承服 し かねる。 「承服」は正しい敬語?意味や例文・使い方・類語も紹介!【状況別】

「できかねます」の敬語の意味と代わりに使うべき言葉【致しかねます】

承服 し かねる

日常的な会話で使用している言葉をビジネスシーンで使うと、失礼だと思われたり、無知な印象を与えたりする可能性があります。 文法や言葉の使い方としては誤っていない言い回しでも、表現次第では稚拙な印象になることもあるため、ビジネスシーンでのコミュニケーションでは、なるべく丁寧であらたまった言い回しをした方が良いでしょう。 例えば、依頼などを断る際は、「できません」「やれません」などと答えるよりも、「出来かねます」「いたしかねます」といった言い回しにした方が、より丁寧な断わり方をすることができると考えられます。 今回は、上記でも挙げた「いたしかねます」と言う言葉をテーマにして、基本的な意味や使い方をご紹介していきます。 「いたしかねます」の意味・使い方 まずは最初に、「いたしかねます」という言葉の基本的な意味や使い方について見ていきます。 「いたしかねます」という言葉は、ビジネスシーンでは比較的頻繁に使われる表現の1つとなっています。 意味や使い方を覚えておくと、さまざまな場面でいろいろな使い方をすることができるので、ぜひ覚えておきましょう。 「いたしかねます」の意味 早速、「いたしかねます」の基本的な意味について確認していきましょう。 「いたしかねます」という言葉の意味について調べてみたところ、「weblio辞書」にて以下のような意味が掲載されていました。 できない、することに堪えられない、などの意味の表現。 丁寧に断る、または拒否の意を表す際の表現。 上記の解説から、「いたしかねます」という言葉は、「できない」「やれない」といった言葉をより丁寧に表現した言葉だと言うことができそうです。 相手との関係性にもよりますが、ビジネスシーンでは、できるだけ敬語などを使用し、丁寧に表現することが大切だとされています。 ですから、依頼などを断る際も、「できません」などと伝えるよりも、より丁寧な表現である「いたしかねます」を使用することの方が多いと予想できます。 「いたしかねます」の使い方【1】:対応いたしかねます 続いて、「いたしかねます」の一般的な使い方について見ていきましょう。 単にどのように使うかご紹介していくよりも、例文などを通して使い方をご紹介した方が、理解しやすいと予想できます。 ですから今回は、「いたしかねます」を使用した言い回しやフレーズ別に、意味や使い方をご紹介していきます。 「いたしかねます」という言葉を使用した言葉の1つに、「対応いたしかねます」という言い回しがあります。 「いたしかねます」という言葉は、上記でもご紹介したとおり、「できません」などの意味があると考えられます。 ですから、「対応いたしかねます」というフレーズには、「対応できません」という意味があると言えるでしょう。 使い方としても、言葉の意味のとおりとなっており、相手の依頼や頼み事に対して、対応できない時や引き受けられない時などに使用する言い回しだと言えそうです。 「いたしかねます」の使い方【2】:回答いたしかねます 「いたしかねます」という表現の使い方の1つとして、「回答いたしかねます」という言い回しも挙げられます。 上記でご紹介した「いたしかねます」の意味のとおり、「回答いたしかねます」という言い回しの場合も、「できない」「不可能」といった意味で使用されています。 ですから、「回答いたしかねます」という言い回しは、「回答できません」という意味となります。 主な使用例としては、「当選者の発表については、回答いたしかねます」「選考の結果については、回答いたしかねます」といった言い回しが考えられます。 「いたしかねます」の使い方【3】:保証いたしかねます 「できません」などの言い回しの丁寧な表現である「いたしかねます」という言い回しは、「保証いたしかねます」という使い方をするケースもあります。 「保証いたしかねます」という言い回しは、保証できない場合や、何らかの保証の条件について説明する場合などに使用される言い回しです。 保険の内容や購入した商品の修理をする際の条件などを説明する場合などに使われることもあり、「水没による故障は保証しかねます」といった使い方ができると考えられます。 「いたしかねます」の敬語 ここまで、「いたしかねます」の基本的な意味や使い方についてご紹介しましたが、目上の人に対して使用する場合、どのような言い方で表現すれば良いのか、考えていきます。 結論から言うと、「いたしかねます」という言葉は、既に敬語表現として見做されるものとなっています。 「いたしかねます」がどのようなタイプの敬語なのか、以下のような見解も存在しています。 「致しかねます」は敬語表現である点です。 「致す」は「する」の謙譲語なので、「致しかねます」は敬語の謙譲表現となります。 上記の解説から、「いたしかねます」という言い回しは、自分の言動を謙って表現することで相手へ敬意を払う、謙譲語であることが読み取れます。 上記のような見解から、「いたしかねます」という言い回しは、敬語表現の1つと言えるでしょう。 ですから、「いたしかねます」という言い回しは、目上の人に対して使用しても、問題ない言葉だと言えそうです。 上記では、「いたしかねます」と同じような意味を持つ表現や類語・同義語をご紹介しました。 「いたしかねます」の類語・同義語は複数存在しますが、その中でも「出来かねます」という表現は、「いたしかねます」と意味や響きが似ていることもあり、混同しやすいと予想できます。 そこで続いては、「いたしかねます」と「出来かねます」の違いについて考察していきます。 「出来かねます」の意味 「いたしかねます」と比較するためにも、まずは「出来かねます」という言い回しの意味について考えていきましょう。 「出来かねます」という言い回しの意味について、「weblio辞書」では以下のような解説を掲載しています。 するのが難しい、出来ない、などの意味の言い回し。 この場合の「かねる」は「引き受けかねる」「対応しかねる」「見かねる」などと同様に、「しようとしてもできない」「堪えられない」などという意味。 上記の解説から、「出来かねます」という言い回しには、「できません」という意味があると言えそうです。 また、やる意思はあるもののできないことを表現したり、堪えることができない状況を伝えたりする場合にも使える言葉です。 続いて、「いたしかねます」をメールで使用する場合の使い方について見ていきましょう。 「いたしかねます」をメールで使用するシーンとしては、相手の依頼や頼みを断ったり、相手の力になれそうになかったりする場合が多いと考えられます。 上記でも何度かご紹介していますが、「いたしかねます」には「できません」という意味があります。 しかし、ビジネスメールにおいて、「できません」という表現を使用すると、不愛想な印象や唐突な印象を与えてしまう危険性があります。 そのような時に、「いたしかねます」へと言い換えて表現することで、印象を柔らかくしたり、相手へ敬意を払いつつ断ったりすることができる可能性があります。 「いたしかねます」の漢字 続いて、「いたしかねます」の漢字表現についてご紹介していきます。 「いたしかねます」の漢字表記として一般的なのは、「致しかねます」という表記だと言えるでしょう。 しかし、「致しかねます」という漢字表記については、以下のような見解も存在しています。 「致す」はそれ自身が動詞であり、「届ける、至らせる、及ぼす、引き寄せる、仕向ける」などの意味があります。 補助動詞として使う場合は、ひらがなの「いたす」を使います。 上記の解説から、「いたす」という言葉には「致す」という漢字表記も存在するものの、言葉の使い方によって、漢字表記とひらがな表記のどちらが適切かは変わってくるということが読み取れます。 ですから、「いたしかねます」の場合も、言葉の意味や使い方を考えて、ひらがなと漢字、どちらの表記にすべきか考えることが大切です。

次の

【例文あり】知っておきたい「承服」の意味と使い方 【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】 2ページ目

承服 し かねる

そしてイオンは技術・知識ではなく、叙情詩人やバッコスの信女や神託の巫女らと同じように、神的な力によって動かされ、知性・正気を失い、狂乱・神がかり状態において、それを行なっているのだと指摘する。 イオンは半ば納得しつつも、承服しかね、その技術の高さを示そうとする。 ところが、今度は株持ち酒屋たちと彼らに政治献金を受けている幕閣たちの激しい抵抗が起こり、幕府はみたび文化11年、無株者と休株の酒蔵、ならびにこれから新規に酒造りに参入しようと志す者は次の示達あるまで酒造りを禁ずるとした。 これに承服しかねた無株者の酒屋の中には密造酒を作り売るものもあらわれた。 幕府は、なかば摘発になす術がなく、なかば自らの朝令暮改が混乱を招いていると知ったためか、かなり無株者の酒の密造を黙認し、見てみぬふりをしようとした。 川島はいったん矛を収めたが、承服しかねる表情に変わりはなかった。 法月綸太郎『生首に聞いてみろ』 より引用• 目立たないようにコーラルまで近づくことを思えば、確かに人数は少ないほうがいいのだ。 しかし、国王の傍についているのが、この少女一人だけというのは承服しかねる事態である。 … 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第01巻 「放浪の戦士」』 より引用• 子供だったのは確かだが、傷つきやすいというのは承服しかねるぞ、レイカー! 川原礫『アクセル・ワールド 05 -星影の浮き橋-』 より引用• さらに言へば、女の論説委員の数を制限しようとする態度もちらちら透けて見えるやうな気がする。 この理由から言つても承服しかねる内示だと弓子は思つた。 そして第三に、転出の理由が納得できないといふこともある。 … 丸谷才一『女ざかり』 より引用• ファランは承服しかねるといった表情を浮かべたまま、跳ね橋を渡りはじめた。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』 より引用• やはり、一度聞いた答えが戻ってきた。 だが、そうあっさりと神や宗教を説明されても、静香としては承服しかねるものがある。 羅旋を王に推戴する件は、まだ承服しかねるところもあるが、臨時の総大将と思えば納得できないこともない。 井上祐美子『五王戦国志8 天壌篇』 より引用• パン・ダン・チーは驚いて承服しかねるようにわたしを見たが、剣は鞘におさめた。 バローズ『火星シリーズ10 火星の古代帝国』 より引用• 私、黄蓋は孫家の恩顧を蒙っているが、このたびの東呉の決定には、どうしても承服しかねる。 中原百万の大軍に、江東六郡と山越の兵卒をもって当たろうとするのだから、その結果はわかりきっている。 … 陳舜臣『秘本三国志 05 五 』 より引用• それでなければ後にいろんな疑問がのこるわけだから、せっかくの犠牲が犠牲にならない。 それから、虹之助がすでに死んだと誤認して、毒を呷ったという説にも私は承服しかねる。 あのとき五郎はまだ、針金の一端を握っていたんですよ。 … 横溝正史『仮面劇場』 より引用• 彼はひとり残って、ノートを妻の買ってくれた新しい折りかばんにしまうと、キチイが持って来た新しい優雅な品々の置かれてある、新しい洗面所で手を洗いはじめた。 リョーヴィンは、自分の思いに微笑すると同時に、その思いに承服しかねるといったふうに、首を振った。 彼は悔恨に似た気持に悩まされていたのである。 … トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』 より引用• それどころか、総局が立てた路線計画にも介入し、収益の上がる線区を「軍事的に重要でない」として無理矢理変更したり、削除したりするという行為に出た。 これは鉄道会社である満鉄には承服しかねることであったが、関東軍の勢いの前に従うよりほかなく、泣き寝入りを強いられる。 このような軋轢により、これ以降協力関係にあった関東軍と満鉄の関係は急速に悪化し、互いに不信すら抱くようになって行った。 市民が、食糧問題にからんで、ごたついたとき、当局が、それに対して名づける罪名に事欠いていようとは、決して決して思われない。 法律だけで、現実の辛苦は解決しないから、その対象となった市民たちは、勿論承服しかねるのだが、そこに人間の心理の機微がある。 承服しない市民の感情が、どこに向うだろう。 … 宮本百合子『人民戦線への一歩』 より引用• 年少ゆえの移封であれば忠昌相続時の7歳の時点で行うべきであるところを、12歳まで成長した後の国替えだったからである。 しかも、それまでの奥平氏が10万石であったのに、正純になった途端15万石というのも承服しかねた。 そこで、異母弟の第2代将軍徳川秀忠に、日光へ参拝するため宇都宮城へ宿泊する際、正純には湯殿に釣天井を仕掛け将軍を暗殺するという計画がある、と洩らしたとされる。 牙城に迫られたわけである。 この 五たい ヽヽヽはいずれも現代女性の不満のありどこを象徴しているものと思われるから、まことに尤もであるが、尤もであるとうなずけるものの、私は心から承服しかねるのである。 この新五たいがみたされても、なお女には埋めて埋めつくされぬ空洞が残るであろう。 法科大学には金井延教授が経済学を講じているが、その中でドイツのゾチアリステン・ゲゼッツの話をする。 金井教授は社会主義と社会党とは不正不義なものであるという論で、自分たちとしては承服しかねる。 まだ文科のほうがその点いくらかましなようだが、それとても金井教授のように全面否定的に社会主義が講じられるだけである。 … 松本清張『小説東京帝国大学(上)』 より引用• それでもなお、承服しかねる気持ちがロレンスにはあった。 なぜか、ホロのせいだ、と言いたくなる。 つまり、この二朱銀二枚で一分だから、二枚と洋銀一枚という交換率を持ち出したが、そうなるとこれまで洋銀一枚で一分銀三枚としていた外国商人にとってはとんでもない切り下げとなる。 到底、承服しかねると談じ込まれて、再び幕府はこの二朱銀の鋳造を中止し、安政二朱銀は僅か二十二日間でその命を失った。 … 平岩弓枝『御宿かわせみ 33 小判商人』 より引用•

次の

「承服」の意味と正しい使い方の例文|承服できない/しかねる/する

承服 し かねる

「承服」には、似たような意味の言葉がたくさんあります。 「承服」はどのような場合に使用することが一般的なのでしょうか?「承服」の正しい使い方をマスターするために、意味や例文を分かりやすく解説していきます。 「承服」は、受け入れるという意味を持つ二つの漢字で成り立っている言葉です。 「承」は人の意見などを受け入れる、「服」は身に着けるという意味の他にも身体や心に受け入れて従う、という意味があります。 「承伏」と書くこともあり、古くは「しょうぶく」や「じょうふく」と、読まれていた時代もありました。 二つの漢字の意味から自ずと理解できるように「承服」には「承知して従う」という意味が込められています。 他者の主張や説得に対して、従う気持ちを表す言葉が「承服」なのです。 どのような場面でどれを使えばいいのか混同してしまうという人も多いかもしれません。 「承服」はビジネスシーンでは主に文語として使用され、文書やメールの中に登場することが多い言葉です。 ビジネスシーンの会話の中では上司に「〇〇をやっておいて」と、頼まれた場合「承服しました」と、返事をすると堅苦しいですよね。 目上の人に口頭で何かを指示された場合は「承知しました」あるいは「かしこまりました」などが正しい返事です。 それでは「承服」はどのような場面で使われるのでしょうか? 「承服」は相手の意見に賛同する際よりも、納得できないときに「承服しかねる」と、否定の意味で使われることが多いと言えます。 そのため、何かを辞退したいときや、申し出に対して納得できない際に使われることが一般的です。

次の