サイトカイン ストーム と は。 サイトカインストームを抑制する食べ物は海藻だが、ヨウ素の摂り過ぎは危険。フコイダンサプリが良いかも

サイトカインストームを抑制する食べ物は海藻だが、ヨウ素の摂り過ぎは危険。フコイダンサプリが良いかも

サイトカイン ストーム と は

日本の感染の実態は不透明 入院・外来患者に抗体も 三密=密集・密接・密閉に代えて、「 集・近・閉を避けよう」という言い方があるらしい。 最初に誰が思いついたのか寡聞にして知らぬが、非常に良く出来たブラック・ジョークと感心する。 それに、密集・密接・密閉より簡明である。 検索すると結構前からネットでは使われているようだが、考案者のセンスに感心する他ない。 何故こんな言い回しが生まれたのか、中国の指導部には胸に手を当てて考えて欲しいと思う。 だが、この願いは無駄に終わる。 残念である。 先日、筆者の友人から「(20代社会人の)子供が同期に週末飲み会に誘われたと言ったので、アルコールの販売は19時までだから昼間やるのかと尋ねたら、なんとエアビー(民泊の部屋の意)を借りて夜に集まる計画だとさ、呆れたよ。 当然、子供は断ったけどね。 」と聞かされた。 この計画が実行されなかったことを願うが、失業や収入減の心配をする必要のない大企業の若手社員達が抜け道を狙ってこんな良からぬことを企んでいたとは…情けないことだが、企業にはこういう面からも社員指導を徹底して欲しいと思う。 それにしても、 新型コロナウイルスを巡っては今なお分からぬことが多過ぎる。 これが ウイルスそのものへの恐怖を増幅させ、経済的な不安が加わって、極めて大きなストレスになっている。 例えば、無症状感染者や軽症の感染者が相当数存在し、その人達から感染が広がっているのは間違いないようだが、どのくらい居るのかはっきりしない。 その結果、本当の致死率や重症化率も分からない。 ニューヨーク州の大規模検査では、NY市で約20%が抗体を持っていた、すなわち感染していたという結果があるようだし、東京では慶應大学病院の検査で、サンプル数は少ないが、一般入院患者の約6%が陽性だったという報告がある。 5月2日には、神戸市民病院が1000人の外来患者を調べたら、約3%が抗体陽性であったと発表した。 この時点で仮の話をするのは乱暴かもしれないが、神戸市民病院の例を参考に3%の陽性患者がいると仮定すると、東京都の感染者数は40万人程度で、この場合の致死率は0. 03~0. 04%になる。 さらに、NY市並みの20%近くが既に感染していると仮定すると、極めて大雑把に言って200数十万人が感染済みという計算になる。 そして、この場合の致死率は0. 01%をかなり下回る。 しかし、4日現在の東京の累計陽性患者数4654人に対する死亡者数150人で計算すると、3%を超える。 そして、この計算の致死率は最近上昇している。 やはり日本では検査数が少な過ぎて、どれも信じるわけにいかない。 専門家会議自体も言っているように、実行再生産数もあまり当てにならない。 何を目安にしてリスクを評価すればよいのかわからないわけで、新型コロナウイルスが怖いのもさることながら、どれくらい怖いかすら分からないという怖さがさらに不安を掻き立てる。 PCR以外の方法も活用し検査対象拡大へ それにつけても日本では、検査はいつまで経っても増えない。 困窮する企業や国民の救済策も素早く実行に移っているとは到底言えない。 新型コロナ禍に加え、緊急事態宣言の延長に伴う経済禍に対する悲鳴もますます大きくなってくる。 発想を変えて『新型コロナ相談センター』といったニュートラルな名称にして、体制も拡充して対応すべきだろう。 今後、PCRに代わる簡易検査キット(インフルエンザのようにウイルス抗原を検出する検査)が実用化されるのは確実であり、こういった診断技術や既に開発済みの抗体検査なども活用して検査対象を広げれば、流行の広がりや重症化率、致死率をより正確に推定できるようになるだろう」という。 PCR検査は時間と手間が掛かり過ぎる。 インフルエンザのようにその場で結果が出るような検査が、早くできるようになってくれればよいのにと素人ながら筆者も思う。 突然の容態悪化は「サイトカイン・ストーム」が原因? また、この病気は、容態がある日突然悪化するだけでなく、呼吸障害の他、脳梗塞や心臓発作で亡くなる患者もいるらしい。 恐ろしい限りだが、何故なのか我々にはよく分からない。 増田教授は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、感染したウイルスが体内で増殖する段階と、 免疫系の暴走『サイトカイン・ストーム』が起こる段階の2つがあるようだ。 サイトカインというのは、免疫細胞の数や機能を調節し、本来はウイルスなどから我々の体を守ってくれる免疫ホルモンのようなものである。 しかし、これが過剰に産生されると免疫系の暴走、すなわち嵐(ストーム)が起こり、正常な細胞まで攻撃されてしまう。 容態がある日突然悪化するのは、サイトカイン・ストームが起こり、急速に進行する場合があるからだ」という。 一方、15%ぐらいの人は肺炎症状がひどくなって呼吸困難になるなど重症化する。 サイトカイン・ストームが起こり始めている可能性があるのだが、これが起こる人と起こらない人がいるのはなぜか、どういう人に起こりやすいのか、どうすれば防げるのか、残念ながらまだ分かっていない」という。 また、この新型ウイルスで脳梗塞や心筋梗塞が起きるケースがあることについては、「肺から血液に入ったウイルスの血管内皮細胞への感染や、サイトカイン・ストームによる炎症の影響などで、血管の内壁に血の塊(血栓)ができてしまい、この血栓が脳や心臓に飛んでいって細い血管に詰まると、脳梗塞や心筋梗塞を起こす。 これは、肺炎が重篤化する前に起きることもあるようだ」という。 獨協医科大学の増田道明教授 サイトカイン・ストームなる現象は、新型コロナ以前にはあまり話題になることがなかったと思うが、聞けば、 その恐ろしさは明白である。 接触機会の8割削減も何となく理解をして我々は我慢を続けているが、何をもって8割というのか、実はよく分かっていない。 また、いつまで続ければよいのか、経済活動を如何にして再開していくのがよいか、トンネルの出口がどこにあるのか分からない。 そして、今の流行が一旦収まっても、経済活動を再開させればいずれ次の波が来ると言われている。 増田教授も、経済については専門外と断りながらも「活動レベルを少し上げて、様子を見る。 そして、入院を要する重症者数の動向を見ながら、次の活動レベルを決めていく、といった 試行錯誤を1~2週間単位で繰り返しながら、新たな生活様式を社会全体で考えていくことが必要になるのではないか」 「ただ、無症状の感染者が少なからずいるという新型コロナウイルスの性質を考えると、 ウイルスが完全に無くなるまで活動再開は待つというのは現実的ではない」と言う。 集団免疫を得てもウイルス収束に至らない可能性 一方、ウイルスそのものついて考えてみても、起源が武漢であることは周知だし、人工的に作られたものでないことは、細菌兵器の専門家を始め世界の研究者がほぼ断じているのだが、それ以外ははっきりしない。 最初、コウモリから直接ヒトに移ったのか、間に別の動物がいたのか、この異種間の感染が武漢の研究所で起きたのか、別の場所で起きたのか、本当はいつ頃だったのか、はっきりしない。 中国政府は調べているのだろうが、真相を世界が納得するような形で公表する気配はないし、WHOは調査に乗り出すようだが心許ない。 トランプ政権が旗を振るだけでは、起源不詳のまま終わってしまう恐れも否めない。 トンネルの入口も出口も見えないように思えるのが、このコロナ禍を一層辛いものにしているのである。 人類は最終的に集団免疫を得て、この危機を克服することになるのか?それとも当分苦しみ続けるのか?見通しを増田教授に尋ねた。 「最近、欧米や日本国内での抗体保有率に関する情報が少しずつ明らかになってきており、 無症状の感染者が思いのほか多い可能性が示されている。 その一方、 抗体ができてからもウイルス感染が持続するケースも結構あるようで、 集団免疫ができればウイルスが収束するということでもなさそうだ」 とすると、人類はインフルエンザと同じように未来永劫、このウイルスと付き合うことになる可能性が高いということになる。 しかしながら、「近いうちに迅速診断法が実用化されるのは確実であり、治療薬についても 既存の薬の転用だけでなく、新型コロナウイルスを標的とする新薬が出てくる可能性もある。 ワクチンについては容易に実用化できるか不明だが、開発の努力は進められている。 こういった技術の進歩は、感染者の身体的苦痛だけでなく、多くの人の精神的苦痛や社会不安の軽減に役立つと期待される」という。 新型コロナウイルス治療に効果があると報告される抗インフルエンザ薬「アビガン」 この新型ウイルス感染症が、 滅多に死なない病気に早くなってくれることを願うばかりである。 それまでは腹を括って忍ぶしかないようだ。 同時に政府の迅速な対応と、一層の経済支援を強く求めたい。 (フジテレビ報道局解説委員 二関吉郎).

次の

サイトカインストーム Vol.68

サイトカイン ストーム と は

2009-06-24 サイトカイン・ストームってなに? 1918年に世界的に流行したスペイン風邪は、 全世界で感染者6億人、 死者4000~5000万人に及んだといわれています。 感染者は15~35歳の若年層に集中し、死亡者の死因の多くは、ウイルスの 二次感染による急性肺障害によるものでした。 当時、インフルエンザウイルスに関する知識も研究技術も確立しておらず、なぜその様な強い病原性をもっていたのかは医学界でも永らく不明なままであり、また、当時流行したウイルスは現存していませんでした。 ところが、日本の研究機関「科学技術振興機構」が、1918年のスペイン風邪ウイルスの遺伝子を、公表された遺伝子配列を元に再構築し、人工合成することに成功しました 詳しくは。 この研究によって、スペインかぜで多くの人が死亡した原因のひとつに、ウイルスに対する自然免疫の異常反応 サイトカイン・ストーム であることが確認されています いったいどんな異常反応なのでしょうか 続きを読む前に、応援クリックお願いします まずは、用語の押えから サイトカインってなに? サイトカインとは細胞から放出されて、免疫作用・抗腫瘍作用・抗ウイルス作用・細胞増殖や分化の調節作用など、特定の細胞に情報伝達するタンパク質の総称をいいます。 免疫とは、細胞内に異物が進入した際に、異物を非自己として認識し防御する働きのことをいい、 免疫機能を担う白血球・マクロファージ・好中球・リンパ球(T細胞・B細胞・その他)などの各細胞が共同作業を行う為の相互作用を司っているのがサイトカインです。 サイトカイン・ストームってなに? 体内に免疫を持たない新型ウィルスが進入すると、体内で過剰免疫反応を起こすことがあります。 サイトカイン・ストームとは、免疫系への防御反応としてサイトカインが過剰生産されアレルギー反応と似たような症状を起こし、最悪の場合死に至る作用のことをいいます。 免疫反応におけるサイトカインの役割 通常の免疫反応について、具体的に見ていきましょう。 マクロファージは異物(病原体)を捕らえて取り込み殺しますが、その際にT細胞に対して異物の種類を提示するという形で「警告」を発します。 T細胞はその警告に基づきB細胞に抗体生産を命じますが、その命令を伝えるのがインターロイキン IL-6 です。 ところがB細胞が充分量の抗体を作るまでにはタイムラグがあるので、マクロファージはその間のつなぎとして病原体を食い殺す作用を持つ好中球を呼び寄せます。 この際にもIL-6が働きます。 注目すべきは、これらはいずれも感染初期の反応であり、もし免疫反応が順調に働いているならば、IL-6は徐々にその役目を終え減少していくと考えられます。 ウイルス感染に対する免疫反応 ウイルスは細菌と異なり自分だけで分裂増殖できません。 何故ならウイルスとは遺伝子を蛋白の殻で包んだだけの存在であり、遺伝子に基づいて新たな体を作り出す機能を持っていないからです。 そこでウイルスが増殖する為には生きている細胞内に入り込み、自分の遺伝子を設計図として細胞に新たなウイルスを作らせる必要があります。 インターフェロン(INF)は、細胞に作用して、この「ウイルスの遺伝子に基づいて新たなウイルスを作る行為」をブロックする働きがあります。 したがって通常の免疫反応であれば、INFが増加し、ウイルスの増殖が抑えられることになります。 スペイン風邪における、いわゆるサイトカイン・ストームの発生 それではスペインかぜにおける過剰免疫反応 サイトカイン・ストーム の発生について見てみましょう。 スペインかぜでは、通常の免疫反応であれば、ウイルスが退治されれば減少するはずのインターロイキン IL-6 が増加し、ウイルスの増殖の抑制を促すインターフェロン(INF)が増加していることが実験からわかりました。 特に、生体内のIL-6濃度が感染局所 インフルエンザでいえば「肺」に当たる で異常に増加しています。 画像はさんからお借りしました。 ・ヒト由来インフルエンザウイルスと比較して、1918年のスペイン風邪ウイルス(1918)に感染したサルは、 a 一部のタイプI型のインターフェロン(ピンクの点線で囲まれた部分)の発現増加が見られない ・反対に炎症性細胞の一つである好中球などを刺激するIL-6(青の点線で囲まれた部分)は発現増加 ・ b インフルエンザウイルス感染に対する抗ウイルス反応に重要な遺伝子群(黄色の点線で囲まれた部分)は、発現増加が見られない(遺伝子発現量: 減少= 緑、変化なし=黒、 増加= 赤) サイトカイン・ストームによる肺の病状 では、サイトカイン・ストームが肺に起こった場合には、具体的にどういう状態になるのでしょうか。 肺の中は極めて細かい部屋(肺胞)に分かれており、その壁は血管が密集しています。 取り込んだ酸素と二酸化炭素を効率的にガス交換するため、血管と大気が殆ど直に接触しており、しかもその表面積を増す為に内側が細かく仕切られています。 IL-6が過剰増加すると、急性炎症反応を引き起こし、肺胞の内側に水分や好中球そのものや好中球の死骸などが溜まります。 したがって、その部位ではガス交換が出来なくなり、いわゆる「肺炎」を引きこします。 サイトカイン・ストームが発生するとこの状態が更に強く起こり、呼吸困難、最悪の場合は死に至ります。 a 正常なサルの肺 b ヒト由来のウイルスを接種したサルの肺 c d 1918年のスペイン風邪ウイルスを接種したサルの肺 画像はさんからお借りしました。 スペイン風邪で死亡したのが若年層なのはなんで? 以上の研究から、 「スペインかぜはなんらかの原因で体内にサイトカインストームが発生し、急性肺障害を引き起こして多数の死者を発生させた」というのは確かだと思います。 しかし、ここで疑問が残ります。 スペインかぜの死亡者が、通常のインフルエンザであれば死亡することのない15~35歳の若年層に集中したのはなぜしょうか よく引き合いに出されるのが、若年層ほど免疫が活発化しやすく、過剰反応を引き起こしやすいということですが、どうもすっきりしません。 一つの説として、当時感染者に使用されていた 解熱剤 NSAIDs:非ステロイド抗炎症剤系解熱剤 によって、サイトカイン・ストームが起きたという説があります。 アスピリンはスペインかぜが流行する3年前 1915年 から一般用薬剤として市販され急速に使用されるようになりました。 当時解熱剤として大量のアスピリンが使われたとされる記録があり、アスピリンを使用した人と使用しなかった人の死亡率は30倍もの差があるという調査もあります。 これが正しければ、当時第一次世界大戦中という状況を鑑みて、若い軍人などがインフルエンザ対策として多量のアスピリンを使用し、副作用としてのサイトカイン・ストームが起きたという仮説も立てられます 現在WHOではアスピリンの18歳未満への使用は制限。 いずれにせよ、本来ウイルスに対抗すべき免疫反応が過剰反応を起こし、自らの体を蝕むという皮肉な結果は変わりません。 生物が本来もつウイルス 病気 への抵抗力をいかに正常に発現させるか? 見えない敵に対抗する上で忘れてはならない視点ですね。

次の

サイトカイン放出症候群

サイトカイン ストーム と は

政府の新型コロナウイルス対策の基本方針が出ましたよね。 それによると、患者が増加するペースを可能な感じで押さえるとしております。 症状が見られる場合には仕事を休め、外出を自粛しろ、テレワークや時差出勤をしなさい。 こんなことが謳われてています。 棄民政策 驚いたのは、今後患者数が大幅に増えた地域では、重症化した患者向けの医療体制を確保するため、症状が軽い人は自宅での安静療養を原則とする、とされている点です。 つまり「軽症者は検査も治療もしませんよ」と言ってるんですね。 11の福島原発事故の際の政府の対応を思い出します。 被曝の可能性があっても測定はしない、してもごく一部。 被曝が心配で移住した人の援助はしない。 勝手に出て行ったんだから自己責任だ。 棄民政策です。 また同じことが起きるんではないでしょうか。 いや実際にその兆候がありますね。 加藤厚生労働大臣は、1日の検査能力は3800人があると言っているのに、これまでの検査実績はせいぜい1日に数百人程度に過ぎません。 肺炎の疑いがなければ検査をしないということがもうすでに実施されているのです。 東京新聞が特報欄で書いていますが、韓国に比べて極端に感染者が少ないのは、何としても東京オリンピックを開催したい、そのためには感染者数を増やしたくない。 そんな思惑ではないかと報じています。 当たらずしも遠からずではないでしょうか。 政府も専門家も、すべての疾病に対して「早期発見、早期治療が大切」と言ってきたはずですが、いざ具体的な問題が起きると、こんな文言はどこかにおいてきたようです。 政府が信用できないとなると自分の命と健康は自分で守らざるを得ません。 市販の風邪薬は注意 キーワードはサイトカインストームです。 NK細胞が活躍するためにはサイトカインといわれる活性物質で活性化されることが必要なんです。 しかしサイトカインには炎症性サイトカインと抗炎症性サイトカインの2種類があり、この二つが絶妙なバランスで病原菌やウイルスを退治しているのです。 このバランスが崩れると免疫の過剰反応の起きます。 これがサイトカインストームです。 新型コロナウイルスによる死亡例のほとんどはこれではないかと中国では言われています。 サイトカインストームが起きると急速な呼吸困難になり、臓器の障害が受け結果的に肺炎症状を起こして死亡します。 市販の風邪薬の中には NSAIDs (非ステロイド性抗炎症薬)が入ったものがありますが、これにはサイトカインストームを引き起こす危険があると言われています。 インフルエンザや新型コロナウイルスの可能性がある場合に服用しても良い市販の風邪薬は、 アセトアミノフェンを含んだ薬、 商品名で言えばカロナールコカールなどだけです。 しかしこれは私の考えですが、ウイルスが体内に入ってくると身体は鼻水を出してウイルスを出そうとし、咳を出そうとします。 体温を上げて熱に弱いウイルスをやっつけようとします。 ですから咳や鼻水を抑えたり解熱をしたりすることは、身体の恒常的な反応、ホメオスタシスに反することです。 少々の熱であれば水分と栄養を摂って、仕事を休んで寝ている。 これが最良の対策ではないでしょうか。 がんと闘う多くの仲間がいます。 スポンサーリンク このブログの関連記事• 日経メディカルの記事にあったんだが、 […]• 山中伸弥教授らの専門家が「新型コロナウイルス […]• 免疫システムの劣化はがん細胞を増殖させる 新型コロナウイルスが、リンパ球の多くを占める T […]• IWJの岩上安身さんの長時間インタビューです。 中村祐輔先生が政府のCOVID-19対策をバッサリと批判。 新型コロナウイルス感染者は免疫の暴走(サイトカインストーム)によって急 […]• なんとなく […]• medRxivは、査読前の医学分野の論文を受付し、新しい知見の迅速な共有やフィードバックを受けるためのプラットフォームを無料で提供するサービスで、20 […]• 新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が一ヶ月延長されました。 政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は4月22日、医療提供体制とPCR検査体制につい […]• 今朝の東京新聞の一面トップは中村祐輔先生の記事でした。 記事本文はこちらにあります。 がん研有明病院では、新型コロナへの対応でがんの手術ができない病院の患者を […] キノシタさま ご紹介ありがとうございます。 それにしても、段々コロナ一色になる国内が怖いですね。 感染のしやすさが、恐怖心をあおるのですが死亡者を少なくするということが日本の重大なミッションだと思います。 その意味で、検査の必要な人を上手に選別する必要があるのですが、心配なことが多々あります。 診断しても多くの人の治療は一緒ですが、使える薬や使ってはいけない薬は特に心配です。 総合感冒薬にも、NSAIDsが入っていないものが多数あるものの、中途半端に伝えるのは問題なので、書きませんでした。 薬剤師に相談すべきと思います。 製薬会社も、OTCはわかりやすい表示を心がける必要があります。 もっとも、今後は感染症でも働くを減らす方向に社会が向かうかもしれませんね。 キノシタ様も、感染には十分にご用心下さいませ。

次の