塾 休み 勉強。 新型コロナウイルスの影響で 閉鎖・廃業に追い込まれる塾とは…

夏休みは受験の「天王山」 学習塾、夏期講習どうする? (1/2ページ)

塾 休み 勉強

コロナで塾と学校が休みになり子供が全く勉強しなくなりました。 計画的に勉強出来る子、やる気がある子が羨ましいです。 無理やりやらせても本人のやる気はでないし… 死んだ魚の目をします。 やる気になって机に向かってもよく分からなくて一気にやる気をなくします。 来週からようやく塾が再開するので、そこでやる気を取り戻してほしい… 春休みに小学校の復習と中学の先取りを塾でする予定でした。 全くうまく行きませんでした。 もちろん親の責任もあります。 こんなに勉強のやる気がないのはなぜでしょう。 上の子の時は勉強しなさいと言ったことはなく、それでも国立大学理系に合格しました。 下の子は勉強しなさいと言わなければ永遠にしなさそうです。 比べることは厳禁で間違えても本人に言うことはありません。 ただこのやる気のない子供をどうしたらいいのか、悩んでいます。 勉強のやる気のない人は、やらずにいい学校など目指さずに働けばいいのでしょうか。 親としてそれでいいのか迷っています。

次の

学校が休みなのはチャンス!?・・【学習塾】

塾 休み 勉強

塾は進学実績がすべてだと思っていました。 公立高校の情報はもちろんですが、私立高校の受験問題の傾向や特徴などもしっかり情報をつかんでいる塾も多いので、情報という意味ではかなりのメリットがあります。 塾でおこなわれる模試や授業は、高校受験を意識した内容です。 特に模試は、受験に直結する出題傾向の場合も多いので利用価値が高いと考えられます。 塾に通うならできるだけ早い方がメリットは大きい 塾に通うことができる環境なら、できるだけ早い段階から通塾することをオススメします。 塾によって方針は異なりますが、 難関校を目指す塾は先取りの授業になります。 また、多くの塾は3月から新学期として新しいカリキュラムを開始します。 入塾もその時期に合わせるのが理想です。 入塾の学年は、費用やサポート面で問題がないのであれば1年生からが理想です。 塾によって異なりますが、学校よりも早い時期に中学校で習う範囲を終わらせます。 できるだけ万全の体制で高校受験対策を考えるのであれば、早い段階から通塾することをオススメします。 ただし、塾を選ぶときにお子さんとの相性を考える必要があります。 特に公立高校の一般試験の範囲は、基本的に教科書の範囲を超えることはありません。 教科書の内容が完全に理解できていれば、対応できるということになります。 塾に比べると学習内容や時間に不安がある場合は、市販の参考書や問題集を解くことで対応ができます。 また実戦対策は模試の受験がオススメです。 塾の費用や相性を考えると必ずしもメリットばかりではない 塾に通う最大のデメリットは、経済的な面になります。 塾のスタイルにもよりますが、費用面で苦しむご家庭も少なくありません。 費用をかけたからといって、必ず成績に結びつくかと言われると一概に言えないのが本音です。 結果的に自分自身のやる気がなければ良い成績にはなりません。 また、塾で気をつけたいことはお子さん本人との相性です。 授業の進み方や講師との相性も含め、生徒自身にあっていることが必須条件です。 確かに、塾に高い費用をかけて通っても成績アップしないなら意味がないです。 自分自身で受験対策をすることで本当の実力を身につけられる 塾に通うと授業と宿題があるので、受験対策を自分で考える必要がありません。 また、講師のレベルが高ければかなりわかりやすい講義になります。 これらのことは、 塾のメリットに思えますが欠点であることも事実です。 自宅で受験対策をする場合は、学習スケジュールは基本的に自分でつくる必要があります。 自分で受験対策用の学習計画を立てることは、先々の大学受験を視野に入れるとかなり重要な考え方です。 また、塾に通っているからといって安心はできません。 授業を聞いていない生徒もいますし、宿題も必ず全ての生徒が終わらせてくるとは限りません。 塾に通わなくても心配な受験対策に関しては、市販の参考書や問題集などを利用する方法もあります。 また、です。 まずは冷静に考えてみましょう。 塾での学習効果が上がらないと辞めたくなる 塾をやめたいという理由のほとんどは、成績が上がらないことです。 一生懸命頑張っても成績が上がらなければ、やる気がなくなって辞めたくなるのも理解できます。 大事なのは、なぜ塾に通っても成績が上がらないか。 その原因を調べることです。 よくあるのは、受験生にとって塾の授業レベルが高すぎてついていけないケースが多いです。 塾によっては、成績アップのために大量の宿題と予習を必要とします。 受験生がどちらも対応できていなければ、もちろん成績に結びつくことはありません。 また、 入塾したのはいいけど塾のスタイルが合っていないケースも多いです。 塾には学習レベルだけでなく、集団授業タイプや少人数制の個別指導タイプなどがあります。 上記にあげたような理由で「辞めたい」という気持ちになっているのであれば、別の塾を考えるか自宅学習に切り替える必要があります。 どちらにしても、今まで通り同じ塾に通うのはオススメできません。 受験本番まで時間は刻々と近づいてきます。 ある意味受験は時間との勝負。 時間は大切です。 根本的に学習意欲がないケースもある 塾に問題がある訳でなく、自分自身に問題があるケースも多いです。 本人にやる気がなければ、成績につながることは考えられません。 はじめから学習意欲がないのに入塾をしたのであれば、はじめから選択が間違っていることになります。 中学3年生の夏以降にやる気がなくなった場合は要注意です。 受験生の本番は夏休み以降と言われていますが、中には部活を引退したと同時に達成感や緊張感からの開放でやる気を失ってしまうこともあります。 特に運動部などで部活に中学生活の多くを費やした受験生は、燃え尽きたように気が抜けてしまうこともありますので、事前に注意をする必要があります。 学習以外のところでトラブルがあるケースも 塾によっては、授業中に騒がしくする生徒がいることもあります。 また、全体的に士気が下がっている塾も考えられます。 また、集団塾で自宅の近所であれば、同じ中学校の同級生も一緒のクラスということもあります。 相性や交友関係のトラブルが辞めたい理由になることも多いです。 どちらにしても、お子さんから塾を辞めたいと言うときは、それなりに理由があります。 どこの家庭も塾に通わず、自宅学習で合格できるのが理想です。 昔に比べると塾に通わなくても受験対策は可能 昔に比べるとインターネットを使って学習する環境はとても良くなりました。 そして、利用者も増加傾向です。 大きな理由のひとつとして、スマホやタブレットの存在です。 そのおかげで塾に通わなくても自宅で充分に高校受験対策ができるようになっています。 誤解をして欲しくないのは、塾には塾の多くのメリットがあります。 同時に費用面などのデメリットが存在するのも事実です。 塾を否定しているのではなく、あくまでも自宅で高校受験対策が可能になっているということです。 インターネットを使った勉強法は、受験生の性格や考え方によっては適した方法でもあります。 どちらにしても、現在の環境は高校受験対策をするのに充分な環境であることは間違いありません。 家庭での対応策を説明していきます。 受験情報や対策は進化したインターネット環境を利用しよう 高校受験対策は、学習面以外に多くの情報を必要とします。 特に私立高校に関しては、塾の情報量はかなりの実力だと言われています。 自宅のインターネット環境を利用することで、多くの高校受験情報を見ることができます。 自分の受験校を選択する際に事前にインターネットで調べるのは当然です。 受験情報で注意をしなくてはいけないこともあります。 高校受験用の掲示板などで信憑性の低い話題や噂が掲載されていることも多いです。 インターネットの情報は、情報提供元を確認した上で見る必要があります。 アプリや参考書を利用した高校受験対策 高校受験対策の学習面に関しては、市販の参考書や問題集、学校のワークなどを中心に学習をすすめることが可能です。 また、アプリを利用するのもひとつの考え方です。 塾の代わりになるようなスマホアプリを主軸にして利用している受験生も毎年増えています。 また、動画サイトには、塾講師や大学生などが問題解説などの動画配信をしています。 無料で見ることができるので参考にして下さい。

次の

学校が休みの間勉強は何をやれば良いか【学習塾】

塾 休み 勉強

西村・・干からびていて・・戦闘力10以下です・・・。 だって人が働いているんだもの・・・。 お盆くらい休ませてあげて・・。 自分が勉強できないのを、場所のせいにするのは・・ダメです!! 場所関係なくどこでも勉強できる子=受験生の鏡 家だろうがどこだろうが、集中できるようにするのが、受験生です。 北海道エリア• 東北エリア• 北関東エリア• 東京エリア• 南関東エリア• 甲信越エリア• 北陸エリア• 東海エリア• 近畿エリア• 中国エリア• 四国エリア• 九州・沖縄エリア• その他•

次の