐々に思い出しながら当てはまっていたのか? (あ、あの時の兵隊、五りんの父ーちゃんだったんや!てか) 謎じゃ。。。 てかさ、この中国人。。。 今回(いつも思うけど)いつも以上に、森山未來さんの演技が上手いなぁと思ったなぁ。。 「勝が撃たれる直前の『そこに俺の家があるんだ、帰りてえんだ』という のセリフは脚本になく、未來と『』のこの一節をやろうと相談しました。 未來のことはあまり褒めたくないのですが、たまには言います。 満州での『富久』も良かったし。。 森山未来さんの志ん生、徐々に晩年のたけし志ん生に寄せていて、彼の演技の細やかさ器用さに毎回驚いてしまう。 志ん生の話を涙ぐみながら必死に聞く小松くん恩師四三さんの姿を見てたのかな😭。 — マルマルコ marukodorama 勝もプラスして、なんかジーンとさせられたし。。。 で今回、好評だったシーンはこちら。。。 持 っ て (真顔) — ルルフ hervorruf この軽いお笑い的な感じ・・ 『 いだてん』ならでは!って感じやな。 ツイッターでも、結構取り上げてる人多かった。。。 しかしさー、勝は死ななあかんかったのか・・・ と思ったりするんよねー。 といえばそうやねんけど。 貧乏で汚い姿だけど、最高の再会! — 天地百八 TenkouTisatu108 いや~・・しかし、このメイク・・てか、この髪の毛・・・ 根本の方までじっくり見てしまったがな。 マジで地毛に見えたよ。。 しっかり顔の横の生え際から生えてる様にしか見えんかった。。。 で、この老人メイク。。。 この『圓生メイク』、NHKはハリウッドの特殊メイクに負けないくらい素晴らしい仕事をするなぁ。 ゲイリー・オールドマンを『ウィンストン・チャーチル』に変身させた、辻一弘さんのメイクに、また近づいたのかな。 — 空気嫁太郎 KY8021 志ん生と、おりんは、若い頃と年配の頃とで、役者さんを変えたけど、圓生の年取った姿は、そのまま中村七之助さんが演じたんやね。 やし、特徴メイクが必要やったんやわな。 四三とかまーちゃんも、たいがい年取ってるけど、白髪止まりやもんなぁ。。。 さすがに70代の役は特集メイクが必要なんか。。 ズラだけじゃ70代の雰囲気は出せんからなー。。。 あ・・ ズラといえば、ここ最近スチールタワシに似たものが・・・ テコンドー協会の金原会長の髪が気になってニュースの内容が全然入ってこん。 ヅラなのか?高密度の植毛? — すかんぴん sukanpiiiin てか、テコンドーの会長やん!👋 ズラ感満載や。。。 (てか、いだてんとは関係ない締めくくり。。。

次の

いだてん~東京オリムピック噺~ 第39話「懐かしの満州」感想

懐かしの満州

今回は5代目 古今亭志ん生が主人公の物語でしたね。 昭和20年(1945年)5月6日、志ん生は同じ落語家の6代目 三遊亭圓生や講釈師、漫才師らとともに 慰問芸人として 満州に渡航しました。 昭和20年5月というと 終戦の3ヵ月前で、この翌日の5月7日には ドイツが連合国に 降伏し、枢軸国で残るのは 日本だけとなります。 連合軍が沖縄に上陸して 沖縄戦が始まったのが前月の4月1日で、あの ひめゆり学徒隊が 集団自決したのが翌月の6月。 神風特攻隊による 菊水一号作戦が始まったのが4月6日で、4月7日には 戦艦大和が沈没しています。 本土では、東京や大阪だけでなく全国各地の主要都市が 空襲を受け始めたのもこの5月。 3年8ヵ月続いた 第二次世界大戦中、この ラスト3、4ヵ月でおびただしい数の 死者が出ました。 そんな時期に、まだ 兵隊さんの慰問活動なんてやってたんですね。 このとき古今亭志ん生 55歳、三遊亭圓生は10歳下の 45歳でした。 満州に渡った彼らは 満洲映画協会の傍系である 満洲演芸協会と契約を結び、各地で兵士たちを前に落語を演じながらまわったそうです。 その契約は7月5日に終わり、そのまま日本へ帰る予定だったのですが、 悪化する戦局のなか船便がなくなってしまい、やむなく、次の船が出るまで満州電電傘下の 新京放送局の仕事を引き受け、慰問のため各地をまわることになります。 このとき志ん生ら一行の引率を担当したのが、このころ新京放送局の アナウンサー をしていた 当時32歳の 森繁久彌 だったそうです。 森繁さんといえば、昭和を代表する 大俳優 で、たしか 大河ドラマ にも出演していたと思いますが、 令和 となったいま、もはや大河ドラマに出てくる 歴史上の人物 になっちゃいましたね。 8月8日、ソ連が 日ソ中立条約を 破棄して日本に 宣戦布告し、満州に攻め込んできました。 終戦の1週間前です。 日本が ポツダム宣言の受諾をもう少し早く決断していれば、のちの 北方領土問題はなかったのに・・・といってもあとの祭り。 愚かにも日ソ中立条約を根拠にソ連の 仲介による 和平工作を模索していた日本は、梯子を外されて 四面楚歌となり、8月15日正午の 昭和天皇による 玉音放送をもってポツダム宣言受諾を国民へ表明し、 終戦を迎えました。 志ん生たちが玉音放送を聞いたのは、 大連だったそうです。 その1週間後の8月22日にソ連軍が大連に 進駐してくることになり、その前日、現地の日本人たちが お別れの会を開き、志ん生と圓生は頼まれて一席ずつ演じたそうです。 ドラマでは皆、笑っていましたが、実際には、 誰もくすりとも笑いはしなかったとか。 まあ、そりゃそうでしょうね。 ドラマでは志ん生らとともに行動していた 小松勝がソ連の進駐軍に 射殺されていましたが、実際、満州におけるソ連の進駐軍は日本本土のアメリカ進駐軍と違って たちが悪く、歯向かう日本人は容赦なく殺され、降伏した日本人は 捕虜としてシベリアや中央アジアなどの 強制収容所に送られ、 過酷な強制労働を強いられました。 この シベリア抑留によって 65万人以上の男性が極度の 栄養失調状態で極寒の環境にさらされ、 25万人以上の日本人が 帰国できずに死亡したといわれます。 ドラマで、 若い女はみんな青酸カリで自殺したと言っていましたが、 「敦化事件」のことでしょう。 8月27日、ソ連軍によって 連日に渡り集団強姦され続けていた工場の日本人女性社員が、青酸カリを飲んで 集団自決した事件です。 また、中華民国政府に協力した 日本人約3000人が中国共産党に虐殺された 「通化事件」も発生しました。 「沖ソ連軍が本格的に来てからはひでえもんだったよ。 沖縄で米兵が・・・、もっと言やあ、日本人が中国でさんざっぱらやってきたことだが。 」 ビートたけしさん演じる晩年の志ん生が語った台詞ですが、まさしく、そのとおりでした。 というと、また 「売国奴」とか言って騒ぎ出す恥ずかしいやつらがいますが、 戦争ってそんなものでしょう。 悪いのは日本人でもロシア人でもアメリカ人でも中国人でもなく、 戦争なんです。 戦争が人を狂気にするんです。 志ん生が大連で ウォッカをあおって意識を失ったという話は実話だそうですね。 ついにソ連軍が進駐してきたとき、志ん生は安く分けてもらったウォッカを 6本も飲み干し、ぶっ倒れたそうです。 後年、志ん生は 「このとき自殺するつもりだった」と語っていたそうですが、志ん生を介抱した圓生は、 「なあに嘘ですよ。 (中略)ありゃあね、自殺するような、そんなヤワな人間じゃないですよ」と否定していたそうです。 今回、主人公の 金栗四三と 田畑政治がほとんど出てきませんでしたね。 私はこれまで当ブログにおいて、 主人公が出ない回かあってもいいんじゃないか、と度々発言してきました。 主人公を無理やり歴史上の出来事に絡めて出そうとするから、話が 嘘くさくなって面白くなくなる。 大河ドラマが歴史ドラマである以上、その流れのなかで主人公が出てこない回があってもいいと思うし、そうすることで、 物語により厚みが出るとわたしは思います。 今回、それを見事にやってのけていて、それがまた 素晴らしい出来映えでした。 聞くところによると、もともと脚本家の 宮藤官九郎さんが 「満州の古今亭志ん生と戦争」を書きたくて着想したのがこの物語で、 オリンピック噺は後付けだったとか。 なるほど、だから志ん生が 語り部だったんですね。 その意味では、今回が志ん生の物語の 着地点、 壮大な伏線の集大成の回だったといえるでしょう。 まさに 「神回」でした。 ブログ村ランキングに参加しています。 よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。 また、お叱りや反論、批判はかまいませんが、批難、誹謗、中傷とみなされるもの、その他不適切と判断したコメントについては、管理人の権限で削除させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。 応援クリックいただければ、励みになります。

次の