日本 マーケティング 学会。 研究大会

学会概要

日本 マーケティング 学会

日本マーケティング学会 大賞は『1からのデジタル・マーケティング』西川 英彦・澁谷 覚(編著) 碩学舎 学術研究団体 日本マーケティング学会は、日本マーケティング学会員が選ぶ「日本マーケティング本大賞2019」を発表しました。 これは、マーケティング理論や実践の普及のため、1年間に日本で出版されたマーケティング書籍(翻訳本を除く)を対象に、日本マーケティング学会の会員が推奨する優れたマーケティング書籍として投票形式で選出するものです。 「日本マーケティング本大賞2019」は、10月20日 日 開催の「マーケティングカンファレンス2019」にて、発表および授賞式が行われました。 本年は、6 作品がノミネートされ、2 次投票の結果、「日本マーケティング本大賞2019」の受賞書籍は以下の通りとなりました。 マーケティング本大賞 (1冊) 『1からのデジタル・マーケティング』西川 英彦・澁谷 覚 (編著)碩学舎 2019年2月刊行 理論と事例をセットにしたわかりやすい構成によって変化の速いデジタル・マーケティングのマネジメントを網羅的に提示した、実務的な示唆を多分に含む良書である。 新しい事例が豊富に扱われているとともに用語の解説が的確であり、流行りものとしてではなく基礎的なアプローチから読み解かれている。 デジタル・マーケティングを体系的なテキストの形でまとめるという困難に初めて向き合っただけではなく、従来のマーケティングとの接続にも目配りされており、伝統的なマーケティングの理解が深まる点も評価できる。 デジタル・マーケティング初学者にとって良質の入門書であるだけではなく、マーケティングに関わる者にとって必携の1冊といえる。 準大賞 (2冊 『右脳思考』内田 和成 東洋経済新報社 2018年12月刊行 ロジカルシンキングの課題と感情や直感の役割を分かりやすい言葉と豊富なチャートで目に見える形にし、意思決定とコミュニケーションの有効な方法を示した良書である。 従来重視されてこなかった経験や勘の使い方が、実務的な事例によって詳しく解き明かされている点が新鮮であり惹きつけられる。 ロジックは正しいけれども共感できない、なんとなく不安な感じがするなどのビジネスの現場でしばしば遭遇する現象について、対応の方向性が再現性のある形で示されており、ビジネス思考が鍛えられる。 サイエンスでもありアートでもあるマーケティングに対する考えを深めてくれつつ、ビジネスの深淵を覗き込ませてくれる本といえる。 『マーケティング・リサーチのわな:嫌いだけれど買う人たちの研究』古川 一郎 有斐閣 2018年12月刊行 推薦理由:「定量分析活用の在り方そのものを検討した学術書であり実践書」 マーケティング・リサーチやデータの持つ意味に正面から取り組み、定量分析手法の使われ方の限界と可能性を系統的に検討した示唆に富む良書である。 反日感情の高い中国の消費者が日本製品を購入する矛盾を実例に本音と建て前を分析し、定量分析で実態が反映されない可能性と調査の文脈を考えることの重要性が科学的に説かれている。 マーケティング・リサーチの意義と危うさが示されており、ビッグデータやAIの積極的な活用が喧伝されデータドリブンのビジネスが主張される中、研究者こそが行える普遍的な貢献となっている。 根源的な問いに、柔らかい筆致で答えられており、実務的示唆が大いにある類書のない書物といえる。 本年は、上位7番目の得票が同票6作品あり、審査委員会で検討の結果、上位6作品をノミネート対象とした。 「日本マーケティング本大賞2019」について 対象:2018年4月1日から2019年3月31日までに日本で刊行(奥付の日付)された、マーケティング関連のオリジナル書籍(テキスト含む、翻訳を除く) 審査方法: PR.

次の

第11回日本マーケティング大賞

日本 マーケティング 学会

次回開催情報 日本マーケティング・サイエンス学会では年二回、研究大会を開催しています。 第107回研究大会 【中止】 2020. 4「JIMS107開催に関するお知らせ」() 〔日付〕2020年6月6日 土 ・6月7日 日 【中止】 〔会場〕名城大学 天白キャンパス 研究大会プログラム 表紙・会場案内 非学会員の研究大会学会参加・聴講について 非学会員の研究大会参加・聴講については、下記の該当する書式をダウンロード、記入して事務局 に提出して下さい。 審査のうえ参加の可否を後日 締め切り日後 連絡致します。 上記の締切までにお申込ください。 参加料3,000円を当日お支払いください。 なお、締切以降や大会当日の参加・聴講の申し込みは一切受け付けておりません。 1 非学会員 一般 について 所定の書式 を、ご本人が記入して下さい。 2 非学会員 大学院生 について 所定の書式 を本人が記入、指導教員の方にも記入していただいてください。 3 非学会員 学部生 下記の条件で認めています。 指導教員が推薦書式 を記入、学生にも必要事項を記入してもらってください。 大学院への進学を希望している、もしくは研究報告に貢献したなど、マーケティング・サイエンスの発展への 今後の 寄与が期待される学部生に限定する。 参加形態は「聴講」とし、研究報告への質問は不可とする。• 学会での言動などについてマーケティング・サイエンス学会員である教員に事前に指導して頂く。• マーケティング・サイエンス学会員である教員が、所定の書式をもって聴講学部生を推薦する。• 詳細は、をご確認ください。 過去の開催情報 開催回 開催日 会場 プログラム 106 2019. 30 土 ・12. 1 日 株式会社電通 電通ホール 105 2019. 8 土 ・9 日 福岡大学 104 2018. 1 土 ・2 日 株式会社電通 電通ホール 103 2018. 2 土 ・ 3 日 大阪経済大学 102 2017. 2 土 ・3 日 株式会社電通 電通ホール 101 2017. 17 土 ・18 日 慶應義塾大学 三田キャンパス 100 2016. 11 土 ・12 日 東北大学 98 2015. 12 土 ・13 日 株式会社電通 電通ホール 97 2015. 13 土 ・14 日 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス 96 2014. 29 土 ・30 日 筑波大学 東京キャンパス 95 2014. 21 土 ・22 日 関西学院大学 上ヶ原キャンパス 94 2013. 7 土 ・8 日 株式会社電通 電通ホール 93 2013. 8 土 - 9 日 長崎大学 片淵キャンパス 92 2012. 8 土 - 9 日 株式会社 電通 電通ホール 91 2012. 23 土 -24 日 名古屋大学 東山キャンパス 90 2011. 3 土 -4 日 株式会社 電通 電通ホール 89 2011. 18 土 -19 日 関西学院大学 上ヶ原キャンパス 88 2010. 27 土 -28 日 株式会社電通 電通ホール 87 2010. 26 土)-27 日 大阪大学豊中キャンパス 86 2009. 5 土 - 6 日 株式会社電通 電通ホール 85 2009. 20 土 -21 日 京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス 84 2008. 29 土 -30 日 株式会社電通 電通ホール 83 2008. 21 土 -22 日 大阪府立大学 経済学部1号館 82 2007. 8 土 - 9 日 成蹊大学 81 2007. 16 土 -17 日 関西学院大学 上ヶ原キャンパス 80 2006. 25 土 -26 日 青山学院大学 相模原キャンパス 79 2006. 24 土 -25 日 摂南大学 寝屋川キャンパス 78 2005. 10 土 -11 日 法政大学 ボアソナード・タワー 77 2005. 11 土 -12 日 東北大学 川内キャンパス 76 2004. 4 土 - 5 日 立教大学 池袋キャンパス1号館 75 2004. 11 金 -12 土 福岡大学 文系センター棟 74 2003. 28 金 -29 土 株式会社電通 電通ホール 73 2003. 27 金 -29 日 大阪大学 経済学部講義棟 72 2002. 14 土 -15 日 東京大学 経済学部 71 2002. 29 土 -30 日 関西学院大学 上ヶ原キャンパス 70 2001. 7 金 - 8 土 法政大学 ボアソナード・タワー 69 2001. 22 金 -23 土 小樽商科大学 商学部 68 2000. 2 土 - 3 日 東京大学 経済学部 67 2000. 23 金 -24 土 大阪府立大学 学術交流会館 66 1999. 4 土 - 5 日 専修大学 生田校舎 65 1999. 26 土 -27 日 甲南大学 64 1998. 4 土 - 5 日 筑波大学大学院 63 1998. 27 土 -28 日 関西学院大学 商学部 62 1997. 6 土 - 7 日 学習院大学 経済学部 61 1997. 28 土 -29 日 大阪大学 経済学部 過去の研究発表の検索•

次の

【ご好評につき申し込みを〆切させて頂きました。※1/17更新】「日本マーケティング本大賞2019」準大賞 受賞記念『右脳思考』マーケティングサロン~ 右脳思考を読み解く ~ ゲスト:早稲田大学ビジネススクール 教授 内田和成先生、入山章栄先生

日本 マーケティング 学会

マーケティングとは、「顧客の欲求と満足を探り、創造し、伝え、提供することにより、その成果として利益を得ること」だと説明されています。 それ故に、マーケティング活動は企業の持続的成長を支え、競争を勝ち抜くための力の源泉であり、経営者にとって最も関心のある活動のひとつといえます。 当協会は2007年10月に創立50周年を迎え、この間、マーケティングの普及、啓蒙を通して、日本のビジネス界に多大な貢献を果たしてきました。 近年は物質的には豊かな時代になってきたこと、価値観の多様化を受けて、顧客の求めるものも変容しており、潜在需要の掘り起こしが大変難しくなってきた時代といえます。 また、ボーダーレス世界の進展により激しい競争社会が到来しています。 このような時代の変化に対応した新たな価値創造を提案するマーケティング活動のあり方を、会員各位の皆さまとともに考え、実りある協会活動を推進していきたいと考えております。 マーケティング問題に対応する専門組織として 内田和成 公益社団法人 日本マーケティング協会 理事長 現代のマーケティングは、時代とともに移り行く社会や市場の課題を取り込み、最適な価値のソリューションを創造・提供していく役割を担っています。 しかし、経営の最重要テーマであるマーケティングが関わる分野は、今後共、ますます広範・多岐にわたり、その専門性を深めています。 日本マーケティング協会は、これらの難しい諸課題の解決に向け、実業界、学会、官界を中心に、各メンバーが革新的な知識や創造的な知恵を開発・共有・伝播して、より質の高い社会への貢献を行う役割を担っています。 日本で唯一の総合的マーケティング問題に対応する専門組織としての当協会へ倍旧のご支援をお願いいたします。 その他協会の概要 日本マーケティング協会のその他協会概要につきまして、下記をご参照ください。

次の