ウーバーイーツ 仕組み。 Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?仕組みや料金設定ついて徹底調査の結果!

【初心者向け】ウーバーイーツの仕組みとは?配達料金35%【Uber eatsの仕組みを簡単に解説】

ウーバーイーツ 仕組み

ウーバーイーツとは?【意味・仕組みを図解で説明】 ウーバーイーツとは新時代の料理のデリバリーサービスです。 ウーバーイーツの全体の仕組み解説図 この図のようにスマホアプリやWebから注文するとレストランと配達する人がマッチングされ効率良く料理が届けられる仕組みです。 1品からでも気軽に注文可能でカード払いなら受け取りも一瞬です。 スマホの普及により実現した最先端のマッチングサービスと言えると思います。 さらに詳細な配達側の細かい仕組みについてはこちら。 運営会社のウーバーは配車サービスで有名 ウーバーイーツの大元の運営会社ウーバー・テクノロジーズは配車サービスで有名なアメリカ企業です。 ウーバイーツと同様にITとGPSを駆使して「車に乗りたい人」と「運転手」をマッチングさせ、タクシーに代わる移動手段を提供するのがメイン事業です。 ウーバーイーツの日本での展開 日本でのウーバーイーツは2016年に東京で開始されました。 現在は東京・横浜・川崎・大阪・京都・神戸・名古屋・福岡・埼玉・千葉をはじめ全国的に展開されています。 地域の名店のレストランからマクドナルド・ケンタッキー・大戸屋などのチェーン店まで幅広く連携しています。 今では日本でもとても身近なフードデリバリーサービスになっていると感じます。 ウーバーイーツのメリットとデメリット【3つの視点から解説】 僕の考えで3つの視点から整理してみました。 注文する人 注文する人のメリット ・1品から気軽に注文できる(最低注文金額なし) ・仕事・育児で忙しい時や、寝起きのベッドの上からもスマホで簡単に注文可能 ・受取りは一瞬、身支度する必要がない(カード払いの時) ・玄関先やオフィスまで来てくれるので、他の作業をしながら待っていれば時間を有効活用できる 注文する人のデメリット ・時間保証や超速スピードを期待している人は満足できない可能性がある ・台風や大雨などの悪天候の日に配達する人が少ないと時間がかかる、もしくは頼めない このようにウーバーイーツは食事を買いに行く手間より優先すべきことがある人、忙しい現代人に便利な最新テクノロジーだと思います。 配達パートナー 配達する人のメリット ・配達する時間・場所を自分で自由に調整できる ・副業としても最適 ・週単位ですぐに報酬を手に入れられる ・上司がいるわけでもないので人間関係で悩むことが少ない ・適度な運動になり痩せる ・好きな自転車(原付バイク)を使える 配達する人のデメリット ・報酬が保証されているわけではない ・天候に左右されやすい ・交通事故にあった際は自己責任(配達中の補償は存在) このようにウーバーイーツの配達パートナーは副業時代の新しい働き方の象徴と言えると思います。 レストラン レストランのメリット ・簡単な手続きと少ない初期投資でデリバリーを始めることができる ・配達用のスタッフやバイクなどを用意する必要がない ・注文数が増えて儲けが上がる可能性がある ・都合が悪い時は一時停止もできる レストランのデメリット ・悪天候などで配達する人が少なかった場合に注文を受けられないことがあり得る ・長距離配達での時間保証やスピード勝負タイムチャレンジを売りにしたい商品とは合わない可能性がある (自社配達と上手く併用しているレストランは存在します) このようにレストランとして加盟するのは配達パートナーが増えてきた今ではメリットが増えていると思います。 あのスターバックス・吉野家・ピザハットも参入しています。 レストランの運営についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 ウーバーイーツとは何か理解した後に使いこなす方法【3つの手順で解説】 注文する 注文の手順はシンプルです。 スマホアプリでクリックしていくだけです。 こちらの記事で注文する方法をまとめてあります。 どんな料理があるかを知る どんな料理があるかはアプリやwebで眺められます。 すごくたくさんのレストランがあるので、見ているだけでも楽しいです。 僕のおすすめレストランをこちらの記事にまとめています。 予算や場所に合わせて使い分ける 注文に慣れてきたら、予算に応じて4段階で料理を探すのもおすすめです。 奮発して豪華な料理を食べたい時などに料金別フィルターは便利です。 また手数料は距離などによる変動制なので、今いる場所に合わせてお得なレストランを探せます。 アプリのダウンロード.

次の

【超初心者向け】ウーバーイーツとは?【意味・仕組みを簡単に解説】

ウーバーイーツ 仕組み

たくさんのレストランと注文者をつなぐ「デリバリーサービス」 という感じかと思います。 ウーバーイーツに食事の注文が入ると、レストランに通知が送られ、調理が始まります。 そして出来上がるタイミングで配達員が受け取り、注文した人のところに届けられます。 注文を受け取る場所は自宅以外でも、職場・公園・施設等でもおっけー。 住所さえ指定すれば、どこでも食事が届きます。 また、ウーバーイーツには 「注文者」「レストラン」「配達員」の3者が登場しますが、どのプレイヤーにもメリットがあります。 僕もその一人ですね。 また東京・大阪等の大都市以外にもサービスが広がっています。 ・・・・等でもサービスが始まっています。 そして2020年4月に富山市でもサービスが始まり、国内ではこれが 16都市目となりました。 「出前」の革新的なカタチ 「シェアリングエコノミー」という言葉は最近よく聞くようになりました。 (そんな協会があるのか!)によると、 「インターネットを介して個人と個人の間で使っていないモノ・場所・技能などを貸し借りするサービス」だそう。 「貸し借り」ではありませんが、ウーバーイーツもとして認められています。 ウーバーイーツの配達員をしていると、 「夜は居酒屋だけど、昼間はウーバーイーツの注文を受ける」という店舗からもオーダーがよく入るため、たしかに「使っていないモノ」を有効に活用できていると言えそうです。 人気を加速させた理由 ウーバーイーツの人気を加速させたのは、 芸能人の効果も大きいはず。 実は僕も・・・AKB48の初期メンバーのある方に配達したことがあります。 たくさん宣伝しても、質の悪いサービスは人々に受け入れられません(僕が書いているようなブログも同様です)。 ウーバーイーツの登録レストラン 「どのレストランから注文が入る?」とよく聞かれます。 その答えは 「マックが一番多いよ!」という感じではありますが、注文が入るレストランは本当に多ジャンルです。 僕は東京都内で働いていた時期があり、をガチでまとめたことがあるので、そのデータから人気のレストランを紹介しておきます。 マクドナルド タコベル The Ally(タピオカティー) はなまるうどん クリスピードーナツ すいません、渋谷での配達となると、全国区でないレストランも多いですね。 タコベルやクリスピードーナツなんかは全国区ではないはず。 人気になる理由は確かにありますよね。 配達員とは ここまでの内容で触れたように、配達員は レストラン〜注文者のもとに食事を配達します。 すでに紹介しましたが、僕も含め 全国1万5000人の配達員がフリーランスのように働くことができます。 また登録も超簡単です。 オンラインで登録してから、本登録を完了させるだけ(登録はスムーズなをどうぞ)。 またも公開しているので是非ご覧ください。 働き方 配達員は 「フリーランス」と紹介しましたが、ウーバーイーツの配達員は 「個人事業主」です。 ウーバーイーツの社員でもなければ、雇われているわけでもありません。 そのため、シフトもなければ働く場所も決まっていません。 また上司や後輩という括りも存在しないことから、人間関係のシガラミもありません。 また、稼働開始・終了はのボタン一つで完了。 始めたい時に始めて、疲れたら終了させるだけです。 こうした フレキシブルな働き方が、配達員の数を伸ばした理由の一つ。 実際に働いてみても、 気持ちの面で圧倒的に楽です。 もちろん、ウーバーイーツには 「配達エリア」があり、この中でないと働けません。 そのため、エリア外にお住いの方は、エリアの内側まで移動してから稼働する必要があります。 一方、全国的にもが広がっているので、 電車でエリアまで行って自転車を借りて配達することも都市によっては可能です。 給料の仕組み• 配達員の給料は週払いです。 つまり、今週の分の給料が、来週の火曜日には払われます。 これは正直、超便利!お金の管理が格段にしやすいです。 また「財布の中身がヤバい、、」という時にサッと働いてすぐに給料を受け取れるので、 学生でも副業でも活用方法はいくらでもあると思います。 また 給料も意外と高い、ということはあまり知られていません。 このサイトでもをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。 ウーバーイーツの配達員のメリット スキル不要 あなたは自転車に乗れますか?もしYESなら配達員になれます。 つまり、 特別なスキルは必要ありません。 登録するだけで仕事ができます。 実はウーバーイーツの配達員は、 「本業とは別、兼業で配達員してる」という人も多いです。 本業ではまだ稼げないから、ノースキルの配達員でサクッとお金を稼いでいる感じ。 僕のその一人。 そのため僕としては、 「ウーバーイーツは起業する人の救世主」だと本気で思っています。 本業で稼げないうちは、副業として配達員をするわけです。 このような働き方ができるのも大きなメリットだと感じます。 自由な働き方 こちらはすでに紹介しましたが、 ノーシフト・ノーオフィス・ノーウザい上司です。 人間関係で疲れた方、是非どうぞ。 僕はコミュ障ではないんですが、仕事で人と関わるのが苦手です。 そうした点でもウーバーイーツの配達員は気に入ってます。 運動になる 「そりゃそうだ(笑)」という声が聞こえてきそうですが、自転車で配達することはかなりの運動量になります。 数時間働けば、平気で100キロくらい移動してるので驚きです。 1回あたりの配達距離は、自転車の配達員だと 最大5キロくらいですね。 最短だとレストランの隣のビルに配達(!)という時もありますが。 とにかく、自転車に長時間乗るので、 体力作りになるし体重も落ちます(僕は最初の3ヶ月で3キロ痩せました)。 もちろん、配達員のデメリットもあります。 こちらはを参考にしてみてください。 注文の際は、会計画面で「 eats-0kpycd」を入力すると、 1,000円割引クーポンが選択できるようになるので是非。 ウーバーイーツで注文するメリット たくさんの選択肢から選べる 「選択肢の広さ」で比較すると、現在のところウーバーイーツに匹敵するサービスはないはずです。 とにかく多ジャンル。 アプリで 「レストランサーフィン」しているだけでも楽しいです。 2000年に始まっていた 「出前館」も複数のレストランから注文できますが、比較対象になるほどのバリエーションがありません。 注文数はウーバーイーツが始まってから増えてはいるそうですが。 とにかく、ウーバーイーツさえ使っていれば、 たくさんの周辺レストランから注文ができます。 家の近くに 「こんな韓国料理屋さんあったっけ?」という新たな気付きがある時も。 そして注文してみると激ウマだったりします。 安価で注文ができる• ウーバーイーツの注文は割と安いです。 配送料も数百円程度。 もちろん、都市や時間によって配送料が変わるので、ハッキリ言えません。 都内だと100円〜300円くらい、地方都市だと350円固定だったりします。 この安い理由に 「レストラン側が大きく負担している」ということが挙げられます。 初期コストは低いですが、ランニングコストが高いんです。 とにかく、注文者としては低価格で注文できることはメリットかなと思います。 素早く食事を受け取れる ウーバーイーツで注文すると、届くまでにかかる時間は 20分〜30分程度。 注文するとわかりますが、料理が届くまではあっという間です。 気づいたら玄関のドアベルが鳴っている感じ。 サッと受け取れます。 また、注文は玄関先まで届けられます。 アパートやタワマンに住んでいる人もロビーまで出る必要なし。 もちろん 「フロントに届けて」「玄関先に置いておいて」等の細かな指定も可能。 空腹の時ってイライラしがちですよね。。 でも ウーバーイーツで注文すればイライラ時間を短縮できる、ということになります。 現在、腹ペコ状態のあなた。 ウーバーイーツデビューは今かもです。 ウーバーイーツとは?:まとめ この記事では、ウーバーイーツのサービス全体について紹介しました。 ざっくり内容が把握できていたら嬉しいです。

次の

【便利なものには裏が…】Ubereats(ウーバーイーツ)の仕組み

ウーバーイーツ 仕組み

売上にお困りの飲食店舗向けに無料公開! デリバリー・テイクアウトで飲食店の集客課題を解決 Uber Eats ウーバーイーツ とは? まずはじめに、「ウーバーイーツとは何か」について簡単に解説していきます。 なんとなく知っているけど、詳しい内容は知らないという方も多いはず。 概要をつかんで理解を深めていきましょう! Uber Eats ウーバーイーツ ってなに? ウーバーイーツとは、アメリカにある企業「ウーバー・テクノロジーズ」が展開するフードデリバリーサービスです。 もともと、配車サービスで有名な企業で「車に乗りたい人」と「車に乗せて運転ができる人」をマッチさせるサービスを行っています。 その会社が、食事のデリバリーサービスに目を付けて開始したのが「ウーバーイーツ」です。 「食事のデリバリーを注文したい人」と「配達できる人」と「飲食店」を結んで展開する新しいデリバリーサービスなのです。 Uber Eats ウーバーイーツ の特徴や他社との違い ウーバーイーツの特徴は、 ・宅配サービスを行っていない店舗も加盟店として参加している ・自宅以外でも配達をしてもらえる ・配達パートナーは個人が担当する 以上の3点が大きな特徴であり、他のサービスとの違いと言えるでしょう。 ウーバーイーツでは、宅配パートナーが個人であるため、店舗は人材を用意する必要がなく、配達範囲の細かい限定も不要となります。 配達パートナーを個人でまかなう点、そこから派生してそれぞれの特徴が生まれているのでしょう。 Uber Eats ウーバーイーツ の仕組みとは ウーバーイーツはどのようなシステムで展開されているのか、簡単に確認していきましょう。 Uber Eats ウーバーイーツ のシステム ユーザーから注文が入ると、配達パートナーのマッチングが行われます。 そこから決定した配達パートナーが飲食店へお届けすす商品を受け取り、注文をしたユーザーへお届けする流れとなっています。 これまでの宅配サービスとは異なり、宅配業者や店舗のスタッフが配達するのではなく、毎回異なる個人の配達パートナーが行います。 「その飲食店の一番近くにいてスムーズに配達できる人」によって受け取りから配達までがなされるわけです。 また、ユーザーは配達パートナーについての情報、配達状況に関しても、ウーバーイーツのアプリ上で確認することができるようになっているのも安心です。 それぞれのメリットとして代表的な内容を以下で確認していきましょう。 ウーバーイーツ配達パートナーのメリット 自分の都合で仕事ができる。 働く時間と場所を生活に合わせて選ぶことができるため、副業やちょっとしたお小遣い稼ぎにも活用できる点が魅力となっているでしょう。 また、報酬は週払いであるため、コンスタントに収入が得られる点も人気の一つとなっています。 ウーバーイーツ加盟店 飲食店 のメリット 配達パートナーがいるため、専用のデリバリースタッフや配達手段を用意する必要がありません。 コストをかけずにデリバリーでの売り上げ拡大が期待できます。 外国でも人気であるため、外国人観光客が増加するなかでインバウンド対策としても使えるでしょう。 ウーバーイーツユーザー 注文者 のメリット アプリ上で簡単に注文ができるようになっています。 デリバリーサービスを行っていない店舗がウーバーイーツの加盟店になっていることもユーザーにとって人気の理由の一つです。 また、配達場所に関しても自宅以外でも指定することができるため、住所特定等の不安がある方や、ちょっとしたイベント等で利用したい場合にも有効ですね。 配達状況や配達パートナーに関しては、アプリ上で確認できるため安心して利用できるようになっている点もポイントでしょう。 ウーバーイーツの各種料金 ウーバーイーツでは、利用の際に手数料が発生します。 手数料の種類は3種類あるため、混同しないように確認しておきましょう。 2020年の1月に最新の手数料が改定されています。 ウーバーイーツでは、随時この手数料の改定を行っているようなので今後も動きがあるかもしれません。 配達手数料 ユーザーへのお届けに関する配達手数料です。 お届け先や配達パートナーの数などによるバランスで算出・決定されています。 そのため、毎回同じ配達手数料ではない変動制というのが特徴です。 最安値として50円の場合もあるようですが、この配達料が気になる場合は、アプリ上の各飲食店の所に記載されているのでチェックしましょう。 サービス料 ウーバーイーツの配達サービスを利用する際に、注文金額の10%がサービス料として発生。 店舗のスタッフによるお届けの場合はこのサービス料は発生しないようになっています。 注文金額による手数料 少額 700円未満 の注文の場合、別途150円の手数料が発生します。 お一人でのご利用や単価が低いもののみを注文する場合などにおいては注意が必要です。 ウーバーイーツ加盟店への登録が増加中? ウーバーイーツの加盟店は、サービス開始当初150店舗ほどだったものが、現在では10,000店舗以上とも言われています。 こうした加盟店の拡大はなぜ起こっているのでしょうか。 その理由ともなる、加盟店としての魅力をさらに掘り下げてチェックしていきましょう! コストをかけずにデリバリーができる ウーバーイーツには、全体として様々なメリットがありますが、特に飲食店としては日頃集客できないお客様を集客することのできるメリットがあります。 普段はコストの関係でデリバリーを行っていないため、集客できる層やお客さまが限定されていても、これを機に大きく拡大するチャンスにもなるでしょう。 インバウンド対策としても使える また、外国ではウーバーイーツは浸透しているサービスでもあるため、外国人にとっては安心感もあるはず。 今後さらなる外国人観光客が増加することが期待されている日本において、インバウンド対策として重要な要素になってくるかもしれません。 解約金がない 加盟店としての登録を終了する際に心配なのが解約金。 ウーバーイーツではこうした登録に関する契約期間や解約金がないため、安心して登録できるでしょう。 集客効果 通常ではデリバリーを行っていない店舗の場合、人件費や配達のためのコストをかけずにデリバリーからの売り上げを得ることが可能になってきます。 また、ウーバーイーツは特に昨今注目が集まってきていて、オフィスや若者を中心にユーザーも拡大しています。 こうした注目を集めている今のうちに加盟店として登録しておくことで新たな集客手段としても効果的かもしれません。 消費税増税でテイクアウトへの需要 2019年10月に消費税が増税されましたが、飲食物に関して、テイクアウトやデリバリーはそれまでの8%の据え置き措置である「軽減税率」が設定されています。 こうしたなかで、外食で高い消費税を支払うよりもテイクアウトやデリバリーを利用することへの興味・需要も高まっているでしょう。 ウーバーイーツはこうした時代の流れにも合致したサービスとも言えます。 まとめ 今回は今注目されている「Uber Eats ウーバーイーツ 」とはなにか、仕組みやメリット等についてご紹介しました。 現在、軽減税率やコロナウィルス対策としても外食を控える傾向にあるなかで需要がさらに増していくのではないでしょうか。 こうしたなかで、外食産業は店内集客だけでなくテイクアウト等の時代の流れにも注目して対策していく必要があるでしょう。 集客や売り上げの心配が増すなかで、「Uber Eats ウーバーイーツ 」がその解決策の一つとして重要なサービスになるかもしれません。

次の