睡眠 音楽。 音楽が睡眠にもたらす効果

音楽が睡眠にもたらす効果

睡眠 音楽

音楽を聴きながら寝るってアリなの? 寝つきを良くするための音楽CDやアプリは多く存在しますが、音楽を聞きながら寝ることは睡眠にどのような影響を与えるのでしょうか? 毎日の仕事や日々の生活のストレスから生じる睡眠障害に悩んでいる方は少なくありません。 睡眠時間を一定時間確保できたとしても、何だか寝たりないように感じてしまう方も多いようです。 忙しい現代人にとって、睡眠の質を改善することは健やかな生活を送る上で必要不可欠なことだと言えます。 音楽に癒しの効果があるのは、皆さんご存知の通りですよね。 ヒーリングミュージックが流行しているのも、世間がその効果を実感しているからです。 今回は脳のメカニズムを確かめながら、 音楽が睡眠の質に与える影響についてみなさんにご紹介してまいります。 周りがうるさい状態にも関わらず、すぐに眠りにつける方はそれほどいません。 というのも、人は音を聞くときに無意識に神経が集中し、脳の活性化が引き起こされるからです。 このことから分かるように、音は基本的に睡眠に悪影響を与えるものなのです。 ゆったりとした音楽を聞いて眠くなることは、ほとんどの方が経験済みですよね。 つまり、当然のことではありますが、私たちに リラックス効果を与えてくれる音もあるということです。 快適な睡眠には、脳の休息が必要不可欠です。 脳をリラックスした状態に導いてくれる音楽は、睡眠の質を上げるために効果的だと理解してよさそうですね。 かえって睡眠の質を下げないよう、タイミングに注意 ただし、音楽を聞きながら眠ることは、絶え間なく脳への刺激を与えることにもなります。 眠りにつきやすい音楽を聞いていたとしても、朝までずっと音楽を流しっぱなしにしてしまうと、睡眠全体で判断すれば睡眠の質は低下してしまうのです。 つまり、眠る前から眠りについた後しばらくは音楽を流しておいて、完全に眠りが深まった後に自動的に演奏が止まるようにするのが最適だと言えそうです。 また、使用する楽曲はどんな音楽でも良いというわけではありません。 次のような音楽が、睡眠用の音楽として最適です。 まくしたてるように話されると焦ってしまうのと同じで、テンポが速い曲が流れていると無意識下に気持ちが急いてしまいます。 難しく考えなくとも、「落ち着く曲だな」と感じられるものを選べば問題ありません。 脳が休息できないので、歌詞が入っていない音楽が最適です。 無意識的な脳の変化を避ける意味で、一定の曲調の音楽が最適です。 やはり寝る前の音楽としては、できるだけゆっくりとしたテンポで一定の曲調の音楽が良いようです。 この条件を満たす音楽として「クラッシック音楽」が挙げられます。 つまり、聞きながら眠る音楽として一番良いのはクラッシック音楽だということです。 睡眠の質を向上させたい方は、クラシックを聞きながら睡眠につきましょう。 クラシック音楽が苦手だという方は、「環境音」を聞きながら眠ると良いかもしれません。 川のせせらぎや、鳥のさえずり、雨音など日常の生活で落ち着ける音がおすすめです。 就寝中に流してはいけないのは、こんな音楽 眠りながら音楽を聞くことで逆に脳を刺激してしまい、眠りにつきにくくなってしまう場合もあります。 たとえば、テンポの速い曲や歌詞が入っている音楽、思い入れがあり特定の感情を呼び覚ましてしまう音楽、起伏の激しい音楽などは脳への刺激が大きくなるため、眠りながら聞く音楽としては相応しくありません。 睡眠中に流す音楽には、タイミングと選曲が重要 このように、音楽を聞きながら眠ることにはメリット・デメリットの両面が存在します。 なかなか寝付けない、睡眠の質が気になるという方は、眠る時に聞いている音楽やその状況に意識を向けましょう。 眠りにつきやすい適切な音楽であるか、あるいは時間が経過すれば自然と音が消えるようにしているか、そのような部分に注意を向けましょう。 タイマー機能がある音楽プレイヤーなどを使用し、時間が経過すれば自然に音がなくなるような工夫をしておくといいかもしれませんね。 関連する記事• 2018. 22 みなさんは最近どのような夢を見たでしょうか? 寝ているときに見る夢は、良い夢である場合もあれば、うなされるほど悪い夢を見るときもあります。 良い夢であれ[…]• 2018. 20 睡眠と体温には関係があるのをご存じない方も多いのではないでしょうか。 体内部の温度のことを「深部体温」といいますが、実はこの深部体温の推移と睡眠に関係が[…]• 2016. 06 「ついつい寝過ぎてしまうので、活動時間が減ってしまって勿体ない…」そんなお悩みを抱えている方はとても多いようです。 我々は、日々の疲れを睡眠によって解[…].

次の

音楽を聴きながら寝ると睡眠の質は?就寝中のBGMについて調査 │ 熟睡研究所

睡眠 音楽

あなたは夜寝る前に音楽を聞いていますか?音楽を聴いてリラックスした後床につく方、音楽を聞きながら眠りにつく方など様々だと思いますが、実際のところ音楽は睡眠に良い影響を与えるのか、はたまた悪い影響を与えるのかをご存知ですか?多くの方が音楽を聴いて眠りにつけていることもあり、音楽が睡眠に良い影響を与えているのは事実です。 しかし聞き方によっては、音楽が睡眠に悪い影響を与えることもあるのです。 そんな音楽が睡眠に与える良い影響や悪い影響について紹介したいと思います。 睡眠前の音楽は良い影響を与える場合も 睡眠前に聞く音楽は、体のリズム・呼吸数・心拍数・脳波を同調させ、脳をリラックスさせる働きがあると報告されています。 確かにわたしたちは睡眠前に音楽を聴くとリラックスした感覚が得られますし、納得できる話ですよね。 しかしどのような音楽でも良いというわけではなく、あくまで脳がリラックスできる音楽であればということだそうです。 具体的にはテンポが遅く落ち着いた曲調で、ボーカルが入っていないインストゥルメント等が適しているようです。 あまりノリノリで激しい音楽はこれに適さないのでやめておいた方が無難です。 睡眠中の音楽は悪影響が多い では音楽を聴きながら眠ればいいじゃないかと思われがちですが、寝ながらの音楽は絶対にやめておくべきなのです。 というのも本来脳を休めるタイミングである睡眠中に音楽を聴くことで、絶え間なく脳に刺激が伝わり続け、睡眠の質が低下してしまうからです。 その上睡眠中の音楽は耳にも大きな負担を与えていることでも知られています。 睡眠中の音楽で難聴となることも イヤホンやヘッドホンで夜中中音楽を聴き続けることで、耳の音を感じ取る有毛細胞というところが傷ついていき、音が聞こえづらくなっていく、いわゆるヘッドホン難聴となる危険性だってあるのです。 睡眠の質を低下させる上、耳も悪くするのであれば、睡眠中の音楽が何のメリットもないことがわかりますよね。 音楽は正しく活用すれば睡眠の質を高めるのに効果的なものの、間違った活用法は睡眠の質を低下させてしまうのですね。 睡眠時の音楽が習慣化している方は、睡眠の質を低下させないためにも、耳を悪くしてしまわないためにも、注意して音楽と付き合っていきたいものですね。 writer:サプリ編集部 外部サイト.

次の

【睡眠音楽】α波

睡眠 音楽

Sponsored Link なかなか寝付けない夜・・・ ちょっとした物音も気になる・・・ 時計のコチコチ音さえも耳障り。 耳鳴りも聞こえてきて、 気になって眠れない! そんな夜ってありませんか? そんな時には 癒し系音楽がいいらしい! 環境音楽がいい!などと、何処かで聞いたことがありませんか? でも、本当にそれで睡眠の質って向上するのでしょうか? 寝てる時に 音楽が及ぼす影響は? 睡眠学習って、寝ている間に勉強って、むかーし流行ったけどインチキだったような・・・ この記事では、 睡眠の質を高めるために役立つ音楽の使い方と、 オマケの入眠のための裏技をお伝え致します!! これができれば睡眠の質の変化を体験できるはず! さあ、一緒に考えましょう! 目次• 睡眠の質と音楽の関係 良い睡眠と切っても切り離せない重要な事柄が一つあります。 それは、 「リラックスすること」です。 これは昼間の活動時に働いている 交感神経から、入眠のために必要な 副交感神経に切り替わるために必要な要素なのです。 そして音楽は、その種類によってはリラックスさせるのに非常に有効なのです! 音楽には、呼吸数や心拍数、脳波を同調させる働きがあることが実験によって確証されています。 確かに、ドキドキさせる音楽や太鼓の音を聞いていてもドキドキしてくるし。 病院や図書館で流れているような、静かなテンポで流れる音楽は確かに精神が静まりますね。 ですから、特徴としてはこんな感じです。 単調な音楽、または音• 極端に低音や高音がはっきりしていない• 歌詞が入っていない• 静かでゆっくりしたテンポ 質は高まるの? 音楽には心拍や呼吸を落ち着かせる効果があり、睡眠の改善に確かに効果があったとされる 研究結果が出ています。 実に 高齢者の35%に睡眠の改善効果が見られたそうです。 マッサージなどのリラクゼーション施設には確かに 癒しの音楽が流れていますよね。 実際に穏やかな気持ちになれるものです。 確かに精神を鎮める、リラックスさせる音楽はあることがわかりましたね。 でも、 眠くなるかと言われると、どうでしょう? 以前に行ったことのある岩盤浴では室内の音楽がヒーリング音楽でしたが、気分は落ち着きましたが眠くはならなかったような・・・ 本当に睡眠の質は音楽によって向上するのでしょうか。 考えてみますと、睡眠というのは、 脳が休まっている状態のことですよね。 脳が休まっていると、脳波にははっきりとした変化があるようです。 普段は ベーター波と呼ばれる脳波で、脳は活発に動いているのですが、入眠時には アルファ波に変わるのです。 睡眠時ではなく、睡眠に向かって、脳波が切り替わっていくのですね。 寝る前の時間が大切 ということは、脳波が アルファ波に切り替わるような状態に音楽が役に立てば、睡眠の質は高まると言えるのではないでしょうか?• 単調な音楽、または音• 極端に低音や高音がはっきりしていない• 歌詞が入っていない• 静かでゆっくりしたテンポ この音楽を選んで、 寝る前に聞くと効果があるわけです。 睡眠中はダメ 寝る前までであれば、脳波がアルファ波になるようなリラックス音楽は有効です。 ですが、すでに寝入った状態の 睡眠時はどうでしょうか。 ・・・・・・・ 睡眠を妨げるのは 光や音、振動などです。 脳に外からの刺激が与えられると、 脳が危険を察知して緊急事態となります。 それで、起きやすくなってしまうんですね。 ということは、睡眠状態になったら 音楽はない方が良いわけです。 一番いいのは 無音状態であること。 睡眠中は音楽は消す方が良いわけですが、 「誰が消してくれるの!?」 となりますよね。 そんな時は自動的に切れるようにしておけばよいのです。 なので、そんな時は是非、タイマーをセットしておきましょう。 いつもいつのまにか寝てしまうのであれば、その時間、つまり30分後とか、1時間後などにタイマーをセットして、寝てみましょう。 音楽だけではない? 実は、入眠時のリラックスができても、なかなか寝付けない日というのもあるものです。 そんな時は、 なんとなく流れる雑音を流す。 という 裏技があります。 これは私の個人的な方法なので、人によっては合わないかもしれません。 その裏技とは・・・・? それは、自分の 好きな朗読を録音したり、ネットで探して 自動再生にしたりして、 聞こえるか聞こえないかのギリギリの音量で聴くことです! 自分で録音してもいいですし、誰かの朗読をなんとなく流すだけでもいいです。 コツは、 何を話しているのかすごく耳を澄まさないとわからないくらいの小さな音量で流すということです。 ちなみに私はこれで15分以内に寝てしまいます。 これは、神経が高ぶってしまって、小さな物音、例えば時計のコチコチ音や、隣の部屋の物音などが気になって眠れない時に、 逆に小さな雑音を流して打ち消すという裏技です。 お試しあれ!です。 まとめ 今回は、.

次の