オクラ の 育て か た。 オクラの種まき〜収穫までの育て方!栽培時期と病害虫の対策|育て方Labo(育て方ラボ)

初心者向け!オクラの栽培方法・育て方のコツ|特集|読みもの|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

オクラ の 育て か た

丈夫で土壌の乾燥や多湿に強く栽培が容易で初心者向け。 高温と強い日差しを好むので日当たりの良い場所で育てましょう。 オクラは移植栽培(ポット)と直まき栽培が出来ます。 オクラは種からも簡単に育てられますが、初心者は5月頃にホームセンターなどでポット売りされている苗から育てるのが簡単でおすすめ。 栽培する株数によって種から植えるか株から植えるかを決めましょう。 オクラは育て方次第で収穫量が大きく変わる野菜ですが栽培のコツが分かれば問題ありません。 病害虫にも強い野菜なので簡単に収穫までたどり着けます。 オクラは育て方1つで収穫量が大きく変わる野菜ですが丈夫な野菜なので初心者でも比較的簡単に収穫までたどり着けます。 オクラの植え付けは(・・)エリアによってはも可能です。 収穫時期は種まきから約1. 5か月で5月下旬~9月中旬。 オクラの種まきと苗の植え付けは気温が十分に上がってから。 種まきは4月以降、苗の植え付けは5月以降。 早撒きは避けましょう。 種は一昼夜、常温またはぬるま湯に浸しておくと発芽が良くなります。 背丈が高くなるのでプランターでオクラを育てる時は根がしっかり張れないので支柱を立ててやりましょう• オクラは肥料を好むので元肥と追肥をしっかりと行う。 オクラは高温を好むので直植えせずポットで種を撒き育苗して気温が上がったらすぐに定植出来るようにしておきましょう。 さやは固くなって味が落ちるので6~7㎝までに収穫する。 収穫したら下葉をかき取って風通しを良くしましょう。 オクラの育てやすい品種 育てやすいオクラの種類は、実の切り口が五角形になる「アーリーファイブ」や「グリーンスター」などです。 珍しいオクラには切り口が丸形の「エメラルド」などもあります。 この品種もオクラの中では育てやすいお勧めの品種。 オクラは初心者の方や植える株数が少ない方は苗から育てると簡単に育てられます。 楽天で人気のオクラの種は アマゾンで人気の種は オクラ栽培に適したプランターサイズと土づくり オクラを栽培するときのプランターサイズは標準タイプ以上(60㎝~)で深型のものを利用しましょう。 オクラは根を深く張る性質の為、30㎝以上の深さが必要になります。 浅いと草丈が高くなると倒れやすくなります。 オクラの栽培用土は市販の培養土を利用するのと簡単です。 オクラは多湿を嫌いますので水はけを良くするために、メッシュ付きのプランターか網に入れた発泡スチロールを底が見えない程度まで敷き詰めてやります。 その上はウォータースペースを残してプランターの8分目まで培養土を入れておきましょう。 オクラを種から育てる方法は、ポット蒔きと直播きの2種類の種まきが可能です。 直播きの場合の植え付けは5月上旬~6月末まで。 温度管理が悪い(気温が低い)と発芽しない事があるので植え付け適期を守りましょう。 露地栽培の場合は、1か所あたり3~5粒ほど種子を撒き本葉が2~3枚出たころに育ちの良い苗だけを残します。 直播きする時に気を付けることは土を乾燥させないようにすること。 管理の面からもポットで苗を作ることをお勧めします。 ポットは3号ポットが適しています。 ポット播きする時はポット1つに対して2から3粒ずつ種を蒔きます。 間引きが面倒な時はポット1つに1粒ずつ種を蒔いても構いません。 ただし、芽が出ないものもあるので、ポット苗は予備を多めに作っておくと良いでしょう。 オクラの種は固いので発芽しやすいように、一晩常温水やぬるま湯につけておくと発芽率が上がります。 オクラは初心者の方や植える株数が少ない方はホームセンターなどで苗を購入することをお勧めします。 オクラの良い苗の選び方ですが、オクラは直根性で定植が難しいので大きく育ちすぎているものよりも、本葉が3~4枚で葉に艶があり緑の濃い幼苗を選びましょう。 オクラの苗の選び方ですが、オクラは直根性なので定植が難しい野菜です。 苗は大きく育ちすぎているものよりも、本葉が3~4枚で葉に艶があり緑の濃い幼苗がベスト。 苗を購入する時は発芽して3本の苗が育ったものを選び、若い苗を購入することが上手に定植させるポイントです。 オクラの苗の植え方(植え付け方) オクラは細かい根が少なく植え傷みが発生しやすいので、定植する時はポットから取り出す時に根鉢が崩れないように注意が必要です。 オクラの苗の植え傷みを防ぐにはポットから取り出す前に水分を含ませておいて、苗を指の間に挟みポットの底の穴からそっと押し出すようにすると、根鉢を壊すことなく上手に定植することが出来ます。 根鉢の上部は周辺の用土と同じ高さにして、植え付けた後は周りの土を根元に寄せて軽く手で押さえましょう。 苗の植え付け後は根が活着するまでの間はたっぷりと水やりをします。 オクラを植え付ける株間は直根性の野菜なので株間はそれほど必要ありません。 ただし、オクラは葉が大きくなる野菜なので、プランターで育てる場合は最低でも25㎝以上は離すように植付けましょう。 オクラを露地栽培で育てる時は、株間を40㎝以上離して植え付けると葉が干渉せず日当たりが良くなり、収穫量を増やす事が出来ます。 初心者が失敗しやすいのは、ホームセンターなどで購入したオクラの苗をそのまま植えてしまうこと。 養分や水分を取り合って生育が悪くのなるので、育ちの良い苗を1本だけ残してあとは間引いてしまいましょう。 間引き時は苗を引き抜いてしまうと根が切れたり傷んだりしてしまい成長が悪くなってしまいます。 株を引き抜くのではなくハサミなどで苗の根元付近を切ってしまいましょう。 購入した苗は通常2~3本立てになっていますが、その株を1本ずつ分けて植えてはいけません。 根が切れたり傷んだりして生育がしないことがあるので、もったいない気はしますが残りは捨ててしまいましょう。 オクラは気温が上がった頃に種を直播きするので、用土が乾燥しないようにたっぷりと水やりを行いましょう。 オクラは植えた種が乾燥してしまうと枯れて発芽しないことがよくあります。 オクラは苗を定植して根付いてからは土の表面が乾いた時に水やりを行いますが、水やりの回数を増やすよりも1回の水やりでたっぷりと与える方が効果的です。 オクラは水不足になると極端に生育が悪くなるので、水切れには十分に注意しましょう。 追肥の頻度と与える量(まし土を行う) オクラは気温が上がり本葉が5~6枚になると一気に成長を始めますが、その時が1回目の追肥のタイミングです。 オクラは収穫を長く楽しむ場合は肥料切れにならないように注意が必要で、追肥のタイミングは2週間に1回施します。 オクラの追肥は1回あたり化成肥料を約10gほど(ぼかし肥または鶏糞なら一掴み)、株元から離れた場所に全体的にばら撒きましょう。 固形肥料の代わりに液肥を水やりを兼ねて1週間に一度のペースで与えても構いません。 オクラは草丈が2mを超えるので、肥料を与える時に灌水で減った土を足して株元へまし土を行うようにしましょう。 オクラの草丈が30㎝程まで成長したら風で倒れないように支柱に立ててやりましょう。 支柱と茎の節とを結んでやります。 きつく縛ってしまうとオクラの成長に影響しするので、支柱にゆるく結ぶのがポイント。 オクラは成長すると草丈が1~2mまで成長するので、支柱は長いものを利用するようにしましょう。 プランターで育てる時は底が浅いのでとなりの支柱と繋ぐように補強しておくと風で倒れる心配がありません。 オクラは定植後2か月ぐらいから収穫適期です。 苗を植え付けてから約1か月、開花から数えると約1週間後が収穫のタイミング。 花がしぼんだ後から実が成長してきます。 オクラは実が大きくなりすぎると味が落ちてしまうため、角オクラは長さが6~7㎝(丸オクラは10㎝でもOK)になった時が一番美味しい頃合いです。 ピークになると次々と大きくなるので莢が柔らかいうちに収穫しましょう。 収穫の仕方ですが、オクラは果柄が固いので果実の根元をハサミなどで切り取ります。 オクラの収穫後は風通しを良くするため、収穫した果実の下の葉を全て摘み取っておくようにしましょう。 葉柄の下部を持って下に折り曲げるようにすると上手にかき取ることが出来ます。 収穫後の果実の下葉を切り取らずにそのままにしておくと、養分や水分などが葉の方に流れてしまって、それ以上の実成りが悪くなってしまいます。 オクラには連作障害があります。 作付けした畑には1年以上空けずに作付けすると病気が発生しやすくなります。 オクラに発生しやすい病気は、苗立枯れ病・・輪紋病・ウイルス病・葉すす病などがあります。 オクラの病気を防ぐには畑の水はけを良くして日当たりのよい場所で育てましょう。 病気を発見した時は早期に対策することで被害を最小限に食い止めることが出来ます。 日々の観察を怠らないようにしましょう。 オクラの育て方まとめ オクラは1株から30個ほどの実がなります。 実なりを良くするには肥料を定期的に与えて肥料切れを起こさない事が大切です。 また、高温多湿を好む野菜なので水切れにも注意が必要です。 霜にあたると枯れてしまうので十分に気温が上がってから植えるようにしましょう。 オクラは気温が低い時に種を撒くと途中で枯れてしまいます。 特に初心者で多いのが、枯れた原因を水不足と安易に考えてしまうパターンです。 低温期に水やりを増やしてしまうとさらに地温が下がり立ち枯れを助長するので注意しましょう。 オクラは実がなるまでも葉が込み合っているときは、風通しを良くするために葉の剪定を定期的に行いましょう。 花より上部側の葉が少なくなった時は、「肥料不足」や「なり疲れ」が考えられますので、その時は未成熟な実を全て若取りして株間に肥料を与えて一旦休ませると再び収穫量が増えます。

次の

オクラの育て方に必要な5つのポイント

オクラ の 育て か た

オクラ栽培について、以下の栽培カレンダーに沿って解説していきます。 オクラの畑の準備 土づくり オクラは非常に吸肥力の旺盛な植物です。 堆肥(たいひ)はもちろん、肥料を切らさないようにしましょう。 連作すると、センチュウ等、生育を阻害する微生物が土壌中に増加するので、できるだけ昨年オクラを植え付けた場所には植えないようにしてください。 また、寒さにとても弱いため、早く植えてしまうとすぐに枯れてしまうことがあります。 5月のゴールデンウイークを過ぎてからでも十分間に合いますので急がずに準備しましょう。 植え付け2週間前には1平方メートルあたり5キロの堆肥と、50グラムの苦土石灰を散布して土に混和しておきます。 そして植え付け1週間前には有機配合肥料を100グラム投入して畝を立てます。 有機配合肥料がない場合は化成肥料でも構いません。 化成肥料の場合は50グラムでよいでしょう。 畝の高さは15~20センチ以上の高い畝にした方が後半まで生育が良くなります。 長期間の栽培になりますので、マルチビニールを張っておくとよいでしょう。 オクラの種まき オクラは育苗して植え付ける場合も多いでしょうが、畑に直接まいても十分よく育ちます。 むしろ家庭菜園においては育苗するよりも直接まいた方が生育がよい場合が多いので、5月上中旬以降に直接まいてしまいましょう。 30センチ間隔に穴を開けて、しっかり水やりをした後で、一カ所5粒ずつまいて土をかぶせていきます。 覆土は1センチ程度が目安です。 オクラの間引き オクラは1カ所に3株程度同時に成長させていって構いません。 1カ所から5芽すべて発芽した場所は、元気が良いものを3株残して、他はハサミで切ってしまいましょう。 種まきから1カ月後が間引きの適期です。 オクラの追肥 6月下旬からオクラの追肥スタートです。 これからどんどん花が咲いて実がなっていきますので、収穫終わりまで隔週、化成肥料を1カ所にスプーン1杯ずつ追肥してください。 気候によってはオクラは11月までずっと収穫し続けることができますが、収穫した分、肥料を足していかないと草勢がどんどん弱っていきます。 上図のように成長点から開花位置までの長さが短くなってきたら(先端付近で花が咲きだしたら)肥料が足りていない証拠です。 すぐに追肥をしてあげてください。 オクラの支柱立て オクラは特別仕立てることをしなくても立派に自立することができます。 しかし、栽培中に台風シーズンが来ることから、運が悪い場合はオクラが全部倒れてしまうことがあります。 台風直撃(天気図で台風の渦の右側にあたる)の予報が出ているときは、支柱を立てて結んであげましょう。 一回倒れたくらいなら、根さえ切れていなければオクラはすぐに自分で立ち上がることもできます。 オクラの収穫 オクラの栽培管理において最も大切なのは収穫作業です。 オクラの栽培適期は非常に短く、最盛期は、朝とり忘れたらもう夕方にはもう筋張っていて食べられないくらい大きくなっていることがあります。 早め早めの収穫を心がけましょう。 根元からハサミで切り取って収穫しますが、筆者はオクラを食べるのは大好きなのですが、手がかゆくて仕方なくなるのでゴム手袋をしないと植物に触れません。 似たような体質の方は注意してください(触ってみるまで分からないでしょうが……)。 オクラの葉かき オクラの収穫と同時にやるべき大切な作業が、葉かきです。 下から順々にオクラは花を咲かせ、結実していきますが、一番下になっているオクラの直下にある葉を残して、すべて切り取ってしまい、すってんてんの裸ん坊にしてしまいましょう。 風通しが良くなって病気や虫も付きにくくなりますし、収穫も楽になりますし、良いことずくめです。 オクラの病害虫 オクラは病害虫の少ない作物ですが、アブラムシやカメムシなど、他の作物でもよく出てくる害虫にはやはり侵されてしまいます。 葉かきをちゃんとしていれば、発生するとすぐに発見できると思いますので、見つけ次第捕殺しましょう。 市販の殺虫スプレー等で対処してもよいでしょう。 病気としては、最も多いのがうどんこ病ですが、追肥と水やりを怠らなければ比較的発生が少ないです。 高畝、マルチング、葉かきをちゃんと守っていれば、十分無農薬で栽培できますよ。 以上がオクラの育て方になります。 夏に欲しくなるネバネバを自分で育ててみましょう!.

次の

オクラ(おくら)の育て方・栽培方法【春植え】

オクラ の 育て か た

・オクラの種は、種皮が固めなので、1日種を水に着けてから植えると発芽率が良くなります。 ・種まきついては、以下の記事で詳しく説明しています。 残す株を一緒に引き抜いてしまわないように、残す株を指で抑えて他の株を引き抜きましょう。 茎が太く節の間が程よく詰まっていて、葉が濃い緑色でツヤのある元気な苗を選びましょう。 節間が長いものや、茎が細くがっちりしていないものは避けましょう。 ・苗の育て方と選び方については、以下の記事で詳しく説明しています。 苗の根鉢の土を崩さないように、培養土を入れたプランターの中央に苗を植えます。 株の一番下にある小さな子葉の下まで培養土を被せて土を平らにならします。 植え付け後は、たっぷりとプランターの底から水が流れ出るくらい水やりを行いましょう。 ・苗の植え付けについては、以下の記事で詳しく説明しています。 水やり オクラは乾燥に弱い為、土を乾燥させないように注意して水やりを毎日続けます。 わき芽取り 茎や葉が成長してくると、葉のつけ根からわき芽が出てきます。 鉢で育てる場合には、オクラへの養分も限られているので、株に栄養が吸収されるように、わき芽を摘み取る必要があります。 本葉と間違えないようにして小さなうちにすべて摘み取りましょう。 増し土 株の高さが20cm程度になると、オクラの根が植えた鉢のなかにいっぱいになります。 新しい根を育ててさらなる成長を促す為に、増し土を行います。 培養土を鉢の7分目くらいの高さになるまで足し入れましょう。 培養土には肥料が入っていますので、追肥の役目も果たします。 茎の頂上に花が咲いたら、栄養不足のサインです。 液肥を薄めて与えても問題ありません。 収穫 花が咲いた後に実が膨らみ始めて、さやが6〜7cm程度になったら収穫のタイミングです。 さやの付け根の部分からハサミ切って収穫します。 収穫が遅くなるとさやが固くなり、株も弱くなってしまうので、早めの収穫を心がけましょう。 蕾でも収穫をして天ぷらやおひたしなどで美味しく食べることができます。 早く収穫したい場合は、良い苗を購入して育てましょう。 特に本葉が出はじめる頃に発生するので、頻繁に葉を観察して駆除しましょう。 花を収穫して化成肥料を追肥しましょう。 よくある病気と害虫対策 病気 斑点病が発生することがあります。 (葉がモザイク模様になる) 収穫したさやより下の葉は2枚残して取り除いていくことで、風通しがよくなり予防することができます。 害虫対策.

次の