千羽鶴 迷惑。 千羽鶴の作り方【簡単・きれいにつなげるコツ】

千羽鶴を送る事は迷惑なんでしょうか?

千羽鶴 迷惑

千羽鶴ってとても美しいものですね。 色合いを考えてグラデーションにして、長さを揃えて作られたものはとてもきれいです。 でも色がバラバラでも、人々の思いが込められた千羽鶴もいいなと思ってしまうのは私だけでしょうか? 広島の平和記念公園に行くと多くの千羽鶴を見ることができます。 小学校の生徒達が折り方を覚えたばかりの鶴を一生懸命折ったんだろうな、と思うとなんだかいじらしく感じるんですよ。 あなたは千羽鶴を作るのに参加したことはありますか?それをどこかに奉納したり、お見舞いの品として贈ったことは? そんな千羽鶴ですが、どんな意味があるんだろうかと調べてみると、実に多くの意味をもっていることが分かってきました! この情報をあなたとシェアしたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合い下さいね。 千羽鶴の意味とは 一言で言うと、 千羽鶴は多くの人々の願いが込められたものという意味を持っています。 さらに具体的に言うと、千羽鶴を贈ったり奉納したりする行為には次のような願いが込められています。 病気の治癒祈願• 七夕での長寿祈願• 中学や高校の部活動での必勝祈願• 被災地の復興祈願• 平和と不戦の祈願 実に様々な場面で登場する千羽鶴ですが、先述のようにいずれの場合にも人々が何かを願う心に関係していると言えます。 千羽鶴は宗教と無関係なので、誰でも参加でき「一緒に作り上げた」という一体感を持つことができる意味も大きいですね。 そんな千羽鶴を入院中の人に贈る事には賛否両論があるようです。 続きを見ていきましょう。 入院患者に千羽鶴を贈る時の注意点 千羽鶴を入院患者へのお見舞いとして贈る前に、まずは本当に喜んでもらえるかどうかをきちんと検討することをしておきましょう。 これをせずに贈る側の気持ちだけで作り始めてしまうと大変な事になりかねません。 と言うのも、千羽鶴を贈られて素直に喜ぶ人もいれば、複雑な思いになる人、さらにはハッキリと嫌がる人も確かに存在するからです。 そこで、千羽鶴を喜ぶ人と喜ばない人の気持ちとその理由をまとめてみました。 千羽鶴を喜ぶ入院患者の思い 千羽鶴を喜ぶ入院患者は、概ね次のような気持ちでお見舞いの品として受け取っているようです。 佐々木禎子さんと千羽鶴 1945年、2歳の時に広島で被爆した佐々木禎子さんは、12歳の時に白血病と診断され入院します。 入院中にもらった慰問の手紙に折り鶴が挟んであったことをきっかけに、一人で千羽鶴を完成するときには病気が治ると信じて鶴を折り始めました。 そしてついに8月、1000羽の鶴を折り上げましたが病気が治ることはなく、10月25日に息を引き取りました。 このエピソードを元に広島平和記念公園に「原爆の子の像」が建立され、現在も全国から修学旅行生が訪れて多くの千羽鶴が献納されています。 一方、千羽鶴を贈られても嬉しいと思わない人も多数存在します。 そんな人たちはこのような思いを持っています。 千羽鶴を喜ばない入院患者の思い 千羽鶴を贈られても複雑な気持ちになったり嫌な気分がしたりする人も確かにいるようです。 こうした人たちの考えは次のような物です。 スポンサーリンク 病気の治癒祈願以外の意味 先述のように、千羽鶴を作ったり贈ったりすることには様々な意味があります。 それらについて一つ一つ具体的に見てみましょう。 七夕では長寿祈願の意味がある 七夕飾りとして千羽鶴を作ることがあります。 特に仙台の七夕まつりは美しい吹き流しと千羽鶴のコラボで有名ですね。 七夕の千羽鶴には「家族が健康で長生きしますように」という意味があります。 鶴と言えば「鶴は千年、亀は万年」と来るように長寿のシンボルでもあります。 このように「鶴」と「千」という数字は親和性が高いんですね。 もちろん「鶴は千年」とは実際に1000年の寿命があるという意味ではなく、「長生き」という程度の意味です。 高校野球やインターハイでは必勝祈願 中学や高校の部活動では千羽鶴は必勝祈願のシンボルとして登場します。 とりわけ全国大会への出場がかかった試合や、甲子園やインターハイなどの大きな大会で見かけることが多いですね。 試合が近づいて来るとレギュラーメンバーが確定します。 残念ながらレギュラー落ちしてしまった部員、後輩、マネージャーなどが協力し、少しでもレギュラーの部員の力になりたいとの思いで千羽鶴が作られます。 高校野球の夏の大会などではこうした千羽鶴がベンチにも持ち込まれ、勝利に向けて関係者が一体となった証として選手の闘争心を奮起します。 被災地の復興祈願 被災地には復興祈願の思いを込めて作られた千羽鶴を贈ることがあります。 ただしこの行為は賛否両論です。 実際のところ、ニュースサイト「ねとらぼ」のインタビュー記事の中で熊本県の復興室室長が答えているのは、「千羽鶴を含め、個人から贈られる支援物資に困惑した」との内容でした。 一方で、被災地の人々から「千羽鶴を贈られて迷惑な思いをした」という声は挙がってはいません。 しかし現実問題としては、被災地への支援は募金に応じることが最善の方法です。 千羽鶴をどうしても贈りたければ発災直後は自重し、被災地が落ち着いた生活を取り戻した頃が良いようです。 この件にに関してはこちらの記事に詳しく記載しました。 併せてご覧下さい。 まとめ• 千羽鶴には「作った人々の願い」が込められています。 入院患者へのお見舞いの品としては、よく検討して作るかどうかを決めましょう。 お見舞いで千羽鶴を受け取って喜ぶ人は確かにいます。 一方で嬉しいと思わない、むしろ迷惑だと感じる人も存在します。 七夕飾りとしては長寿祈願の意味があります。 部活動の試合では必勝祈願が込められます。 復興祈願の思いを込めて被災地へ贈られることもあります。 佐々木禎子さんのエピソードから、平和と不戦の象徴ともなっています。 折角千羽鶴を作ったのにあまり喜んでもらえないのでは意味がありません。 作るときには周りの人とよく話し合ってからにしたいものですね。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次の

「千羽鶴は送らないで」論争はもううんざり。そんな論争する前にやるべきこと

千羽鶴 迷惑

千羽鶴の由来 千羽鶴がこんにち知られる形で平和の象徴として使われるようになったのは、広島が発祥だと言われています。 彼の地に生まれた少女・佐々木禎子が原爆の影響によって白血病を患い、 病床で自らの健康回復を願って鶴を折り始めたのが最初だとか。 「鶴は千年」という長寿の言い伝えにならい、闘病中の禎子少女は患者仲間を募って熱心に鶴を折り続けました。 その願いも叶わず、彼女は数ヶ月の闘病生活を経て12年の短い生涯を閉じたということです。 千人力思想 禎子少女のエピソードは人々の感動を呼び、やがて健康を願って入院患者などへの贈り物として千羽鶴が作られるようになったといいます。 これは戦地へ赴く兵士に送られた 千人針とも通じる思想なのかも知れません。 千人針とは、千人の女性から一針ずつ縫い目をつけてもらった布のことです。 この寄せ書きのような布には女性たちによる生還への祈りが込められており、兵士の命を守るものと信じられていました。 この女性達のやりとりは戦争を題材にした作品で良く見かける光景です。 しかし千人針にしろ千羽鶴にしろ制作には莫大な手間がかかります。 その手間のぶん、相手に暗黙の死期を突きつけているような気がしてなりません。 「原爆の子の像」に届く千羽鶴にかかる費用 平和記念公園の「原爆の子の像」には国内外から 年間約1,000万羽、重さにして10トン以上の折り鶴が届くそうです。 その焼却処分にあたって年間1億円もの公費が使われるのだとか。 広島には世界各地より平和を願う人々が折った折り鶴が送られてきます。 たくさんの人々から毎年送られてくる折り鶴は年間約10トンという膨大な量です。 これまで広島市は年4回一億円をかけて焼却しています。 平和を願う象徴の折り鶴が皮肉な事に結果的に環境問題としてのゴミを生み出しているという現実。 - おりづる再生プロジェクト(後述)より引用 お寺などであれば奉納費を一緒に預かる性質のものですが、それも市民公園ではなかなか難しいのでしょう。 7,777円って…。 どうやら元市長が千羽鶴の永久保存を訴えてたようで、任期の2002年から 10年分・約100トンにも及ぶ折鶴が焼却もされず倉庫に山積みにされていました。 広島市と折り鶴(2011年09月10日 朝日新聞朝刊) 広島市で被爆し、白血病で亡くなった佐々木禎子さん(当時12)をモデルにした原爆の子の像に、世界中から折り鶴が届く。 秋葉忠利前市長が焼却をストップした2002年度以降、増え続けている。 4月に初当選した松井一実市長は、秋葉前市長が打ち出した恒久的な保存施設は建設しない方針で、どのように扱うか検討している。 また、広島市では寄贈者の気持ちを尊重するため名前やメッセージ等を「折り鶴データベース」として記録しています。 人件費も相当な額となるでしょう。 善意に端を発するとは言え、千羽鶴の存在が 市政を圧迫していると言わざるを得ません。 千羽鶴の再利用プロジェクト 秋葉氏の市長引退に伴って後続の松井氏が千羽鶴活用のアイディアを募り、授産施設による再利用プロジェクトなども立ち上がっているようです。 …とは言うものの、2011年に作られたサイトで未だに先着100名様のお試しキャンペーンが張られているあたり、とても心がざわつきます。 (「折り鶴に関する広島市の取組の現状」参照のこと) しかしお焚きあげを含む焼却費用については市の原典にあたることができませんでした。 また、10トンの紙を焼却する費用として1億円というのは少々高すぎる気もします。 この額は、平成28年度事業予算における市のごみ処理事業費(特定財源・一般財源・その他合計)の1%に相当するためです。 そこで、平成28年度事業予算からそれらしい項目を拾ってみたところ、いくつか具体的な数字を得ました。 135. 1万円 … 折り鶴の配布• 115. 3万円 … 折り鶴の運搬・保管• 910万円 … 折り鶴ポストカード事業(新規事業)• 840. 1万円 … 折り鶴の保存・展示(H27年度予算より) 他にデータベースの管理費や人件費など、切り分けられない部分のコストもあると思います。 正直なところ折り鶴にまつわる維持管理費の全容はよく判りません。 しかし、少なくともかなりの額であることは確かなようです。 (この件についてはタイトルにも関わる内容なので、続報が判れば追記します。 本文中にも参照箇所増やしました。 うーん、広島に寄贈される折鶴が広島市政を圧迫していると言われるとなあ。 平和行政は広島市政のかなめの1つと思っているので、うーん。 被災地へは…は、賛同はするのだけれど。 ご当地行政に県外から口を挟むのが筋違いなのは理解してます。 ただ、寺院の写経などでは有償の専用紙を用意することで永続的な取り組みを確立してます。 双方に負荷がかからないようなシステム作りは考えても良いんじゃないかと思いました。 また、市の折り鶴再生化の試案として挙げられていたのは「折り鶴を使った子ども達のモザイク画」と「再生紙づくり」です。 この 「再生紙」は業者への古紙売却ではなく完全手作業による手漉き和紙です。 洋紙からの再生では品質が落ちるため、牛乳パックを足していました。 …というか、写真で見る限りメインは牛乳パック繊維に見えます。 折り鶴を減らす効果はほとんどないでしょう。 折り鶴5%だそうです。 収益の一部は広島市の平和貢献事業に寄付されます 参考までに、こうした取り組みに対する市民のアンケート結果を抜粋します。 (回答者は小学生から一般の男女90名、うち4割が成人女性)• ゴミとして処理したり燃やしたりするより良い• 折り鶴をビジネスにせず、地域貢献につながる利用をしてほしい• 紙を有効活用しており、エコにもつながる• 作業する人も、見る人も両方が楽しみ、感動することができる• 鶴を折った人の知らないうちに処分することに申し訳なさを感じる• 勝手にとうろうに変えるのは折った人に失礼 寄贈者への気持ちを汲むという点で、人情に厚い土地柄であることが伝わります。 ちなみに寄せられた数ある感想の中で、運営コストに考慮した発言は1件だけでした。 膨大な量の折り鶴を限られた人と時間、場所でモザイクアートをつくるのは、大変な労力が必要であり、定期的に実施する必要はない。 支援とコスト意識 こうした前例を考えるに、地震などの自然災害で苦しむ自治体に千羽鶴を贈るべきではないのでしょう。 もちろん平和や健康を願う気持ちは貴いものです。 しかし千羽鶴に関して言えば、鶴に祈りを捧げたのは他でもない禎子本人です。 この事実は、千羽鶴というものを考える上で大原則としても良いのではないでしょうか。 紙代と送料と 莫大な手間をかけて作った鶴が被災地の予算を食いつぶすとなると、お互い本意ではないでしょう。 その分の現金を寄付した方がよほど生きた支援に繋がると思います。 あとは子ども達やお年寄りなど「被害に胸を痛めても現金を捻出しにくい人達」が、本質的に支援の輪に加われるしくみがあると良いですね。 そういう意味では、昔みたいに子ども達の手でベルマークなどを集計するんじゃダメなのかしら。 協会を通じて遊具などを被災地の学校に寄付すれば良い社会勉強になると思うのですが。 おち研は日常を雑学する野良研究所です。 月間20万PV感謝。 お探しの記事がありましたら検索窓やもお試し下さい。 所長ごあいさつ おち OCHI, Mizuki 花鳥風月をこよなく愛する体育会系。 趣味はバラバラに見えて科学繋がりです。 ochiken カテゴリ一覧• twitter で人気かも知れない記事• -2RT• 11254RT• 5572RT• 1896RT• 1791RT• 1469RT• 313users• 208users• 219users• 210users• 174users• 163users このカテゴリの人気記事• タイトルの「処分に一億円」というのは公式のソースが見当たらないようなので、タイトルを編集するか記事自体を一度取り下げた方がよろしいのではないでしょうか。 他の記事を拝見するに真面目に記事を書かれているサイトだとお見受けしましたので、このタイトルのままなのは炎上商法のようで惜しい気がします。 あと障害者を雇用した再生事業は昨年にもきちんと行われているようです。 PDFなど参照リンクを辿りましたが、思っていた以上に広島の市政はよくやっていると感じました。 ご意見ありがとうございます。 私も今回調べていく中で広島市の明朗な行政運営には感心しました。 折り鶴関連事業と市の運営方針について一方的に批判する意図はありません。 多方面から検索すると、記事中で紹介したNPOの他にも折り鶴再生事業に多くの人が関わってると判ります。 市職員の名刺に折り鶴再生紙が使われてるらしいこと、実務に当たる授産施設への補助金も計上した場合は相当額になるでしょう。 重ねて書く通り、それが悪いとは言いません。 仮に市民の総意ならなおさらです。 金額については市が認可したNPOが言っている数字ですし、引き続き詳細を追っていきたいと思います。 判断材料が出そろった上で誤報が確定すれば適正な表現に直します。

次の

広島市は千羽鶴の処分に年間1億円をかけて「いない」

千羽鶴 迷惑

知り合いに、ホットドッグが大好きなアメリカ人がいる。 日本に来てからの5年間で、食べたホットドッグは数知れず。 でも、今までに2回イヤな経験をした ホットドッグを注文した彼がアメリカ人と分かると、日本人の店員さんは「アメリカ人だから」とケチャップを多めにつけてくれた。 善意のサービスだ。 でも、彼はケチャップが嫌い。 大好きなホットドッグがケチャップで台無しにされてしまった。 たけど、相手はニコニコしているから、何も言えずにそれを食べてしまったという。 こんなことが今までに2回あった。 「なんでアメリカ人なら、ケチャップが好きだと思うのか?」 彼にはそれが分からないし、日本人の想像するアメリカ人に自分を当てはめられることも気分がよくない。 職場では「それはおかしいと思う」とか「なんで自分はそれをしなくてはいけないのか?」とか、自分の考えを率直に言う彼も、相手の好意には文句が言えなくなってしまう。 そんなありがた迷惑は、誰にでもあるはず。 前回、イギリスのサッカー選手が日本のファンから千羽鶴をもらって感激したことを書いた。 病院でリハビリ中のチェンバレン選手に、こんなサプライズが届けられた。 さん alexoxchamberlain がシェアした投稿 — 2018年11月月10日午前8時52分PST 日本ではケガや病気の回復を願うとき、こんな千羽鶴を作ってわたすことがある。 他にも、災害の被災者に贈ることもある。 前者は千羽鶴の良い例だ。 チェンバレン選手の笑顔を見てほしい。 問題は後者。 こっちの千羽鶴はときどき問題になる。 ハッキリ言って、ありがた迷惑になることが多い。 今年7月、西日本を中心に豪雨が降って、大きな被害が発生した。 このとき、「被災地へ折り鶴を贈るのは自己満足でしかないからやめるべき」というツイートが話題や議論を呼ぶ。 千羽鶴は必ずしも必要なものではないし、重いし場所もとってしまう。 それに心がこもっているから捨てにくい。 非常時や緊急時に千羽鶴は厄介にもなる。 だから被災地に贈るべきではない、ということは、東日本大震災や熊本地震などでも議論になった。 では、現場の人はどう考えているのか? 「ねとらぼ」のインタビュー記事( 2018年07月11日 )で、熊本市復興総室の室長がこう話している。 千羽鶴や色紙を現時点で送るのは、先方が困られるので控えた方がいいと思います。 というよりも、個人からの支援物資を送ること自体をやめた方がいいでしょう。 「被災地に千羽鶴はやめるべき」議論が西日本豪雨で再燃 熊本地震で現場はどうだったか、熊本市に聞く ケチャップ・サービスと同じ。 「これをやったら、相手はうれしいはず」なんてイメージを押し付けてはいけない。 このことについてもっと知りたかったら、ここを開いて見てほしい。 東日本大震災や熊本地震以降、たとえ善意であっても処分するしかない千羽鶴を送られることは避難所での負担になるという指摘が被災経験者から行われるようになった。 評論家の荻上チキは著書「災害支援手帖」の中で、実際にあった「困った救援物資」の例として、寄せ書きや千羽鶴を挙げている。 善人と良い人は違う。 でも、まだ日本国内であればよかった。 さて時は2010年、ハイチで大地震が発生した。 この地震による死者は約31万6000人という空前絶後のレベル。 このとき「被災者に千羽鶴を贈ろう!」という運動が、若者を中心にミクシィで盛り上がる。 全国に5つの支部が作られたというから、かなりの規模だ。 「家族を失い悲しむ人々に鶴を送ることで貴方は1人ではないとの思いを伝えたい」と呼びかけ人は話す。 この「千羽鶴作戦」にどんな反応が返ってきたか? まあ想像のとおりですよ。 ・千羽鶴をわたしたところで、調理の種火になるだけ。 放火に使われるかもしれない。 ・千羽鶴は場所をとる。 そのスペースには医薬品や食料を詰め込むべき。 さらには、ハイチのブードゥー教で鶴は「悪魔の使者」とされているから、千羽鶴を贈るのは失礼に当たるという意見まで飛び出した。 日本のハイチ共和国大使館の関係者は、「千羽鶴の意味を伝えるのも、そんなに簡単ではないかもしれません」と言う。 略奪や放火が起きているときに、ハイチ人が千羽鶴の意味を知る必要はない。 結局、ホットドッグと同じだ。 ケチャップをつける前に、相手にそうしてほしいかを確認したほうがいい。 「善意があれば何でもできる」というわけではないのだから。 下手したらビンタされるかも。 でも、これよりはずっとマシだ。 国連のPKO隊員が薬やベビー用品などと引き換えに現地女性に性交渉を要求し、220人以上が応じていたことが2015年に報じられた。 カンボジアで日本のPKO部隊が尊敬された理由が分かる。 こちらの記事もいかがですか?.

次の