ポケットwi-fi 2年。 【2020年版】ポケットWiFi・モバイルルーターのおすすめランキングを徹底比較!

ポケットWi

ポケットwi-fi 2年

月契約のレンタルwi-fiの中でも人気の高い「縛りなしWiFi」と「スペースWi-Fi」と比較した結果、 月額が安い上に最新端末もあるという理由から、満場一致で縛りなしWiFiがおすすめレンタルwi-fiでした。 シンプルに月額3,300円で最新機種が使い放題。 つまり… レンタル機種が旧モデル、またはWiMAXかソフトバンク回線のどちらか一方しか選べないというレンタルwi-fiがほとんどの中、今回の縛りなしWiFiは最新モデルもある上に、WiMAXとソフトバンクの2回線に対応。 万一レンタル機種が上手く受信できない場合は他回線にチェンジすることも可能です。 縛りなしWiFiと他社レンタルwi-fiを期間別に料金比較 「でも探せば他にもっと安い会社あるのでは?」 という方。 縛りなしWiFiがどれだけずば抜けて安いのか、パッとみてわかるようにレンタル期間ごとに他社レンタルwi-fiと料金比較してました。 普通にYモバイルやWiMAXプロバイダから申し込んだ方がお得なのでは!? という方もけっこう多いと思います。 最近ではキャッシュバック無しで月額料金から割引のプロバイダも増えてきたので余計にそう思いますよね。 そこでYモバイルやWiMAXプロバイダで通常の流れで契約し、半年間・1年間で途中解約した場合はどのくらいの料金になるのか調べてみたのでご覧ください。 WiMAXプロバイダで普通に契約して半年間で解約した場合 本当はYモバイルも一覧比較したかったのですが、そもそも3年契約で解約時の違約金も安くなく、何より端末料金が無料でもなかったため今回の調査では除外させていただきました。 結果、いろいろ迷った挙句、キャッシュバック現段階でトップのGMOとくとくBB、月額料金が最安のBroad WiMAXというWiMAX業界のツートップを例に半年で解約した場合を試算しました。 中でも違約金が謎に高いGMOだと契約月~24か月目までいつでも24,800円の違約金が発生します。 またGMOをはじめ大半のキャッシュバックは約1年後に受取手続きができるため、残念ながら半年間で解約すれば1円もキャッシュバックの恩恵は受けれません。 結果、違約金を差し引きすると予想以上に実質的な月額料金は高く、ご覧のように正直まったくお得じゃありませんでした。 とくにGMOのようなキャッシュバック系プロバイダは途中解約すると大損するのでご注意ください。 では1年契約になるとどうなってくるでしょうか。 WiMAXプロバイダで普通に契約して1年間で解約した場合 今度は上記2社で1年後に解約した場合を同様に試算してみました。 ものすごく貰いづらいと評判のGMOとくとくBBで、運よくキャッシュバックをゲットできた場合、半年間にくらべかなりお得な実質月額が約3,800円で利用できるものの、 やはり違約金を払うと正直お得とはいえない数字となりました。 ここまでの結論としては、いくら最安価格のプロバイダとよばれるサービスであっても 縛り期間のあるサービスはしっかり更新月に解約してこそお得な料金が実現できる! という事実がハッキリしました。 なので半年間・1年間など縛り期間中に解約するとお得じゃないのですね。 そこで今度は視点をかえて、レンタルポケットwifiで半年間・1年間だけレンタルした場合の料金比較とおすすめ会社を考えてみます。 半年間・1年間なら月額料金タイプのレンタルポケットwifiが最強だった!! 結論から先にいうと、ズバリ当ブログは半年間・1年間どちらの方も月額料金タイプのレンタルポケットwifiをオススメします。 しかし!! それ以降もレンタル料金の安いポケットwifiがガンガン登場し、これまでの日割り計算のレンタルポケットwifiとは異なる長期利用を前提とした『月額料金タイプ』の会社も多数現れたのです。 例えば当ブログでも過去に、初期費用も安い上に1カ月以上なら縛り無しで好きな期間だけ使える夢のような 『fujiWi-Fiというレンタルポケットwifiが超絶にお得だ』という記事も書きました(参考: こういった長期利用に特化したレンタルポケットwifiを選ぶことで、なんと1年間というそこそこ長期利用でも、通常のプロバイダ経由よりレンタルポケットwifiを選んだ方がお得なようです。 というわけで月額料金タイプのレンタルポケットwifi会社の中から、半年間・1年間という期間限定で比較すべきレンタル会社をピックアップして一覧比較してみます。 ちなみに半年間・1年間のレンタルWi-Fiとして今回の比較対象に選ばれたのは• 民泊Wi-Fiの中でもダントツに勢いのある『スペースWi-Fi』• 長期利用になればなるほどお得なレンタル『fujiWi-Fi』• プロバイダ契約とレンタルのいいとこどり「縛りなしWiFi」 以上の3社となります。 ちなみにJwi-fiについてはで詳しくご紹介しています。 またスペースWi-Fiについてはの記事でお伝えしています。 そもそも民泊物件のオーナーさん向けのレンタルWi-Fiをメインに取り扱う会社で普通に誰でもレンタルできますが、微妙に月額料金が高いため半年間となると2万円を超えました。 残るはfujiWi-Fiと縛りなしWiFiの一騎打ちとなりましたが、初期費用の2,000円がネックとなりfujiWi-Fiも総額2万円を突破。 結果として半年間の最安値は縛りなしWiFiが断トツとなりました。 というわけで半年間・1年間どちらの場合も、通常のプロバイダ経由よりも縛りなしWiFiで最新端末をレンタルした方がお得なことが今回の調査で判明しました!.

次の

ポケットWiFiを1年だけ超お得に使う簡単な方法

ポケットwi-fi 2年

月額料金 ずっと3,280円(格安プラン) エリアが広いだけでなく、月額料金も非常に安いので現在申し込みが殺到しているほど人気を集めています。 mugen Wi-Fiの詳細 詳細は下表のとおりです。 契約期間 2年 (以降契約縛りなし) 月額料金 格安プラン:3,280円 アドバンスプラン:3,880円 (地図、翻訳アプリ付き) キャッシュバック なし 機種 U2s、G4 支払方法 クレジットカード その他 オプションで海外利用可能 キャッシュバックこそありませんが、後述するWiMAXと同等かそれ以上に月額料金が安いのが魅力的ですね。 また、キャリアの回線を利用しているためWiMAX以上にエリアが広いことが人気の理由の一つとなっています。 オプションで海外でも利用可能なため、海外によく行かれる方にもおすすめ。 GMOとくとくBB WiMAX2+ broadWiMAXの詳細 詳細は下表のとおりです。 broadWiMAXは以前初期費用が必要でしたが、現在はキャンペーン付き無料(事務手数料のみ)となっているのでとてもお得です。 月額料金 1カ月目 :無料 2~12カ月目:3,380円 13カ月目以降:4,379円 特に最初の1年間は大幅に安くなっています。 So-net WiMAXの詳細 詳細は下表の通りです。 また、万が一規制が掛かっても下りでおおよそ1Mbps程度の速度が出るので最低限の利用に関しては問題なく使えます。 その中でもSo-netのWiMAXは3年間ずっと安いのでとてもお得です。 月額料金・キャンペーン比較について まず基本的な月額料金とキャンペーンを比較していきます。 各社複数のプランを提供していますが、ここでは月額料金の安いプランを選んで比較します。 比較表を見ると、安さでいえば圧倒的にmugen WiFiが安いことが分かります。 mugen WiFiは月間通信制限なしなので、動画サイトを閲覧したりネットをよく使うという人にもおすすめできます。 キャッシュバックがほしい!という方は WiMAXがオススメです。 WiMAXはプロバイダによってキャンペーンが異なりますが、一番お得なのが GMOとくとくBBのWiMAXです。 まとめると下記のようになります。 mugen WiFi:ソフトバンク及びドコモ、auのLTE回線をマルチに利用• WiMAX:UQ コミュニケーションズが提供する通信回線 WiMAXは主に UQコミュニケーションズが UQWiMAXとして提供している通信回線と、その回線を用いたサービスの事です。 プロバイダはUQコミュニケーションズから回線を借りて自社オリジナルのサービスを提供しています。 mugen WiFiは、主に Softbankが提供するLTE回線を利用します。 WiMAXとそのプロバイダが利用する回線とmugen WiFiは対応するエリアが異なるので、料金だけではなくエリアもしっかりと確認しておくようにしましょう。 違約金の違い mugen WiFiもWiMAXもともに、特定の期間外に解約すると違約金が必要になります。 見落としがちですが、重要なポイントなので確認しておきましょう。 mugen WiFiは2年契約(自動更新なし) 上記の料金比較表で紹介したmugen Wi-Fiの契約期間は2年契約は2年となっています。 2年以内に解約すると、最大9,000円の 違約金支払いが必要になります。 ただし、スマホの契約のように自動更新となっているわけではないので、2年以上利用すれば違約金は発生しません。 WiMAXも違約金は割高 WiMAX(GMOとくとくBB、broadWiMAX及びSo-netWiMAX)の契約期間は 3 年になっています。 契約から3年ごとに更新月がやってきます。 更新月以外で解約すると、違約金が発生するシステムです。 金額はいずれも下記の通りです、• 1年以内: 19,000円• 2年以内: 14,000円• 2年以降解約月以外: 9,500円 2年以内だと違約金が高くなるので注意しましょう。 例えば3月に新規契約した場合、翌月の4月からカウントが始まり3年後の4月が契約更新月になります。 更新月の20日までであれば契約解除手数料が必要ありません。 そして20日を過ぎると契約が再度更新されてまた2年間の割引サービスが始まります。 解約するときは必ず更新月を選ぶようにしましょう。 短期間の解約であれば無料の可能性も WiMAXを始め現在インターネットや携帯電話の契約は一週間以内程度であれば、 無料でキャンセルができます。 初期契約解除制度と呼ばれる制度で、実際に届いてみて事前に聞かされていた契約内容と食い違いがあったり、エリア対象にも関わらず電波が入らなかった場合に無条件でキャンセル出来るというものです。 初期契約解除制度はあくまで救済的なものです。 8日を超えると対応してくれない場合があるので届いてみて使えないという場合はすぐにキャンセルしましょう。 まとめ 今回はポケットWi-Fiで月額料金の安いものを紹介しました。 オススメのポケットWi-Fiをまとめると、下記の通りになります。

次の

ポケットWi

ポケットwi-fi 2年

月額料金 ずっと3,280円(格安プラン) エリアが広いだけでなく、月額料金も非常に安いので現在申し込みが殺到しているほど人気を集めています。 mugen Wi-Fiの詳細 詳細は下表のとおりです。 契約期間 2年 (以降契約縛りなし) 月額料金 格安プラン:3,280円 アドバンスプラン:3,880円 (地図、翻訳アプリ付き) キャッシュバック なし 機種 U2s、G4 支払方法 クレジットカード その他 オプションで海外利用可能 キャッシュバックこそありませんが、後述するWiMAXと同等かそれ以上に月額料金が安いのが魅力的ですね。 また、キャリアの回線を利用しているためWiMAX以上にエリアが広いことが人気の理由の一つとなっています。 オプションで海外でも利用可能なため、海外によく行かれる方にもおすすめ。 GMOとくとくBB WiMAX2+ broadWiMAXの詳細 詳細は下表のとおりです。 broadWiMAXは以前初期費用が必要でしたが、現在はキャンペーン付き無料(事務手数料のみ)となっているのでとてもお得です。 月額料金 1カ月目 :無料 2~12カ月目:3,380円 13カ月目以降:4,379円 特に最初の1年間は大幅に安くなっています。 So-net WiMAXの詳細 詳細は下表の通りです。 また、万が一規制が掛かっても下りでおおよそ1Mbps程度の速度が出るので最低限の利用に関しては問題なく使えます。 その中でもSo-netのWiMAXは3年間ずっと安いのでとてもお得です。 月額料金・キャンペーン比較について まず基本的な月額料金とキャンペーンを比較していきます。 各社複数のプランを提供していますが、ここでは月額料金の安いプランを選んで比較します。 比較表を見ると、安さでいえば圧倒的にmugen WiFiが安いことが分かります。 mugen WiFiは月間通信制限なしなので、動画サイトを閲覧したりネットをよく使うという人にもおすすめできます。 キャッシュバックがほしい!という方は WiMAXがオススメです。 WiMAXはプロバイダによってキャンペーンが異なりますが、一番お得なのが GMOとくとくBBのWiMAXです。 まとめると下記のようになります。 mugen WiFi:ソフトバンク及びドコモ、auのLTE回線をマルチに利用• WiMAX:UQ コミュニケーションズが提供する通信回線 WiMAXは主に UQコミュニケーションズが UQWiMAXとして提供している通信回線と、その回線を用いたサービスの事です。 プロバイダはUQコミュニケーションズから回線を借りて自社オリジナルのサービスを提供しています。 mugen WiFiは、主に Softbankが提供するLTE回線を利用します。 WiMAXとそのプロバイダが利用する回線とmugen WiFiは対応するエリアが異なるので、料金だけではなくエリアもしっかりと確認しておくようにしましょう。 違約金の違い mugen WiFiもWiMAXもともに、特定の期間外に解約すると違約金が必要になります。 見落としがちですが、重要なポイントなので確認しておきましょう。 mugen WiFiは2年契約(自動更新なし) 上記の料金比較表で紹介したmugen Wi-Fiの契約期間は2年契約は2年となっています。 2年以内に解約すると、最大9,000円の 違約金支払いが必要になります。 ただし、スマホの契約のように自動更新となっているわけではないので、2年以上利用すれば違約金は発生しません。 WiMAXも違約金は割高 WiMAX(GMOとくとくBB、broadWiMAX及びSo-netWiMAX)の契約期間は 3 年になっています。 契約から3年ごとに更新月がやってきます。 更新月以外で解約すると、違約金が発生するシステムです。 金額はいずれも下記の通りです、• 1年以内: 19,000円• 2年以内: 14,000円• 2年以降解約月以外: 9,500円 2年以内だと違約金が高くなるので注意しましょう。 例えば3月に新規契約した場合、翌月の4月からカウントが始まり3年後の4月が契約更新月になります。 更新月の20日までであれば契約解除手数料が必要ありません。 そして20日を過ぎると契約が再度更新されてまた2年間の割引サービスが始まります。 解約するときは必ず更新月を選ぶようにしましょう。 短期間の解約であれば無料の可能性も WiMAXを始め現在インターネットや携帯電話の契約は一週間以内程度であれば、 無料でキャンセルができます。 初期契約解除制度と呼ばれる制度で、実際に届いてみて事前に聞かされていた契約内容と食い違いがあったり、エリア対象にも関わらず電波が入らなかった場合に無条件でキャンセル出来るというものです。 初期契約解除制度はあくまで救済的なものです。 8日を超えると対応してくれない場合があるので届いてみて使えないという場合はすぐにキャンセルしましょう。 まとめ 今回はポケットWi-Fiで月額料金の安いものを紹介しました。 オススメのポケットWi-Fiをまとめると、下記の通りになります。

次の