逆さ バイバイ 一 歳。 クレーンと逆さバイバイ

逆さバイバイは発達に問題がある?注意をしたい子供の様子

逆さ バイバイ 一 歳

クレーン現象とは 欲しいものがある時に母の手を引っ張って手を道具のように使って物をとろうとする行動。 自閉症スペクトラム障害の子は言語的に要求をしたり指さしをすることが苦手なことから、クレーン現象が多く見られがちです。 りんのクレーン現象が表れた時 りんのクレーン現象が表れたのは、 1歳半過ぎたころでしょうか。 その時の言える言葉は、ママ、バイバイ程度でした。 まだ診断されていない時でしたが、自閉症の子の症状としてみられるクレーン現象というのは知っていました。 知っていたのは、友達の子供が自閉症でそのような行動をすると聞いたからです。 ただ、その現象は見たことはありませんでした。 歩けるようにもなり、少しずづ 意思表示というものが見られた頃から。 自分のほしいものを得るための道具のように私の手を引っ張って、要求を満たしたり、してほしいことを ぐっと手を引っ張って私にさせようとしました。 お菓子を食べたい時に、お菓子のところに私の手を道具のように持っていって、開けてを要求。 その時は、 全く目はあっていません。 その時にあれ?おかしいと思いました。 でも気のせいだと思いたいので、コミュニケーションの方法を教えたいと思い「あけて!」って言うんだよ。 と言いましたが、 その時も私の言葉は入っておらず目もあっていませんでした。 本当におかしいなと確信したのが、私の手を持っていった時に「りん、何?どうしたの?」と目が合うまで要求に応じないようにしましたが、全く私の目を見ようとしませんでした。 また、 0 歳児、 1 歳児の時期は言葉で「ママ、あれ取って」と言えません。 指差しは言葉の前段階と言われています。 この指差しが、りんにはありませんでした。 同じ現象は定型発達の子にもある ただ注意したいのは「クレーン現象があるからといって自閉症スペクトラム障害とは言い切れない」ということです。 そのときに両親と表情のやり取りがあり、周りの様子を気にしているようであれば、正常な発達の一つの過程である可能性が高いと思われます。 逆さバイバイとは 手を振って挨拶する際に手の平を相手にむけて左右に振るのが普通です。 手の平を自分の方を向けて振るのが逆さバイバイです。 0 歳後半~ 1 歳になると、「こうやって相手に手のひらを見せてバイバイするのですよ」と特に教えなくても、自然にこれが出来るようになってきます。 これは、赤ちゃんでも相手と自分の立ち位置の違いがわかっていることを示しています。 ところが、自閉症の子は社会性、想像力、コミュニケーションの遅れがありますので、これがなかなか理解できません。 りんの逆さバイバイの症状が表れた時 りんの逆さバイバイが表れたのは、 1歳半過ぎたころ だったと思います。 1歳半のりんが、ゆういつとれるコミュニケーションはバイバイでした。 しかし、りんの場合、 逆さバイバイが常に出るわけではなかったのです。 典型的な逆さバイバイ• 普通のバイバイ りんは、上記のようにバリエーションを示しながら、 数ヶ月をかけて普通のバイバイになりました。 まとめ クレーン現象、逆さバイバイの症状は目に見えての自閉症の症状なので、その頃はとても気になりましたが、少しコミュニケーション出来ることが増えてきたり、言葉が増えてきた頃からなくなりました。 自閉症と診断される2歳半にはなくなっていました。 自閉症と診断された息子を受けいれた現在ではとても懐かしく思うくらいです。 自閉症の子は様々な想像力溢れた独特の行動をするので、大人はそれぞれの子いわば 俺流 を一度認めてから関わっていくと発達を促すことができるかもしれませんね。 最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

次の

1歳半の時に現れた自閉症の症状〜クレーン現象、逆さバイバイ〜

逆さ バイバイ 一 歳

一歳八ヶ月の娘が逆さバイバイをしています。 一歳頃からバイバイをしますが最初から逆さバイバイです。 自閉症などの障害の場合に多いと聞いて心配です。 他に気になるのは落ち着きがないことです。 この間の入園式でも一人だけ動き回りたくて暴れてました。 前まではスーパーのカートに大人しく乗ってたのですが最近は大人しくしていません。 言葉は特に遅いとは感じませんし、一生懸命宇宙語で話しかけてきます。 表情も豊かで一人遊びもしますが一緒に遊ぶことも好きです。 わりと人懐っこくて入園初日も、たまに思い出して泣くぐらいでご機嫌だったそうです。 人見知りをあまりしないのも気になりましたが今日の朝は私に手を伸ばして泣いていました。

次の

発達障害の症状

逆さ バイバイ 一 歳

スポンサーリンク 2語文が出てきたのは、2歳2ヶ月の時でした。 これは、早くはないですが、特別遅い方でもないと思います。 「ブーブー、落ちた」 「ご飯、食べる」 「線路、壊れた」 など、自分の気持ちや状況を説明する言葉については、 特に問題はありませんでした。 でも、 「自分の要求を伝える言葉」。 これについては、とっても変でした。 例えば、カズがお茶を飲みたい時、私に、 「お茶飲む?」 と言ってくるなど、私が子どもに聞く時の言葉を、 そのまま自分の要求を伝える言葉として使います。 自分と相手の立場を入れ替えて考えることができないんですね。 その弱さは、 「逆さバイバイ」という形でも現れました。 カズがバイバイをする時、いつも手のひらが自分に向いているので、 その都度、「反対だよー」と言って直していました。 反対なのは、お遊戯をするときも同じです。 この頃、カズは「おかあさんといっしょ」や「しまじろうのDVD」に合わせて、 よくダンスを踊っていたのですが、ことごとく手の向きが逆でした。 逆さバイバイについては、こちらにも記事があります。 2歳代で、他に気になった症状は、 「物を横目で見る」ことです。 一緒に買い物に行くと、横目をしながら棚の前を行ったり来たりしていました。 フェンスの横を通ると、横目でフェンスを見ながら歩いていました。 視覚刺激ですね。 自閉傾向のある子は、視覚を刺激する遊びが好きなのですが、 カズの場合、 横目で物を見る 物を目に近づけて見る テレビのエンドロールを顔を寄せて見る 手を顔の横で振って見る お箸や鉛筆など尖ったものを目に近づけて見る などの行動をよくしていました。 大体のものは幼稚園くらいでしなくなったのですが、 今でも、お箸や鉛筆を目に近づけて見ていることがあります。 2歳代は、奇異な行動は色々とありましたが、 人に迷惑のかかるようなものはなかったので、 今から思えば楽だったなと思います。 でも、さすがに2歳半健診では 「発達検査」を勧められました。 積木は積み上げずに、並べて遊ぶ。 保健師さんに促されて何とか2つ3つ積み上げても、すぐに自分で壊してしまう。 積木で「トラック」を作れない。 こりゃダメだという感じでした。 そして、保健所で 「K式発達検査」を受けた結果、 心理士さんから「半年遅れですね。 もう少し様子を見ましょう。 」 と言われました。 その後、保健所からは何の連絡もありませんでした。 それは、私が住んでいる市には、うちの子のような、 微妙なラインの子を受け入れるための教室がなかったのだと思います。 【次の記事】 -.

次の