お腹 の 脂肪 を 落とす マッサージ。 お腹を揉むだけ!?揉み出しマッサージで皮下脂肪を効果的に減らす!

お腹の脂肪を1ヶ月で落とすための歩き方やマッサージ方法

お腹 の 脂肪 を 落とす マッサージ

基礎代謝が低下する要因は加齢だけではありません。 普段の日常生活などを原因とし基礎代謝が減少していきます。 基礎代謝は自然体で生活している間においても、身体の中でカロリーを消費するために必要なものです。 しかし基礎代謝が低下することでカロリーが余ってしまい、脂肪に変換されてしまうのです。 基礎代謝が低下する大きな要因• 日常生活におけるストレス• 不規則な食生活• 水分の不足• 運動不足による筋肉量の低下 基礎代謝の低下の要因は、生活習慣の悪化によるものや運動不足による筋肉量の低下が大きな要因となっています。 普段の日常生活をする中で、基礎代謝によって体内のカロリーをエネルギーに変換するのですが、この基礎代謝は筋肉量に大きく影響を受けているのです。 便秘による老廃物の滞り 便秘をしていると肥満になりがちです。 逆に言うと肥満の方の悩みには便秘が憑き物ともいえます。 大腸の流れに沿ってマッサージすると便通を良好にする効果が出てきます。 またマッサージの効果で脂肪燃焼にもつながるので積極的にお腹をマッサージしていきましょう。 お腹の脂肪を燃焼するマッサージ紹介 特に脂肪がつきやすいお腹のマッサージによって脂肪燃焼を促す方法にはいろいろなものがあります。 ここからは、お腹の脂肪燃焼を促すのに効果的なマッサージの方法について紹介していきます。 お腹のリンパマッサージ まずはお腹のリンパマッサージをご紹介します。 このマッサージはお腹周りだけでなく背中やわき腹の脂肪燃焼まで促す効果があるので、おすすめのお腹マッサージです。 お腹全体のリンパマッサージ• そのまま時計回りにゆっくりとまわす• 数回まわしたら、鼠蹊部「(そけいぶ):股関節の脚の付け根部分」に向かって流し込む わき腹のリンパマッサージ• 腰骨のすぐ上にある腸骨リンパ節で少し圧をかけながら時計回りに小さくまわす• 数回まわしたら鼠蹊部に向かって流し込む• 今度は同じところで回さずに手のひらで直接鼠蹊部に流し込む 手のひらで流し込むときは、力を入れずに鼠蹊リンパ節へ向かってリンパ液を丁寧に流し込むようにすることがポイント お腹上段のリンパマッサージ• みぞおちの側方で小さく時計回りに圧をかける• 数回まわしたら、鎖骨のリンパ節へリンパを流し込むように上方へ流す• 手のひらで上下に流し込むように圧をかける• 最後にお腹全体のリンパマッサージを行って鼠蹊リンパ節に流し込んでいく このリンパマッサージは背中側にまでマッサージ効果が行き届くので、背中の脂肪燃焼にも役立ちます。 リンパ液をリンパ節に流し込むことに意識を持つようにしましょう。 お腹にたまった老廃物がリンパ節から膀胱に流し込まれて尿と一緒に排泄されるようになります。 リンパマッサージを控えるべき人• 心機能や肝機能が低下している人• 生理中の人• 妊娠している、もしくはその疑いがある人• 肌に炎症がある人• リンパ節に腫れがある人• 食後すぐ(30分以内)• 熱があったり、疲れがひどいと感じている人 内臓脂肪の軽減に効果的なセルフマッサージ 1. 腸骨稜を指圧する 骨盤の稜線(腸骨稜)に沿って、外側から順に4点のツボを親指で押していきます。 1点あたり5秒ずつ指圧していき、最後は腰椎(背骨)の両際を指圧します。 指圧するときに親指の圧がお腹の奥へ届くようにまっすぐに指圧しましょう。 お腹をマッサージする 脂肪燃焼してマッサージ効果を高めるためにお腹に蒸したバスタオルを巻いて行います。 蒸しタオルを巻くとマッサージによる痛みの軽減効果にもなります。 寝た状態や座った状態で行う方がやりやすくなります。 楽な姿勢を取って蒸しタオルの上から、手でお腹を揉み解しながら温める• ヒートジェルを使用しながら、右から左へ両手を使って交互にまんべんなく1分程度お腹をさする• お腹の贅肉をつまむようにして揉む(斜めにつかむのも効果的)• 親指を使って鼠蹊リンパ節に流し込むようにお腹を押し揉む• わき腹をつかむように揉み込んでいく• 最後に手のひらをお椀型にくぼませてお腹を叩く(下腹からわき腹までなんべんなく1分間叩く) 背中の方までまんべんなくマッサージすることで背中まで脂肪燃焼を促すことができ、効果的なお腹ダイエットに繋がります。 詳しくは動画をご覧ください。 美腹マッサージで便秘予防 バストの下から胃までのマッサージ• 両手でみぞおちから脇に向かってさする• 徐々に胃まで下がりながらさする• ウエストから鼠蹊部に向かってお腹全面をしぼるようにマッサージする• おへその少し下から両手で小さく円を描くようにして時計回りに中心から外に向かってマッサージする• 大きく時計回りに円を描くようにしてマッサージする• 股関節のVラインに沿って鼠蹊部を上下にさする このマッサージについてはそれぞれ10回ずつ繰り返します。 腸の動きが活発化されるので便秘の改善につながり、脂肪燃焼を促進してくれるため効果的なダイエットに役立ちます。 お風呂でできるお腹痩せ(ツイスト) お風呂にゆっくり浸かることで、代謝がグッと上がるので脂肪燃焼することができます。 正座をしてお風呂に入ると骨盤のゆがみが整い、内臓の位置が正しくなるので食欲も正常になります。 また足のむくみが解消され、血行が良くなるのでダイエットの効果が高まります。 へそ周りのツボの指圧• へそから指2本分下を二指(人差し指と中指)で1・2・3の間プッシュし4で離す• へそから指2本分右を二指で1・2・3の間プッシュして4で離す• へそから指2本分上を二指で1・2・3の間プッシュして4で離す• へそから指2本分左を二指で1・2・3の間プッシュして4で離す へその両側指二本外側には「天枢(てんすう)」と呼ばれるツボがあり、内臓全般の動きを活性化させるので便秘に効果があります。 へその下にあるのは「気海(きかい)」で、イライラや不眠の解消、下腹部痛や便秘に効果があるツボです。 またへその上には「水分(すいぶん)」があり、余分な水分を排出させる力があるのでむくみの解消に期待ができます。 自宅で簡単エステ BONiC PRO(ボニックプロ) 1. ツボを押す 脚の付け根の中心部にある「衝門(しょうもん)」を5秒間指圧して5秒間離します。 この動作を1分間繰り返します。 衝門の効能は「腹痛・腹部の冷え・泌尿器系の症状・生理不順・生理痛」などがあります。 ツボを刺激するとその刺激が経絡(けいらく)と呼ばれる伝達経路を通って脳に伝わり、身体の不調を整える命令が一斉に発信されます。 さすりあげる 手を足に密着させて、内側と外側を交互に足首から太ももまで交互にさすり上げます。 しっかりと圧をかけながらリンパ液を鼠蹊リンパ節まで届けるように意識してさすり上げましょう。 こちらも1分間継続します。 脚のむくみやセルライトが解消されていく効果があり、また脂肪燃焼に大いに役立つことになります。 気になる部分を叩く 手に卵を持っているようにくぼませて、気になる部分を叩きます。 叩くことで血管やリンパ管に刺激が与えられ、巡りが良くなるのでむくみやセルライトを撃退できます。 ここも1分間続けましょう。 500円玉の大きさくらいの痩身クリームを手に取って腕全体に塗っていく• 手のひらを使って腕全体を肩から手首に向かって揉む• 手首まで揉んだら反対に手首から肩に向かって揉んでいく• 四指で腕の肉を持ち上げるようにしながら、手根(親指の付け根部分)でセルライトをつぶす• 肘から下は四指で腕を支えながら拇指(親指)でセルライトをつぶす• 手首から腋窩リンパまで流すようにリンパマッサージを行う マッサージの効果をよりアップさせるには? いろいろなマッサージ方法を学習してきたとところで、より効果的にマッサージの効率をアップさせて脂肪燃焼に役立てるための手段をご紹介していきます。 お風呂上りに行う お風呂でできるマッサージもご紹介しましたが、やはりお風呂上りには血液循環が良くなっているのでこのタイミングでマッサージするのが一番脂肪燃焼効果が高いといえます。 足の先から足首周り、ふくらはぎ、太もも、お尻周り、お腹まわり、二の腕と身体の下方から順番にマッサージを行うと脂肪燃焼効率もアップします。

次の

なかなか取れなかった皮下脂肪が落ち始めた!私が使ったマッサージ器はコレ。

お腹 の 脂肪 を 落とす マッサージ

10代の若い頃はなんともなかった。 20代も、前半なら特にお腹を気にすることはなかったと思う。 でも、 30代に差し掛かったあたりから急速にお腹に脂肪が!! そんな人は非常に多いです。 お腹に脂肪がついてはじめて、「あ、もう若くないんだ…」と感じてしまうのだとか。 服を着ているときはあまり気にならなくとも、脱げば(逆に)すごい体型。 お腹に脂肪が溜まっていると、年齢以上に老けて見られてしまいます。 お腹の脂肪を落としたいと思っても、なかなか体型が変わらずダイエットを諦めてしまう人も多いですよね。 でも、お腹の脂肪を落とす方法はたくさんあります。 そして、 意外と簡単にお腹の脂肪を落とすことはできるんです。 確かに1日や2日でお腹の脂肪が変わることはありません。 ですが、1ヶ月あれば確実にお腹の脂肪は落とせます。 このページでは、 お腹の脂肪に悩む男性のために、お腹の脂肪を落とす方法を徹底考察してみました。 お腹の脂肪が気になる方は、ぜひ自分にあった方法を見つけてくださいね。 お腹の脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪の2種類 一言でお腹の脂肪がヤバいといっても、実は お腹の脂肪は2種類に分けることができるってご存知ですか??お腹の脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪の2種類があるんです。 どちらも問題のある脂肪なので、まずはその違いを見てみましょう。 内臓脂肪は男性に付きやすい まず、内臓脂肪は腹筋と内蔵の間につく脂肪のことで、腹部がぽっこりと膨らんだ体型になりやすいことが特徴です。 他にも 内臓脂肪は女性よりも男性に多く、短期間で蓄積されやすいという傾向もあります。 内臓脂肪がついてもなかなか気づくことが難しいです。 見た目に現れにくいので、気づかないうちに大量の内臓脂肪がついていた、なんてこともありえます。 自分でも意外と気づきません。 中年男性に多いような、パンパンに膨らんだお腹は皮下脂肪よりも内臓脂肪が蓄積されています。 皮下脂肪は女性に付きやすい 皮下脂肪はお腹の皮膚の脂肪のことです。 つまんでブヨブヨと感じる脂肪で、 皮下脂肪は逆に男性よりも女性に付きやすい です。 皮下脂肪は見た目に現れやすく、場所によっては少しの皮下脂肪でも体型に大きな影響があります。 お腹周りだけでなく二の腕や太ももにも付きやすいので、悩む女性は非常に多いです。 内臓脂肪とは違いパンパンに膨らむような太り方でなく、ぶよぶよとたるんだような太り方になります。 内臓脂肪は付きやすく、皮下脂肪は付きにくい お腹に脂肪が付きやすいと感じる人は多いかもしれませが、先程の2種類によって脂肪の付き方は異なります。 皮下脂肪はゆっくりと蓄積される傾向がありますが、 内臓脂肪は短期間で蓄積されてしまうという特徴があります。 内臓脂肪は男性は簡単に内臓脂肪を蓄えてしまうということですね。 しかも自分では気づきづらいのがやっかいな点です。 内臓脂肪は落としやすく、皮下脂肪は落としにくい 逆に、内臓脂肪は落としやすいのですが、皮下脂肪は落とすために時間が必要です。 ゆっくりと蓄積されるので、そのぶんゆっくりと分解されるということですね。 お腹の脂肪が落としにくいと感じるのはこのためです。 目につきにくい内臓脂肪から分解されま、目に止まりやすい皮下脂肪はあとになって分解される ので、お腹の脂肪は落としにくいと感じるのです。 お腹の脂肪を落とす方法 食生活の改善 お腹の脂肪の特徴がわかったところで、本題のお腹の脂肪を落とす方法について考えてみましょう。 まず第一に、お腹の脂肪を落とすために一番必要なのは食生活の改善です。 お腹の脂肪が気になる人は必ず食生活に問題があります。 あなたも思い当たるフシがありますよね。 食生活さえ完璧に改善すれば、お腹の脂肪を落とすことができるといっても過言ではありません!一つ一つ見てみましょう。 食生活のポイント カロリー制限 食べ過ぎの人はカロリー制限をしましょう。 極端に落とす必要はないので、 一日の適正摂取量範囲内にすることが目標です。 一日に必要なカロリーは年齢や性差、体格によって違います。 下のサイトで、あなたが一日に必要なカロリーが計算できるので参考にしてみてください。 例えば、一日3000kcalしか消費しないのに、毎日4000kcalキロカロリー摂っていたらどんどん太ります。 当たり前ですよね。 逆の場合だと、体はエネルギーを生み出すために脂肪を分解します。 カロリー摂取量が少なければ少ないほど痩せやすいということになります。 ですが、カロリーは少なければ少ないほどいいというわけではありません。 カロリーとは活動するためのエネルギーのことなので、人間が生きていく上で絶対必用です。 慢性的なカロリー不足になると病気のリスクも高まりますし、栄養が不足しては元も子もありません。 そのため、 現時点で一日の必要カロリーに達していない人はカロリー制限をする必要はありません。 摂りすぎている人だけ制限するように心がけましょう。 単純ですが、実践するとなると難しいですよね。 しかし、継続することで確実にお腹の脂肪を落とすことができます。 食生活のポイント たんぱく質を取る もしあなたにカロリー制限が必要だとわかっても、必ずたんぱく質は摂取しましょう。 カロリー制限をしてエネルギーが不足すると、体は脂肪だけでなく筋肉も分解してしまいます。 筋肉が分解されると代謝が落ちて、一日に消費するカロリーが減るという恐ろしいスパイラルに陥ります。 お腹の脂肪を落とす時にも、筋肉はできるだけ落としてはいけません。 筋肉が落ちると基礎代謝が下がるので、将来的に太る可能性が高まります。 30代、40代の男性だと、一日の推奨摂取量は60グラムです。 例えば、1日卵2個、牛肉150グラム、アジ一尾で補うことが可能です。 下に、一般的な食品100グラムあたりのタンパク質含有量を記載してみました。 肉や魚だと、だいたい2割くらいがタンパク質量だということがわかると思います。 乳製品類のタンパク質含有量• カマンベールチーズ 19. 1グラム• クリームチーズ 8. 2グラム• ヨーグルト 4. 3グラム 食生活のポイント 食物繊維を取る あなたは野菜をしっかり食べていますか?お肉やご飯をしっかり食べる男性は多いと思いますが、野菜をしっかり食べる男性は思いの外少ないそうです。 食事の前に、食物繊維を摂取する癖をつけましょう。 食前に食物繊維を摂ることをオススメする理由は、食物繊維は食べ過ぎを防いでくれるから です。 食物繊維は胃の中で水分を吸って膨れ上がります。 そのためたくさん食べたような満腹感を感じることができ、食べ過ぎを防いでくれます。 糖は摂りすぎる脂肪の蓄積の原因になるのですが、食物繊維は糖の吸収を抑えてくれる効果もあります。 ご飯を食べる前にキャベツなどの食物繊維のたっぷりはいった食物を食べるだけも効果は抜群です。 男性が一日に必要な食物繊維の量は20グラム。 日本人の平均摂取量は14グラムです。 食物繊維は野菜に含まれる他、改装にも豊富に含まれます。 意識的に摂取しましょう。 食生活のポイント ビールを控える ビールには大量の糖が含まれており、お腹に脂肪がつく原因となります。 糖だけでなく、 肝臓がアルコールの処理に回ってしまうので、脂肪の分解が後回しになってしまう のです。 ビール腹のおじさんはボヨンとお腹が出っ張っていますよね。 お酒を飲むとおつまみも進んでしまうので、さらにお腹に脂肪がつく原因になります。 本気でお腹の脂肪を減らすのであれば、ビールそのものを控えましょう。 もし、どうしてもお酒が飲みたいのであれば、ビールではなくウィスキーや焼酎を飲むようにしましょう。 ウィスキーや焼酎に代表される蒸留酒はほとんど糖を含んでいません。 そのため、ビールほど飲んでも直接太る原因にならないのです。 また、糖は含まれているのですがビールよりもハイボールのほうがカロリーは少ないので、ハイボールにシフトするのも良いでしょう。 食生活のポイント 不飽和脂肪酸を摂る お腹の脂肪を落とすために、油には気を使いましょう。 普段使っている油をオリーブオイル、えごま油等の植物油に変更しましょう。 バターやマーガリンに含まれる油は飽和脂肪酸、植物性や魚類に含まれる油は不飽和脂肪酸と呼びます。 不飽和脂肪酸の特徴は、脂肪の増加に繋がりにくいこと です。 逆に飽和脂肪酸を摂りすぎると、コレステロールや中性脂肪の増加の原因になります。 一番オススメな油が「エクストラヴァージンオリーブオイル」とよばれるオリーブの実を絞っただけのオイル。 体内で脂肪細胞が増加することを防いでくれるので、ダイエットに最適です。 お腹の脂肪を落とす方法 漢方 お腹の脂肪を落とす漢方薬も高い人気があります。 有名なのは 防風通聖散ですね。 防風通聖散は18種類の生薬を使用した漢方薬です。 防風通聖散を飲むと脂肪細胞が活性化され、お腹についた余計な脂肪が分解されます。 防風通聖散に使用されている生薬• 防風 ボウフウ• 黄ごん オウゴン• 大黄 ダイオウ• 芒硝 ボウショウ• 麻黄 マオウ• 石膏 セッコウ• 白朮 ビャクジュツ• 荊芥 ケイガイ• 連翹 レンギョウ• 桔梗 キキョウ• 山梔子 サンシシ• 芍薬 シャクヤク• 当帰 トウキ• 川きゅう センキュウ• 薄荷 ハッカ• 滑石 カッセキ• 生姜 ショウキョウ• 甘草 カンゾウ 防風通聖散は第2種医薬品に分類されます。 第2種医薬品とは、一般用医薬品のなかでも健康上のリスクが比較的高めな医薬品のことです。 防風通聖散はドラッグストアや薬局で購入できますが、WEBでも販売されています。 副作用は、下痢や食欲不振、発疹等や、肝機能障害を引き起こす可能性もあります。 参考 お腹の脂肪を落とす方法 サプリ 漢方薬ではなく、サプリメントでお腹の脂肪を落とす方法もあります。 お腹の脂肪に関する悩みに関する悩みを抱える人は非常に多いので、酵素サプリや、ブラックジンジャーのサプリなどいろんな商品が販売されています。 お腹の脂肪を落とすサプリは、葛の花サプリがオススメです。 葛の葉由来イソフラボンにはお腹の内臓脂肪、皮下脂肪を落とす効果が認められています。 なかでも人気なのが、葛の葉由来サプリメントの 「 シボヘール 」です。 シボヘールは機能性表示食品で、お腹の脂肪を落とす明確な根拠が消費者庁に届けられていて、30代40代の男性で使用する人が多いです。 公式のキャンペーンページから申し込むことで、初回980円で手に入れることが可能です。 もちろん、いつでも内容の変更・解約が可能です。 シボヘールは一日にかかるコストも100円以下なので、サプリメントでお腹の脂肪を落とすなら試してみて損はありません。 お腹の脂肪を落とす方法 筋トレ お腹の脂肪を落とすために、食事と合わせて筋トレをしてみましょう。 ダイエットというとランニング等の有酸素運動のイメージが強いですが、有酸素運動単体のダイエット効率はそれほど高くないんです。 そのため、ダイエットをする場合でもまずは筋トレをするのが正解です。 筋肉は体の中で最も基礎代謝の大きい部位です。 筋肉をつけることができれば、それだけ痩せやすい体になることができるんです。 お腹周りの筋肉は、腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋の4種類に分かれます。 腹筋をガッチリ鍛えると割れた腹筋を手に入れることが可能ですが、体幹トレーニングも行い全身の筋肉をまんべんなく鍛えましょう。 スクワット 有名なスクワットですが、実は筋トレBIG3と呼ばれる複数の筋肉を鍛えることのできる超重要トレーニングの一つなのです。 基本のトレーニングのような印象ですが、筋トレの猛者にもキツい、ハードなトレーニングとしても有名です。 なぜお腹の脂肪を落とすためにスクワットをおすすめするかというと、 スクワットは全身の約70%を占めるといわれる下半身をまんべんなく鍛えることができ、基礎代謝の向上に役立つからです。 レッグレイズの正しいやり方• 両手を広げ、仰向けで寝転がる• 下半身を垂直になるまで上げていく。 膝を少し曲げてもOK• 垂直になるまで足を上げたら、2秒停止• 息を吐きながらゆっくりと足を戻す お腹の脂肪を落とす方法 有酸素運動 単体ではダイエット効果の低い有酸素運動ですが、筋トレと合わせて行うことでお腹の脂肪を効率的に落とすことができます。 有酸素運動を行うときですが、筋トレの後に行うようにしましょう。 通常、有酸素運動を始めた時「糖5:脂肪5」の割合でエネルギーに変換されます。 一方、筋トレの後に有酸素運動を行うと、「糖3:脂肪7」程度の割合まで脂肪の燃焼の割合が増えるんです。 筋トレと合わせて有酸素運動をすることで、効率よくお腹の脂肪を落とすことができます。 ジョギング、ウォーキング、サイクリング、水泳など、自分にあった方法であれば何でも構いません。 ある程度余裕をもって、長時間続けることができる運動を選ぶことがベターです。 キツすぎると、酸素が足りず脂肪を十分に燃やすことができなくなります。 お腹の脂肪を落とす方法 ヨガ 脂肪燃焼のためにヨガをやっている人も多いですよね。 女性のイメージの強いヨガですが、ヨガに取り組む男性も最近では少しずつ増えてきました。 ヨガを行う時は、通常の呼吸法は使わず腹式呼吸を使います。 腹式呼吸は胸式呼吸と違い、お腹周りの筋肉を使用するんであす。 福祉呼吸をし続けるとインナーマッスルが鍛えられ、徐々にお腹はスッキリしてきます。 筋肉質な体でなく、ほっそりした体を目指したいのであればヨガを試してみるといいかもしれません。 ただし、ヨガで消費するカロリーは少なく、筋トレ+有酸素運動運動よりも効率はよくありません。 なので、できるだけ早くお腹の脂肪を落とす人には向いていません。 どうしても運動をしたくない人、運動が苦手な人は選択肢として検討してもいいかもしれません。 お腹の脂肪を落とす方法 マッサージ 運動ではなく、マッサージでお腹の脂肪を落とす方法もあります。 マッサージで脂肪を落とす場合、リンパの流れを改善しむくみを解消することが目的となります。 リンパ管は主に体内の老廃物の処理の役目を果たしています。 体の緊張が長く続いたりして血行が滞ると、コリやむくみ、疲労の原因となります。 リンパマッサージと聞くと女性のイメージが強いですが、男性でも女性と同じようにリンパを改善すると体に良い効果があります。 お腹周りの脂肪をガシッとつかみ、上下にブルブルと震わせてみましょう。 背中側の脂肪も震わせて、リンパの流れを改善させることを意識してください。 筋トレや有酸素運動など、他のお腹の脂肪を落とす方法と併用することで効果もアップします。 お腹の脂肪を落とす方法 ダイエットアイテムの活用 お腹の脂肪を落とすために、ダイエットアイテムを活用してみましょう。 ダイエットアイテムのみだとお腹の脂肪を落とす効果はそこまで高くありません。 しかし、他の方法と組み合わせることによってお腹の脂肪を早く落とすことができます。 EMS EMSは気になる部分に貼り付け、電気を送って筋肉を刺激するタイプのダイエットアイテムです。 もともとは医療用の器具だったのですが、最近では一般の筋トレ器具として認知が高まってきました。 自分で筋トレをしなくとも、張っているだけで筋肉に刺激が与えられてトレーニング効果 を得ることができます。 トレーニングの時間のないときや、他のトレーニングに加えて使用することで早くお腹の脂肪を落とすことができます。 ただし、お腹周りの筋肉を鍛えることはできるのですが、お腹の脂肪を直接落とす効果はありません。 そのため、他の方法と併用しないとしっかり効果を実感することは難しいでしょう。 バランスボール 女性のイメージの強いバランスボールですが、男性が使っても同じように効果を発揮します。 体幹トレーニング、ヨガ、エクササイズ等、用途もたくさんあるので持っていて困ることはありません。 バランスボールを使ったお腹周りエクササイズ• 足を肩幅ほどに開き、膝が90度になるようにバランスボールの上に座ります。 両手を合わせ、上にピンと伸ばします。 腕を伸ばしたまま、息を吐きながら体を横に倒します。 倒し終えた後、ゆっくりと元の姿勢にもどります。 腹筋ローラー 腹筋ローラーを使って体幹、腹筋を鍛えることができます。 簡単そうにみえて、実はかなりキツイトレーニングです。 お腹周りだけでなく、腕や背中も鍛えることができます。 足を伸ばしたままだと初心者は持ち上げることができないと思うので、最初は膝をついた上体でトライしてみましょう。 ある程度筋肉量のある方や、お腹の脂肪がある程度落ちて体がスッキリしてきた方におすすめです。 加圧シャツ 加圧シャツはスパンデックスという特殊な素材を組み込んだシャツのことで、 着ているだけで加圧効果を発揮しお腹の引き締め、体幹トレーニングになります。 ですが、実際そんなに筋トレやダイエット効果を実感できないケースも多いそうです。 使用するときは、他の方法の補助程度に考えましょう。 お腹の脂肪を落とす方法 アプリを活用する Googleでお腹の脂肪を落とす方法と検索すると、【 お腹の脂肪を落とす アプリ】という予測キーワードが出てきます。 実は、お腹の脂肪を落とすためのアプリも意外と多く存在しているのです。 もちろん、アプリをダウンロードするだけでお腹の脂肪を減らせるわけではありませんので、アプリの内容に従ってトレーニングや食事制限をする必要があります。 トレーニング方法や食事方法をコーチングしてくれるので、一人で努力することが難しい人は試してみるといいかもしれません。 まとめ いかがでしたか? お腹の脂肪を落とすのにもいろんな方法があることがわかりましたね。 大事なのは、自分にあった方法を選び、それをきちんと継続することです。 方法もどれか一つだけでもなく、複数の方法を並行して行うことで効果は高まります。 筋トレ+有酸素運動+サプリメントや、ヨガ+漢方などまずは自分がやってみたいと思う方法から試してみることをおすすめします。 早ければ、1ヶ月程で目に見えて効果が現れてきますよ。 お腹の脂肪を減らす方法を実践して、理想のボディをゲットしちゃいましょう!•

次の

揉んでスッキリ!お腹の脂肪を落とすマッサージで痩せる!

お腹 の 脂肪 を 落とす マッサージ

この記事では、• 走っていても皮下脂肪が落ちない理由• 皮下脂肪を落とす筋トレメニュー( 1日3分、筋トレ初心者でも簡単にできます)• 皮下脂肪を落とす有酸素運動• 脂肪を減らすためにできる食事方法 などを詳しく解説していきます。 また、皮下脂肪を落とすのは1日でできることではありません。 かなり長い記事なので、 ブックマークをしておき、定期的に読み返して徐々にお腹の脂肪を落としていきましょう。 筋肉も落ちてしまう• 代謝が落ちて消費カロリーが減る• 体重が落ちにくくなる という悪循環になり、思うように痩せられなくなるからです。 さらに、 ダイエット前よりも代謝が落ちてしまうことで、リバウンドしやすい身体になってしまいます。 そこで、 筋トレも行い筋肉を大きくすることで、消費カロリーが増えれば体重が落ちやすくなり、リバウンドもしにくい体になります。 (参考:) ランニングだけで痩せる場合と、ランニングと筋トレで痩せる場合を比べると次の通り。 つまり、皮下脂肪を落とすためには 筋トレと有酸素運動を組み合わせるのが最も効果的なのです。 ちなみに、筋トレと有酸素運動の組み合わせが効果的なことは、アメリカの研究論文でも証明されています。 *参考文献: また、論文では「筋トレだけでは脂肪燃焼に必要な最大酸素摂取量の増加に限界がある」という点も述べられています。 筋トレ・有酸素運動どちらかを行うのではなく、 両方を同時に行うのがダイエットに効果的なのです。 ・ 脂肪を落とすための筋トレのコツ 皮下脂肪を落とす最速の道は、 大きな筋肉を鍛えることです。 もちろん、お腹周りの腹筋トレーニングも欠かせませんが、 下半身の筋トレを行うと痩せやすく太りにくい(リバウンドしにくい)身体になれますよ。 【参考】 腹回りの皮下脂肪を落とすための有酸素運動5選 皮下脂肪を落とすためには、有酸素運動をしながら筋肉を刺激することが大切です。 ずっと同じ負荷をかけ続けるような有酸素運動ではなく、 少し強度が高い有酸素運動をしましょう。 負荷の高い筋トレを行ってから有酸素運動をした方が脂肪燃焼効果が高いです。 これは、筋トレによって成長ホルモンやアドレナリンが分泌され、有酸素運動による脂肪燃焼効果が高まるからです。 また、有酸素運動による脂肪燃焼は20分を過ぎてから一気に効果が高まるので、20分以上やるのがおすすめ。 ボクサーなどがよく行うトレーニングで、より短い時間で効率的に効果を得ることができますよ。 7分間ジョギング• 1分間全力で走る• これを1セットとして2セット行う 全力で走ることで、今までのジョギングより強度が高くなり、筋肉も同時に鍛えることができます。 最初は全力で走る時間は短くてもいいので、最終的には1分間全力走れるように鍛えましょう。 【参考】 ジョギングより楽なエクササイズとは 2. スイミングで全身運動 スイミングは水の抵抗があって全身の筋肉を使うので、 有酸素運動と筋トレを同時にする効果が得られるんです。 スイミングとランニングを同じ時間やった場合、スイミングの方が約2倍の消費カロリーがあります。 有酸素運動としての効果の高さが分かりますね。 皮下脂肪を燃焼するのに良い泳法は「平泳ぎとクロール」です。 ある程度継続して泳ぐのが脂肪燃焼には欠かせないので、30分程度を目安に泳ぐようにしましょう。 縄跳びトレーニング 縄跳びも皮下脂肪落とすのに効果的な有酸素運動。 「飛ぶ」という行為は消費カロリーが非常に大きい上に、 下半身を鍛えることができるので一石二鳥。 縄跳びは、筋トレと筋トレの合間に入れるのがおすすめです。 筋トレと有酸素運動を交互に繰り返すことで、脂肪燃焼効果が格段にアップしますよ。 ビタミンB群が多く含まれている食材• 赤身の魚やヒレ肉などの脂が少ない肉類• 玄米、枝豆、豆腐、ナッツなどの豆類• ほうれん草などの緑黄色野菜 特にナッツはビタミンB群を多く含んでいるだけでなく、 筋肉の合成に必要なタンパク質やミネラルも多く含まれています。 さらに、腹持ちが良いので、ダイエット中の間食として最適ですよ。 【参考】 間食にナッツを食べてタンパク質を摂取しよう! 2. 炭水化物を少なくして、タンパク質を多くする 脂質のもとになるのは、炭水化物や糖質です。 筋肉を増やすためにはタンパク質が必要なので、 炭水化物の量を抑えてタンパク質の量を増やしましょう。 例えば、ご飯を減らして豆腐を食べるのも効果的な食事方法です。 また、パンの代わりにお肉の量を増やすのもありですよ。 さらに、毎食しっかりと食事を準備するのが難しい…という方は、 手軽に必要な栄養素をとれる完全栄養食を利用するのもおすすめです。 【参考】 完全栄養食を実際に食べた感想をレビュー 【参考】 炭水化物(糖質)を抜いて痩せる仕組みやデメリットとは 3. 30分以上かけてゆっくり食べる 食事内容を工夫するのと同時に、食事の絶対量を減らすための工夫も大切です。 食事量を減らすためには、食事をゆっくり食べるのが効果的。 食べ始めて約20分経過すると、脳の満腹中枢が刺激されて満腹感を覚えるようになります。 ゆっくり食べると満腹中枢が刺激されて、食べる量を抑えることができるのです。 最初は空腹感があると思いますが、食事量に合わせて胃は変化します。 少ない食事をしていれば胃が小さくなり、少ない量でも満足できるような体質になりますよ。 【参考】 筋トレ中の食事術について解説 4. 運動に合わせて効率よく皮下脂肪を落とすサプリを活用する 食事の中でサプリを活用するのも皮下脂肪を落とす上で効果的です。 脂肪を落とすために有効な成分について様々な研究がされており、効果が実証されているサプリも増えています。 特におすすめなのが、皮下脂肪を減らす機能が実証されている機能性表示食品の「 シボヘール」。 シボヘールの主成分である葛の花由来イソフラボンは、消費者庁に届出をしている機能性表示食品として認められており、• 脂肪の合成を防ぐ効果• 脂肪の分解をサポートする効果• 脂肪の燃焼を促す効果 の3つの効果があります。 この記事で紹介した 筋トレや有酸素運動と一緒に、シボヘールを摂取することで効率よく皮下脂肪を落としましょう。 シボヘールは初回限定で980円というお得な価格。 いつでも解約が可能(2回目でも解約OK)なので、まずは1つ試してみるのがおすすめですよ。 皮下脂肪と内臓脂肪の違いをまとめると下記の通り。 皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪、内臓脂肪は内蔵のまわりにつく脂肪のこと。 内臓脂肪は主に上半身~お腹周りにつくのに対し、皮下脂肪はお腹周り~下半身につきます。 皮下脂肪も内臓脂肪も、運動や食事の習慣を見直せば必ず落ちるので、1歩ずつ脂肪を落としていきましょう。 【参考】 内臓脂肪を落とす方法とは Q2:サウナで皮下脂肪は落ちますか? A:サウナでは根本的な解決になりません。 サウナで汗をかいて体重が少し減ったとしても、 身体の水分が抜けただけです。 発汗作用は体温を調節するだけの役割ですから、 皮下脂肪が燃焼しているわけではありません。 もし発汗によって脂肪が燃焼されるのであれば、汗っかきのぽっちゃりさんはすぐに痩せるはずですよね。 学術誌「」に掲載された研究報告によれば、発汗によって体外に毒素を排出することはできないということが分かっています。 汗をかくことでリラクゼーション効果はありますが、皮下脂肪を落とすためにはあまり効果は期待できません。 新陳代謝を上げようとするのであれば、筋トレや有酸素運動をした方が断然効果的です。 Q3:マッサージで皮下脂肪は落ちますか? A:多少落ちますが、根本的な解決にはなりません。 痩身エステなどでマッサージを受けると、多少皮下脂肪を落とすことができますが、 根本的に皮下脂肪を落とすことはできません。 マッサージを受けると細くなっているように見えますが、むくみが取れたり別の場所に脂肪が移動しているだけです。 とはいえ、全くの無駄というわけでもないので、お金に余裕がある方は痩身エステを受けるのもありです。 Q4:筋トレを始めたら体重が増えたのですが… A:体の変革期なので心配せずに筋トレを続けましょう。 脂肪よりも筋肉の方が重いので、筋肉量が増えると体重も増えます。 特に筋トレをしたことがない方が、 皮下脂肪を落とすために筋トレを始めると体重が一時的に増える傾向にあります。 大切なのは、体重の数字にこだわることではなく、外見が変わっていくのを楽しむことです。 体重にこだわるダイエットは失敗しやすいので、体重を気にしすぎないようにしましょう。 【参考】 筋トレで体重が増える理由と体重を気にしないダイエット方法を知りたい方は以下! Q5:リバウンドしない秘訣はありますか? A:筋肉量を増やして基礎代謝をあげることが大切です。 ダイエットをした後にリバウンドしてしまうのは、 ダイエットによって筋肉が落ちて基礎代謝が落ちるのが大きな原因です。 逆に、筋肉量を増やすか保つことができていれば、ダイエット後にリバウンドする可能性はグッと下がります。 皮下脂肪を落としていく過程で、しっかりと筋トレをして筋肉をつけるのがリバウンドしない秘訣です。 Q6:皮下脂肪を落とす期間はどのくらいですか? A:早くても3ヶ月〜半年はかかります。 トレーニングの強度や食事制限の有無によって皮下脂肪が落ちる期間は異なりますが、早くても3ヶ月、長い場合には1年近くかかります。 また、男性と女性による差はそこまでありません。 まとめ:腹回りの皮下脂肪は徹底的に落とそう! 筋トレと有酸素運動を行って効率的に腹回りの皮下脂肪を落とす方法を紹介してきました。 サウナやマッサージで痩せたとしても、その効果は一時的なものです。 それよりも、 食事と運動を根本的に見直して、皮下脂肪を確実に落としましょう! 【参考】 短期間で脂肪を落としたいならパーソナルジムを活用しよう! 【参考】 プロテインダイエットのやり方とは 【参考】 自宅でできるとにかく体重を落とすダイエットメニュー.

次の