この アイテム はお 住まい の 地域 では 現在 ご 利用 いただけ ませ ん。 DMMのオンラインゲームをやろうとしたら、お住まいの地域ではご利用頂...

YouTubeで「この動画はお住まいの地域ではご利用いただけません」と...

この アイテム はお 住まい の 地域 では 現在 ご 利用 いただけ ませ ん

この点について、以降でより詳細に考察しています。 Googleアカウント上の国が決まる仕組み Android本体に登録される「国情報」の基準とは? 参考情報として、ボクが本記事の検証作業で非常に苦労した(泣)「Android端末が登録されている国」の判定基準について情報を記載します。 ボクは当初、Android本体に登録される「国情報」は「ログインしているGoogleアカウントで登録されている国が影響する」と考え、VPNソフトでIPアドレスを偽装してアメリカ版Googleアカウントを取得して試してみました。 ただ、アメリカ版GoogleアカウントでAndroid側にログインし、再度アプリのインストールを試みましたが、相変わらず「このアイテムはお住まいの国でご利用いただけません」と表示されるまま。 またGoogle Playヘルプフォーラムで掲載されていた投稿にて、「ログインしているGoogleアカウントで登録されている国は、 Googleペイメントの国情報やクレジットカード情報で決まる」という内容を確認したため、 参考 Googleペイメントで海外住所や海外クレジットカードのダミー情報を入力しましたが、やはりインストールできず。 サイト すでにこの時点で気力が尽き、諦めかけていましたが、最後に本記事で紹介した手法を試したところ、無事インストールに成功することができました。 「Android端末が登録されている国」の判定基準は「ログインしているGoogleアカウントで登録されている国」が影響する• Googleアカウント上の国はアカウントを作成した時点では決まらず、「Android側にGoogleアカウントでログインした瞬間のIPアドレス上の国」を元に決定される と推測されます。 従って、VPNソフトでIPアドレスを偽装してアメリカ版Googleアカウントを取得したとしても、Android側でログインする時点で通常の状態(=日本のIPアドレス)でGoogleアカウントを追加すると、「Googleアカウントで登録されている国」は「日本」となってしまうのです。 以上がボクなりに出した答えでした。 本件は色々なパターンで検証は行いましたが全てを網羅していないため、誤っている可能性もあります。 例えば、すでにAndroidでログインしているGoogleアカウントを一度ログアウトし、VPNでアメリカへ接続した状態で再度同じアカウントにログインしたところ、「Android側にGoogleアカウントでログインした瞬間のIPアドレス上の国」は「アメリカ」であるにも関わらず、日本未公開のアプリはインストールできませんでした(=「Googleアカウントで登録されている国」は「日本」となっていました)。 おそらく、Googleアカウントで登録される端末の国情報は、初めてアカウントと端末が紐付いた瞬間のIPアドレスを元に登録が行われ、以後たとえ一度ログアウトして再ログインしても(その時点のIPアドレスに関わらず)国情報は変更されない、という仕様だと推測されます。 ご承知おき下さい・・・。 そのほか知ってると便利なGoogle Play関連の情報まとめ 今回紹介した内容以外にも、本ブログではGoogle Playにまつわる様々な裏ワザ的情報を記載しています。 例えば、Google Playで指定アプリのみ自動更新をオフにする設定だったり、 Google Playで「ダウンロードを保留しています」と表示され、アプリをうまくダウンロードできない場合の解決策だったり、 「 BlueStacks」というエミュレータアプリを使うことで、WindowsやMac上でAndroidアプリを遊べるようにしたり、 Google Playの便利情報はまとめて、関連記事【】で解説しています。 〆:海外専用アプリを楽しもう! 以上、 [Android] 日本で未公開の海外アプリを入手する方法! Google Playストアより先行リリースされたゲームをインストールしよう の說明でした。 本記事の手順は内容が複雑であるため、少し分かりづらかったかもしれません。 が、もし日本で未公開の海外専用アプリをインストールしてみたいなら、ぜひ試してみて下さい。 androidエミュ上の場合、VPNなしのエミュの位置情報設定のみでできるかテストしてみました。 台湾でのみダウンロード可能なアプリで検証してみました。 エミュの位置情報設定で台湾に設定して、いちおVPNは使いましたがIP元は台湾ではなくアメリカ。 結果は、台湾アプリはダウンロードできず、グーグルストアはアメリカでの登録になりました。 記事で出てるセガのソニックはダウンロードできます。 つまり、やはりVPNでDLしたい国のIPに偽造しないといけないということですね。

次の

「この作品はお客様の地域ではご利用いただけません (22004)。」と表示される。

この アイテム はお 住まい の 地域 では 現在 ご 利用 いただけ ませ ん

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。 しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。 このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。 今回は、『アプリのダウンロードが「アイテムを表示できません」と断られます!? 』という質問に答えます。 *** App Storeで「アイテムを表示できません」というダイアログが現れたときは、目的のアプリが利用中のストアに存在しないことを意味します。 アプリ紹介ページのリンクを辿ってみたがこのダイアログが表示されたという場合は、かつては存在したが現在は削除されてしまった可能性が考えられます。 操作時点でApp Storeに存在しないかぎりアプリは入手できませんから、諦めざるをえません。 もうひとつの可能性としては、他の国・地域のApp Storeでは公開されているが日本では非公開のアプリということも考えられます。 App Storeで公開されるアプリのURLは1つで世界共通ですが、App StoreアプリやiTunesでページを開くと、ふだん利用している国・地域のApp Storeに自動遷移 リダイレクト される仕様です。 たとえば、アメリカでは公開されているが日本では非公開というアプリの紹介ページにWEBブラウザでアクセスすると、「リクエストされたアイテムは現在日本のStoreでは取り扱っていませんが、アメリカ合衆国のStoreで利用可能です」という文面のもと、他の国・地域のApp Storeへの変更を促すダイアログが現れます。 日本在住のiPhoneユーザは、ほとんどが日本のApp Storeを利用しているはずですから、このような処理となるわけです。 アプリ開発者は、アプリを公開するときどの国・地域のApp Storeにするかを指定できます。 事情はわかりませんが、権利関係のために公開できない、翻訳できていないなど公開するにはローカライズが不十分、といった理由が考えられます。 Apple IDのアカウント設定をアプリが公開されている目的の国・地域に変更すれば入手は可能ですが、住所やクレジットカードの用意など手間がかかることもあり、アプリ開発者が日本のApp Storeへの対応を待つことが無難な方法といえるでしょう。

次の

iTunes & App Store を開いたら「アイテムを利用できません」と言われた時の対処方法

この アイテム はお 住まい の 地域 では 現在 ご 利用 いただけ ませ ん

説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。 しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。 このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。 今回は、『アプリのダウンロードが「アイテムを表示できません」と断られます!? 』という質問に答えます。 *** App Storeで「アイテムを表示できません」というダイアログが現れたときは、目的のアプリが利用中のストアに存在しないことを意味します。 アプリ紹介ページのリンクを辿ってみたがこのダイアログが表示されたという場合は、かつては存在したが現在は削除されてしまった可能性が考えられます。 操作時点でApp Storeに存在しないかぎりアプリは入手できませんから、諦めざるをえません。 もうひとつの可能性としては、他の国・地域のApp Storeでは公開されているが日本では非公開のアプリということも考えられます。 App Storeで公開されるアプリのURLは1つで世界共通ですが、App StoreアプリやiTunesでページを開くと、ふだん利用している国・地域のApp Storeに自動遷移 リダイレクト される仕様です。 たとえば、アメリカでは公開されているが日本では非公開というアプリの紹介ページにWEBブラウザでアクセスすると、「リクエストされたアイテムは現在日本のStoreでは取り扱っていませんが、アメリカ合衆国のStoreで利用可能です」という文面のもと、他の国・地域のApp Storeへの変更を促すダイアログが現れます。 日本在住のiPhoneユーザは、ほとんどが日本のApp Storeを利用しているはずですから、このような処理となるわけです。 アプリ開発者は、アプリを公開するときどの国・地域のApp Storeにするかを指定できます。 事情はわかりませんが、権利関係のために公開できない、翻訳できていないなど公開するにはローカライズが不十分、といった理由が考えられます。 Apple IDのアカウント設定をアプリが公開されている目的の国・地域に変更すれば入手は可能ですが、住所やクレジットカードの用意など手間がかかることもあり、アプリ開発者が日本のApp Storeへの対応を待つことが無難な方法といえるでしょう。

次の