3 連 複 フォーメーション 点数。 フォーメーション点数計算アプリ 三連単 三連複 馬単 馬連 枠連

購入点数を絞り込む買い方 3連単のフォーメーションとは?|競馬予想・競馬情報ならJRA

3 連 複 フォーメーション 点数

舟券を購入するときに、気になるのが点数。 『この買い方だと何点になるんだろう?』 『いくらくらいかかるかな?』 こんな風に競艇の点数が気になっている方も、たくさんいらっしゃると思います。 そこで当サイト、では舟券の点数を自動で計算できるツールを提供。 舟券を買うときはぜひ、参考にしてくださいね。 競艇で大金を稼ぐには、 「実績のある競艇予想サイト」を利用するのが一番の近道。 そして、安定した利益率を体感できるのが、 競艇トップ TOP です。 デイ・ナイター365日配信中の 無料情報でも、的中できる・稼げるを体感可能。 テレボートの登録から舟券の買い方なども、 懇切丁寧に対応。 初心者には、なかなか手が及ばない、天候の影響や水面状況の解説なんかもしてくれるから、 納得できる情報が手に入りやすいのも特徴的。 さらに、論より証拠の実績は、 ほぼ毎日的中した結果をそのまま示しています。 競艇トップ TOP にしかできないことがある、だからこそ利用する価値がある。 投資でもギャンブルでも、ここで 十分稼げることに変わりありません!•

次の

三連複の考え方と点数計算法 BOX/ながし/フォーメーション【馬券の種類】

3 連 複 フォーメーション 点数

3連複馬券を効果的に活用するための「馬券の組み合わせ方」! 3連複馬券を効果的に活用するためには、「馬券の組み合わせ方」を意識することが大切です。 レースごとに条件・特性が異なるわけですから、それに応じた「3連複馬券の組み合わせ方」を 考えることが、『馬券力』を生み出すことに繋がるのです。 3連複馬券の組み合わせ方を考える上で大切になるのが「3連複馬券の特性を理解すること」 及び「馬券の買い方(BOX、流し、フォーメーション)の特徴を認識すること」の2要素です。 どんな特性があるのか(メリット、デメリットなど)を理解しているからこそ、初めて効果的な買い方 が出来るものですからね。 それと、もうひとつ意識しておきたいのが「出走頭数」です。 大まかな目安としては、「10頭以下」 の小頭数レースと「11頭~18頭」の普通・多頭数レースでは、3連複馬券の使い方(組み合わせ方)に 大きな違いが出てきます。 ゆえに、かならず「3頭」 の馬を選択する必要があるんですね。 1頭だけを選択する馬券(単勝、複勝)や2頭の馬を選択する馬券 (馬連、ワイドなど)と比較すると3頭の馬を選択しなければいけないわけですから、単純にその分、的中難易度が 高くなるわけです。 ただし、「3連複馬券」は順位(着順)を当てる必要がありません。 「単勝や馬単」は、かならず勝馬(一着馬)を 見出さなければ的中とはならない馬券となります。 また、「馬連・枠連」という馬券は、二着以内の馬を 見出す必要があります。 「3連複」という馬券は、三着以内に入る馬を選べば 良いので、「着順」という要素(視点)から考えると的中の可能性が高いとも考えることが出来るのです。 「三着となる馬」は、実力などに関わらず「展開の利」の影響が多いことを知っておきましょう。 「一着となる馬」は当該レースにおいて、 「能力」「適正(馬場、コースなど)」「状態(体調)」「レース展開」 の過半以上の要素が該当していること(最も適していること)が求められるものです。 「二着となる馬」も概ね同じような要素が求められる傾向があるんですね。 対して、 「三着となる馬」は、上記4項目の内、いずれかひとつが突出していた(適正が高かった)というだけでも、 十分対象となるものなのです。 特に「展開の利」が大きな影響を与える要素となるものです。 ゆえに、普通は「能力比較」「適正比較」からは馬券対象外となるような馬であったとしても、その日のレース傾向 が「前残り傾向」であったり、逆に「差し・追い込み傾向」だったりとわりと極端な傾向が出ているときには、 能力や適性に関わらず、その時のレース展開傾向に沿った馬(前残り傾向だったときには、特に逃げる可能性が ある馬など)を3連複馬券の対象馬としてピックアップしたほうが良いことは、ぜひ心に留めておいていただければ と思います。 馬券の買い方(BOX、一頭軸流し、二頭軸流し、フォーメーション)による「組み合わせ方」ポイント! 3連複馬券は、馬券の買い方(BOX、一頭軸流し、二頭軸流し、フォーメーション)によって、その組み合わせ方が 異なる傾向があります。 軸馬を定めない「BOX」と軸馬を厳選しなければいけない「流し」では、必然的に 組み合わせ方の胆となる要素が異なってくるのです。 細かく考え始めると切りがないので、ここでは、 それぞれの馬券の買い方(BOX、一頭軸流し、二頭軸流し、フォーメーション)ごとに、注視しておきたい 最重要ポイントを記しておきたいと思います。 3連複馬券「BOX」買いの組み合わせ方! 「3連複のBOX」馬券は、買い目点数が最も多くなる買い方です。 資金力がある方を除けば、 収支効率を考えると、「7頭BOX」以下(35点以下の買い目数)で組み合わせとすることを基準と考えて いただければと思います。 これは、「平均配当」の項目に記していますが、3連複馬券の配当として、 最も確率が高いのが「¥1,000円~¥2,990円」の範囲なんですね。 ゆえに、「8頭BOX以上」として しまうと、馬券的中したとしてもマイナス収支(損)となる確率が高まってしまうのです。 実践経験から言えば、 「5頭BOX」「6頭BOX」という組み合わせが最も効果的な3連複BOX馬券と なるものと思っています。 もうひとつ、大切な要素があります。 それが 「1番人気~3番人気」から、最低1頭(出来れば、2頭) は、BOX買いの対象馬とするということです。 実は、3連複BOXの組み合わせ方で失敗が 多いのが人気馬(1~3着)を選択しないで馬券を構成してしまうケースなんですね。 少しでも高い配当の馬券を狙いたいという気持ちはわかるのですが・・。 現状(データ)を無視 してしまってはいけません。 実は、 年間を通じて考えると3着までに人気馬 (1~3番人気)が入る確率は約75%もの高確率となっています。 1番人気~3番人気の中から、少なくとも 一頭が三着以内となる確率が「約75%」もあるわけです。 逆に言えば、 「1番人気~3番人気」の馬を馬券の組み合わせ対象外としてしまったら、かなりの確率で 不的中となることを意味しているのです。 3連複は人気馬が絡んだ馬券であっても高配当となる可能性がある 馬券。 BOX買いの場合にはかならず人気馬を加えた組み合わせとすることが大切なのです。 3連複馬券「一頭軸流し」買いの組み合わせ方! 競馬の基本はやはり「勝つ馬を予想する」ことです。 多種多様な予想方法が存在していますが、どんな予想方法 であったとしても、基本は「一着馬」を予想することを忘れてはいけないんですね。 それは、3連複馬券を 購入する上でも大切な要素となります。 ついつい、3連複馬券は、順位にこだわらない馬券種類であるがゆえに、 「一着馬を予想する」という基本が疎かになりがちなのです。 そこが疎かとなってしまっていると、順位が 無関係な3連複馬券であっても、なかなか馬券的中することが出来なくなってしまうんですね。 特に、その影響が大きいのが「3連複馬券の一頭軸流し買い」です。 一頭軸流し買いの場合には、「一頭の馬」 を厳選することから馬券の組み立てが始まります。 結論から言うと、 「勝ち馬」を予想。 そこで導き出された 馬を軸に据えることが「3連複の一頭軸流し」の基本の組み合わせ方となるのです。 ここで、大きな過ちを冒してしまいやすいのが、「三着以内には、入るたろうと思う馬」を予想して、軸馬と してしまうというケースです。 一見、3連複という特性を考えると、それでも良いような気がしますよね。 しかし、競馬は、常に不確定要素が付きまとうもの。 三着には入るだろう・・という気持ちでピックアップした 馬は、ちょっとした副帝要素によって、すぐに着外(4着以下)となってしまうものなのです。 しかし、「勝と思える馬」を厳選していれば、ちょっとした不確定要素があったときに、勝てないにしても 二着・三着に踏みとどまる可能性があるのです。 軸馬は、「勝と思える馬」から選ぶことが、一頭軸流し のポイントとなるのです。 3連複馬券「二頭軸流し」買いの組み合わせ方!! 3連複馬券の二頭軸流し買いは、最も的中確率が低い買い方と言えます。 それは、別の見方をすると わかってもらいやすいと思うのですが・・。 それは、「3連複馬券の二頭軸流し買い」という買い方は、 「ワイド馬券を一点で的中させる」ことが二頭軸流し馬券の的中条件となっているからなのです。 「ワイド馬券を一点で的中」させることが出来たとしても、それはあくまで第一条件であって、 3連複二頭軸流し馬券が的中するとは限らないのです。 何せ、もう1頭も予想的中させなければ いけないわけですから。 そういう意味では、競馬中級者以上となってから、活用したい馬券の 組み合わせ方となりそうです。 「3連複馬券の二頭軸流し買い」の基本的な組み合わせ方として、まずは 「人気上位2頭」が他の馬と大きな人気差がある時、もしくは「人気上位3頭」が 他の馬と比較して人気差がある時に活用すると効果的となります。 当然、この時、軸馬として選択する2頭 は、上位人気馬から選ぶこととなります。 これが基本的な組み立て方となります。 もうひとつ効果的な組み合わせ方となるのが、予想から1頭厳選したい馬がいるとき。 この厳選馬が、 一番人気や二番人気ではなかったときに、「上位人気馬(一番人気or二番人気)+厳選馬(1頭)」を 二頭軸とするという組み合わせ方です。 この時、もうひとつ心がけておくといいのが、「相手馬(軸以外の馬)は、選別せずに、全通り流しとする」 ということ。 3連複の二頭軸流し馬券にて、現実的(適度な的中頻度)に最も高配当が望めるのが、この組み合わせ方 となっています。 3連複馬券「フォーメーション」買いの組み合わせ方!! 3連複「フォーメーション」買いとは、「2頭軸流し」を複数購入する方法と理解しておくといいのではないで しょうか。 例えば「A」という馬が勝つと予想し、相手の馬として「B. D」の3頭を選択したとします。 3連複「フォーメーション」買いとは、「AとBを2頭軸として流し」「AとCを2頭軸として流し」「AとDを2頭軸として流し」 といった3連複「2頭軸流し」の馬券を3通り購入するのとほぼ同じ意味となります。 違いとしては「重複する馬券の組み合わせ」 を除外しているというだけ。 ゆえに単純に3連複「2頭軸流し」の複数買いとして認識しておいていただければ と思います。 3連複馬券「フォーメーション」買いは、どうしても軸馬を一頭に絞り切れなかった時に採用する組み合わせ方と 理解しておいていただければと思います。 あまり、馬券購入数が多くなってしまっては、収益があがりませんので、 3連複の期待値としてベースとなる「¥1,000円~¥2,990円」の配当を意識した上で、購入点数を調整していただければ と思います。 レースごとに条件が異なりますが、多頭数レースを基準とすると、目標としては 「35点以下」が理想的となりますでしょうか。 3連複馬券「フォーメーション」買いとは?! 競馬初心者の方は、そもそも「フォーメーション買いとは何?」ということを知りたいと考えているのかもしれ ませんね。 ここでは、少し「フォーメーション買い」の概要に関してお話しておきたいと思います。 まず、競馬場で馬券購入するときに使用するのが「マークカード」と呼ばれているもの。 このマークカードには、 「4種類のマークカード」が存在しています。 その中で、フォーメーション買いをするためのマークカードが 上記(写真)の赤色マークカードとなります。 「フォーメーション」という言葉を聞くととても意味不明に感じる方が多いのではないかと思うのですが 笑 、 実際の意味としては、『組み合わせ購入方式』となります。 「3連複」という馬券は、順位に関わらず上位三頭(一着~三着)を当てる馬券ですので、上位三頭の組み合わせ が購入馬券に有れば、的中となるわけですね。。 マークカードで言うと、緑色囲みで表記しましたが、「1頭目」「2頭目」「3頭目」と記されている欄があり ますよね。 3連複馬券の場合は、順位が無関係なので、この表記を意識すれば良いこととなります。 その上で、「1頭目」「2頭目」「3頭目」の欄に記入した(選択した馬番号)馬番号の組み合わせの中に 上位三頭の馬番があれば、的中となるのです。 例えば、上記マークカードを見てください。 1頭目の欄には、「1、12」。 2頭目の欄には、「1、3、5」。 1頭目の欄には、「2、4、5」と選択していますよね。 これを一般的には、「フォメーション:1. 12-1. 5-2. 5」と表記します。 この買い方をした時の3連複馬券の組み合わせは、「1-3-2」「1-3-4」「1-3-5」「1-5-2」「1-5-4」 「12-1-2」「12-1-4」「12-1-5」「12-3-2」「12-3-4」「12-3-5」「12-5-2」「12-5-4」の13通りの馬券を 購入したこととなるのです。 (この場合、重複は除くこととなります。 ) ですから、上位三頭が「1. 5」だとしたら、馬券は的中となるわけですね。 しかし、「2. 5」だったとしたら、 馬番は選択していたとしても、組み合わせには無いので、不的中となるのです。 ちなみに、「重複の組み合わせの除外」は、発券機が自動で計算してくれますので、マークカードの記載時には、 あまり気にする必要はありません。 ですから、実際には、前項に3連複フォーメーション馬券の写真がありますが、 そこに記しているように、「3. 7-3. 12-3. 17」といった形で、一頭目の欄に記入した馬番 は、そのまま二頭目の欄及び三頭目の欄にも記載する&二頭目の欄に記入した馬番は三頭目の欄に記載する ように心がけたほうが、間違いが少ないので効果的な買い方と なります。 大人気の「競馬予想情報」BEST 5! 貴方が競馬をやっている最大の目的は、 「儲けること」ですよね。 もちろん、「馬を応援する」「レジャーとして楽しむ」「ストレス発散」など人それぞれの楽しみ方はあるものです。 それでも「儲からなくてよい」と考えている人はいませんよね。 そのために「馬券の的中」を求めることとなるのですが・・・ 実は「利益」をあげるためには、単に「的中」を目指せばよいというわけでは無いのです。 がとても重要な要素となるのです。 その具体的な方法を学ぶには、「実際に、多くの利益を出している人の予想&買い方を知ること・真似ること」が最短の近道となります! ここでは、実際に多くの方が参考としてる人気予想家の「予想情報」を厳選して、ご紹介したいと思います。 それぞれ、予想手法(血統・タイムラップ・関係者情報など)が異なる情報からピックアップ。 貴方が興味の持てる手法を参考として みていただければと思います。 実績断トツNO. 「勝馬を見出すことは出来なくても、3着までに来る馬なら、見つけることが出来るのでは・・。 」といった、 思いがある人ほど、3連複馬券に魅力を感じるようになりますからね。 「3連複の買い方情報」を探して、当サイトを訪れていただいた方であれば、『安定感(的中率)』を大切にしたい という思いは強いのではないでしょうか。 でも、安定感だけを求めているわけではありませんよね。 私も3連複が 好きな競馬人ですが、安定感のみを求めるのであれば、複勝やワイド馬券を重視するはずです。 3連複馬券を 好む方は、「安定感(的中率)」に加えて「高配当の可能性」も多少はあってほしい・・。 そんな思いを 持っているものと思います。 少なくとも、私は「的中率と高配当の可能性のバランス」を重視しています。 「的中率(安定感)」という要素は、実績・数字として、しっかり確認することが出来る要素です。 「高配当の的中情報」などの場合は、正直、2. 3か月に一回程度の的中なのかもしれませんし、 半年に一回程度の的中という可能性もあるもの。 情報としては、とても当てにできませんよね。 (活用出来ない)でも、「的中率」という要素は、大いに当てになる情報となります。 1か月間の的中率が 「50%」であれば、概ね2回に1回は、的中すると考えることができるわけですから。 十分に、 安心して活用できる情報となるわけです。 『3連複馬券情報』的中率7割!回収率180%継続中!中央競馬の厳選したレースのみを配信中!! 個人的に、大いに参考となっている3連複馬券情報が、こちらのです。 重賞やオープン戦、準オープン戦を対象とした、3連複情報なのですが、なんといっても、『的中率7割』という 実績は、もう・・驚くべき要素。 3連複馬券好きの方にとっては、これほど心強い要素は無いのではないでしょうかね。 ぜひ、2. 3回活用してみて いただけると、その効果を十分楽しむことが出来るのではないでしょうかね。 regimag. オリジナルで積み上げてきた莫大なデータを基に 、編み出した「ラップタイム理論」は、広く競馬ファンの間で浸透してきている競馬理論となっています。 そんな競馬予想家・夏目耕四郎さんのラップタイム理論に基づいた予想を知りたいと思っている方も少なくない のではないでしょうか。 現在、月額課金のメルマガを配信、好評となっていますが、もっと気軽に予想情報を 楽しみたい(知りたい)という方に向けて、新たな情報サービスとして開始されたのが、こちらの です。 最大の特徴が、毎週の「重賞予想が1レース単位」でご購読(記事別課金)することが出来ること。 記事内容としては、 「各重賞レースの傾向と分析、全出走馬の簡易馬柱」「予想印と各馬の解説」「推奨買い目と参考資金配分」 と盛りだくさんの内容となっています。 予想情報だけでなく、自分の馬券力を高める上でも大きな力と なる情報と感じています。 3連複馬券の「平均配当」特集! 3連複馬券の大きな魅力のひとつが「高配当」を獲得できる可能性があるということ。 「3連複の配当・オッズ」に関する情報をご紹介。 3連複馬券の「組み合わせ」特集! 3連複馬券を効果的に活用する上で、馬券の買い方をどのように組み合わせていくか を考えるとことがとても重要な要素となるものです。 3連複馬券の「買い方」特集! フォーメーション・流し・BOX馬券など、3連複馬券で成果を得るために知っておきたい 3連複馬券の「買い方」に関する各種情報をご紹介。

次の

3連複の「組み合わせ方」/中央競馬「3連複」の買い方情報!

3 連 複 フォーメーション 点数

こんばんは! 三連複フォーメーションの買い方、本命馬が穴馬(今回はとりあえず4番人気以下として進めていきます)の場合の一つの形について書いていこうと思います。 と、言っても旧ブログであるライブドアブログの頃から書き続けてきたことではあるので、ご覧頂いたことある方も多いと思いますし、また他のメディアでも以前書いたことがありますので目新しいことではないとは思います。 そういった意味では、確認の意味も含めて、ですね。 初めての方には「目から鱗!!」となれば良いのですが。 どういうことか分かりますでしょうか?(せっかくなので考えてみてくださいね!) 三連複は1~3着の3頭を順不同で選んで当てる馬券です。 着順関係ないとう点で3連単より楽な馬券ですね。 大元の大元、順番関係ないとすれば3頭横並び、ボックスが一つの形としてあります(3頭しか選んでいないと1点ですが)。 これが、 三連複4頭、5頭、6頭、7頭、8頭ボックス…と増えて行けば当然当る確率も上がっていきますが、競馬を長くやっている方ならすぐにお気づきになるかと思いますが、、、点数が嵩張ってきます。 それを嫌って4頭、多くても5頭ボックスとしても良いですが…そう簡単に4,5頭に絞れるでしょうか?絞れるレースは結局堅いレースで5頭ボックスでもトリガミの目がチラホラだと思います。 三連複(三連単含む)の魅力は絞って勝負!と言うより(それが出来る方は良いですが、予想力と堅いところにドカンの方なら当然資金力が必要になります)、 「変な馬のツッコミ」に期待をする方が… 「庶民である我々の戦い方」 だと私は思っています。 その変な馬のツッコミを4頭、5頭しか選ばずに期待できるかどうか…。 もちろん絞ってナンボという考え方を否定はしませんが、競馬は出遅れも、不利も、どん詰まりもありますのでそんなに絞って良い事ばかりだとは思えないんです。 じゃあ、この大元から点数を絞る為にあるのが三連複フォーメーションという買い方、馬券のポイントになってきます。 三連複フォーメーション買い方:1頭軸からさらに絞る 三連複フォーメーションという馬券の買い方、先の通り三連複ボックスから点数を絞る為にある、としていますが… 三連複フォーメーションという馬券の買い方と三連複ボックスという馬券の買い方の間に、もう一つ挟まっている馬券の買い方の形があります。 それが、三連複1頭軸流しです。 三連複BOXと三連複1頭軸の点数の違いは… こんな感じですね。 三連複ボックスは言うまでもなく本命も、対抗もヒモも関係なく全部フラットな関係で買う馬券の買い方ですが、三連複1頭軸流しは、本命馬がいて(=全体から絞って)相手をフラットとみなして買う馬券です。 当然、本命馬にした馬が4着以下になれば外れてしまいますが… 「変な馬」を選べる数=ハネる可能性が上がるとすれば、ボックスと比べて、点数を絞って相手を選択する幅を広げる馬券の買い方になります。 もう一度表の内容をみてみると… 三連複ボックス4頭=4点、5頭=10点、6頭=20点、7頭=35、8頭=56点 三連複軸一頭流し相手4頭=6点、5頭=10点、6頭=15点、7頭=21点、8頭=28点 ボックスと軸一頭ながし、双方に良さはありますが、点数の差は中々多いですよね。 そして、三連複フォーメーションという買い方は、三連複1頭軸流しの馬券からさらに「絞る」馬券の買い方になります。 スポンサーリンク 三連複フォーメーション買い方【穴馬本命】だからこそ 三連複フォーメーションの買い方で穴馬本命だからこそ…以下のカタチが活きてきます。 3連複フォーメーションという馬券を買うにも本命馬の人気、扱いにおいて考え方が少し変わってきます。 もちろん2列目を3頭にしなくてはいけない必要はありませんし、3列目も減らしても増やしても良いワケです。 この三連複フォーメーションの買い方で一つの形を示して行きたいコトとしては… 「三連複フォーメーション買い方【穴馬本命】だからこそ」、これは他のブログ記事でも何度も、ナンドモnandomo書いていますが… 1~3番人気の馬が1頭も3着以内に入らない確率は約7% という、過去からの数字があります。 で、これで終わらさず押さえておきたいポイントがあるんです。 先ほどワザワザ三連複1頭軸流しについて触れた点がここで絡んできます。 三連複フォーメーション買い方/点数を抑える&重ね買い 先ほど、三連複フォーメーションの買い方の記事なのに、三連複一頭軸流しを実は半ば強引にねじ込んだのはここからの事を言いたかったからです。 「変な馬来い」を前提として仮に本命馬以外に8頭の印をつけたとします。 ピンと来た方もいらっしゃると思いますが、同じ買い方を10回やったとします。 1点100円で。 そうです、当たり前ですが10000円の差がでますよね。 かなりの金額ですよね?? で、です。 「無駄になったはずの1000円」ですから好きに使えます。 (無理やりそのレースでその1000円を使う必要がない、ということは大人ですから分かっているということ前提です。 次のレースでほかの馬券に使える1000円でもあります。 ) もちろん、それでもここは人気馬が怪しいと「あなたが思えば」三連複フォーメーションを使わずに一頭軸で「2頭変な馬来い!!」も馬券の買い方としては正解です。 特に人気馬が「被った人気」の時に、1~3番人気が飛んで行ってくれた時の馬券のハネ方はかなり大きいです。 いかがでしょうか? 三連複フォーメーション買い方、本命馬が穴馬の場合。 実は私自身、人気馬を本命にする時の方が馬券の構築に困ったりします。 それは…上記の様に「半自動的に」2列目を入れ込むことができる3連複フォーメーションの買い方があるから、です。 実際、人気薄を本命にする時の方が…上記理由で馬券の買い方は「楽」です。 …と言いつつ素直に人気3頭を2列目になかなか置かないのですが(苦笑)これは私自身課題としている、1~3番人気の内嫌う馬を見つける練習という理由がまず1点。 人気の馬ってどうしても強く見えますし、好走しそうに見えてしまうものです。 それでも1番人気が4着以下に沈む確率が40%あると言う事実からも3頭の内1頭を嫌う練習をすることは決して無駄にならないとおもっています。

次の