高級フライパン。 料理家が選ぶフライパンおすすめランキング27選|人気製品を徹底検証

【2020年】人気フライパンランキング!評判がいいIH・ガスのおすすめフライパン

高級フライパン

高級フライパンの3つの特徴• 値段が5,000円以上 モノシル編集部の調査の結果、品質が高いフライパンは、5,000円以上の商品が多いです。 最高品質のフライパンを選ぶなら、5,000円以上を1つの目安にしましょう。 10年以上使い続けられる 高級なフライパンは、コーティングの耐久性が高いものや、素材が丈夫なものが多いです。 使い方によっては、10年どころか、一生使えるフライパンが多いですよ。 デザイン性が良い 高級フライパンは、性能はもちろん、デザイン性が高い商品が多いです。 この記事で紹介するフライパンも、キッチンに映えるおしゃれなものを選びました。 これから紹介する高級フライパンは、以上の3つの特徴を持っています。 高級フライパンとして、品質の高いものだけを選んだので、安心して選んでくださいね! おすすめの高級フライパン16選 ここからは、おすすめの高級フライパン16選を紹介していきます。 値段別に、次の2つに分けて紹介しますね。 1万円以上のおすすめ高級フライパン9選• ruhru(ルール) 健康フライパン 28cm(家庭向け)• フィスラー フライパン 24cm• VitaCraft(ビタクラフト) ヘキサプライ 27cm• 中村銅器製作所 銅製 フライパン 24cm• ホリエ 3層チタン鍋 ティアラ 27cm• スキャンパン Classic ソテーパン 20cm• GSW NANOPAN(ナノパン) 24cm• 長谷元 純チタン 木柄フライパン 26cm• 長く使えるだけでなく、料理も美味しく作れるので… 値段は少し高いですが "一生モノのフライパン"として、非常におすすめです! 1万円以上のおすすめ高級フライパン9選• ruhru(ルール) 健康フライパン 28cm(家庭向け)• フィスラー フライパン 24cm• VitaCraft(ビタクラフト) ヘキサプライ 27cm• 中村銅器製作所 銅製 フライパン 24cm• ホリエ 3層チタン鍋 ティアラ 27cm• スキャンパン Classic ソテーパン 20cm• GSW NANOPAN(ナノパン) 24cm• 長谷元 純チタン 木柄フライパン 26cm• オークス ameiro フライパン 銅 20cm 「どのフライパンが良いか決められなかった…」 そんな人には、10年保証のついた一生モノのフライパン『ruhru(ルール) 健康フライパン 28cm(家庭向け)』をおすすめします! 丈夫で長持ちなうえに、食材を美味しく調理できるので、一生使えるフライパンですよ! 5千円以上、1万円未満のおすすめ高級フライパン7選• turk社 クラシックフライパン 24cm• FDSTYLE 鉄のフライパン 26cm• 北陸アルミニウム 業務用 マイスターBCフライパン 27cm• リバーライト 極 ジャパン フライパン 26cm• TVS社 SOLIDA チタンコート フライパン 26cm• 和平フレイズ レミパン イエロー 24cm• 宮崎製作所 ジオ ソテーパン 25cm 先ほど、紹介した最高級フライパンに比べると、値段は下がりますが、品質は十分に高いです。 「品質の高いフライパンが欲しいけど、最高級のフライパンは高いなぁ…」と感じた人におすすめですよ! 特徴やどんな人に向いているかも紹介するので、自分に合ったものを選んでくださいね! 1 turk社 クラシックフライパン 24cm 5千円以上、1万円未満のおすすめ高級フライパン7選• turk社 クラシックフライパン 24cm• FDSTYLE 鉄のフライパン 26cm• 北陸アルミニウム 業務用 マイスターBCフライパン 27cm• リバーライト 極 ジャパン フライパン 26cm• TVS社 SOLIDA チタンコート フライパン 26cm• 和平フレイズ レミパン イエロー 24cm• 宮崎製作所 ジオ ソテーパン 25cm もし、どれを選ぶべきか決められなかった人は、使いやすくて耐久性の高い『TVS社 SOLIDA チタンコート フライパン 26cm』がおすすめですよ! 続いては、「自分好みのフライパンの選び方を知りたい!」という人向けに、選び方のポイント紹介します。 選び方の4つのポイント• 使いやすい重さで選ぶ• 管理の手間の少なさで選ぶ• 見た目のおしゃれさで選ぶ• 得意な料理で選ぶ それでは、順番に説明していきますね! 1 使いやすい重さで選ぶ 選び方のポイント1つ目は、 "使いやすい重さで選ぶこと"です。 洗う時や、料理を皿に盛り付ける時など、フライパンを持ち上げる場面が多くあります。 なので、料理をする機会が多い人は、重さに注目して、フライパンを選ぶと良いですよ! フライパンは、素材に使われている金属によって、重さが変わります。 腕の力が弱い女性や、お年寄りの場合は、チタンやアルミ製のフライパンがおすすめです。 逆に、鉄やステンレス、銅のフライパンは、重い商品が多いですよ。 重さに注目してフライパンを選ぶ時は、以上の素材の違いに注目して、選ぶようにしましょう! 素材名 画像 重さ ステンレス 重い 鉄 重い アルミニウム 軽い チタン 軽い 銅 重い そして、この記事で紹介した高級フライパンの中で、使いやすい重さのフライパンがこちらの3つです。 見た目がおしゃれな高級フライパン2選• ステンレス製なら:『 』• 銅製なら:『 』 ぜひ、参考にして選んでくださいね。 「おしゃれさにこだわったフライパンを、もっと知りたい!」という人は、こちらの記事も参考にしてください! 4 得意な料理で選ぶ 選ぶポイントの4つ目は、 "得意な料理で選ぶこと"です。 「料理を美味しく作りたい!」という思いから、良いフライパンを欲しい人は多いですよね。 そこで、フライパンを選ぶ時には、得意な料理で決めるのがおすすめですよ! 実は、フライパンの素材によって、得意な料理が少しずつ違います。 あなたが得意、もしくは好きな料理は、どの素材のフライパンに向いているのかを確認しましょう! 画像 特徴 得意料理 おすすめ商品 鉄 ・強火で一気に焼き上げられる ・外はカリッと、中はジューシーに焼き上げる料理が得意 ・炒めものや焼く料理が得意 ・ステーキ ・チャーハン ・炒めもの アルミ ・効率的に水分を飛ばせる ・水分が多い料理の旨味を濃縮させるのが得意 ・パスタ ・リゾット 銅 ・じっくり均一に火を通せる ・火加減の調整がしやすい ・煮込み料理や卵料理が得意 ・パンケーキ ・クラムチャウダー 好きな料理や、得意な料理の仕上がりにこだわるなら、フライパンの素材に注目するのが大切ですよ! ちなみに、ステンレスとチタンには、得意料理がありませんが、苦手な料理もありません。 万能さを重視するなら、ステンレスかチタンがおすすめですね! ぜひ、参考にして選んでくださいね。 いかがでしたか? 以上のポイントに注目すれば、あなたにあった高級フライパンを選べますよ! 最後にもう一度、4つのポイントを振り返っておきましょう。 選び方の4つのポイント• 使いやすい重さで選ぶ• 管理の手間の少なさで選ぶ• 見た目のおしゃれさで選ぶ• 得意な料理で選ぶ 購入前に、あなたの重視するポイントを確認してくださいね! 目的にあったフライパンをもっと知りたい人は、こちらの記事もご覧ください! まとめ:高級フライパンを使って料理をもっと楽しもう! いかがでしたか? "おすすめの高級フライパン16選と、フライパンを選ぶポイント"を紹介してきました。 「どのフライパンが良いか決められなかった…」 そんな人には、10年保証のついた一生モノのフライパン『ruhru(ルール) 健康フライパン 28cm(家庭向け)』をおすすめします! 丈夫で長持ちなうえに、食材を美味しく調理できるので、一生使えるフライパンですよ!.

次の

長持ちする【フライパン】おすすめランキング15選!IH・ガス両方OKなアイテムも|たべごと

高級フライパン

高級フライパンの3つの特徴• 値段が5,000円以上 モノシル編集部の調査の結果、品質が高いフライパンは、5,000円以上の商品が多いです。 最高品質のフライパンを選ぶなら、5,000円以上を1つの目安にしましょう。 10年以上使い続けられる 高級なフライパンは、コーティングの耐久性が高いものや、素材が丈夫なものが多いです。 使い方によっては、10年どころか、一生使えるフライパンが多いですよ。 デザイン性が良い 高級フライパンは、性能はもちろん、デザイン性が高い商品が多いです。 この記事で紹介するフライパンも、キッチンに映えるおしゃれなものを選びました。 これから紹介する高級フライパンは、以上の3つの特徴を持っています。 高級フライパンとして、品質の高いものだけを選んだので、安心して選んでくださいね! おすすめの高級フライパン16選 ここからは、おすすめの高級フライパン16選を紹介していきます。 値段別に、次の2つに分けて紹介しますね。 1万円以上のおすすめ高級フライパン9選• ruhru(ルール) 健康フライパン 28cm(家庭向け)• フィスラー フライパン 24cm• VitaCraft(ビタクラフト) ヘキサプライ 27cm• 中村銅器製作所 銅製 フライパン 24cm• ホリエ 3層チタン鍋 ティアラ 27cm• スキャンパン Classic ソテーパン 20cm• GSW NANOPAN(ナノパン) 24cm• 長谷元 純チタン 木柄フライパン 26cm• 長く使えるだけでなく、料理も美味しく作れるので… 値段は少し高いですが "一生モノのフライパン"として、非常におすすめです! 1万円以上のおすすめ高級フライパン9選• ruhru(ルール) 健康フライパン 28cm(家庭向け)• フィスラー フライパン 24cm• VitaCraft(ビタクラフト) ヘキサプライ 27cm• 中村銅器製作所 銅製 フライパン 24cm• ホリエ 3層チタン鍋 ティアラ 27cm• スキャンパン Classic ソテーパン 20cm• GSW NANOPAN(ナノパン) 24cm• 長谷元 純チタン 木柄フライパン 26cm• オークス ameiro フライパン 銅 20cm 「どのフライパンが良いか決められなかった…」 そんな人には、10年保証のついた一生モノのフライパン『ruhru(ルール) 健康フライパン 28cm(家庭向け)』をおすすめします! 丈夫で長持ちなうえに、食材を美味しく調理できるので、一生使えるフライパンですよ! 5千円以上、1万円未満のおすすめ高級フライパン7選• turk社 クラシックフライパン 24cm• FDSTYLE 鉄のフライパン 26cm• 北陸アルミニウム 業務用 マイスターBCフライパン 27cm• リバーライト 極 ジャパン フライパン 26cm• TVS社 SOLIDA チタンコート フライパン 26cm• 和平フレイズ レミパン イエロー 24cm• 宮崎製作所 ジオ ソテーパン 25cm 先ほど、紹介した最高級フライパンに比べると、値段は下がりますが、品質は十分に高いです。 「品質の高いフライパンが欲しいけど、最高級のフライパンは高いなぁ…」と感じた人におすすめですよ! 特徴やどんな人に向いているかも紹介するので、自分に合ったものを選んでくださいね! 1 turk社 クラシックフライパン 24cm 5千円以上、1万円未満のおすすめ高級フライパン7選• turk社 クラシックフライパン 24cm• FDSTYLE 鉄のフライパン 26cm• 北陸アルミニウム 業務用 マイスターBCフライパン 27cm• リバーライト 極 ジャパン フライパン 26cm• TVS社 SOLIDA チタンコート フライパン 26cm• 和平フレイズ レミパン イエロー 24cm• 宮崎製作所 ジオ ソテーパン 25cm もし、どれを選ぶべきか決められなかった人は、使いやすくて耐久性の高い『TVS社 SOLIDA チタンコート フライパン 26cm』がおすすめですよ! 続いては、「自分好みのフライパンの選び方を知りたい!」という人向けに、選び方のポイント紹介します。 選び方の4つのポイント• 使いやすい重さで選ぶ• 管理の手間の少なさで選ぶ• 見た目のおしゃれさで選ぶ• 得意な料理で選ぶ それでは、順番に説明していきますね! 1 使いやすい重さで選ぶ 選び方のポイント1つ目は、 "使いやすい重さで選ぶこと"です。 洗う時や、料理を皿に盛り付ける時など、フライパンを持ち上げる場面が多くあります。 なので、料理をする機会が多い人は、重さに注目して、フライパンを選ぶと良いですよ! フライパンは、素材に使われている金属によって、重さが変わります。 腕の力が弱い女性や、お年寄りの場合は、チタンやアルミ製のフライパンがおすすめです。 逆に、鉄やステンレス、銅のフライパンは、重い商品が多いですよ。 重さに注目してフライパンを選ぶ時は、以上の素材の違いに注目して、選ぶようにしましょう! 素材名 画像 重さ ステンレス 重い 鉄 重い アルミニウム 軽い チタン 軽い 銅 重い そして、この記事で紹介した高級フライパンの中で、使いやすい重さのフライパンがこちらの3つです。 見た目がおしゃれな高級フライパン2選• ステンレス製なら:『 』• 銅製なら:『 』 ぜひ、参考にして選んでくださいね。 「おしゃれさにこだわったフライパンを、もっと知りたい!」という人は、こちらの記事も参考にしてください! 4 得意な料理で選ぶ 選ぶポイントの4つ目は、 "得意な料理で選ぶこと"です。 「料理を美味しく作りたい!」という思いから、良いフライパンを欲しい人は多いですよね。 そこで、フライパンを選ぶ時には、得意な料理で決めるのがおすすめですよ! 実は、フライパンの素材によって、得意な料理が少しずつ違います。 あなたが得意、もしくは好きな料理は、どの素材のフライパンに向いているのかを確認しましょう! 画像 特徴 得意料理 おすすめ商品 鉄 ・強火で一気に焼き上げられる ・外はカリッと、中はジューシーに焼き上げる料理が得意 ・炒めものや焼く料理が得意 ・ステーキ ・チャーハン ・炒めもの アルミ ・効率的に水分を飛ばせる ・水分が多い料理の旨味を濃縮させるのが得意 ・パスタ ・リゾット 銅 ・じっくり均一に火を通せる ・火加減の調整がしやすい ・煮込み料理や卵料理が得意 ・パンケーキ ・クラムチャウダー 好きな料理や、得意な料理の仕上がりにこだわるなら、フライパンの素材に注目するのが大切ですよ! ちなみに、ステンレスとチタンには、得意料理がありませんが、苦手な料理もありません。 万能さを重視するなら、ステンレスかチタンがおすすめですね! ぜひ、参考にして選んでくださいね。 いかがでしたか? 以上のポイントに注目すれば、あなたにあった高級フライパンを選べますよ! 最後にもう一度、4つのポイントを振り返っておきましょう。 選び方の4つのポイント• 使いやすい重さで選ぶ• 管理の手間の少なさで選ぶ• 見た目のおしゃれさで選ぶ• 得意な料理で選ぶ 購入前に、あなたの重視するポイントを確認してくださいね! 目的にあったフライパンをもっと知りたい人は、こちらの記事もご覧ください! まとめ:高級フライパンを使って料理をもっと楽しもう! いかがでしたか? "おすすめの高級フライパン16選と、フライパンを選ぶポイント"を紹介してきました。 「どのフライパンが良いか決められなかった…」 そんな人には、10年保証のついた一生モノのフライパン『ruhru(ルール) 健康フライパン 28cm(家庭向け)』をおすすめします! 丈夫で長持ちなうえに、食材を美味しく調理できるので、一生使えるフライパンですよ!.

次の

フライパン「2万回こすって分かった」焦げ付かない最強の1本はこれ!

高級フライパン

一生モノのフライパンが欲しいです。 ピカピカでアイランドキッチン映えする、高級なやつを…。 ネットのご意見ではフッ素樹脂無い系(金属素材そのまま)フライパンは、調理と手入れに手間がかかるようですから、 ・平日は手入れしやすさ重視・見た目不問、安いやつでOK ・休日は調理気分盛り上げ重視・見た重視、高級系 を考えています。 マイホームの機会に調理器具にこだわってみたいんです(嫁ブロック突破まだですが…)。 でもウチの地元では調理器具いっぱい売っているお店でも、なかなか高級系が探せないんですよね~。 漠然としたイメージですが「アイランドキッチンに似合うフライパン」が欲しいんです! 一生モノが欲しいので本当は直に手で触れてみて選びたいですが…、地方はネットに頼る必要があります。 パソコン・スマホのディスプレイを通したキレイに映った写真と、ちょっとしたレビューで判断するしかありません。 まるで写真とちょっとした文通だけで結婚相手を決めていた「」の昭和初期のよう…。 自然な出会いができる都会はうらやましいなぁ。 地方の一生モノ探しは昭和初期ですw いったんお値段は不問。 もし厚めボーナス出たらワイフにサイフ緩めてもらう交渉をしますw 今ウチで使っているMEYER(マイヤー)のフライパンの使い勝手は 1年前ぐらいに買ったマイヤーのフライパン。 古くなったフライパンの買い換えで行った店で、たまたま見つけた商品です。 値段は5000円のやつが半額2500円ぐらいでゲットしました。 低価格帯の中では高級部類ですね。 長く使えるようにと期待してこいつをゲットです。 マイヤーフライパン:外側の見た目 ステンレス製で外側はピカピカして見栄えは良いです。 周りの景色を反射して、イイ感じの金属美を放っています。 IHで調理しますので外側は焦げ付かず、光沢を長い間保てます。 IHと光沢系のフライパンや鍋は相性がいいですね。 底はちょっと色付いていましたが、横からは見えません。 これぐらいならこの使えば落ちそうです。 同じ料理するなら見て呉れが良い調理器具が気分がいいです。 旧宅での安物ガスコンロは、汁だれが炎で炙られ焦げ付いたり、たまにオレンジの炎でススがついて汚れ落としをがんばっていました。 (不完全燃焼あぶなw) 今はウチのアイランドキッチンとIHにマッチしていると思います。 マイヤーフライパン:内側の性質 内側はフッ素樹脂加工が施されており焦げ付きにくくなっています。 油が少なくてもスルっと食材が剥がれます。 また、少々焦げ付いてもキッチンペーパでぬぐうと簡単に焦げが落ちます。 いったん温めると長い間熱を保てます。 調理が終わったらすみやかに皿に盛り付けないと、チリチリずっと加熱され、食材がクッタクタになっちゃいます。 また底の厚みがあるおかげで局所的な高熱にならないから、焼きムラが出にくいですね。 一応、の機能として、鍋肌全体を加熱する機能があり、鍋底の一部だけが極端に熱せられないようになっています。 そのおかげもあるかもですが。 マイヤーフライパン:重さ 全体的に肉厚のフライパンであるため結構重いです。 1kgぐらいかな。 特に具材の量が多かったり液体感強い料理だと重さが増し、片手でのあおりと盛り付けで左手プルプルです。 でもだんだん慣れてきました。 自然と腕と手首の筋トレになりますね。 妻は今でもきつそうですが…。 でもIH天板に置いたまま使えば重さは問題ありません。 重量ある分、菜箸で食材混ぜている途中もフライパンがぐらつかず安定しています。 マイヤーフライパン:深さ 使ってみてちょっと浅いと感じました。 5cmぐらいです。 材料を菜箸やあおりで撹拌するとピョンピョン飛び散ります…。 前のフライパンは7cmぐらいの深さで、持ち手の向こう側はさらに深い形のやつだったので、少々手荒に撹拌しても飛び散りにくく、その慣れから、マイヤー使い始めてしばらくは食材がこぼれまくりです。 野菜炒め(ちゃんぷるー)をよく作るので材料のあおりが良くあります。 すこし慣れましたが今でも飛び散らせてしまいますね。。 フライパンあおったり菜箸でがしゃがしゃ撹拌しない魚・肉のソテー系料理なら問題ないですが、中華のような撹拌多い料理は5cmの浅いフライパンは飛び散り覚悟です! 収納と出費に余裕があれば料理に合った鍋揃えるべきですねw アイランドキッチンにもっと映えるカッコいいフライパンが欲しい ザ・ 物欲です! 必要に迫られているわけじゃありません。 今の「マイヤー」で事足りているし、もっと安いフライパンでも十分料理できます。 トーシローの家庭料理なのでフライパンによる味の違いも分かりません。 でもでも、 欲しいんです! 一生モノといえる高級調理器具が。。。 自分の顔や室内がくっきり反射する、ピッカピカの金属美を放つプロ仕様のやつが。 「この鍋じゃないとこの味がだせねぇ」 っていつか言えるかもしれない、とってもイイやつが! これまでは1000円程度のテフロン加工の、すぐはげる、2年使ったらポイ系のフライパンでした。 新築しましたし、一つぐらいイイやつ欲しいです。 「この鍋は20年使い込んでいるんだよ、大切に使ってな」 と子供たちにモノを大切にする心を教育できそうかな、とか思ったり。。 今は仮で使っているつもり…、いつか一生モノが欲しい…。 いつかはゆかし、、じゃなくて、いつかは一生モノ鍋を。 (ちょ、語呂感がイマイチですが…) しかし冒頭でも述べたようにフッ素樹脂加工(テフロン加工)されていないフライパンは、調理と手入れに手間がかかります。 なので平日用と休日用で使い分けたらいいかなと。 週末は気分わくわくするプロ仕様鍋・フライパンでエレガントに料理したい、…プチ贅沢です。 でもできれば普段使いもできる高級品が一番ですけど。 腕が上がればコレ一本というフライパンが見つかりますかね? 私は地方住まいなので一生モノ探しは困難、 「昭和初期の出会い」ですので、ネットお見合いです。 …ちょっと調べてみるとどうやら「銅」が良いらしいですね。 それぞれ一長一短があり、使用環境、使い方、料理の向き不向きで選ばれると思います。 また以下は内側フッ素加工系ではなく、金属素材そのままのフライパンで解説しています。 フライパンの素材:銅 銅の特徴• 熱伝導に優れているためまんべんなく鍋全体に熱が伝わる、熱ムラが少ない• 銅は水に触れると銅イオンが発生し殺菌作用働く• 銅は緑青(ろくしょう)と呼ばれるサビが発生し、それが食品に触れるととってもキモいので「銅鍋の内側はメッキをしなさい」というルールが食品衛生法によって定められている• トマトソースなどの酸性料理に弱い、煮物系・卵焼きに最適• IHで使うには「オールメタル対応IH」が必須 鍋全体に熱が伝わる性能により、グッと高温にする料理ではなく、全体をやんわり温めて調理する系が良いです。 法律でも定められているように、内側は腐食防止でメッキやステンレス張り合わせ加工の製品が大半です。 参考:銅製又は銅合金製の器具及び容器包装は、その食品に接触する部分を全面スズメッキ又は銀メッキその他衛生上危害を生ずるおそれのない処置を施さなければならない() 銅は不思議なパワーがあります。 「ボルタ電池」で銅が使われますが、塩気の水に触れると電流(正しくは銅イオン)が発生します。 これで殺菌作用が働きます。 O-157とかインフルエンザウィルスとかほげほげ菌が死滅します。 その手の商品もありますよね。 でも「熱すればすべて殺菌されるんじゃ?」と思っているので、銅フライパンの殺菌効果については気にしていません。 気にしているのは「熱伝導」と 「金属美」です。 また酸化するとサビである、奈良の大仏や自由の女神の表面の青い物質「緑青 ロクショウ」が発生しますがこれは人体に無害です。 銅製品は緑青が発生し、キレイに保つための手間がかかる 内側はメッキしなさいの法律ルールがあるのでピカピカを保ちやすそうですが、外側表面の銅色はだんだんと黒ずみ、緑青も発生してくるとのこと。 手入れ方法がネットで多数紹介されています。 ん~ちょっと大変そう。 でも、 手間をかける=愛着を持って大事に使う と思うのでぜひ使ってみたいですね。 また栄養素でもあるから「銅を食え」とでは言っていますから、銅フライパンは健康にも良さそう? フライパンの素材:ステンレス ステンレスの特徴• サビが付きにくい• 金属美できれい、「お、プロっぽいね」と思える• 熱伝導性が弱い、一般的に肉厚製品が多く熱すると余熱を保つ• 焼き方にコツが必要で焦げ付きやすく、フッ素樹脂使い慣れた人は当初「つかえねっ(怒」となる フライパンの素材:アルミ アルミの特徴• 白い粉状のサビが付きやすい、黒ずみが出やすい• 熱伝導性が良く煮物系向き、ゆきひら鍋や寸胴の素材• 蓄熱性が悪いので焼いたら熱がすぐ冷まるためステーキ焼くには不向き• 軽いので材料をあおりやすい• 高温に弱い フライパンの素材:鉄 鉄の特徴• すぐサビ付くため、洗った後は油で拭くなど日々のメンテが素人にはだるい• 黒々とした肉厚重厚な製品だと「お、本格的やなっ」とプロっぽい気分に• 蓄熱性があり中華料理などの高温必要系料理に向いている• 栄養素の「鉄分」も取れる、貧血の方におすすめ フッ素樹脂加工(テフロン加工)されていない「鉄」は、食材が非常にくっ付きやすく素人には難しいです。 フッ素加工系は空焚きNG、中火までの使用が推奨されています。 中華やステーキがお似合い。 肉汁をギュッと閉じ込めるには表面をしっかり焼き入れる火力、フライパンの蓄熱性が必要です。 フライ返しでゴシゴシ少々手荒に扱っても問題なし。 洗った後は油で拭くなど日々のメンテに手間がかかるので愛情を持って接する必要がありますね。 プロは次々調理するので鍋は常に油まみれ…ですが、素人家庭料理だと調理終わり次第収納する必要があります。 油塗ったら他のフライパンや鍋との重ね収納に難…。 鉄フライパンの参考: 高級フライパンあれこれ 平日普段使いでも休日えせプロ気分使いでも、検索して気になったフライパンをいくつか紹介します。 近所で現物見れないので…じっくり時間かけて探しています。 ン万円上等! モービル社(Mauviel)の「カパーイノックス」シリーズ 「カパーイノックス」とは「CUIVRE INOX:銅鍋の内側ステンレス加工」を指します。 見た目の美しさ&高馬力な6MT。 しかも二人乗りで応用の幅が狭い、素人には贅沢な逸品。 選ばれし者が持つべきもの…。 私の好み的に持ち手のプラスチックがオシャレさ下げているのだが…。 持ち手もメタルであって欲しかった。 近距離も遠距離もエレガントに何でも乗りこなす。 さすがダイヤモンド…と言いたいが「金属ヘラ」「空焚き」NGの条件付きなのは、やはり内側加工系の宿命。 ・調理した食材が焦げ付きにくい内側加工系では上位レヴェル。 普段使いにおけまる。 ・10年保証付き…内側加工剥がれたら再コーティングを、購入1年以内は無料、2年目以降5000~7000円にて。 ・IHに一応対応している。 メーカーサイトにて不安な但し書きがある ほとんどのIHクッキングヒーターで使用することが出来ますが、稀にアルミニウム素材が扱えないIHがございますので、ご購入前にIHの取扱説明書もしくは、お使いのIHのメーカー様にご確認をお願いいたします。 普段使いに最適。 をもろ受けていますorz... 今のところステンレスが良さそうか…。 フライパン使ってる最中に気分さえ上がればOK。 ウチのIHびっくリングのような、オールメタル非対応でも使用OKの、見て呉れシャレオツなピッカピカのフライパンが欲しいです。 IHを採用予定の方へ。 「欲しいフライパンがあるけどIH非対応で買えない」 という悩みを持つかもしれない覚悟で導入をご検討ください。 こんな感じのイメージのIH対応銅フライパン、あったら教えてください! モービルのコレ…欲しい 泣泣.

次の