ヒルドイド ワセリン 違い。 ヒルドイドとワセリン。酒さよう皮膚炎の肌に処方保湿剤の代表2つはどちらが良いか

ヘパリン類似物質(旧名称ビーソフテン)について:ヒルドイドとの違い

ヒルドイド ワセリン 違い

【おすすめ】ヒルドイドの市販薬「ピアソンHPシリーズ」 私は皮膚科を受診していたころ、ヒルドイドを処方してもらっていました。 しかし、途中から「ヒルドイドのために皮膚科を受診するのが面倒くさい」と思うようになったのです。 そして、ネット通販で買えるヒルドイドの市販薬を探し始めました。 ヒルドイドの市販薬はいろいろありますが、私に合っていたのは「ヒアソンHPシリーズ」でした。 ヒアソンHPシリーズにはクリームタイプとローションタイプがあります。 ピアソンHPクリーム• ピアソンHPローション 私は「しっかりと保湿してくれるクリームタイプ」と「サラッと保湿してくれるローションタイプ」を使い分けています。 さらに、ピアソンHPシリーズにはヒルドイドに含まれている保湿成分(ヘパリン類似物質)が同じ分量だけ配合されています。 つまり、ヒアソンHPシリーズの効用はヒルドイドとほぼ同じということです。 ヒルドイドを手に入れるために皮膚科を受診していたのは無駄な時間でした。 ヒルドイドとピアソンHPの比較 ヒルドイドとヒアソンHPは全く同じではありません。 保湿成分(ヘパリン類似物質)が同じ分量(1g中に3mg)だけ配合されている点は同じですが、価格・使用感・添加物がヒルドイドとピアソンHPでは異なります。 以下より、ヒルドイドとピアソンHPの比較を簡単に紹介します。 ヒルドイドとピアソンHPの価格 ヒルドイドの価格は約1185円といわれていますが、保険が適用されるので自己負担額は350円程度です。 つまり、ヒルドイドの価格は「350円+診察費」ということ。 ピアソンHPシリーズはクリームタイプ・ローションタイプともに1000円程度です。 ただ、ピアソンHPシリーズはネット通販でまとめ買いすると、1本800円程度まで価格を抑えることができます。 ヒルドイドとピアソンHPの使用感 ヒルドイドとピアソンHPの使用感はそれほど変わらないと思っています。 あえて言うなら、ピアソンHPクリームは少しだけベタつき感があるので、使用する分量に注意が必要です。 ピアソンHPローションはヒルドイドローションの使用感は同じで、どちらともサラッと使うことができます。 ヒルドイドとピアソンHPの成分解析 ヒルドイドとピアソンHPの両方ともにヘパリン類似物質が1g中3mg配合されています。 しかし、ヒルドイドとピアソンHPでは添加物が違うのです。 ここではピアソンHPの2種類、ヒルドイドの2種類を比較します。 ヒルドイドクリーム• ヒルドイドローション• ピアソンHPクリーム• そして、成分解析をまとめると以下のとおりです。 しかし、添加物の種類や数はそれぞれ違いますし、添加物によって刺激の強さもさまざまです。 そのため、一概にどれが良いかは言えず、あくまで目安として参考にしてください。 使う目的は人それぞれですが、個人的にはそれほど心配する必要はないと思います。 私が愛用しているのはピアソンHPシリーズ 私はピアソンHPローション、ピアソンHPクリームを愛用しています。 ピアソンHPがおすすめな理由は以下のとおり。 ピアソンHPクリームとヒルドイドの効果は同じ• ピアソンHPクリームはネットで購入できる 私がピアソンHPクリームをリピートする一番の理由は市販であることです。 皮膚科の受診はやっぱり面倒ですし、ネットで買える手軽さは魅力的だと思います。 現在では洗顔後の保湿は基本的に「ピアソンHPローション」で行い、保湿が足りない部分に「ピアソンHPクリーム」を使っています。 ピアソンHPは大手企業の化粧水や乳液と比べても負けない(むしろ勝っている)と思います。 価格を考えるとコストパフォーマンスは優れているかもしれないです。 興味がある人はぜひ使ってみてください。

次の

ワセリンとヒルドイドの違い

ヒルドイド ワセリン 違い

プロペトとは? プロペトとは、乾燥から皮膚や粘膜を保護して乾燥を防ぐワセリン(軟膏)のことです。 薬局で保湿用に市販されている白ワセリンから、さらに不純物取り除き精製したものになります。 プロペトは口に入れても問題ないため、唇の乾燥や口内炎にも用いられています。 ヒルドイドとは? ヒルドイドとは、肌の保湿や血行促進、抗炎症作用といった効果があるソフト軟膏です。 肌の乾燥を防ぐ効果がある白色ワセリンやプロペトとは違い、ヒルドイドは血流量を増やして角質の水分保持力を高める効果があります。 白色ワセリンとプロペトは同じ? 白色ワセリンを精製したものがプロペトとされていますが、最近では「プロペト=白色ワセリン」して総称している職場がほとんどです。 ただ、白色ワセリンよりもプロペトの方が刺激が少なく、副作用もほとんどありません。 そのため、口の中や目の周りなど、 粘膜等の薄い皮膚組織にまで使えることが特長です。 保湿方法の違い 白色ワセリンとプロペトとヒルロイドの全てに保湿効果がありますが、どのようにして保湿するかが異なります。 そもそも、皮膚は元々水分を持っており、常に乾燥と水分の供給を繰り返しています。 つまり、保湿を行うには乾燥を防ぐか、供給を促すかのどちらかになります。 白色ワセリンとプロペトは、皮膚に塗ることで乾燥を防ぎ、保湿を行います。 これを エモリエント効果と言います。 一方のヒルロイドは、血行を促進して水分の循環と供給を増やし、皮膚本来の水分量を増やす働きがあります。 これを モイスチャー効果と言います。 保湿力が高いのはヒルドイド 保湿効果だけで比較すると、白色ワセリンやプロペトよりもヒルロイドの方が優れていると言われています。 白色ワセリンやプロペトは乾燥を緩和しますが、時間経過によって徐々に水分量は失われていきます。 日皮会誌の実験データによれば、入浴1分後に塗布した際の角質の水分保持力は、プロペトよりもヒルドイドの方が約2. 5倍高いことが報告されています。 つまり、 乾燥を防ぐエモリエント効果よりも、皮膚に潤いを与えるモイスチャー効果の方が保湿力が高いのです。 ヒルドイドのヘパリン類似物質は皮膚を刺激する 保湿力が高い軟膏はヒルドイドですが、 ヒルドイドに多く含まれてるヘパリン類似物質には皮膚を刺激する可能性があります。 そのため、粘膜等の薄い皮膚組織には刺激が強すぎるため、使用できないといったデメリットがあります。 ですので、唇、口内、目の周りなどは白色ワセリンやプロペトを用いることが一般的となっています。 正しい軟膏の塗り方 最後に白色ワセリン、プロペト、ヒルドイドといった軟膏の正しい塗り方ですが、とにかくたっぷり塗りましょう。 薄く伸ばしすぎると十分な効果が得られません。 塗った後の軟膏の厚みが100円玉ほどになるように、しっかりと覆うようにしましょう。

次の

ヒルドイドサイト 保湿剤とは / 医療関係者向け情報|マルホ株式会社

ヒルドイド ワセリン 違い

記事の内容• 回答:刺激の少ない『プロペト』、保湿効果の高い『ヒルドイド』 『プロペト(一般名:白色ワセリン)』と『ヒルドイド(一般名:ヘパリン類似物質)』は、どちらも保湿効果のある塗り薬です。 皮膚への 刺激が少ないのは『プロペト』、 保湿効果が高いのは『ヒルドイド』です。 ただし、『ヒルドイド』は『プロペト』に比べて値段が 10倍近く高いため、必要に応じて使い分けます。 『プロペト』の成分である「白色ワセリン」は、をはじめ様々な軟膏薬の基剤(ベース)としても使われるもので、 これ自体にほとんど副作用はありません(添付文書に記載のある「接触性皮膚炎」1 は、繊維や金属・植物でも起こるものです)。 も副作用の少ない保湿剤ですが、傷のある場所に使うと刺激を感じることがあります2。 また、の「ヘパリン」と似た構造をしているため、出血性疾患を持つ人には「禁忌」に指定されています2。 1 プロペト 添付文書 2 ヒルドイドソフト軟膏 添付文書 このことから、『プロペト』の方が刺激などの副作用も少なく、また皮膚の状態に関わらず使用できる、より安全性の高い保湿剤と言えます。 『プロペト』は添加物が使われておらず、不純物も少ない 『プロペト』は 添加物が全く入っていない、純粋な「白色ワセリン」だけの薬です。 また、そのです1。 そのため、 添加物や不純物による刺激やアレルギーの心配も少なく、皮膚が敏感な人でも使いやすい保湿剤です。 、得られる角質の水分保持力は『プロペト』よりも 『ヒルドイド』の方が2. 5倍近く高いことが報告されています3。 3 日皮会誌. 121 7 :1421-6, 2011 また、塗布後に非常にベタベタする『プロペト』に比べ、『ヒルドイド』の「ソフト軟膏」や「ローション」はさらっとしているため、使用感が良いのも大きな利点です。 ただし、『ヒルドイド』は『プロペト』に比べると 値段が10倍近く高いため、費用対効果も考えて選ぶ必要があります。 34円(1gあたり) ヒルドイド・・・ 22. 通常は、必要ない部分にまでステロイドを塗り広げてしまわないように、、といった使い方をします。 しかし、塗布する順序を入れ替えても、治療効果に影響するほどの吸収差は生じないこと4 、また副作用のリスクも変わらないこと5 がそれぞれ報告されているため、厳密にこだわる必要はありません。 4 西日皮膚. 73 3 :248-52, 2011 5 日皮会誌. 123 14 :3117-22, 2013 また、別々に塗布するのが手間な場合はこともあります。 薬剤師としてのアドバイス:保湿剤は、思っているよりもたくさん塗る必要がある 『プロペト』や『ヒルドイド』といった保湿剤は、乳液のように薄く延ばした上で擦り込んで使う人は少なくありませんが、保湿剤はあまりに薄く延ばしてしまうと、薬の効果が弱まってしまいます。 一般的に、 保湿剤を塗ったあとの皮膚にティッシュをかぶせた際、そのティッシュがさらりと落ちずにひっかかる程度の量を使う必要があります。 このときの目安は、、です。 これは、通常思っているよりもかなり多めの量です。 保湿剤は薄く延ばして使うのではなく、しっかり多めに使うようにしてください。 ポイントのまとめ 1. 『プロペト』は、刺激が少なく、副作用もほとんどない 2. 『ヒルドイド』は、『プロペト』より保湿効果が2. 5倍ほど高いが、値段も10倍近く高い 3. 特に「ワセリン」製剤は500gでも1,000円未満で購入できる非常に安価な商品のため、「コストを気にせずたっぷり使う」という点では非常に便利な選択肢になります。 これには、肌が乾燥し切ってしまう前に保湿剤を使うことで、入浴後の痒みなどを防ぐ目的があります。 しかし、アトピー性皮膚炎の子どもに対する保湿剤の効果は、 入浴1分後でも30分後でも効果に差がなかったことも報告されています6。 「お風呂上がり」の速いうちに塗布できるに越したことはありませんが、親が髪も身体も拭くことなく、びしょびしょのままで風邪をひきそうになりながら子どもの保湿剤を塗る…といったことまでする必要はありません。 6 pediatr dermatol. 値段の高い『ヒルドイド』を嵩増しする、使用感を変えるなどの目的で行うことは1つの選択肢ですが、保湿効果は劣化してしまうという点には注意が必要です。 7 薬学雑誌. 「エモリエント効果」・・・皮膚の乾燥を防ぐもの 「モイスチャー効果」・・・皮膚に潤いを与えるもの 一般的に、『プロペト』などの「エモリエント効果」よりも、『ヒルドイド』などの「モイスチャー効果」の方が保湿効果は高い傾向にあります。 ほか 利益相反 COI 特定の製薬企業との利害関係、開示すべき利益相反関係にある製薬企業は一切ありません。

次の