スコットランド 女王 メアリー。 Mary Queen of Scots『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

最低映画館〜スコットランド女王、メアリーの処刑

スコットランド 女王 メアリー

Contents• メアリー・ステュワート 最初の原因となった、スコットランドでのスキャンダル にフランス宮廷を追い出されたメアリーは、スコットランドへ帰国。 1565年にメアリーはいとこのヘンリー卿と結婚し、 を出産しました。 しかし メアリーは、『ダーンリー卿はもはや顔だけ』と見切るや否や、彼を事故にみせて殺害してしまします。 これには彼女の浮気相手である スコットランドのボスウェル伯爵が関わっていたとされています。 夫殺害の容疑をかけられ、即座に投獄 そのすぐ後に メアリーは愛人のボスウェル伯爵と結婚しましたが、 あまりに勝手なふるまいにスコットランド貴族たちは激怒。 『 夫殺害の容疑』 をかけられたメアリー・ステュワートは即座に投獄され王位も剥奪。 スコットランド王は、 が継ぐことになったのでした。 しかし彼女は翌年、 メアリは牢獄からさっさと逃げ出しイングランドに亡命してしまいます。 スポンサーリンク メアリー・ステュワート、イングランドへの亡命 ライバルと呼ばれた、いとこのエリザベス女王の元へ フランスに帰ることもできない彼女が向かったのは、いとこ のいるイギリス。 そもそも メアリー・ステュワートは ヘンリー7世の血をひいており、 イングランドの王位継承権も持っていたので、彼女を王位へつけるべきだと主張する一派もいたほどでした。 いとこに投獄されたメアリー・ステュアート そんな高貴な身分を利用して『 エリザベスは庶子』 と 散々バカにしていたメアリー。 しかし そんな彼女がいきなり駆け込んできたものですから、 エリザベス女王は驚愕しますが、とりあえずメアリーを投獄することにしました。 さすが半世紀の安寧をもたらした女王 、 いとこへの慈悲なのか、 殺すことはせず、 城を転々とさせつつもメアリーを19年間幽閉したのでした。 スポンサーリンク ついに決まった、メアリー・ステュワートの処刑 しかしメアリーはかくまってくれた エリザベスに感謝するどころか、 とエリザベスの暗殺を企てる始末。 政敵を使って陰謀を企てられたら自らの命が危ない。 1587年ついに限界を感じたエリザベス1世、 政治への脅威を取り除くよう周りからも説得され、 メアリーの処刑を命じました。 メアリー・ステュワートに告げられた、処刑のお知らせ メアリーの処刑はフォザリンヘイ城で行われることになりました。 1587年2月7日、エ リザベス女王の側近が午後2時から3時にかけて、 当時スコットランド女王が監禁されていたフォザリンゲイ城に到着しました。 そして看守の目の前で囚人の処刑に関する書を読み上げ、 翌朝7時から8時に処刑を実行すること、看守はすべての準備を整えるよう命じました。 処刑を告げられたメアリー・ステュアート メアリーはあまり、驚きは見せなかったといいます。 というのも、 彼女は自分の不幸に終止符を打つことを切望しており、 イギリスで幽閉されて以来死を覚悟をしていたからです。 それでもメアリーは、 使者たちに 「自分の身支度をし、自分の意志を固め、自分のことをきちんとするための時間を少しください」と頼んだそうです。 しかしシュルーズベリー伯はこう返したといいます。 いいえ、いいえ、マダムあなたは死ななければなりません、死ななければならないのです。 処刑が行われるのは午前7時から8時までです。 その時間より少しも遅れてはなりませんよ スポンサーリンク メアリー・ステュアート、処刑の日 処刑の直前に、メアリーは何をしていたのか メアリーは処刑までの時間を、友人や親戚にお別れの手紙を書いたり侍女たちに別れを告げたり、祈ったりして過ごしました。 そして来たる処刑の時間。 足場は大きな部屋の真ん中に立てられていました。 それは両側に沿って12フィート、高さが2フィートあり、粗い麻の布で覆われていたといいます。 メアリー・ステュアートの処刑前 メアリーは絞首刑台の上に立ち、 神へ許しを乞いました。 メアリー・ステュアート、処刑失敗説 白い首と喉があらわになったメアリー・ステュアート。 彼女は公共の場で、特に大規模な集会の前では服を脱ぐことは嫌だと拒んだそうですが、そんな声が届くはずもなく….。 そして女王が自分の罪が神によって赦されることを願ったのと同じように、 死刑執行人は彼女の前にひざまずき許しを請いました。 祈りをくりかえすと、 頭を丸太の上にのせ、死刑執行人は彼女の首に斧を振りかざしました………. 1613年に描かれたメアリー・スチュアートの処刑シーン 大きな一撃を加えましたが首は完全には切断されず、 2度めの斧をいれてもまだ動いており、3度目にようやく成功….。 女王陛下万歳!真の敵は、このようにして滅びるのだ 斬首人は、切断された首を持ち上げ、出席者に示して叫んだそうです。 スポンサーリンク あとがきにかえて 高貴な出自と美貌で、色んな男性の人生を狂わせてきた魔性の女王、。 処刑後彼女の髪の毛は真っ白だったといいます。 それは決して歳のせいではなかったそうで、 19年間幽閉されたストレスか、はたまたいつ殺されるかといった恐怖か…. 若き日のメアリー・ステュアートの肖像画 ゲッティイメージ それにしても メアリーを処刑したエリザベートの跡を、メアリーの 息子が継ぎ『ステュアート朝』が開かれたのですから、 なんとも皮肉なものです。 メアリー・ステュワートは処刑されましたが、たしかにその爪痕をイングランドに残していたのでした。 いとこでありライバルのエリザベス1世から見たメアリーは にもまとめております。 この記事を読んだ人へおすすめの記事• この記事をかくために参考にさせていただいた記事• eyewitnesstohistory. htm• tudorsociety. rabbies. historyextra. marie-stuart. htm•

次の

メアリー・ステュアート【スコットランド女王】について調べてみた

スコットランド 女王 メアリー

メアリーより9歳上だった、イングランド女王のエリザベス1世。 ヘンリー8世の「庶子」であるエリザベス1世にとって、イングランド王女を祖母に持ち、正統な王位継承権を持つ「嫡子」のメアリーは危険きわまりない存在だった。 ようやく「プロテスタント国家」として落ち着いてきた矢先のカトリック教徒メアリーのイングランドへの亡命は、宗教問題はもちろん、スコットランド問題、王位継承権問題など、トラブルの種となるのは目に見えていた。 かといって、従妹にあたる王族のメアリーをスコットランドへ送り返し、みすみす処刑されるのを見逃すわけにもいかない。 苦肉の策として表向きは囚人のように扱いながらも、実質は「高貴な客人」として丁重にもてなすことに決めた。 ただし、居場所を特定されてカトリック派に担ぎ出されないよう、また城主と親しくなりすぎないよう、イングランド各地の城を転々とさせる点だけは譲れなかった。 それを除けば、幽閉生活といっても侍女も召使もおり、比較的自由で静かな生活を送ることができた。 しかしながら、メアリーは不満を隠せなかった。 スコットランド貴族たちを説得し、自分が再び女王に復位する助力を請う手紙を、エリザベスへ何度も書き送るものの、さっぱり音沙汰がない。 一体いつまで待てばいいのか…。 いつまでも諦めないメアリーに脅威を抱いたエリザベスの側近、ウィリアム・セシルは、メアリーを排除すべく罠をしかけることにする。 侍女や召使の人数を減らし、監視を強化し、薄暗く状態のよくない城へとメアリーを移送。 メアリーの精神状態は、徐々に追い詰められていった。 そして1584年、決定的な出来事が起きる。 18歳になったメアリーの息子が、スコットランド王ジェームズ6世として直接統治を開始。 プロテスタント派のもとで母親の悪評を聞かされて育ったジェームズは、生まれて初めてメアリーに親書を送ってきたのである。 喜びと期待とともに開封した彼女の目に飛び込んできたのは、「貴女は王太后(国王の母)にはなれるが、もはや女王になることはない。 スコットランドの君主は私だ」という文面だった。 せめて王位だけでも取り戻したいという夢も、いつか息子が助け出してくれるのではないかという希望も、すべて消え失せた。 でも、このままでは終われない。 スコットランドの王冠が無理ならば、次なる王冠は…。 メアリーは命をかけた最後の「賭け」に出る。 メアリーはイングランドに潜伏する自身の支持者たちと、密かに連絡を取りはじめる。 小さなビール樽に暗号を用いた手紙を隠し、エリザベスの暗殺計画を練った。 ところが、動向はウィリアム・セシルに逐一報告され、解読された暗号文が決定的な証拠となって、メアリーは反逆罪で逮捕、処刑が言い渡された。 幽閉されてから19年近い歳月が過ぎ、メアリーは44歳になろうとしていた。 断頭台での壮絶な最期 真っ直ぐに正面を見据え、フォザリンゲイ城のグレートホールに設置された断頭台にのぼるメアリー。 黒いローブの裾から赤いドレスの一部が見える。 ノーサンプトンシャーの東端にあったフォザリンゲイ城。 1587年2月8日、ノーサンプトンシャーにあるフォザリンゲイ城。 グレートホール内は、黒い服を身につけた聖職者、死刑執行人や見届け人らであふれかえっていた。 中央に設置された断頭台が、異様な存在感を放っている。 人々のざわめきが石造りの壁に反響し、少々騒々しいくらいだったが、扉が開く音が聴こえた途端、水を打ったように静まり返った。 メアリーの死装束は美しかった。 漆黒のベルベットのローブをまとい、手には愛用の祈祷書、胸元に下げられたロザリオは金色の光を放っている。 毅然とした態度で断頭台への階段をのぼり終え、侍女に祈祷書とロザリオを渡す。 そしてローブが肩から滑り落とされると、人々は思わず大きく息をのんだ。 漆黒の下から現れたのは、まるで血のような深紅のドレス。 赤はカトリック教徒にとって殉教の色でもある。 メアリーは満足そうにその反応を見渡した後、ドレスの裾を整えながら床に膝をつき、細い首をゆっくりと断頭台に横たえた。 「主よ、御身元に近づかん。 汝の御手の中へ」 死刑執行人により斧が大きく持ち上げられ、うなり声を上げながら勢いよく刃が落下した。 メアリーの処刑以降、フォザリンゲイ城は誰も住むことなく廃墟となった。 現在は建物の一部だった石や砦跡の丘のみ残る。 本来なら、ここでメアリーの物語は幕を降ろすはずであった。 ところが、刃は首ではなく後頭部を直撃。 メアリーはすすり泣くようなうめき声を上げ、「おぉ、神よ」とつぶやいたという。 ようやく首を切り落とせたのは3度目だった。 そして処刑人が落ちた首を見物人へ掲げようと髪に手をかけた瞬間、首はゴトリと床に転がり落ちてしまった。 長い幽閉生活で身体は衰弱し、髪も抜け落ちていたため、美しく結い上げられた豊かな髪はかつらだったのだ。 メアリーが最初に埋葬された、ピーターバラ大聖堂内の墓跡。 「FOREVER BURIAL PLACE OF MARY QUEEN OF SCOTS」の文字が見える。 メアリーは自身の遺体はフランスへ運ぶよう遺言を遺したが、エリザベスはその願いを無視し、心臓はフォザリンゲイ城の敷地内、身体は同城から程近い地にあるピーターバラ大聖堂に埋葬された。 しかし、エリザベスが跡継ぎを持たないまま1603年に死去し、メアリーの息子ジェームズがイングランド王としても即位すると、母親の棺を歴代君主が眠るウェストミンスター寺院へ移送。 エリザベスより少し高い位置につくられた墓所で、メアリーはやっと安らかな眠りについている。

次の

エリザベス1世とメアリー・スチュアート

スコットランド 女王 メアリー

可憐なる幼少期 メアリーは二人の兄と父の早世により、生後6日でスコットランドの女王となります。 そして6歳でフランス皇太子と婚約をするとすぐさまパリへと移住します。 メアリーはフランスの宮廷にて養育をされると、ラテン語の読み書き、詩作、音楽、舞踊に非凡な才能をみせ、舅のフランス国王アンリ二世が「こんな完璧な子供はいまだかつて見たことがない」と感嘆するほどだったといいます。 また芸術面での才能だけでなく、スポーツや狩猟の能力に加え、生まれついての美貌、服装の着こなし、品の良さなどどれをとっても素晴らしい王妃でした。 彼女は15歳で婚約を交わしていたフランス皇太子フランソワ二世と結婚をします。 そして翌年、アンリ二世の事故死によりフランソワ二世がフランス国王となり、メアリーはフランス王妃となりました。 メアリーはこの時点でスコットランド女王、フランス王妃というふたつの身分とイングランドでの高い王位継承権を有していました。 しかしそのフランソワ二世は生まれながらにして病弱で、その翌年に病死してしまいます。 フランス王妃としての身分がなくなり、自身の母の死も重なったことからメアリーはスコットランドへと帰国します。 帰国するなり宗教の対立など大きな問題と直面しますが、彼女の政治は比較的スムーズに始まります。 うつろう女心 帰国後にフランスから連れ帰ったシャトラールとスキャンダラスな噂となります。 シャトラールはその詩才によって女王の寵愛を集めましたが、あるとき無謀にも女王の寝室に忍び込んだところを見つかり首を刎ねられました。 若くしてフランソワ二世を亡くし、未亡人となったスコットランド女王メアリーのもとには様々な縁談がもちかけられ争奪戦となりましたが、メアリーは自分が愛した4歳年下のダーンリー卿と結婚をしてしまいます。 しかしこのダーンリー卿は家柄こそ申し分ないものの、見栄っ張りで性格の弱い愚か者でした。 国事に我が物顔で干渉する、メアリーの義兄を感情的な理由で追い出す、メアリーの秘書を嫉妬により殺すなど、その行動によりメアリーとの仲は1年足らずで冷えきってしまいます。 自分の周りに信頼できる人間がいなくなったメアリーは、軍人のボスウェル伯を寵愛するようになります。 ほぼ30歳であるボスウェル伯は「一塊の黒大理石に刻んだような人物」と評されるような猛々しい容姿で、家柄と教養、そして卑しい貴族たちへの軽蔑を隠さないなどの男らしさも持ち合わせていました。 ボスウェル伯はメアリーのために献身的に働き女王の信頼を得ると、たちまち強大な軍事独裁権を持つようになりました。 彼女はそんなボスウェル伯に魅力を感じます。 病弱だったフランソワ二世、愚かで女々しいダーンリー卿とは違い、女性としてその身を捧げられる人物として、重い信頼は激しい愛情へと変化します。 彼女がこの時に書いた詩が今でも残っています。 それは以下のような内容で、メアリーの性格がうかがい知れる資料となっています。 あの方のために、それ以来、わたしは名誉をあきらめました あの方のために、わたしは権勢と良心を進んで賭けました あの方のために、わたしは身内と友達を捨てました 今までメアリーの伴侶は年下の男性のみで、初めて男性的に支配される喜びを知ったメアリーの感情はさらに燃え上がっていきます。 しかし、メアリーにはダーンリー卿、ボスウェル伯にも妻がいました。 そしてなによりも、ボスウェル伯はメアリーを愛していませんでした。 彼にとって女性は一度支配してしまえばそれ以上に大した魅力はなく、現在の結婚生活に満足しておりなおかつ野心家である彼にとって、メアリーの魅力はその地位だけでした。 メアリーはそれを承知していました。 離婚はカトリックにおいて禁じられていましたが、彼女の決意は並大抵のものではありません。 メアリーはボスウェル伯と画策し、古ぼけた家に呼び込んだダーンリー卿を爆破して殺害します。 しかし国民たちと周辺諸国の誰もが、その犯人が誰なのかはわかっていました。 女王の夫が死んだのですから、当然周辺諸国は下手人を探せと女王を突き上げます。 しかしメアリーは言い訳するわけでも悲痛の面持ちをするわけでもなく、ただその事態を傍観し、そしてその3ヶ月後にボスウェルと結婚しました。 上記の詩が単なる恋愛詩ではなく、メアリーの性格を知るに重要な資料となっているのがわかっていただけたでしょう。 逃亡、幽閉、そして最期 若く不幸な女王、そんな国民の評価も一変します。 宗教的に争っていたカトリック・プロテスタント双方から揃って糾弾され、当然周辺諸国の同情も失い、彼女は夫殺しとして孤立します。 そんな状況にまもなく国内の貴族たちが反乱を起こすと、旗色の悪さからメアリーとボスウェル伯は城から遁走します。 やがてメアリーは捕らえられ、廃位と王子への王位継承に同意させられると、片田舎のロッホ・レーヴェン城へと幽閉されます。 対してボスウェル伯は兵を集めて反撃を試みるも失敗。 北部の島に逃れて海賊となりましたが、やがてデンマークの軍艦に捕まり、そのデンマークの牢で狂死したといいます。 その1年後、メアリーは城主の息子ダグラスの手を借り、小舟で湖を渡り逃亡しました。 そして6000人の兵を集め復位を試みるも敗れ、血縁であるイングランド女王のエリザベスを頼ります。 エリザベスとしては宗教問題やスコットランド問題、そして王位継承権の問題によって(メアリーはエリザベスよりずっと正しい継承権をもっている)トラブルの種となるのは目に見えていましたが、慈悲深い女王としての立場があるエリザベスとしても血縁をスコットランドに送り返してみすみす処刑させるわけにもいかず、イングランドで受け入れて囚人のように扱い城を転々とさせることに決めました。 以降の19年は彼女にとってなんの意味も持たない人生でした。 彼女の周りではメアリーを擁してエリザベスを倒そうという動きが何回もあり、そのたびにイングランド議会ではメアリーの処刑を望む声が大きくなっていきました。 メアリーも自身を幽閉したエリザベスと和解する気などさらさらなく、やがて裁判にかけられ死刑を宣告されます。 彼女は最後に黒褐色のビロード製の上着、黒い絹のマント、そしてその中に絹の赤い下着という芸術的な死装束で処刑をされました。 メアリーは少しも震えず、自ら進んで断頭台に首を差し出し、王者として死んだといいます。 44歳での死でした。 今日の評価 メアリー・ステュアートは、『悪女』としてカテゴライズされることが多い人物です。 しかし、その悪女的な部分に運命と人間性そして強い意思を感じられる人によっては一人の女性として魅力を感じる向きもあるでしょう。 ワガママで愚かな女王。 愛と決意に身を委ねた女王。 自らが愛した男性を全員不幸な死に様にさせたのもそのイメージに拍車をかけています。 フランソワ二世から始まり、詩人のシャトラール、ダーンリー卿、ボスウェル伯と全員早世や悲惨な死を遂げています。 男たち全員を不幸へと陥れた美しさに魅力を感じさせるのか、母国スコットランドでは非常に高い人気があります。 ドラマや映画はでは今でも題材にされ、歴史的イベントや観光ポスターにメアリーが用いられることも多いといいます。 スコッチ・ウィスキーのハイランド・クイーンやクイーン・オブ・スコッツはメアリーの呼び名から名づけらたもので、彼女は今でもスコットランドの文化に生き続けています。

次の