パーキング メーター 使い方。 パーキング・メーターのご案内

パーキングメーターについて質問します。都内で運転する仕事をしています。...

パーキング メーター 使い方

普段車を運転される人は、駐車する場合においてコインパーキングは無くてはならない存在なのではないでしょうか? 普段からコインパーキングを使用している人は、使い慣れているので何気なく利用されていると思います。 しかし、今までに一度も利用したことがないという人にとっては、初めて利用するので不安一杯だと思います。 基本的に無人なので、困った時に聞く人がいないというのも心理的に不安を増長させますよね。 最近のコインパーキングは無人で機械化されているので、初めての人には難しそうに見えてしまうのも仕方ありません。。 しかし、初めてでも手順は簡単なのですぐに駐車することが出来ますよ! 要は、使ったことがないので、大丈夫かな?という不安な気持ちがあるだけです。 そこで今回は、初めてコインパーキングを利用する人にも理解出来るように、基本的な使い方について丁寧にご説明します。 【スポンサードリンク】 コインパーキングの種類 コインパーキングには基本的に2種類あります。 ロック板式コインパーキング• ゲート式コインパーキング 【ロック板式コインパーキング】 ロック板式のコインパーキングは、駐車場に止められる車の数が比較的少ない小規模の駐車場に用いられることが多いタイプです。 入庫後、駐車すると下がっていたロック板が上がり、車は出せないようにロックされます。 出庫するときにお金を精算すると、ロック板が下がる仕組みになっています。 ロック板式では、極端な車高の車だとセンサーが反応せず、ロック板が上がらないような事例もあるそうです。 ロック板が上がらないのにそのまま駐車していると、不正駐車と見なされてしまいます。 入り口には必ず車の車高についての注意書きの説明などが記載されているので、ご自分の車が大丈夫なのか確認してみてください。 また最近では、ロックレスパーキングというのも増加しているようです。 ロックレスはロック板がないタイプの駐車場です。 ロック板があると車種によってロック板が接触してしまい車体に傷をつけてしまったり、不正駐車をする人が増加したりとトラブルが増えてきたために廃止しているところも多くなってきました。 ロックレスパーキングの場合は、ロック板はありませんが基本的な使い方は変わりません。 防犯カメラやセンサーなどでしっかりとナンバーを記録されているので、防犯面でも心配はありません。 【ゲート式コインパーキング】 ゲート式コインパーキングは、比較的大規模な駐車場に用いられているタイプです。 入庫時、出庫時ともにゲートバーをくぐって駐車します。 バック駐車が苦手な人もいらっしゃると思いますが、焦らないで落ち着いて駐車しましょう。 ですので、精算したら速やかに車を移動しましょう。 また、精算機によっては小銭だけしか使えない場合などもあるので、事前に確認しておきましょう。 出口ゲートで渋滞しないようにと採用されているシステムです。 非常に画期的なシステムですが、駐車券を持ち歩くのでくれぐれも紛失しないように、駐車券の管理には気を付けて下さいね。

次の

【超過や罰金】パーキングメーターの使い方は?|ワンハンズ

パーキング メーター 使い方

枠内に車を停め機械に300円を入れます。 領収書が必要ならボタンを押せば大き目の切手ぐらいの大きさの領収書が出ます。 停め始めた時間から60分は駐禁を切られません。 60分以上の駐車は出来ません。 駐禁の対象です。 60分以上連続で停めたくても一度枠内から車を出す必要があるので事実上不可能です。 補足を受けて。。。 警察からの通知など来ません。 ナンバーなども記録されていません。 本当は悪い事ですが、パーキングメーターの前にお金を入れずに停めてそのまま出てしまえばそれで終わりです。 運よく駐禁を切られなければ何時間でも停めて出て行けます。 普通のコインパーキングなどは板が上がってたら出れませんけど、パーキングメーターはなにもありませんから・・・。 ただお金を回収する人が頻繁に来てたら警察などに通報が行って駐禁切られるリスクは普通の路上駐車に比べて高いかもしれません。 ただ普通の路上駐車よりパーキングメーターの枠内に停めてお金を払わなかったり時間をオーバーして駐禁を切られたほうが点数も反則金も軽いですよ。 パーキングメーターの場合、駐車位置のすぐ横にがある機械に300円を入れてください。 駐車して程なく赤ランプが点滅し始めますが、3枚目(100円玉のみ投入可のはずです)を入れるとこれが消えます(ランプが点滅しているのは料金未払いもしくは後述の時間超過を知らせるものです)。 領収書が必要な場合は機械の領収書発行ボタンを押してください。 また蛇足ですがパーキングチケットの場合はまず駐車位置に車を止めた後で近くにあるはずのチケット発行機(明るい緑色のボックスです)に300円を入れたらチケットが出てきますので、「ここをめくる」と書いてある部分をめくってフロントガラスの外から見やすい位置に貼ってください。 こちらはチケットのミシン目の下が領収書なので、必要な場合は切り取ってください。 時間は駐車してから60分までです。 この時間をオーバーしてしまった場合駐禁を取られますので気をつけてください。 追加です。 まあ一箇所ずつカメラを導入なんて出来ませんし、万が一にもそうしたものを用意できるなら駐車監視員(緑服を着た人たちのことです)は要りませんよね。 ですので車に通知ステッカーを貼られていないのであれば今回は運が良かったということです。 ですが、コンビニでトイレを借りてついでにペットボトル一本買ってくる間にステッカーが貼られていたということもあるので、大丈夫だろうと思っていると痛い目を見ることになるでしょうね。 ちなみに私の上司は、15000円の缶コーヒーやラーメンを飲み食いする羽目になりました。

次の

時間外や土日にパーキングメーターを利用すると駐車違反になるのか?

パーキング メーター 使い方

では、実際にパーキングメーターやパーキングチケット発給機を使った駐車の一般的な方法をご説明します。 パーキングメーターには手数料や時間、使用方法が書かれていますので、必ず確認しましょう。 枠からはみ出すと駐車違反となりますので、注意が必要です。 パーキングメーターのセンサーは、駐車を感知した時点からタイマーを作動させ、メーターに駐車時間を表示します。 表示が「0分」となっていることを確認しましょう。 メーターが駐車を感知後、手数料を入れるまでの間は「未納」ランプが点灯します。 未納状態のままでは駐車違反となります。 硬貨を入れると、メーターに入金金額が表示され、「未納」ランプは消えます。 入金が終わると、経過時間表示「60分(40分、20分)」に戻り、何時まで駐車可能であるかを示します。 領収書が必要な場合は、手数料を投入後2分以内に「領収書発行ボタン」を押してください。 手数料を入れても決められた制限時間を過ぎると「超過」ランプが点灯します。 制限時間を超えた場合は駐車違反となります。 時間制限駐車区間では、パーキングメーターではなく、パーキングチケットが設置されているところもあります。 パーキングメーターと同じく道路標識や案内板などに表示している時間帯に限り、所定の手数料を払うことで60分(40分、20分)以内の駐車が可能です。 ではパーキングチケットの使い方をご説明します。 発給機には、利用方法、運用時間、制限時間、手数料などが書かれていますので確認しましょう。 パーキングメーターと異なり100円硬貨、500円硬貨、1,000円札が投入可能で、釣り銭が出ます。 手数料300円投入後に、車両番号(ナンバープレートの数字4桁)を入力し「確認ボタン」を押すと、チケット発給を受けた日時や駐車を終了すべき時刻が印字されたチケットが出てきます。 チケットには領収書もついています。 領収書を剥がしたあとのチケット部分の粘着剤でフロントガラスの内側にチケットを貼れるようになっています(剥がしても跡が残らない粘着剤です)。 また、二輪車専用の駐車区間に止める場合は、チケットは二輪車のハンドルやタンクなど、見やすい場所に貼り付けましょう。 そして、チケットに記載された終了時間までに、車両を移動させましょう。 制限時間を過ぎると駐車違反になります。 パーキングメーターは、利用時間が決められているということは先ほどご説明しました。 上の写真を見てください。 青の標識は時間制限駐車区間標識で、上部の数字は利用できる時間帯(例 午前9時から午後7時まで利用できます)を示しています。 下部の数字は制限時間を示しています。 (例 60分間利用できます) 青の標識の下につく四角いプレートは補助標識です。 「日曜・休日を除く」「1月1日から3日を除く」ということは、それぞれ• 日曜・休日はパーキングメーター等が利用できない• 1月1日から3日はパーキングメーター等が利用できない パーキングメーターなどが作動していないということを意味しています。 たとえば、夜間や週末、1月1日から3日など指定外の曜日や時間帯のパーキングメーターなどは駐車してもよいのでしょうか? 上の写真の標識のように、駐車禁止の規制がかかっていないとします。 その場合• 枠内に駐車してある• 枠内であっても法定で定められた駐車禁止場所(たとえば、交差点とその端から5m以内、横断歩道・自転車横断とその端から5m以内、消火栓から5m以内の場所など)に該当しない• 枠内であっても同じ場所に引き続き12時間(夜間は8時間)以上駐車する長時間駐車に該当しない ということであれば駐車違反に該当しません。 チューリッヒのスーパー自動車保険のご案内 万が一の車の事故・故障・トラブルに備えて、チューリッヒの自動車保険(車両保険・ロードサービス)をご検討ください。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険は、レッカー100kmまで無料、ガス欠時のガソリン給油10Lまで無料など、充実のロードサービスをご提供しています。 ・ チューリッヒなら、かんたん3ステップで自動車保険料をお見積りいただけます。 ・ 車両保険は、自分の車の損害に備える保険です。 ・ チューリッヒのスーパー自動車保険のロードサービスは、24時間365日迅速に現場へ急行。 無料ロードサービスを提供します。 ・ 自動車保険のノンフリート等級とは、事故(保険金請求)歴に応じて保険料の割引・割増を適用するしくみです。

次の