ワンピース ネタバレ 976。 【ワンピース976話ネタバレ】ルフィや赤鞘や侍たちが集まりジンベエも合流しいざ鬼ヶ島へ!|ワンピースネタバレ漫画考察

ワンピース976話以降について|ついにジンベエ合流か!しのぶとモモの助が救出され…

ワンピース ネタバレ 976

スポンサーリンク 四皇カイドウとオロチを討つべくワの国に到着した麦わらの一行。 カイドウとオロチに気づかれないようにワの国にて仲間を集います。 そして光月家の帰りを待ち続けていたワの国の屈強な侍達を味方にしますが必要以上に怯えるオロチに錦えもん達は作戦を阻まれます。 錦えもん達は作戦を練り直し元君主康イエの犠牲もあり密かに決行の段取りを変更します。 そして残った赤鞘の侍達、投獄されていたヒョウゴロウ親分や光月の屈強な侍達が集いそれぞれに討ち入りを果たす日、港では誰も見当たらない上に大シケです。 計画がバレたとはいえ決行しようとする錦えもん達ですが内通者を疑います。 するとカン十郎がその内通者は俺だと突然告白します。 ショックを受ける錦えもん達は何故だと迫るとカン十郎は黒炭カン十郎だと名乗ります。 それで分かると言いオロチに常に報告していた事を告げます。 オロチの命令でモモの助を攫ってこいと言われたカン十郎はモモの助を連れさろうとしますがルフィ達が遅れて到着します。 スポンサーリンク 船長3人 何故ルフィがここにと驚くカン十郎。 尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用 船を襲ったようだがサニー号をなめるな、ちょっと修繕していたとフランキーとウソップは言い、 ルフィはちょっと聞いていた状況は違うけどとりあえずあの戦艦を壊していいかと言います。 その状況を見たゾロやサンジも異変を感じナミはなんかトラブル?と聞きます。 作戦が漏れていたと頭を下げる錦えもんは何がどうなっているのかも俺たちも分からないと言います。 オロチの命令で港にあった船は全て沈めた。 尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用 仲間がこないのはそのせいだと笑い、反逆者は明日から皆殺しだねぇ、その上カイドウとビッグマムの四皇同士が同盟を結んだ宴をやっている、助けに来たのは小さい船3隻のみで、しかも一度捕まった小物達だとオロチの部下は笑います。 舐めやがってお前ら下がってろと言うルフィに、ローはお前が下がれと言い、キッドは邪魔するなと一斉に攻撃します。 大した事ないと言うオロチの部下は船長3人の攻撃を受け大破します。 スポンサーリンク 『ワンピース』ネタバレ975-976話のまとめ 一旦は絶望しかけた錦えもんや赤鞘の侍達。 その上、仲間であったカン十郎が内通者だと告げオロチに情報を送っていた事が分かります。 モモの助を奪われオロチに届けるというカン十郎にどうする事も出来ない錦えもん。 そこへルフィ、ロー、キッドの一味が現れます。 尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用 異変に気付くルフィ達に錦えもんは頭を下げ、内通者がいて情報が漏れたと頭を下げます。 小物が来たと舐めるオロチの部下にルフィ、ロー、キッドは一斉に攻撃します。 ヤバイと狼狽るオロチ兵に困っているようだなとヤクザの親分 居眠り狂死郎が現れます。 敵の船を沈めればお終いと聞いた狂死郎はオロチ兵の船を切り裂きます。 そして、錦えもん達に討ち入りに助太刀いたすと表明します。 尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用 理由を話す狂死郎に錦えもんは、赤鞘の侍であった傳ジローだと気がつきます。 狂死郎は万が一の事を考え名乗り出ずいたがそのおかげでオロチの信用を得ることができ羅刹町の牢屋敷も解放出来たと伝えます。 そしてカン十郎、内通者に向けて尊敬するリーダー錦えもんが康イエの判じ絵を仲間の前であえて間違えた事により内通者がその間違いのままオロチに伝えている。 集まった4200の侍は錦えもんのおかげで波止から作戦を実行できこの刻を迎えた。 尾田栄一郎「ワンピース」975話より引用 さあ行こうぞ、鬼ヶ島へ!と叫びます。 狂死郎が傳ジローだと判明し、総勢5400になった討ち入り軍ですが、錦えもんは読み間違えただけのようですね。 ただ運は味方につけています。 膨れ上がった戦力ですがカイドウとビッグマムの同盟にオロチとかなり強敵です。 強いと言われる侍達がどんな強さを見せるのか、サンジや閻魔を手にしたゾロの強さ、ルフィ、ロー、キッドの最悪の世代の船長達は手を組み四皇を倒すのか? そしてカン十郎はどう動いていくのか。 次話を楽しみにしたいですね。

次の

ワンピース977話ネタバレ確定!ローの計画と鬼ヶ島の正門制圧

ワンピース ネタバレ 976

ワンピースネタバレ976話の考察! 現代のトキトキの実の能力者は誰!? トキトキの実だったか。 とても悲惨な結果となってしまいましたが、ここで一番気になるのは、トキトキの実はどこへいったのか、誰が入手したのかが気になりますよね。 回想編ではボンクレーのマネマネの実 ひぐらし や、バルトロメオのバリバリの実 セミ丸 など、他の悪魔の実は出てきました。 トキが亡くなったのも同じく20年前なので、トキトキの実も誰かが食べていて能力を引き継いでいる可能性が高いと思われます。 トキトキの実の能力は未来にいくことが出来ること。 覇気などで近い未来 相手の動きなど を読める人はいっぱいいますが、未来に行ける人となると、遠い未来をやけに知っている 読んでいる 人や不可解な時間差と距離で物語に登場するなどでヒントを得られるとは思いますが、その観点から言えば、やはり頂上戦争に速い時間差と不可解な距離で登場したシャンクスがトキトキの実の能力者である説が一番かと思います。 1つ言えるのが、トキもそうであったように、トキトキの実の能力者は間違いなくワンピースの結末に関わってくる重要な役割を持った人物だと思います。 そのような人物がこれから現れるのか、もう既に出てきているのかは尾田っちの脳内でしか分かりませんが、僕個人的には、シャンクス説が最も有力かつそうであって欲しいです笑 ゾロは霜月リューマの子孫!?カイドウをぶっ倒すのはルフィではなくゾロ!? ゾロの夢は世界一の大剣豪です。 剣士ということで、ワノ国との関わりは間違いなくあると思われます。 実際に、ゾロの故郷のシモツキ村は、ワノ国の大名霜月家と深い関わりがありそうなのです。 というのも、ワンピースの92巻のSBSコーナーにおいて、イーストブルーに大名霜月家が流れついたという事実を尾田っちが暴露してました。 更に、伝説的な侍である霜月リューマとゾロの共通点がたくさんある為、ゾロは霜月リューマの子孫だという説も超有力です。 ・リューマの筋力とゾロの筋力の系統は同じ。 ・血液型も同じXF型。 ・霜月リューマの愛刀である秋水を使用していた。 ・その後、おでんの愛刀である閻魔を受け取る。 おでん様の愛刀を持っており、ワノ国と深い関わりがありそうなゾロが、カイドウをぶっ倒すのではないでしょうか? 新世界に入ってから、ゾロはまだ本気を出している描写はありません。 あの眼帯を外したら、カイドウを倒せる特別な能力が備わっているのかも?? 特殊な覇気か?めっちゃ気になる! 目から放つ覇気が強大過ぎてコントロール出来ないから眼帯で隠しているとも言われているが、コントロール出来たらミホークを超えるでしょうね。 シャンクスがワノ国に参上!?ルフィと手を組みカイドウをぶっ倒す!? 975話で、共に四皇であるカイドウとビッグマムが四皇同盟を組んだことが分かりました。 四皇同士が手を組むなど前代未聞で、力の均等がぶっ壊れると思います。 さすがにルフィローキッドそれぞれの海賊団と錦えもん達vsカイドウ&ビッグマムでは限りなく勝てる可能性が低いと思います。 そこで新しい時代というか、長らく彼らが居座っている牙城を崩して情勢を変えたいと企むキャラが漁夫の利の如く現れると予想します。 心強いと言えば、シャンクスに黒ひげ、ドラゴンや青キジ、ミホークなどですが、個人的にはシャンクスが動く可能性が高いと思います。 シャンクスといえば、カイドウビッグマムと同じく四皇ですが、ロジャー海賊団の船員だった時代におでんと交流がある為、ワノ国の為にも何かアクションを起こすと思われます。 いやぁ~シャンクスが駆けつけてルフィと共闘となると、めっちゃ最高な展開ですね! ワンピースはもう伏線回収・結末への展開が早くなっているので、尾田っちはもう出し惜しみなくとんでもないネタや展開を電光石火のようにぶち込んでくると思います。 是非共闘するシーンを見たいですね。 戦争になるとまた黒ひげが漁夫の利でワノ国に参上か!?カイドウの能力を奪うなんてことは? そしてもう1人四皇がいますね。 それは黒ひげです。 頂上戦争でもかなりダメージを受けていた白ひげに追い討ちをかけて殺し、白ひげの能力を奪いました。 まさに漁夫の利といった展開でしたね。 そして、今回の戦争にも漁夫の利でワノ国に参上するかもしれません。 前回の標的はパラミシア最強のグラグラの実の白ひげでしたが、ロギア最強のヤミヤミの実も持っているので、後はカイドウのゾオン系最強の実を奪うのではないでしょうか? 新発売のワンピース海賊無双4ではワノ国編も含まれており、漫画とは違ったオリジナルな結末が描かれています。 カイドウに阻止されたものの、黒ひげはビッグマムの能力を奪いに行きました。 そんな黒ひげにとって、四皇の二人がワノ国にいるなんて、またとない機会ですし、激しい戦いが予想されるので、間違いなく漁夫の利を狙っていると思います。 ルフィ達がカイドウやビッグマムを倒したとしても、漁夫の利で能力をかっさらっていく可能性が高いと思われます。 そこは読者も錦えもんも同じタイミングと同じきっかけで知るべきじゃないのって。 モモの助を鬼ヶ島へ連れ去ろうとするカン十郎 出典: カン十郎はルフィ達が加わり、仲間達が違う所に集まっているということに一瞬焦るものの、自分の役割だけはきっちりこなそうとします。 カン十郎は鬼ヶ島までモモの助を連行しようとし、生存していると判明した日和も殺すと発言します。 河松が1人でカン十郎のところへいき、刀をふり下ろします。 カン十郎はそれを筆で受け止め、鶴を描きながら、空中に逃走します。 カン十郎がスパイだということが分かっていないルフィは、それを見て、カン十郎とモモの助はどこに行くんだと困惑しています。 そこで、ロビンが彼はスパイだったという事実を伝え、それをルフィが知って激怒します。 ウソップやサンジが早速攻撃しようとしますが、黒い雲が行く先を阻みます。 カン十郎が新技の墨雲で対抗! 出典: ここでカン十郎は『墨雲』と言う見たことない技を披露しました。 自らの髪から黒い雲を発生させ、その黒い雲から墨の矢を降らせ、攻撃していきます。 みんなが為す術もなくやられていきます。 そしてカン十郎が『浮世夕立ち絵図!!』と叫ぶと雨のように墨の矢が降り注ぎます。 出典: 墨の矢が侍達の船を襲撃し、侍達の体を貫通していきます。 強がるモモの助 カン十郎がその隙をついて立ち去ろうとします。 モモの助は恐怖や助けて欲しいという気持ちを押し殺し、みんなに1人でなんとか逃げるから、絶対にカイドウとオロチを倒して!と命じます。 それを聞いたルフィは、モモの助がただ強がっているだけなことを見抜きます。 そして、必ず助け出すから、生き延びろよとモモの助に叫びます。 ついにジンベエ現る!!麦わらの一味に加わる! 出典: 百獣海賊団が大砲を撃とうとしたところ、そこにちょうどジンベエが現れて、砲撃を止めました。 そしてわがままを聞いて貰ったことを謝ったうえで、「ルフィ!約束通り生きて戻ったぞ!」 と喜色満面の笑みでルフィに話しかけます。 ルフィ達も物凄く喜んだ顔で、ジンベエを呼び、歓迎ムード一色です。 出典: ローとキッド達は麦わらの一味にジンベエが加わることに、びっくりしています。 モモの助がカン十郎に拉致され、ルフィ達が反撃するものの、カン十郎の墨雲という厄介な技に阻まれてしまいました。 そんな中ようやく登場したのがジンベエ! ルフィ達と合流することになり、正式に操舵手として、麦わらの一味の一員となりました。 ジンベエが鬼ヶ島へ行く前に合流出来るか心配でしたが、何とか間に合いました。 これでやっと全員が揃いましたね。 遂に鬼ヶ島へと向かい、妥当オロチとカイドウ、そしてビッグマムとなっていくかと思います。 次回の977話も楽しみですね。 【最新】ワンピースの漫画・アニメを無料で見る方法 『ワンピース』のアニメや漫画をネットで無料で読めたらなーと思ったことはありませんか? 違法サイトも規制が厳しくなり、摘発などが相次いでいますよね。 下記リンクにて合法的に安心して無料でワンピースのアニメや漫画を見れるサイトをご紹介しています。

次の

ワンピースネタバレ975話最新話確定傳ジロー参戦で総勢5400人で討ち入り

ワンピース ネタバレ 976

麦わら一味はみんな大歓迎ムードでした! しかしジンベエと別れてからかなり時間が経過していたことから、ルフィたちはかなり心配している様子。 何かあったのか問いかけると、ジンベエは 傷ついた仲間の手当てをしていたこと、また 仲間達の見送りに時間がかかってしまったことを伝えます。 やはりビッグマム軍団の攻撃は凄まじかったことがうかがえますね。 麦わら一味の仲間として、大活躍してくれること間違い無しです!! 赤鞘たちの策! ジンベエの参戦により、破壊されたカイドウ勢の船。 敵からの攻撃の手が止み、 一同は作戦会議に移ります。 赤鞘たちの輪の中には、頼もしい味方「傳ジロー」の姿もありますね! イヌアラシは討ち入りに専念するため、シシリアンにミンク族の仲間を任せます。 そしてヒョウ五郎や同志たちも、赤鞘たちがいち早く上陸できるように援護することとなりました。 光月の悲願達成に向けて、誰もが協力的なムードです!! みんなの支援に感謝しつつ、錦えもんは 今後の策を赤鞘たちに伝えます。 鬼ヶ島特有の地形、そしてカイドウたちの集う城の場所について、淡々と話を進めていきます。 と、ここで傳ジローがまさかの発言! 内通者を欺くための策ではなく、仲間達だけの 真実の作戦を教えてください、と。 何も考えていなかった錦えもん、またしても焦る様子…。 麦わら勢が上陸! 傳ジローの鋭い指摘に錦えもんが動揺する頃、まさかの事態が発生! なんとルフィたちは作戦も聞かず、 一足先に鬼ヶ島へ到着してしまったのです。 鬼ヶ島の入り口を守る門番たちは、ルフィたちの攻撃により一網打尽に…。 麦わら勢の中でも、小心者のウソップたちは船上で待機していたようです。 鬼ヶ島の入り口付近では、カイドウ達の宴会のための物資が集まっていました。 発見したルフィたちは、早速宴をはじめようとしますが…。 さすがに討ち入り作戦の真っただ中、無事 カイドウたちを倒した後に宴会を開くことを決意します。 モモの助や赤鞘、そして多くの同志たちのためにも、今は戦闘に専念するというわけですね! 追いかける仲間! ルフィたちが作戦も聞かず飛び出していったことで、最難関と思われていた入口の鳥居を攻略することができました。 この後はどう行動すべきか話し合う錦えもん達。 敵に気づかれないようにこっそり攻めるべきか、それとも…? ここでローが一言。 どんなに緻密な計画を練っても、「キッドとルフィ」のバカが真っ向から敵に向かっていくだろう。 だからその他のメンバーは、「 両側から攻めて敵の裏をかく」のがベストだとの意見です。 確かに、ルフィたちが指示通りに動くはずがないですよね…。 ローの冷静さに脱帽です!! カイドウの秘密! カイドウたちのいる鬼ヶ島では、すでに宴会が始まっているようです。 浴びるようにお酒を飲んでいるカイドウは、酔いで完全に出来上がっている様子。 こうなるともう誰も手が付けられません。 ここで酒乱のカイドウは、宴会なのに 自分の息子がどこにもいない、と騒ぎはじめます。 なんと、 カイドウには子どもがいたという事実が判明しました! これは本当に血を分けた実子なのか、それとも別のつながりがある人物なのか…。 そしてカイドウは、自分の「子ども」を ビッグマムに会わせようとしているようです。 ということは、ビッグマムとは面識のない人物である可能性がありますね。 精鋭も到着! ここでカイドウ勢の精鋭軍団「飛び六胞」が鬼ヶ島に辿りつきました!! 最強の6人といわれているだけあって、かなり強敵となる予感がします…。 まだ全貌の明らかになっていないメンバーですが、ドレークやページワンの姿もあるようです。 ドレークには裏の顔もあるため、ここから先の戦いを盛り上げてくれること間違いなしですね。 カイドウは、自分の精鋭部下についても「ビッグマム」に紹介することになりそうです。 場面は変わり、ビッグマムのシーンへ。 ビッグマムは宴会の準備のため、着替えているようです。 準備ができ次第、公の場に姿を現し、宴会を楽しむことになるのか…? 次話へつづく…!(次話のネタバレは!).

次の