こくしぼう 正体。 『鬼滅の刃』黒死牟(こくしぼう)の素顔と正体とは!?

黒死牟(こくしぼう)の過去【鬼滅の刃】!上弦の壱が鬼になるまでの経緯

こくしぼう 正体

配下の精鋭、。 数百年を経ても尚不敗を誇る、同族殺しの剣士。 長い黒髪を後ろで縛り、 を持った異貌の鬼。 さらに額や首元から頰にかけて揺らめく炎のような黒い痣がある。 遊郭編にて初登場。 "上弦の陸"である・兄妹の敗死により上弦の百十三年無敗の記録が破られ、上弦全員が無惨により無限城に召集された際にその姿を現す。 十二鬼月の序列を厳格に重んじており、"上弦の参"が自分を煽る"上弦の弍"へ一撃を入れた際にはとその左腕を斬り飛ばし、彼を諫めた。 次に登場したのは無限城での決戦編にて新たに"上弦の陸"の座に就いたが自身が鬼になった際の回想にて、自らと対峙した際に土下座をして命乞いをする彼に無惨の血液を与えて彼を鬼へと変えている。 会話の節々に「…」を入れる独特の話し方は重々しいものの、口数自体はそこそこに多く必要な言葉は口にし、感情の起伏もそれなりに表す。 しかしながら余計な感情に振り回されることもほとんどなく、時に仲間内で諍いを起こす上弦の中においてはむしろそれを武力で持って収める組織のまとめ役としても強い存在感を示している。 その重くも威圧感のある雰囲気は無一郎を 「重厚な様 威厳すらある」「怖気が止まらない」と動揺させ、獪岳は 「あの 体中の細胞が 絶叫して泣き出すような恐怖」と回想しており、劇中で対峙した多くの鬼殺隊士に甚大な恐怖を与えている。 こと戦闘においても柱たちが繰り出す攻撃を冷静に分析し、血鬼術や再生能力にかまけた油断もせずに積み重ねた剣術や体術を持って、放たれた技に対応する剣士としての形質が強く表れている。 本質 表面こそ人食い鬼らしからぬ程に冷静沈着な黒死牟だが、その内面は人間の頃から複雑な心境を形成している。 人間の時代から抱いていたこれらの感情が鬼と化したことで顕著になった。 鬼、引いては"上弦の壱"たる自分こそが最強であると信じ、真に追い詰められた時には、、への賞賛など欠片も無く、胸中に渦巻くのは弟に抱いていた嫌悪感と同質の物のみである。 技・能力 強さを認めた剣士の前ではにも似た大降りの剣となる。 攻撃範囲拡張 斬撃を衝撃波として飛ばすほか、剣の軌跡に付随する自立した三日月状の細かな斬撃を発生させる。 人間であった頃から比類なき剣士であった彼が、この二つの力を自身の剣術と融合させた結果、上記の戦技へと至らせた。 相手の状態を見通すことで、相手の初動を潰し一方的に攻め立てる 先の先を現実のものとする。 を発現させた上で更に身体能力を高めないと得られない視界であり、限られた者しか使用できない(作中で黒死牟の他に発現させたのは生まれつきその視界を持つの他、、、、ら数名のみ)。 『無限城決戦編』にて(以下、ネタバレ注意) 対柱戦 猗窩座が倒された直後、によって空間移動させられたと邂逅。 彼が"上弦の伍"を一人で仕留めた際の痣を発現させた全力の状態で挑んだにも関わらず、瞬く間に片腕を切り落とし、無一郎を自分の子孫だと見抜いた上で今度は彼を鬼にしようと城の柱に刀ごと磔にして拘束してしまった。 同じく黒死牟のいる空間に転送され、不意を突こうと隠れていたによる奇襲の銃撃も高速移動でかわしながら左腕を切り落とし、返す刀で右腕を、そして一瞥する間に胴を両断し戦闘不能に追い込んだ。 そして「鬼擬きを生かしておく理由は無い」と首を切断しようとした瞬間、その場に駆けつけた玄弥の兄・によりそれを阻止される。 その実弥との戦いでもまるで彼を寄せ付けず、あと一歩まで追い詰めるが、今度はが現れて彼と対峙、悲鳴嶼に対して呼吸の痣の実態について話すも彼からは既に承知及び覚悟の上と一笑に付され、悲鳴嶼と実弥との戦いに突入。 柱二人を相手にしてもむしろ逆に圧し込むほどの戦闘能力を見せつけるが、二人も黒死牟の攻撃を即座に読んで対抗し、一進一退の激戦を繰り広げる。 予想外の窮地の中で想起したのは今から数百年前、人を捨てて鬼になってから60年近く経ったある夜に果たした、とうの昔に痣の後遺症で死んだと思っていた弟とのまさかの再会。 その弟の齢80以上の老いさらばえた身体から想像もつかないの凄まじい動きで為す術もなく追い詰められながらも、弟は自身を仕留める前に寿命で事切れており、結果的に自分は最後の最後まで弟に実力で勝つことは出来なかったという苦い記憶。 憤怒で猛り狂う意識の果てに、全身から刃と斬撃を突き出すというこれまでの剣士としての矜持を捨てるかのような雑把な反撃で玄弥、無一郎の身体を切り裂くも、それをも躱した悲鳴嶼達によって遂にその頚を刎ね落とされる。 消えてゆく。 不敗でも不死にでもなく、"日輪"になりたかったことに気づきながら。 何故私は何も残せない 何故私は何者にもなれない 何故私とお前はこれ程違う 私は一体何の為に生まれてきたのだ 教えてくれ 縁壱 自らの敗北を認め、黒死牟は塵と還った。 残った僅かな衣服の中には、 かつて縁壱に渡した音の鳴らない笛だけが転がっていた。 その魂は無明の暗闇の中、燃え盛る地獄の炎にその身を焼かれながら、もはや何にも届かない手で虚しく宙を掻き続けていた。 余談 無惨との関係 無惨からは ビジネスパートナーと見られている。 あの無惨が対等に近い存在として見ていることに衝撃を覚えた人も多い。 無惨は呼吸の剣士に興味を持ち、痣により寿命がわずかとなったに「鬼になればいい」と声をかけた。 縁壱の敵となった黒死牟は同士とも言える存在であり、そこからビジネスパートナーという言葉が出たと考えられる。 ただ、そんな黒死牟のほうは現状、無惨に対しては 「あの御方」と呼ぶ、無惨の血液を「一滴たりとも零すことまかりならぬ尊き血」と語るなど、敬意を通り越して尊崇に近いほどの敬い方で接しており、明確に無惨を主、己を配下とする形を崩さず仕えている。 上記の通り「鬼舞辻無惨を滅ぼすための存在」である鬼狩りの剣士、それも無惨を特に追い詰めたとされる の祖たる呼吸使いの剣士たちの一員であったはずの彼が、そこまで無惨に仕えているのは寿命、弟への強すぎる憧憬など、しがらみや感情全てから解放してくれたという感謝の念があるからと思われる。 他者の素行には特に何も言わず童磨のように積極的に絡んだりもしない。 鬼殺隊士であったと相対した時には、必死に命乞いをする彼を殺さずに無惨の血を分け与えた。 その後の関係は不明だが獪岳を鬼にしたのは、何か思うところがあったと推察される。 また十二鬼月の中でも元から武人肌で貪欲に強さを求め続け「参」まで昇ってきた猗窩座には同じ武人としてそれなりに期待もしていたようで、「 俺は必ずお前を殺す」と宣言してきた猗窩座に対しても、反感や不快の意を向けるでもなく淡々と「 そうか… 励む…ことだ…」と応じ、無限城決戦で彼が&炭治郎組に敗死した事を知った際は「 私に… 勝つのでは… なかったか…」と落胆の言葉を零していた。 縁壱との関係 内心では 「頼むから死んでくれ」とまで思っていた反面、縁壱が最期の時まで自身がかつて与えた笛を持っていた事を知り涙を流すなど、縁壱に対し抱いた感情は憎しみや妬みだけでは決してなかった事が伺える。 縁壱の実力を知る前は彼のことを憐れんでおり、笛を作ってあげたりと思いやりのある子供だった。 単行本20巻のカバー裏イラストでは、凧糸が絡まってしまった縁壱とそれを笑顔でとってやる巌勝という、子供の頃の2人の微笑ましい様子が描かれている。 序列に厳しい理由 公式ファンブックによると、戦国時代の武家の長男に生まれているため上下関係には厳しいとのこと。 この時代は下克上など誰もが上を狙って天下をとれるというような時代であり、自分もいつ殺されるかわからない状態であった為。 それ故周りの動向には常に目を光らせている。 一方で、単行本21巻の「戦国コソコソ話」によると、鬼殺隊を裏切って無惨の下に降った際、 当時の産屋敷家の当主を殺害して戦国武将らしく彼の首を持って行った事が語られており、自らの未来のために主君を変えるというこれまた戦国時代の人間らしいあっさりした一面も持っていた。 名前について 上弦の鬼は鬼として使われる名前に、その鬼の本質を表す文字を入れている。 役立たずの狛犬に引っかけた猗窩座しかり、子供のころから死ぬまで一切成長することの無かった童磨しかり、黒死牟もまた鬼としての特徴を名前の中に隠されている。 つまり、 「多く」の「瞳」を持ち、「多く」の命を「奪い」「貪った」鬼という意味を持つ、正に上弦の壱を現した名前である。 謎 彼が鬼になったことは当時の鬼殺隊にも確認されていたにもかかわらず、現代の鬼殺隊はそのことを知らなかった。 公式にも鬼殺隊には一切記録がなく、謎の鬼と呼ばれている。 "日の呼吸"の詳細が伝承されていないのと同様に、は災いをもたらす忌むべきものとして、鬼殺隊の記録から抹消された可能性が考えられる。 関連イラスト.

次の

黒死牟(こくしぼう)の正体や過去が衝撃!本名や鬼になった理由も判明!

こくしぼう 正体

コミック 2019. 15 2020. 18 mie96259625 gmail. com 黒死牟(こくしぼう)の「月の呼吸」と「始まりの呼吸」の関連性が判明!|無惨や無一郎、炭治郎と黒死牟の関係性を考察 「鬼滅の刃」の165話では、上弦の壱、黒死牟(こくしぼう)の経歴が少しずつ明らかになってきました。 鬼の中でも呼吸法を扱う特異な存在だった黒死牟ですが、なんと、すべての呼吸法のもとである「始まりの呼吸(日の呼吸)」の剣士に関わりがある可能性が出てきました。 そんな黒死牟の 「月の呼吸」「始まりの呼吸」の情報と、鬼殺隊剣士、時透 無一郎と炭治郎との関係についてまとめてみました。 黒死牟の能力「月の呼吸」「始まりの呼吸」とは? 黒死牟が持つ「月の呼吸」と「始まりの呼吸」とはどんな技や特徴があるのでしょうか? 呼吸法から黒死牟の能力を見ていきましょう。 黒死牟が「始まりの呼吸」の使い手であることでパワーアップされ、緩急自在に姿を消すことができる時透無一郎でさえ、即座に腕を切り飛ばされています。 上弦の鬼の中でも別格の強さといえるでしょう! そして、第178話で 「月の呼吸」は「始まりの呼吸(日の呼吸)」から派生した呼吸法であることが判明しました。 その「月の呼吸」を黒死牟から引き出したのは、他ならぬ黒死牟の弟の緑壱でした。 「始まりの呼吸(日の呼吸)」 始まりの呼吸(日の呼吸)は 、後に発生する全集中の呼吸はすべてここから派生したものです。 日の呼吸の特徴的な能力として 「透き通る世界」という物を透視する能力があります。 出典:鬼滅の刃 8巻 日の呼吸に選ばれた者は、黒死牟や炭治郎のように 生まれつき額に赤い痣が発現しています。 また、 炭治郎がつけている日輪が描かれた花札風の耳飾りが「日の呼吸の継承者の証」であることが判明しています。 このことから、黒死牟と炭治郎の祖先は、過去に浅からぬ因縁があったと考えられるでしょう。 2人はどちらも 赤い痣を持つ能力者でした。 しかし、圧倒的な強さを持つ弟の縁壱に、巌勝は激しい嫉妬心を抱いていました。 この弟への嫉妬心が、黒死牟という鬼へと変貌させた要因の一つとなったように思います。 いつの時代も、親族間の争いは、あらゆる問題の引き金となることが多いですよね。 鬼舞辻と知り合った詳しい経緯はまだ分かりませんが、いずれ判明することになるでしょう。 なお、黒死牟は、時透 無一郎に「 お前は私が、継国家に残してきた子供の末裔、つまり私の子孫だ」と伝えています。 この時、無一郎は「 黒死牟は始まりの呼吸の剣士ではないか?」と推測していましたが、12巻の99話で登場した人物が、本来の始まりの呼吸の剣士である 「継国縁壱(つぎくによりいち)」だったのではないかと推察します。 日の呼吸の継承者の証である「 花札風の耳飾り」をつけていますね。 この剣士が「大切なものを何一つ守れなかった」という言葉は、兄・巌勝の鬼化を止められなかったことを指しているのかもしれません。 出典:鬼滅の刃 12巻 出典:鬼滅の刃 12巻 なお、この剣士が話をしている「 炭吉(すみよし)」という炭屋を営んでいる男は、炭治郎の400年前の祖先のように見えます。 他の鬼とは異なり、自分と対等な位置に据えているのだからその実力は計り知れないものがあります。 鬼殺隊すべてを返り討ちにしているせいか、交戦記録が一切残っていないのも不気味です。 黒死牟・時透 無一郎・炭治郎の関係性は? 黒死牟・時透 無一郎・炭治郎の3人には、特別な結びつきがあるということが判明してきました。 この3人の関係性について見ていきましょう。 黒死牟と時透 無一郎の関係 166話において、黒死牟は「 お前は私が、継国家に残してきた子供の末裔、つまり私の子孫だ」と時透 無一郎に伝えています。 無一郎は風の呼吸法「霞」を使う剣士であると同時に日の呼吸の剣士の子孫でもあり、黒死牟と血縁関係があるのは納得できますね。 そもそも、日輪刀を握ってたった2ヶ月で柱となれたのは、日の呼吸の剣士の子孫のため特別な才能があったからとも考えられます。 悲しい予想ですが、無一郎は同系統の力を持つ黒死牟には及ばず、鬼にされてしまう気がしてなりません。 炭治郎と時透 無一郎の関係 無一郎の父親は炭治郎の父親と同じく赤い瞳の持ち主です。 そして、炭治郎の家「竈門家」には、代々伝わる「ヒノカミ神楽」という神事が存在します。 呼吸法は「日の呼吸」に関連しているようですが、詳しくは炭治郎自身も分かっていません。 どちらも赤い瞳の父親を持ち、かつ「日の呼吸」を継承するところから、 2人は遠いところで縁戚関係があるのではないかと推察します。 なお、炭治郎は「ヒノカミ神楽」を、十二鬼月の下弦の伍・累との戦闘時より用いており、全集中の呼吸で剣技に使うと水の呼吸を上回る威力を発揮します。 出典:鬼滅の刃 5巻 しかし、反動が強すぎて肉体が追いつかず、激しく消耗する点が難点です。 逆を言えば、ヒノカミ神楽を使いこなせれば、無一郎と同等の柱の実力を持てるポテンシャルを秘めているのです。 出典:鬼滅の刃 8巻 炭治郎と黒死牟の関係 先ほども述べましたが、 12巻の99話で登場した剣士が黒死牟で、一緒に話をしていた「炭吉」という男が炭治郎の祖先ではないかと推察します。 実際、このシーンは炭治郎が夢の中で回想しており、祖先の遠い記憶が炭治郎の中に残っていたのではないでしょうか。 出典:鬼滅の刃 8巻 始まりの呼吸の剣士と、炭焼きを生業(なりわい)としている炭吉との接点が何なのか明確な説明はありません。 炭吉はこの剣士を「命の恩人」と呼んでいることから、何らかのいきさつがあって、知り合いになったようです。 どういう経緯で「始まりの呼吸=日の呼吸」が炭治郎の祖先に受け継がれていったのか、物語が進むにつれて判明するでしょう。 黒死牟(こくしぼう)が持つ「月の呼吸」「始まりの呼吸」と3人の関係性のまとめ この記事では、「月の呼吸」「始まりの呼吸」の特徴や、黒死牟、時透 無一郎、炭治郎の3人の関係性をご紹介しました。 黒死牟は、無一郎でさえ全く歯が立たないほどの凄まじい能力の持ち主です。 「はじまりの呼吸」の剣士の可能性が高い黒死牟と戦うためには、炭治郎が「ヒノカミ神楽」を完璧に使いこなせることが必須となるでしょう! 黒死牟の「月の呼吸」と炭治郎の「ヒノカミ神楽」、この先、必ず激突することになるでしょう。

次の

【鬼滅の刃】作中キャラクター最強ランキング|1位は意外なあのキャラ……!?

こくしぼう 正体

長い黒髪を後ろで縛り、六つ眼を持った異貌の鬼です。 さらに額や首元から頰にかけて揺らめく炎のような黒いがあります。 黒死牟 こくしぼう の本名は継国巌勝(つぎくにみちかつ)といいます。 始まりのの剣士・とは実は双子の兄弟なんです。 黒死牟は元は鬼狩り? 巌勝こと黒死牟 こくしぼう は、野営している時に鬼に襲われそうになります。 その時、助けてくれたのが縁壱でした。 は半端ないほどの強さだったらしいです。 その縁壱の強さと剣の捌きを目の当たりにして巌勝こと黒死牟 こくしぼう は自分も同じように強くなりたいと思い、妻子も家も捨てて鬼狩りに入ります。 ちなみに、は黒死牟 こくしぼう の末裔になります。 『月の呼吸』の起源は? そういういきさつから鬼狩りになった巌勝こと黒死牟 こくしぼう。 に『日の』の型や呼吸を教えてもらいますがなかなか思うように出来ません。 そのため、 縁壱は巌勝が得意なやり方や出来ることに合わせて呼吸法を変えて指導していきました。 その結果、出来上がった型が『月の呼吸』だったのです!! ということで、 『月の呼吸』は『日の呼吸』の派生ということになります。 ちなみに黒死牟 こくしぼう は自分の体から刀を作り出すことが出来ます! 普段は、体の中の鞘 さや に収まっているそうです。 しかし、強い相手を前にすると大ぶりの刀になるそうです。 また刀が折れても、自分の体の一部になっているので再生することが出来るそうです。 これでは、歯が立ちませんね^^ 黒死牟 こくしぼう の『月の呼吸』の12個の型の解説 であっても黒死牟 こくしぼう には手も足も出ず、柱最強の悲鳴嶋行冥でなんとか応戦します。 『月の呼吸』は、黒死牟 こくしぼう が刀を振るうと同時に複数の三日月状の斬撃が飛ぶので、非常に回避するのが難しい型です。 そもそも黒死牟 こくしぼう はかつて鬼舞辻無惨をギリギリまで追い詰めた、日の呼吸の剣士である縁壱の双子の兄ですから。 では、その『月の呼吸』を一つ一つ見てみましょう。 壱ノ型 闇月・宵の宮(やみづき よいのみや)『月の呼吸』 鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 巨大な三日月状の斬撃を帯びた6つの斬撃が空中から地面に降り注ぐという型です。 技の規模が大きく黒死牟 こくしぼう から前方10mほどに降り注いでいます。 上から地面に突き刺すような斬撃を放っていますね。 これで相手を囲み動けなくします。 黒死牟 こくしぼう の型は16個あるそうですが、現段階ではっきり分かっているのはこの12個の型です。 ただ型だけでなく、他の能力も持ち合わせています。 黒死牟 こくしぼう の力恐るべし!! 【鬼滅の刃】は無料で読める?漫画村の星のロミってどんな人物? 入国管理局は、著作権法違反で日本当局から指名手配された日系ドイツ人逃亡者を逮捕しました。 星のロミさんは、日本の漫画の違法視聴サイト「」の支配人だったと伝えられています。 今現在、巷では漫画村の疑似サイトが発見されています。 データ削除は勿論のこと、ウィルス除去の架空請求も多数来ることもあります。 数年前よりも現在はしっかりとウィルスが仕込まれている状態です。 【鬼滅の刃】はzip、rar、pdfなら違法ではなく読める? zip,rar,pdfをダウンロードして、圧縮ファイルを解凍した瞬間にスマホやパソコンがウイルスに感染するケースが最近すごく増えています。 とくにスマホはパソコンよりもウイルスに対する防衛意識が全体的に低いせいで結構被害者は多いんです。 今回は大丈夫だったとしてもこれまで、たまたま大丈夫だっただけです。 【鬼滅の刃】を簡単・安心・安全に読む方法は? 鬼滅の刃を 書店で買わずに簡単に安心安全に読みたいところです。 そこで、私がしている簡単・安心・安全・お得に漫画を見る方法をお伝えします。 以前はでタダで読めましたよね。 でも 今は漫画村もだめ、zipやrar、pdfは危険で使えない…… ではもう簡単に読むことなんて出来ないの?って思いますよね^^; それが大丈夫なんです!! 鬼滅の刃を、 怪しげな違法サイトからではなく完全に合法でリスクもなく安心して読む方法があったんです。 データ容量を気にすることなく、中には丸ごと1冊無料で読めるものもあります! 「今週の無料の本」というページに行くと全ページ立ち読みできる漫画が陳列されています。 これはアプリでなくプラウザでも読めます。 なのでMacを使っている方には嬉しい対応です。

次の