お辞儀 写真。 正しいお辞儀は社会人の基本!相手に敬意を表すマナーを知ってビジネスシーンで使い分けよう│ホプラス|女性の資格・転職・就職・キャリアアップをサポートするメディア

オバマ大統領による天皇陛下へのお辞儀、米国で論争 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

お辞儀 写真

【11月17日 AFP】バラク・オバマ()米大統領が来日した際に天皇、皇后両陛下に深々とお辞儀をした写真が、米国で論争を巻き起こしている。 米国大統領は、国家を代表する存在として海外でも常に毅然とあるべきだというのだ。 オバマ大統領は、アジア歴訪の一環で13日から2日間の日程で日本を訪れ、14日に皇居を訪問した。 この時に、オバマ大統領は天皇、皇后両陛下を前に、腰をほぼ90度に曲げて深々とお辞儀をした。 この所作について、ワシントンの政治批評家の中から、米国をおとしめるものだとの批判が出ている。 オバマ大統領がお辞儀をする場面は、テレビの政治トークショーでも繰り返し放映され、ブログやチャットもこの話題で炎上している。 保守派論客ウィリアム・クリストル()氏は15日、米ニュース専門局FOXニュース()の番組に出演し、「オバマ大統領は(お辞儀を)適切だと思ったのだろう。 たしかに日本では通用するが、米国の大統領として、外国の君主に頭を下げるのは不適切だ」と述べ、お辞儀はオバマ大統領の下で米国が弱体化し自国を卑下していることの表れだとの認識を示した。 保守派論評のなかには、オバマ大統領のお辞儀写真とディック・チェイニー()前米副大統領が2007年に天皇陛下に面会した際、お辞儀をせずに握手をしている写真を並列して、オバマ大統領を批判するものもある。 クリストル氏も、「過去20年間に天皇と会見した海外の国家元首の写真を並べてみれば、誰もお辞儀はしていないはずだ」と話した。 こうした批判に対し、オバマ政権側は米政治専門サイト「ポリティコ()」で、大統領は単に日本の慣習を順守しただけと説明し、この問題の政治化を試みる人びとの主張は全く的外れだと反論している。 オバマ大統領は過去にも、ロンドン()で4月に開かれた主要20か国・地域()の首脳会議でサウジアラビアのアブドラ・ビン・アブドルアジズ()国王にお辞儀をしたとして批判されている。

次の

二眼レフでお辞儀写真: よもやまカメラ

お辞儀 写真

無人の客席に手を振ってカメラにピース、のお辞儀に米注目 の五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)が無人の客席に笑顔でお辞儀をするシーンが話題を呼んでいる。 米専門カメラマンが運営するサイト「オン・アイス・パースペクティブ」公式ツイッターが動画を公開。 丁寧に頭を下げる姿とともに「満員、無観客は関係ない」とつづっている。 誠実な心が表れているようなシーンだ。 リンクの中央でスポットライトを浴びる羽生。 黒の練習着に身を包み、両手を広げて客席に向かってお辞儀をしている。 しかし、スタンドには誰もいない。 それでも1度、2度、3度……。 まるで大切なファンが見えているかのように丁寧に頭を下げた。 拍手をした後に手を振る。 最後はカメラ目線でピースサインを決めながら微笑んでいる。 至近距離で撮られた映像を公開したのは、全米選手権に6度出場した経歴を持つ米国のフィギュアスケート専門カメラマン、ジョーダン・コーワン氏が運営する「オン・アイス・パースペクティブ」の公式ツイッターだった。 文面にはこうつづられている。 「スケーターは自分のプログラムの終わりに、お辞儀をします。 満員のアリーナでも無観客のアリーナでも関係ありません。 私たちは目の前にいる人たちだけにお礼を言っているのではありません。 コーチ、家族、友達、何千マイルも離れて応援してくれる人、全ての人たちに対して、お礼を言っています。 これまでも、そしてこれからも」 ソチ五輪などで演じた「パリの散歩道」が流れる羽生の動画に添えられた文面。 目の前にいる人、普段から周囲で支えてくれる人はもちろん、カメラの奥にいる全てのファンに届けていることを説明している。 さらに投稿では「放送局の皆さんへ。 スケートが再開したら、無観客のアリーナを隠そうとしないでください。 なぜ、スケーターがお辞儀をするかを私たちに思い出させてください。 見えているお客様だけでなく、見えていない全ての人たちへもお辞儀をしているのです」と強調。 スケーターたちの紳士的な振る舞いに脚光を浴びせているようだ。 (THE ANSWER編集部) 外部サイト.

次の

お辞儀

お辞儀 写真

美しいお辞儀の土台は正座 現代の生活では和室が減った為、普段、正座をしてお辞儀をする 機会はほとんどないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 先日、法事で親戚がお寺の広間に集まりましたが、 挨拶の際、孫世代が慣れない姿勢でペコリとしたお辞儀なのに対し、 老年世代はゆったりとしたキレイなお辞儀を見せてくれました。 どこが違うのだろう・・と観察したところ、 老年世代は 背筋がすっと伸びて、正座の姿勢に安定感があるのだなと 気が付きました。 美しい正座の姿勢がお辞儀の土台になっているのです。 きれいな正座を身に付けよう 正座をしたら、両ひざの間は、こぶし一つくらいあけます。 そうすると、かかとが自然と外側に開いてその間にお尻が乗り、 安定感が生まれ、しびれにくくなります。 そして、 おへその下に力を入れ、腰は伸ばして胸を張り、 顎をひきましょう。 腰が曲がり、重心が後ろ=足の上にかかると、しびれやすくなります。 重心を膝の方向に移すように意識するとよいでしょう。 茶道のお辞儀は、真・行・草 茶道のお辞儀には、 真・行・草があり、タイミングで使い分けます。 点前の区切りでは 一般的な「行」のお辞儀、 茶席に入るときや、おしまいの挨拶は、 深々と頭を下げる「真」のお辞儀をします。 亭主が、片手に道具を持っている時など、 指先を軽くつくだけの「草」のお辞儀になります。 お辞儀の作法 一般的なお辞儀は、両手を膝の前の畳に「ハ」の字において、 上半身を静かに30度ほど前に倒します。 頭だけを下げず 、脚の付け根から上半身を傾けるように、 目線は少し先に置きましょう。 頭を下げた時にお尻が持ち上がり、デングリ返しをしそうな姿勢になる方がいます。 腰はそのまま、足の上に残してください。 頭を上げるときは、 ゆっくりと体を起こしましょう。 素早くヒョイと顔を上げる人がいますが、 せっかくのお辞儀が雑に見えてしまいます。 頭を下げる時と同じくらい、あるいは、もっと時間をかけるつもりで、 頭を上げていきましょう。 「真」のお辞儀は、流れは一般的なお辞儀と同じです。 その上で、手の平をしっかり畳につけ、上半身を60度前方に倒します。 目線は、両手の上あたりに置きます。 「草」のお辞儀は、亭主が道具を持っている場合などに行います。 空いている手を膝かしらにすべらせて、 指先を軽く畳につけ、 会釈をします。 立ったままお辞儀をする場合 和室では、正座をしてから、お辞儀をします。 茶道でも、ほとんどの場合は正座でのお辞儀ですが、 腰掛けなど外にいる時や、茶室から外へ退出した際など、 立ってお辞儀をすることもあります。 背筋を伸ばし、指を揃えた両手を足のつけ根に「ハ」の字に置いて立ちましょう。 お辞儀は、 背筋を伸ばしたまま、上体を倒し、 手が膝上のあたりに来たら頭を下げます。 女性の和装の場合は、帯を付けているので、背筋を伸ばしたお辞儀が自然とできますが、 洋服の場合、お尻だけが飛び出たり、腰が丸まった姿勢になりがちです。 注意しましょう。 お辞儀は相手を敬う心から 茶会に出向くと、時に、とてもあっさりとしたお辞儀や、 妙に形式ばったお辞儀の方がいらっしゃいます。 「決められた作法だから」という意識が、表に出てきてしまっているようです。 お辞儀は、 相手を敬う気持ちや感謝の気持ちを表す表現です。 心がこもっていなければ、いくらキレイな姿勢でお辞儀をしても、 相手に伝わりません。 お辞儀をするときは、 まず、 相手を見ること。 そして、心の中で 「よろしくお願いします。 」「ありがとうございます」 とつぶやくことを、日ごろから心掛けましょう。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・親の急死でとにかく処分したかった ・親の遺産で不動産売却の知識がなかった ・どうやって売るか?知らなかった ・個人で売買の交渉をする自信がない など、不動産売却の知識がないために 安く買い叩かれているのが現状です。 そんな時は、 『無料の不動産一括見積もり』オススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で家・土地の値段がわかる ・自分で見積もりを取る必要がない ・信頼できる業者しかいないから安心 ・査定経験がない女性や年配の方にも親切 ・『比較』するから高額査定が期待できる また下取り相場が見れるので、 『買い叩かれる心配がない』ですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。

次の