命の母ホワイト 乳がん。 実際に使って効果は?副作用は?小林製薬命の母エクオールのおすすめポイントと心配ポイント

【命の母】評判がいいので試してみた!PMS(月経前症候群)は緩和されるのか!?

命の母ホワイト 乳がん

命の母といえば、CMや雑誌などの広告で宣伝しているので知名度が高く、名前を聞いただけで、女性の悩み改善のお薬であるというイメージを多くの方が持っているのではないでしょうか? 命の母ホワイトは、小林製薬が2008年から販売している市販薬です。 生理前から生理中の症状を改善するお薬です。 更年期対策治療薬には命の母Aがあります。 命の母ホワイトの有効成分としては芍薬、当帰、牡丹皮といった生薬(漢方薬)が11種類配合されています。 イライラやだるさなど、生理前から整理中の、さまざまな症状を改善します。 薬局で比較的簡単に手に入ることから人気のある20~40代向けの市販薬です。 漢方医学の考え方により、「瘀血(おけつ:血が滞ることでさまざまな不調を起こす)」を改善する成分が中心です。 プレフェミンはゼリア新薬から2014年に発売された、日本で初めてのPMSを治療する目的で作られた市販薬です。 (医療用医薬品を除く) PMS治療薬ってこれまでなかったんですね。 プレフェミンは、更年期障害やPMS(月経前症候群)の緩和に役立つとされるハーブ「チェストベリー(チェストツリー)」という西洋ハーブのエキスを主成分としたお薬です。 胸の張り、頭痛、イライラ、眠れない、気分の落ち込みといったPMSの症状に用法用量を守ることでPMS特有の症状全般が改善されるという複数の臨床結果が確認されています。 西洋ハーブであるチェストツリーは、ドイツではPMS(月経前症候群)に効果がある医薬品に認可されています。 西洋ハーブは、古くから、有効性、安全性が評価され、最近では、一般用医薬品、サプリメントなど広く使われています。 次に、命の母ホワイトとプレフェミンとの違いについて紹介します。 命の母ホワイトは、漢方の力で体を温め血の巡りを良くし女性ホルモンや自律神経のアンバランスによって起こる症状を改善するお薬です。 生理前から生理中の症状を改善します。 命の母ホワイトは、漢方の力で緩和するとイメージするとわかりやすいですね。 PMSの症状や生理痛などを婦人科系の病気に使われるさまざまな生薬で改善します。 血行を促すので、 冷え性、頭痛、肩こり、腰痛などにも効果があります。 一方、 プレフェミン は、PMS対策治療薬です。 PMSに効果のある「チェストベリー」を主成分としていて、臨床試験では、継続的な服用により、 PMS特有の症状 「胸の張り」「イライラ」「気分の落ち込み」などの効果が報告されています。 命の母ホワイトとプレフェミンどっちがおすすめ? どちらも、PMSに効果がありますが、ドイツで医薬品に認可されている 「チェストベリー」でピンポイントに症状改善を期待した場合は、 プレフェミン。 漢方の力で 血の巡りを良くすることで生理中の生理痛までカバーしたい場合は、 命の母ホワイトです。 医薬品なので副作用のリスクも! 注意すべきことは、命の母ホワイトもプレフェミンも医薬品ですので、副作用などリスクがあることを認識していなければなりません。 医薬品ですので、薬剤師さんのいる薬局でなければ購入できません。 また、命の母ホワイトは15歳以下、プレフェミンは、18歳以下は使用できません。 最近では、インターネットでも購入できますが、本来、必ず事前に薬剤師さんと相談する必要があるため、購入は慎重になさった方がよいでしょう。 プレフェミンもルナベリーも主成分は「チェストツリー」です。 その量どちらも同じ量(40㎎)配合されています。 おさらいになりますが、 プレフェミンは医薬品すが、 ルナベリーは栄養機能食品(サプリメント)という扱いです。 どちらもドラッグストアや薬局で購入できますが、 プレフェミンは、医薬品であり、患者に対しての臨床試験が実施され、その効果が確認されているので効果効能を明確に表示できます。 しかし医薬品ですので副作用のリスクも伴い、プレフェミンは、18歳以下では使用できず、服用の際には注意が必要です。 一方ルナベリーは、不足しがちな栄養素を補うという役割をする健康食品(栄養機能食品)つまりサプリメントですので、繰り返しになりますが、プレフェミンのような副作用のリスクはありません。 サプリメントの位置づけはあくまで健康増進です。 ルナベリーは栄養機能食品なのでWEBで購入することも可能です。 プレフェミンにも、ルナベリーにも同じチェストベリーが配合されているのですが、その量はどちらも同じです。 ルナベリーにはチェストツリー以外にも、排卵期に減少しやすいビタミンB群や生理前になるとできるニキビや肌荒れをサポートするハーブ、イライラや気分の落ち込みをサポートするハーブなどがPMSに役立つ成分がたくさん配合されていることです。 (月見草、亜麻仁油、ブラックコホシュエキス、ワイルドヤムエキス……) サプリメントですので、臨床実験は行われていませんが、口コミなどをみると多くの方がその効果を実感しているだけでなく、ピルや医薬品が合わなかったという方の最後の砦として選ばれその効果に救われたという方も多いようです。 気になる方は参考にしてみて下さいね。 命の母ホワイトとプレフェミンとルナベリーの違いのまとめ 命の母ホワイトは漢方生薬主体、ルナベリーとプレフェミンは西洋ハーブが中心の医薬品です。 医薬品ですので副作用のリスクがともないます。 ルナベリーは、プレフェミンと同量のチェストツリーの他に様々な女性の悩みに効果があるハーブを配合し、PMSの辛い症状をサポートする栄養機能食品(サプリメント)です。 PMSと生理痛両方をカバーしたい場合は、命の母ホワイトはおすすめですし、PMSの症状をピンポイントで改善したい場合は、プレフェミンや副作用の心配のないルナベリーがおすすめです。 しかし、どれが結果的に良いかは自分の体質と相談する必要があります。 そしてどれも効き目は穏やかなので、即効性を求めるというより月経開始直後から飲み始めて約1ヶ月程度症状を見ていく必要があります。 継続して服用することで効果が出るかどうかを判断する製品です。

次の

「更年期」を前向きにすごすために 乳がんが増え続ける時代にいつまでも健康に生き続けるために|更年期障害・更年期の悩みのことなら更年期ラボ

命の母ホワイト 乳がん

もくじ• 最初は小さなしこりが… 末期の乳がんで余命宣告まで受けたにもかかわらず、 無治療で現在も過ごされている吉野美香さん。 吉野さんはブログや書籍でもご自身の乳がんことを書かれているので、ご存知の方もたくさんいると思います。 2016年春に放送された「直撃コロシアム」でのインタビューによると、吉野さんが最初に違和感を感じたのは35歳頃だったそうです。 ある日ふと気付いたのは、 右胸にできた小さなしこりでした。 「なんだろう?」と不思議に思いながらも、 その時はそのまま放置してしまい、病院には行きませんでした。 次に右胸のしこりが気になったのは、それから7年後のこと。 小さかったしこりが大きくなっている… 「これは何かおかしい」と感じ、吉野さんは思い切って病院を受診します。 病院での診断結果は、 「 末期の乳がん」でした。 自然の寿命を受け入れる 診断を受けた病院では、もちろん「乳がん治療」を進められたそうですが、 吉野さんは手術も抗がん剤も拒否しました。 なぜ標準的な癌治療を拒否したのでしょうか? その理由について、たずねられた吉野美香さんは、 「そのままの寿命を生きたら良いかなって…」 と、答えました。 当時の担当医からは、「 このまま放置するなら余命は2年」と告げられたそうです。 いきなり末期がんと診断され、余命宣告まで受ける。 普通なら、「少しでも寿命を伸ばすために出来る限りの治療を受けたい」と考える人がほとんどですよね。 しかも、 吉野さんが末期がんと宣告されたのは40代前半の頃です。 その年齢で「 癌と闘わない」と覚悟を決められたというのはすごいと思います。 アメブロのプロフィールによると、吉野さんの座右の銘は「なんとかなる」だそうですから、根っからのポジティブ思考というか臨機応変さが幸いしているのかも知れませんね。 とはいえ、乳がんと分かった時のご本人のショックはすごく大きかったと思いますし、ご家族の不安や心配も想像できないくらい大きなものでしょう… そんな中でも前向きに考えられる精神力は、やっぱり誰もが出来ることではないですし、元々の芯の強さをお持ちなのだと感じました。 緩和治療だけで経過観察 がんの標準治療を受けないと決断した吉野さんは、 モルヒネによる痛み止めなどの緩和ケアをメインに、ホスピスに通いながら経過観察をしているそうです。 ここ数年は少し症状が落ちついているようですが、ここまで来るまでには、 悪化した乳がんのがん細胞が皮膚の表面に盛り上がり、出血や痛みが激しくなったり、呼吸困難で意識不明になったりと、壮絶な闘病生活をされています。 現在は無料の占い相談も開始 現在の吉野美香さんは、元気な時には外食やショッピングなども楽しみ、自宅でダンナさまと飼い猫との生活を楽しんでいる様子。 最近ではタロット占いに凝っているようで、ブログの読者さんを対象に、無料の占い相談も受付されています。 もともとスピリチュアルなことに興味があったのかも知れませんが、吉野さんの占いは無料と言うこともあり、かなり評判が良いみたいですね。 ブログでは読者さんのコメントにもきちんとお返事されていますし、今のところは体調もそれほど悪化していないのかなと感じました。 ただ、もしもの時に備えて、 自分が亡くなった後のお葬式のことや生命保険の申請などについて書いた「遺書」も用意していることを、番組の中で告白されていました。 取材に行った辛坊治郎さんに、「自分のような体験を人にすすめますか?」と聞かれると、吉野さんは 「 自分が元気だからといって全ての人にあてはまるわけではない。 後悔のない方法を選んで欲しい」と答えていました。 乳がんは女性の癌死亡率1位 乳がんは日本人女性の12人に1人がかかるといわれていて、 30〜60代女性の癌の死亡率でも1位になっています。 この割合で考えると、たとえ自分はかかっていなくても、周囲に乳がん経験者がいるという人も多いのではないでしょうか。 私も知り合いに乳がんを患った女性が数人いて、母のお友達の方で、残念ながらお亡くなりになってしまった方も知っています。 乳がんは最初のうちは目立った症状が無く、マンモグラフィーやエコーなどの『乳がん検診』を受けていなければ気付きにくいという特徴があります。 有名人の方が乳がんになった体験談を聞いてみても、「触ってみたけど分からなかった」という人が多くて、自分では気付きにくい癌だということが分かりますよね。 ただ、初期で見つけることができれば9割は生存できるというデータもあるので、やっぱり定期的に検診を受けて、何かあれば早目に専門医を訪ねるのがとても大切だと思います。 末期がんでも無治療で生きていられる? 吉野さんのように、末期がんで、しかも無治療にもかかわらず生きられる例はほかにもあるのでしょうか。 がんには 「がん治療死」というものがあり、 末期がん治療の場合、抗がん剤によって体力が低下して寿命が短くなるケースがとても多いと医師の方々が言っていました。 特に再発転移のある患者の場合は、その半分くらいは「がん治療死」で亡くなってしまうそうです。 末期がんで手の施しようの無い場合、抗がん剤をやめて緩和ケアに切り替えることで寿命が伸びたケースもあるそうです。 がん治療・がん予防については下記の記事も参考にして下さいね。 最期は自分で決めたい 自分がもしも癌だと診断されたら、動揺して何をすればよいのか分からなくなってしまいますよね。 吉野さんのように、無理な治療は行なわず自然にまかせて寿命を全うしたいという考えは、いざ自分がその立場になったらできるかどうか分かりません。 いずれにしても、自分が納得のいく治療方法を選んでストレス無く過ごすということが一番大切なのかなと感じました。

次の

更年期障害の市販薬「命の母A」効果・成分を徹底解説!副作用はある?

命の母ホワイト 乳がん

377 1 2 8 2 2 1 多肉・オトンナ 0 1 2 多肉・グラプトペダルム 0 多肉・グラプトベリア 0 1 多肉・シノクラッスラ 0 多肉・セダム 0 多肉・セデベリア 0 1 多肉・センペルビウム 0 1 多肉・パキフィッツム 0 1 多肉・緑の太鼓 0 1 3 2 3 1 1 2 1 1 2 ブルーベリー 0 レモン 0 パッションフルーツ 0 1 1 17 64 86 47 99 57 13 315 140 281 94 37 62 8 34 49 16 19 36 82 27 4 38 7 9 13 24 26 16 28 54 37 8 11 23 59 25 29 26 34 16 1 Keyword Search 婦宝当帰膠は、当帰を主成分(成分の7割)とした 女性の諸症状を改善するお薬。 当帰は、中国においては、むかしから「女性の宝」といわれ、 血の巡りをよくし、体をあたため、体力をつけるなど、 もっぱら女性の薬として使われてきました。 「効能・効果」 更年期障害による下記疾患: 頭痛・肩こり、貧血、腰痛、腹痛、めまい、 のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え性 「血虚(けっきょ)」 血液の量が不足すると血色が悪くなり、血色は青白くなったり、 爪の色も薄く、折れやすくなったりします。 皮膚や髪はつやを失ってカサカサとなり、指先や足の裏がひび割れたりします。 このような状態を「血虚(けっきょ)」と言います。 また血液が不足すると流れが滞り、血行不良(お血)となります。 女性の諸症状は、こうした血行不良によるものの他、 貧血やホルモン異常などの原因が考えられます。 道理でCMの感じが「変わった?」と感じたわけだわ! 更年期障害を治す、13種の和漢生薬と各種ビタミンの複合薬 【製品特徴】 1. デリケートな女性の身体の仕組みを考えて、13種の生薬を中心に、 ビタミン類、カルシウム、タウリン、レシチンなどを配合した複合薬。 血行を促し体を温めることで、女性のホルモンと 自律神経のアンバランスから起こるさまざまな身体の不調を改善し、 女性の前向きな生活をサポート。 小さくて飲みやすい糖衣錠。

次の