チン ちん が 痛い 何 科。 ちんこの平均サイズは○○cm?デカチンかどうか5秒でわかる方法と、○○の下とちんこの意外な関係!

恐怖で男の股間がヒュンとなる感覚 何が起きている?泌尿器科医の答えは: J

チン ちん が 痛い 何 科

むくみがひどくなると皮膚が切れたり、嵌頓(元に戻らなくなること)すると壊死(組織が腐ってしまうこと)することがあります。 軽いうちならすぐに元に戻していけば、軽減してきますので受診しなくても大丈夫です。 もしそれでも改善しなかったり悪化するようならできるだけ早めに受診してください。 しかし段々とブツブツが大きくなり数が増えてくるような場合はコンジローマ(ウィルス感染症)の可能性があります。 また陰茎亀頭のくびれ以外の場所のブツブツの場合もコンジローマの可能性があります。 コンジローマにつきましては詳細な説明を別ページに載せてますのでご覧ください。 痛みがあり赤く炎症が起こっている場合は決して無理をしてはいけません。 また包皮をめくったら必ず元に戻しておきましょう。 受診してください。 排尿障害が強くなったままで長年経過すると膀胱や腎臓の障害を起こすことがあります。 受診してください。 勃起時に湾曲したり、疼痛を伴うことがあります。 性交障害に発展することがあり、治療が必要になることがあります。 多くは内服薬で軽快しますが、局所注射が必要になることがあります。 それでも改善しない場合は手術を実施する場合があります。 通常の性行為以外の性的接触、あるいはコンドームを使用した性行為でも感染することがあります。 東日本大震災後に復興のため多数の人が東北地方を訪れており、梅毒が急増していることが報告されてます。 初期病変が消退して潜伏梅毒となっていることを知らずに進行してしまうこともあり、心当たりのある方は梅毒の検査を受けることをお勧めします。 初感染の場合は重症化することがあります。 また以前の感染でウィルスが潜んでおり、体力や免疫力が弱って発病することもあります。 水泡が自壊すると潰瘍を形成することもあります。 治療が必要です。 自然に止まることが多いので、様子を見ていて構いません。 出血を早く止めたい場合は受診してください。 その他皮膚の乾燥だったりアレルギーだったりすることもあります。 掻かずに我慢できないようでしたら受診してください。 立っていて左の陰嚢が膨れてくるようであれば、精索静脈瘤の可能性が高いです。 受診をお勧めします。 長時間座ったり、バイクや自転車に乗った際に両側に症状が出現するようであれば慢性前立腺炎の可能性があります。 様子見て軽快しないようであれば受診してください。 慢性前立腺炎では会陰部に違和感が生じることもあります。 早急に受診してください。 詳しい病状を別ページに載せていますのでご参照ください。 精液瘤が大きくて気になる場合は細い注射針で穿刺吸引することもあります。 吸引液には死んだ精子が多数確認されます。 何回も再発を繰り返す場合は手術で取り除くこともあります。 直ちに泌尿器科を受診してください。 精巣腫瘍は近年増加傾向にあるとされ、青壮年期で最も頻度の高い固形腫瘍です。 誤れる羞恥心により治療開始のタイミングが遅れて病期が進行してしまうことがしばしばです。 逆行性射精とは膀胱の中に射精してしまい尿道から精液が出にくくなる現象です。 前立腺の手術や内服薬で起こることがありますので、その際は心配ありません。 一方神経疾患や糖尿病で起こることがあります。 糖尿病の場合は喉が乾きがちで水分摂取が多く尿量が多くなったりします。 家系に糖尿病の方がおられる場合は要注意です。 時間が経っても精液がサラサラに液状化しない場合は、精液検査で精子の数や運動に異常が無いか確認することをお勧めします。 色調自体が健康上の問題になることはありませんが、膿精液症のため精液に白血球が多数含まれている場合は、白血球が出すサイトカインという物質により、精子の遺伝子損傷が起こると考えられています。 膿精液症の多くは前立腺の炎症に由来します。 したがって不妊治療中の場合は専門医の診察を受けられることを勧めます。

次の

こんな時には

チン ちん が 痛い 何 科

質問 5才の男の子です。 今朝からおちんちんの下の袋を痛がります。 少し赤くなっているようです。 吐き気はありません。 少し熱があるようです。 回答 男の子でおちんちんの付け根(鼠径部と言います)から袋(陰嚢)を急に痛がり、腫れたり、赤くなったりする疾患を、一般に急性陰嚢症と呼びます。 これに含まれる疾患としては、鼠径ヘルニア特に嵌頓(かんとん)、陰嚢水腫、睾丸(精巣)炎、副睾丸(精巣上体)炎、精巣捻転症、精巣垂捻転症、急性特発性陰嚢浮腫などがあります。 この中で特に緊急性を要するのは、鼠径ヘルニア嵌頓と精巣捻転症です。 診断には問診、視診、触診、血液尿検査、超音波検査などが行われますが、上の質問のお子さんは、症状から精巣炎または精巣上体炎が考えられます。 一つ一つ説明します。 鼠径ヘルニアはよく脱腸とも呼ばれていますが、新生児期から乳幼児期によく見られ、子供で手術を必要とする疾患の中で最も多いもので、私の病院でも子供の手術全体の3分の一を占めています。 嵌頓とは脱出した腸管が出口(ヘルニア門)で締め付けられて戻らなくなった状態を言います。 これを放置すると腸管が壊死になる恐れが有りますので、早めに手で押し戻してやる必要があります。 陰嚢水腫の原因は鼠径ヘルニアと同じですが、水が溜まっているだけの状態で、自然に溜まらなくなることもあります。 精巣炎、精巣上体炎は、尿道から入った細菌が精子を送る管から逆流して起こり、抗菌薬の内服で治ります。 精巣捻転症は新生児期か10才以上に多く、早期に手術などで捻転をなおしてやらないと精巣が壊死になってしまいます。 急性特発性陰嚢浮腫はアレルギーなどの原因により陰嚢の皮膚だけが赤く腫れ、精巣には全く変化が起こりません。 放っておいても自然に治りますが、炎症やアレルギーを押さえる薬を処方することもあります。 いずれにしても赤くなったり、痛みがある時は早めに専門の小児外科がある病院で医師の診察を受けられることをお勧めします。

次の

ちんこが痛い!ちんこの病気と性病

チン ちん が 痛い 何 科

むくみがひどくなると皮膚が切れたり、嵌頓(元に戻らなくなること)すると壊死(組織が腐ってしまうこと)することがあります。 軽いうちならすぐに元に戻していけば、軽減してきますので受診しなくても大丈夫です。 もしそれでも改善しなかったり悪化するようならできるだけ早めに受診してください。 しかし段々とブツブツが大きくなり数が増えてくるような場合はコンジローマ(ウィルス感染症)の可能性があります。 また陰茎亀頭のくびれ以外の場所のブツブツの場合もコンジローマの可能性があります。 コンジローマにつきましては詳細な説明を別ページに載せてますのでご覧ください。 痛みがあり赤く炎症が起こっている場合は決して無理をしてはいけません。 また包皮をめくったら必ず元に戻しておきましょう。 受診してください。 排尿障害が強くなったままで長年経過すると膀胱や腎臓の障害を起こすことがあります。 受診してください。 勃起時に湾曲したり、疼痛を伴うことがあります。 性交障害に発展することがあり、治療が必要になることがあります。 多くは内服薬で軽快しますが、局所注射が必要になることがあります。 それでも改善しない場合は手術を実施する場合があります。 通常の性行為以外の性的接触、あるいはコンドームを使用した性行為でも感染することがあります。 東日本大震災後に復興のため多数の人が東北地方を訪れており、梅毒が急増していることが報告されてます。 初期病変が消退して潜伏梅毒となっていることを知らずに進行してしまうこともあり、心当たりのある方は梅毒の検査を受けることをお勧めします。 初感染の場合は重症化することがあります。 また以前の感染でウィルスが潜んでおり、体力や免疫力が弱って発病することもあります。 水泡が自壊すると潰瘍を形成することもあります。 治療が必要です。 自然に止まることが多いので、様子を見ていて構いません。 出血を早く止めたい場合は受診してください。 その他皮膚の乾燥だったりアレルギーだったりすることもあります。 掻かずに我慢できないようでしたら受診してください。 立っていて左の陰嚢が膨れてくるようであれば、精索静脈瘤の可能性が高いです。 受診をお勧めします。 長時間座ったり、バイクや自転車に乗った際に両側に症状が出現するようであれば慢性前立腺炎の可能性があります。 様子見て軽快しないようであれば受診してください。 慢性前立腺炎では会陰部に違和感が生じることもあります。 早急に受診してください。 詳しい病状を別ページに載せていますのでご参照ください。 精液瘤が大きくて気になる場合は細い注射針で穿刺吸引することもあります。 吸引液には死んだ精子が多数確認されます。 何回も再発を繰り返す場合は手術で取り除くこともあります。 直ちに泌尿器科を受診してください。 精巣腫瘍は近年増加傾向にあるとされ、青壮年期で最も頻度の高い固形腫瘍です。 誤れる羞恥心により治療開始のタイミングが遅れて病期が進行してしまうことがしばしばです。 逆行性射精とは膀胱の中に射精してしまい尿道から精液が出にくくなる現象です。 前立腺の手術や内服薬で起こることがありますので、その際は心配ありません。 一方神経疾患や糖尿病で起こることがあります。 糖尿病の場合は喉が乾きがちで水分摂取が多く尿量が多くなったりします。 家系に糖尿病の方がおられる場合は要注意です。 時間が経っても精液がサラサラに液状化しない場合は、精液検査で精子の数や運動に異常が無いか確認することをお勧めします。 色調自体が健康上の問題になることはありませんが、膿精液症のため精液に白血球が多数含まれている場合は、白血球が出すサイトカインという物質により、精子の遺伝子損傷が起こると考えられています。 膿精液症の多くは前立腺の炎症に由来します。 したがって不妊治療中の場合は専門医の診察を受けられることを勧めます。

次の