トライアンフ 天王寺。 【美容院】トライアンフ(TriumpH)

TriumpH 天王寺店 【ミルボンAujua認定サロン】

トライアンフ 天王寺

以下のお客様にはご来店をお断りさせていただきます。 ・風邪の症状など何らかの体調不良がある方 ・体温が37. 5度以上の方(来店当日にご自身で検温してください) ・1か月以内に海外渡航歴がある方 ・ご自身でマスクをご用意、ご着用が難しい方 ご来店前にご理解頂きたいこと ・原則ドリンクのご提供はしておりません ・来店時、店内にて手指消毒をさせて頂きます ・来店時、店内にて非接触サーモでの検温にご協力頂きます(37. 5度以上の方はその場でご案内を中止させて頂きます) ・ペアでのご来店の際、席を1つ飛ばしでご案内させて頂きます ・換気の為に窓など常時開けております。 エアコンでの温度調整は致しますが必要に応じてひざ掛けなどご自身でご用意下さい 詳細情報 電話予約・ネット予約• 050-8882-9320• 電話予約について:「楽天ビューティを見て電話しました」とお伝えください。 その際、希望日時・メニュー・担当者・名前・電話番号などをお伝えください。 時間通りの来店が難しい場合は、なるべく早めにお店に電話ください。 定休日 なし 営業時間 9:00~23:00(最終受付21:00) 住所• 〒545-0051 大阪府大阪市阿倍野区旭町1-1-15 KKアドバンスビル9F• アクセス• 大阪市営地下鉄御堂筋線 天王寺駅 徒歩4分• JR大阪環状線 天王寺駅 徒歩4分 支払方法• 得意メニュー• エリア• 設備・サービス• 年中無休• 予約制• 当日予約歓迎• クレジットカード可.

次の

トライアンフ(TriumpH)のサロン情報 / ISIZEネイルサロン

トライアンフ 天王寺

名車TRの血統を受け継ぐ クラシカルなスクランブラー 「トライアンフ」はライダーにとって特別な存在だ。 かつて黎明期の国産モーターサイクルは、当時圧倒的な性能を見せ付けていたトライアンフをベンチマークとして、今に繋がる素地を築きあげた。 その後、日本車の急速な台頭によりその栄光は一時途絶えたのだが、1990年にイギリス・ヒンクリーの地で復活したトライアンフは、個性的なモデルとそれを支える先端技術、そして今も続くクラフトマンシップによって、他のメーカーにはない魅力で多くのライダーを魅了し続けている。 今回インプレッションする「スクランブラー」は、日本中のバイクメーカーがトライアンフを目標としていた1960年代の名車、TRシリーズを現代の技術で再現したモデルだ。 古き良き英国車のスタイリングを現代へと伝えるトライアンフの人気モデル「ボンネビル」をベースに、不整地走行向けの装備を投入。 今のようにオンロードとオフロードのカテゴリ分けがまだ明確ではなかった時代に活躍した、オンロードバイクにオフロード装備を加えたスクランブラーというカテゴリを名実ともによみがえらせている。 ノスタルジックなルックスと現代の技術が融合したスクランブラーの実力と魅力に迫ってみたい。 メッキフェンダーやツートンカラーのタンク、ブーツ付きのフロントフォークなど、どれもノスタルジックで、まるで図鑑からそのまま飛び出してきたかのようだ。 しかし、見た目こそ懐かしさを感じさせるものだが、中身はしっかりと現代技術で作りこまれているのが大きな違い。 例えば、一見キャブレターように見える燃料供給機構は、このモデルのために特注で生産されたフューエルインジェクションシステム。 始動性は抜群でライダーをわずらわせることはない。 ブレーキもシングルディスクながら確実な制動力を確保しており、サスペンションも街中から高速道路まで安定した挙動を楽しませてくれる。 エンジンも形式は古式ゆかしいバーチカルツインながら、中身はまったくの別物。 伝統的なスタイルの中には、現代の技術に裏づけされた確かな利便性や安心感、そしてポテンシャルが隠されているのだ。 しかし、それをおおっぴらに主張せず、慎ましやかに内に秘めることで、回顧主義でもなく性能偏重でもない、新しいモデルとしてのスクランブラーを印象付けている。 スクランブラーにまたがって最初に感じたこと、それはポジションの「男らしさ」だ。 肉厚のダブルシートに腰かけ、幅広のアップハンドルに手を伸ばせば、昨今のコンパクトなネイキッドマシンにはない力強いスタイルの出来上がり。 これだけでも、あの時代の名車の後継にまたがっているのだと、心が沸き立ってくる。 セルスターターを軽く押してエンジンに火を入れてみると、意外なほど大人しく一瞬戸惑ってしまったが、走り出せばこの印象はがらりと変わる。 一気に加速してしまうのではなく、力が盛り上がっていくようなこの加速感は、1度味わってしまうとつい何度も体験したくなってしまうほどだ。 足回りは程よい硬さで、路面の感覚がつかみやすい設定。 過度にクイックではないがシャープなコーナリングを楽しめる。 ブレーキはフロントがシングルなだけに少々心配だったが、実際のライディングでは特に問題は無く、ブレーキのタッチも硬さがない扱いやすもので、不安なくブレーキングが可能だ。 トライアンフ スクランブラー こんな方にオススメ ルックスに惚れたなら間違いなし 味わいのあるモダンクラシック スクランブラーのルックスにやられてしまったライダーなら、間違いなくおすすめできる。 1960年代の名車の直系とも言える美しいスタイリングは、まさに唯一無二といっても良いほど。 最新技術を随所に採用しながらも、それを感じさせない細やかな気配りが作り出す造形美は、トライアンフのこだわりを感じさせてくれる。 また、このモデルならではの乗り味は、味わいのある1台を求める向きにおすすめしたい。 ただ速い、性能が良い、ではなく、ライダーの「ハート」を盛り上げるポテンシャルを求めるのならば、スクランブラーはぜひ選択肢に入れておきたいところだ。 トライアンフ スクランブラー 総合評価 古き良き時代をよみがえらせる タイムマシーンのようなバイク ライダーの大先輩たちが語る古き良き時代、1960年代には今から戻ることはできない。 映画や本の中の憧れの名車たちは、これまでずっと手が届かない存在だった。 スクランブラーはそんな時代の壁を飛び越えてやってきたタイムマシーンのようなバイクだ。 中身は確かにイマドキの機械が詰まっているけれど、ルックスや独特のテイストは、あのころの空気を今のライダーへと伝えてくれる。 ただの懐古趣味的なバイクに終わらず、現代にあわせて名車を再構築してみせたトライアンフには尊敬の念さえ抱いてしまう。 あの時代にバイクに心焦がれたことがあるのなら、スクランブラーは1度またがってみる価値のあるバイクだ。 もちろん、その時代を知らなくても面白い1台ということに変わりは無い。 伝統的な美しさと現代のクラフトマンシップが生み出したスクランブラーには、ただのバイクにはない奥深さと、噛み締めるほど湧き出すような味わいがある。

次の

【20年版】天王寺でオフ無料がおすすめのネイルサロン10選

トライアンフ 天王寺

名車TRの血統を受け継ぐ クラシカルなスクランブラー 「トライアンフ」はライダーにとって特別な存在だ。 かつて黎明期の国産モーターサイクルは、当時圧倒的な性能を見せ付けていたトライアンフをベンチマークとして、今に繋がる素地を築きあげた。 その後、日本車の急速な台頭によりその栄光は一時途絶えたのだが、1990年にイギリス・ヒンクリーの地で復活したトライアンフは、個性的なモデルとそれを支える先端技術、そして今も続くクラフトマンシップによって、他のメーカーにはない魅力で多くのライダーを魅了し続けている。 今回インプレッションする「スクランブラー」は、日本中のバイクメーカーがトライアンフを目標としていた1960年代の名車、TRシリーズを現代の技術で再現したモデルだ。 古き良き英国車のスタイリングを現代へと伝えるトライアンフの人気モデル「ボンネビル」をベースに、不整地走行向けの装備を投入。 今のようにオンロードとオフロードのカテゴリ分けがまだ明確ではなかった時代に活躍した、オンロードバイクにオフロード装備を加えたスクランブラーというカテゴリを名実ともによみがえらせている。 ノスタルジックなルックスと現代の技術が融合したスクランブラーの実力と魅力に迫ってみたい。 メッキフェンダーやツートンカラーのタンク、ブーツ付きのフロントフォークなど、どれもノスタルジックで、まるで図鑑からそのまま飛び出してきたかのようだ。 しかし、見た目こそ懐かしさを感じさせるものだが、中身はしっかりと現代技術で作りこまれているのが大きな違い。 例えば、一見キャブレターように見える燃料供給機構は、このモデルのために特注で生産されたフューエルインジェクションシステム。 始動性は抜群でライダーをわずらわせることはない。 ブレーキもシングルディスクながら確実な制動力を確保しており、サスペンションも街中から高速道路まで安定した挙動を楽しませてくれる。 エンジンも形式は古式ゆかしいバーチカルツインながら、中身はまったくの別物。 伝統的なスタイルの中には、現代の技術に裏づけされた確かな利便性や安心感、そしてポテンシャルが隠されているのだ。 しかし、それをおおっぴらに主張せず、慎ましやかに内に秘めることで、回顧主義でもなく性能偏重でもない、新しいモデルとしてのスクランブラーを印象付けている。 スクランブラーにまたがって最初に感じたこと、それはポジションの「男らしさ」だ。 肉厚のダブルシートに腰かけ、幅広のアップハンドルに手を伸ばせば、昨今のコンパクトなネイキッドマシンにはない力強いスタイルの出来上がり。 これだけでも、あの時代の名車の後継にまたがっているのだと、心が沸き立ってくる。 セルスターターを軽く押してエンジンに火を入れてみると、意外なほど大人しく一瞬戸惑ってしまったが、走り出せばこの印象はがらりと変わる。 一気に加速してしまうのではなく、力が盛り上がっていくようなこの加速感は、1度味わってしまうとつい何度も体験したくなってしまうほどだ。 足回りは程よい硬さで、路面の感覚がつかみやすい設定。 過度にクイックではないがシャープなコーナリングを楽しめる。 ブレーキはフロントがシングルなだけに少々心配だったが、実際のライディングでは特に問題は無く、ブレーキのタッチも硬さがない扱いやすもので、不安なくブレーキングが可能だ。 トライアンフ スクランブラー こんな方にオススメ ルックスに惚れたなら間違いなし 味わいのあるモダンクラシック スクランブラーのルックスにやられてしまったライダーなら、間違いなくおすすめできる。 1960年代の名車の直系とも言える美しいスタイリングは、まさに唯一無二といっても良いほど。 最新技術を随所に採用しながらも、それを感じさせない細やかな気配りが作り出す造形美は、トライアンフのこだわりを感じさせてくれる。 また、このモデルならではの乗り味は、味わいのある1台を求める向きにおすすめしたい。 ただ速い、性能が良い、ではなく、ライダーの「ハート」を盛り上げるポテンシャルを求めるのならば、スクランブラーはぜひ選択肢に入れておきたいところだ。 トライアンフ スクランブラー 総合評価 古き良き時代をよみがえらせる タイムマシーンのようなバイク ライダーの大先輩たちが語る古き良き時代、1960年代には今から戻ることはできない。 映画や本の中の憧れの名車たちは、これまでずっと手が届かない存在だった。 スクランブラーはそんな時代の壁を飛び越えてやってきたタイムマシーンのようなバイクだ。 中身は確かにイマドキの機械が詰まっているけれど、ルックスや独特のテイストは、あのころの空気を今のライダーへと伝えてくれる。 ただの懐古趣味的なバイクに終わらず、現代にあわせて名車を再構築してみせたトライアンフには尊敬の念さえ抱いてしまう。 あの時代にバイクに心焦がれたことがあるのなら、スクランブラーは1度またがってみる価値のあるバイクだ。 もちろん、その時代を知らなくても面白い1台ということに変わりは無い。 伝統的な美しさと現代のクラフトマンシップが生み出したスクランブラーには、ただのバイクにはない奥深さと、噛み締めるほど湧き出すような味わいがある。

次の