若林 志穂。 若林志穂 いじめの衝撃告白!イジメたのは誰だ!出演者・スタッフをチェック!

若林志穂(わかばやししほ)プロフィールWiki!追悼コメントに疑問の声!|らぼぴっくこむ

若林 志穂

『はなまるマーケット』(TBS系)の司会などでおなじみだった女優、岡江久美子さんが23日、63歳という若さで新型コロナウイルス感染による肺炎のため死去した。 感染がいっさい公表されていなかったため、驚きは業界のみならず、日本中にまでに及んでいる。 所属事務所が発表したコメントによると、岡江さんは3日に発熱、6日に容体が急変して即入院。 人工呼吸器を装着し、その後『PCR検査』でコロナ陽性と判明した。 すべてを引っ張ってくれた方でした 岡江さんは'91〜04年まで放送されていたドラマ『天までとどけ』(TBS系)で大家族の母親役を演じるなどホームドラマに欠かせない存在でもあった。 同作のシリーズを通じ'99年までの8年間共演し、8男5女の大家族の長女・待子(まちこ)役を務めた女優の若林志穂は、この急な訃報に驚きを隠すことなく、涙ながらにこう語る。 「 さきほどニュースで知ったのですが、突然すぎて……。 大変お世話になった方だったのでびっくりして。 どうして岡江さんのことをコロナは連れていってしまったんだろう。 ……連れていかないでほしかった」 最後に若林が岡江さんと会ったのは'08年、脳挫傷でこの世を去った金杉太朗さん(三男・公平役)の葬式だったという。 「 岡江さんは『天までとどけ』のすべてを引っ張ってくれた方でした。 自分自身もどう岡江さんの死に向きあっていいかわからないです。 ただただショックで、なんと言葉にしていいかわかりません……。 (娘の)大和田美帆さんもドラマの撮影に遊びにきていただいて、お会いしたこともあるので……。 どうか気を落とさずにこれから頑張って生きていってほしいです。 お子さんもいらっしゃるので、どうかお子さんを大事に守ってくださいとお伝えください」 と流れる涙を隠そうともせず、言葉を詰まらせながら語った。 いまだ収束の気配をみせない新型コロナウイルス。

次の

若林志穂の現在|引退後は化粧品会社の経営者?結婚相手

若林 志穂

Contents• 天までとどけについて 天までとどけは1991年から2004年に渡って TBS系列で放送されていたホームドラマであり、 13年に渡って公開された長寿番組。 丸山家という大家族を テーマにしたドラマで、お昼の看板番組であった。 平均視聴率は13. 母親の定子を演じた 岡江久美子が事実上のヒロインであり、 父親の雄平は綿引勝彦が演じた。 丸山家は結局15人の家族となり、 それぞれが際立った演技で人気を博しており、 惜しまれつつ終了したドラマだった。 天までとどけのキャストに起きた不幸とは? ところが番組終了後、天までとどけに 出演していたキャストに、とんでもない不幸が起きていた。 まずは長女役の待子を演じた若林志穂は、 以前から精神を患っていたのにも関わらずに、 偶然、殺人事件を目撃。 そのショックでPTSDを患うようになってしまい、 芸能活動にも支障をきたした。 続いて三男の公平役を演じた金杉太郎であるが、 何と2008年に駅のホームから路線に転落して、 33歳の若さで死去。 これが切欠で、 懸命に病気を押して活動を続けていた 若林志穂は芸能界を引退してしまったのだ。 金杉太郎は何故、転落死したのかというと、 それは泥酔していたと言われているが、 真相は未だに不明なのだ。 天までとどけのキャストの再会の裏には・・・ 2017年5月に【天までとどけ】のキャストが テレビ番組【爆報! THEフライデー】で 再会するという企画が持ち上がった。 ところがドラマの主要人物を 演じていた筈の若林志穂には、何のオファーも無かったそうだ。 しかも、キャストが再会した当の番組では、 あたかも天までとどけに、若林志穂が演じた待子が 存在していないかのような作りになっていたそうだ。 これは現在、若林志穂が女性週刊誌に 【天までとどけ】の関係者にイジメを受けていたことを 告白した中で語られた裏側である。 天までとどけのキャスト再会の番組内容を見た、 ファンからの若林志穂を気にする声をきいて、 暴露をする決意に至ったそうだ。 ちなみに若林志穂が、 天までとどけのキャストや関係者にされた イジメは要約すると以下の通りだ。 ・撮影現場で持ち物が無くなったことをスタッフは若林志穂のせいにした。 ・その騒動の5年後、パート8の打ち上げの際、スタッフの一人から 泥棒と思って撮影してきたと言われる。 ・兄弟役だったキャストたちは、誰一人としてかばってくれなかった。 ・ドラマ終了後、キャストの一人の須藤公一が主催した食事会に出席すると、あるプロデューサーから 頭がおかしいと言われた。 ・更に再び須藤公一が食事会の誘いをしたが、病気を治す為に出席しなかった若林志穂に対して、冷ややかな態度をとる。 少々、信じられない稚拙なイジメであるが、 これが現在、若林志穂が暴露しているイジメの内容だ。 ちなみに当事者の中では、 現在も俳優として活動している人間もいる。 果たして、これは真実なのだろうか・・・。 おわりに 天までとどけのキャスト内での出来事は、 ドラマのイメージとは裏腹に 相当、ドロドロとしたものがあったことが伺える。 再会の際に更に起きていたことは、 非常に身の毛がよだつ信じられない行為のオンパレードだ。 果たしてこれは真実なのかと 疑いたくなるくらいの内容だが、このイジメに対して、 主演の岡江久美子は一切、イジメの事実を否定をしているそうだ。 今更、真相を究明しても、 失った時間や想いは取り戻せない。 だが、若林志穂が言っていることが、 単なる被害妄想ではなく嘘偽りのないことならば、 明らかにイジメであり、当事者たちは 糾弾されても仕方がないと感じる。

次の

【画像比較】若林志穂が激太り!理由は天まで届けでいじめられたから!?

若林 志穂

5月22日の爆報 岡江さんが大切に育んだもうひとつの家族…名作ドラマ「天までとどけ」の子どもたち集結! 明るく元気な姿…忘れません! お母さんありがとう! 珠玉の名場面を放送いたします 出典: 爆報で天までとどけの名場面が放送されるので 大きく話題になってます。 2017年5月19日の爆報で 天までとどけの子どもたち9人が 再会した回の再放送も含まれています。 天までとどけの子供で爆報に出ない人物 天までとどけは 1991年~1999年にわたって放送された 夫婦と13人の子供という 大家族をテーマにしたホームドラマです。 私自身は学生だったので 放送された時間帯は学校で 見ていなかったのですが 母親がはまっていた記憶があります。 話を聞いていて 記憶に残っているのが長女である 待子でした。 なぜ記憶に残っているのかって? だって顔がとてもかわいかったからです。 こんなきれいなお姉さんがいるんだ~ って思ってたんですw 2017年に放送された回は見ていないので 再放送があるという事なので 過去に放送された回をチェックすると あれ? 美人の待子姉さんが写っていない? なんで? ってなったんですよね。 私はこの程度で済みましたが 天までとどけの大ファンの人なら 大騒ぎになってそうです。 さらに調べると 13人の子どもたちで出演したのは 9人です。 出演したのは 長男、次男、四男、六男、七男、八男 次女、四女、五女 意外とたくさんの人が不参加だったんですね。 亡くなった人はともかく 芸能界を引退した人でも出演しているので 若林志穂さんが一般人だから 出演しないのは理由にならないです。 岡江久美子さんが亡くなったことで 雑誌の取材を受けていますからね。 一体なぜなんでしょうか? スポンサーリンク 長女・待子(若林志穂)が爆報に出演しない理由が予想外過ぎた 爆報の過去の放送で 天までとどけの子どもたちが出演し 集合写真を撮っていました。 待子ファンの私としては なんで写っていないのか疑問だったので 調べてみると 待子役の若林志穂さんが インタビューに答えてる記事があり 出演しなかったことを告白しています。 今年5月、スマホで目に飛び込んできたのは『天まで』のメンバーが再会するニュースでした。 記事には《 今夜、みんなが集合する》と書かれていて、 私はここにいるのになんでなんだろうと。 そもそも、 私には出演のオファーがありませんでした。 ファンの方たちに 報告するときが来たと思いました 出典: この記事を読んで私は衝撃を受けました。 待子姉ちゃんは爆報から 出演のオファーが無かったんですね。 そしてテレビを見て 天までとどけの子どもたちに 爆報からオファーがあったことを知る・・ 私(待子)の存在って何なんだろう? ショックすぎる事実です。 スポンサーリンク 出演しない理由は他の子どもたちから嫌われていたから? 2011年にあった東日本大震災の時に 天までとどけの家族の安否を確認する メールがあったそうなんです。 待姉に届いたメールには みんな待子のことが嫌いだから そう書いてあったそうなんです。 そんな恐ろしいメールを送ったのは 五郎役の須藤公一さんです。 当然ですが そんなメールを送った真意を確認しますが そんなことを言っていない という返事なのです。 まぁそうですよね。 仮に言ったことが本当だとしても 確かに言いました と言うなんてことはないです。 イメージ悪すぎですもんね。 待姉がこのメールの事を告白したのが2017年。 メールを受信したのが2011年なので 証拠となるメールは残っていないでしょう。 残っていれば確実な証拠となるのに もったいない話です。 このメールが事実であれば 楽しいホームドラマの裏で いじめがあってもおかしくなさそうです。 スポンサーリンク 番組からも嫌われていた? 天までとどけの子どもたちに 爆報からのオファーがあったのに 私(待子)には無かった。 そう語っていましたが 爆報のテレビ会社である TBS関係者が次のように フォローをしていました。 実は番組ではPTSDのことなどを語ってもらおうと、何度か彼女に出演のオファーを出していたんです。 でも、 ことごとく断られてしまい、 今回もダメだと思ってオファーをしなかったのかもしれませんね 出典:週刊女性PRIME 何度もオファーをしたけれど 断れたからと言っても それは単独でのオファーであったはずです。 爆報で天までとどけの子ども達が 集まるという大きなイベントに 声をかけないのはさすがに不自然です。 これを考えると 待姉に対して何かあったと考えたくなります。 PTSDと書いてありますが これは過去に待姉がリアル殺人現場に遭遇し 心を病んでしまったことがあり その事を指しています。 さらには天までとどけの次男・公平役の 金杉太郎さんが事故により命を落としており さらに心に負担をかけています。 もともと待姉役の若林志穂さんは 心優しく繊細な方だったので 精神負担が大きくなりすぎて 被害妄想が強くなり過ぎていたのかな と思います。 誰が本当のことを言っているのかは 外野には分かりませんが 天までとどけのドラマは とても素晴らしいものだったので その世界が壊れるような 悲しい出来事は避けて欲しいです。

次の