台風 被害 状況 15 号。 台風15号被害状況|人見神社

台風19号による被害状況及び県の対応状況について(第19報)

台風 被害 状況 15 号

内線電話番号:8181 直通電話番号:048-830-8181 Email: 令和元年10月21日 14時00分現在 これは速報であり、数値等は今後も変わることがあります。 概況 アンダーラインは前回からの変更箇所 <生命に関する情報>• 避難指示(緊急)、避難勧告 解除• 避難準備・高齢者等避難開始 解除• 避難所等の開設 開設あり• 避難者数 122人 <生活に関する情報>• 電力 停電県内全域解消• 通信・ガス 障害情報なし• 鉄道 一部運休• 道路 一部通行止めあり <被害の概要>• 人的被害 死亡2名、重症1名、中等症7名、軽症22名• 住家被害 合計 4,831棟 全壊 6棟 半壊 8棟 一部破損 73棟 床上浸水 2,106棟 床下浸水 2,638棟 <県の対応>• 災害対策本部を設置し被害情報の収集、応急対策等を実施 参考.

次の

2019年度 台風一覧 被害と対応状況を総まとめ【台風20号/21号情報】

台風 被害 状況 15 号

内線電話番号:8181 直通電話番号:048-830-8181 Email: 令和元年10月21日 14時00分現在 これは速報であり、数値等は今後も変わることがあります。 概況 アンダーラインは前回からの変更箇所 <生命に関する情報>• 避難指示(緊急)、避難勧告 解除• 避難準備・高齢者等避難開始 解除• 避難所等の開設 開設あり• 避難者数 122人 <生活に関する情報>• 電力 停電県内全域解消• 通信・ガス 障害情報なし• 鉄道 一部運休• 道路 一部通行止めあり <被害の概要>• 人的被害 死亡2名、重症1名、中等症7名、軽症22名• 住家被害 合計 4,831棟 全壊 6棟 半壊 8棟 一部破損 73棟 床上浸水 2,106棟 床下浸水 2,638棟 <県の対応>• 災害対策本部を設置し被害情報の収集、応急対策等を実施 参考.

次の

2019年9月台風15号被害

台風 被害 状況 15 号

経済産業省関連の被害状況は、現時点で把握している限りでは以下のとおりとなります。 Twitter「」でも、最新状況を発信しています。 大半は11日夜までの解消。 人的被害は無し。 現時点では、6本中4本は回収済み。 残りの2本は崩れかかった建物の下に転がっている状況で未回収。 人的被害は無し。 3.高圧ガス・火薬類 〇高圧ガス工業 株 横浜営業所が浸水し、高圧ガスボンベが容器置場から敷地外へ流出した。 現在、流出ボンベはすべて回収済。 ガス漏洩はなし。 4.石油・コンビナート (1)製油所・油槽所 〇JXTGエネルギー 株 の2製油所(根岸製油所及び川崎製油所)、コスモ石油の1製油所(千葉製油所)について、一部精製装置が停止中。 (出荷機能には影響なし) いずれの装置も数日中に復旧見込みであり、在庫も十分にあるため、地域の安定供給には支障がない見込み。 (2)コンビナート 〇JXTGエネルギー 株 袖ケ浦事業所で、倉庫内の製品缶から潤滑油50リットルが漏洩したが、既に回収済。 なお、海上流出及び人的被害はなし。 海上流出なし。 現在、詳細を確認中。 排水溝にて塩酸の濃度を測定したところ1%未満であることを確認した。 (なお、石災法上の事故には該当しない。 燃焼放散塔の上部50mが倒壊し、集塵配管と転炉ガス配管を破損。 発生当時は台風対策により、転炉は稼働しておらずガスの漏えいはなかった。 人的被害等の詳細は調査中。 10日14時時点で軽油300Lが漏えい。 内訳は、船デッキ上へ100L、海上へ200L漏えい。 船のデッキ上への漏えいについては、吸着マットにて回収済み。 海上への漏えいについてはオイルフェンスにて対処中。 (3)石油パイプライン 〇成田国際空港 株 の千葉港頭石油ターミナル4・5号さん橋(東京湾に位置)の 消化機能停止については復旧完了済み。 これにより、4・5号さん橋からの航空燃料の荷揚げが通常運用に復旧済み。 〇商用電源(東京電力)の停電に伴い、パイプラインによる荷揚げした燃料の空港までの送油が停止中。 〇空港にある燃料タンクに 7. 5.SS 〇 設備被害により、千葉県内で7か所、神奈川県内で4か所、茨城県内で1か所のSSにおいて、営業停止を確認。 また、停電により、千葉県内で30か所、茨城県内で7か所、東京都内で2か所のSSにおいて、営業停止を確認。 引き続き情報収集中。 6.LPガス備蓄基地、充填所 〇LPガスオートスタンド(LPガス自動車への給ガス施設)について千葉県内で2カ所、停電により営業停止。 メインのユーザーであるタクシー事業者に対して、すでに近隣のスタンドを紹介済。 〇サプライチェーンへの影響はないとする企業が大半となってきたが、確認中の企業を含め引き続き注視。 担当 大臣官房 広報室長 野澤 太刀川、藤井、内田 電話:03-3501-1511(内線 2276) 03-3501-2857(直通) 03-3501-6942(FAX).

次の