年末の挨拶 訪問。 年末年始の挨拶に欠かせないおすすめの粗品を紹介!

【恥かく前に】取引先への年末年始の挨拶マナーとメール例文3つを纏めてみた

年末の挨拶 訪問

スポンサーリンク 日本は昔からの風習があり、どれも相手も思う気持ちがこもっているように感じますよね。 ただ最近は毎年の年賀状もメールで済ませてしまったりお中元やお歳暮も宅配や配達で お渡しが出来る為、人と人の繋がりが少なくなってきてるかのようにも感じます。 宅配や配達業者が便利で進化していてもお歳暮はやはり手渡しを基本としたいですよね。 そんなお歳暮の訪問ですが、やはり訪問となると相手方の都合もあり 事前にアポを取りたいのですが、取り方が分からないまた滞在時間ってどれくらい など悩みもあるのではないでしょか。 今回はそんなお歳暮の訪問の電話のアポの取り方や滞在時間、マナーについて ご案内してまいります。 お歳暮の訪問で電話のアポの取り方は? お歳暮の時期となると年末の忙しい時期となります。 最近では配送などで贈る事もでき便利ですが、やはりお歳暮は一年の感謝の気持ちを 伝えるという事もあり手渡しが基本です。 しかしそうかといって突然訪問するのは相手の都合もある為、やはりマナー違反です。 電話やメールなどであらかじめアポを取り都合の良い日時を確認しましょう。 伝える事は ・お世話になっている事への感謝 ・年末のご挨拶にお伺いしたい。 日頃からのご厚意誠にありがとうございます。 年の瀬でご多忙とは存じますが年末のご挨拶にお伺いさせて頂きたくご連絡を させて頂いております。 ポイントとしてお歳暮を持参してなどの言葉ではなく年末の挨拶にという伝えましょう。 また都合の良いが合わない場合は相手の空いてる日時を優先したいのですが 予備の日時も複数用意しておくと調整しやすくなります。 お歳暮を渡す時の滞在時間 アポを取っている場合は約束した時間を守るというのは大前提ですが あまり早い時間や食事の時間に重なるような時間は避けましょう。 午前中から10時~11時 午後なら14時~16時 が理想となります。 アポを取る際もこの時間を目安にすると良いのではないでしょうか。 また道が分からないなどの理由で早めに家を出てしまい意外にも予定より 早く着いてしまっても約束の時間より早く伺ってしまうと相手も準備が出来ておらず 迷惑を掛けてしまう事もありますので早く着いても約束した時間の5分遅く伺うのが 理想です。 スポンサーリンク 年末の忙しい時期に時間を作って頂いている為、あまり長居をしてしまうと迷惑を 掛ける事もあります。 相手との間柄などもありますが目安としては ・昼頃は11時~12時 ・夕頃は16時~17時 相手方も帰る事を促すのは失礼にあたる為、促す事はしないの こちらから時間を確認して「電車が込み合う前に失礼いたします」や 「そろそろお食事時ですので失礼いたします」などと帰る旨を伝えましょう。 お歳暮を渡す時にやってはいけないマナーは? お歳暮の時期になるとショッピングモールやデパートでは特産品や ビール、洗剤など沢山の商品が並んでいます。 毎年お世話になっている方へ贈るものですので毎年同じ物を贈るのも 気が引けます。 かと言って贈れる物には限りがありまた必ず喜んでくれるとも限りません。 それだけに相手の事を考え感謝の気持ちとともに贈る物を選らぶのも重要ですよね。 そんなお歳暮でもマナーとして贈ってはいけない物があります。 知らずに贈ってしまうとマナー違反となるので注意が必要です。 ・靴下、下着 靴下や下着など身に付ける物を贈ると「みすぼらしい恰好をしている」また 「踏みつける」などの意味がある為、お歳暮として贈るには不適切でマナー違反と なります。 ・刃物やはさみ 相手を縁を切るという意味もあり、昔より刃物やはさみを贈るのはマナー違反と されています。 ・現金や金券 現金や金券を贈るのは「お金に困っている」という意味を与えてしまい 失礼にあたってしまいます。 お歳暮の定番であるビールなどのアルコールは喜ばれる反面、アルコールが 苦手の方やまたアルコールは好きだけど妊娠中や授乳中でアルコールが飲めない方も おられます。 そんな方にアルコールを贈るのは適切とは言えない為、贈る相手の状況なども 考慮して選びたいですよね。

次の

お歳暮の訪問で電話のアポの取り方は?滞在時間とやってはいけないマナーは?

年末の挨拶 訪問

今年もとうとう一年を締めくくる時期がやってきました。 お歳暮、忘年会、年末調整、そして挨拶回り。 挨拶回りを失敗をしてしまうと、来年からの仕事にも支障をきたしてしまいます。 そのため、しっかり意識しておきたいのが『挨拶回りのマナー』です。 取引先に失礼のないよう、きちんとした知識を持って挨拶回り・営業回りに赴くべきでしょう。 多忙な年末年始!挨拶回りで失礼のないように 自身はもちろん、訪問先にとっても仕事が忙しい年末年始。 挨拶回り・営業回りをする上で、しっかり身に付けておきたいマナーは何でしょうか。 仕事上での丁寧な対応は、良い印象を与えることでしょう。 裏を返せば、挨拶回りで礼を欠く営業マンだと「忙しいのに邪魔しに来たのか?」と認識されかねません。 年末年始の挨拶回りをはじめとする営業回りで守るべきマナーをいくつかあげてみましたので、ぜひとも参考にしていただければと思います。 挨拶回りでは直接訪問前にアポイントを必ず取ろう 挨拶回りの基本は直接訪問です。 そして直接挨拶回りでうかがう前に、アポイントを取っておきましょう。 年末年始の動き方として、挨拶回りをはじめスケジュールの管理はとても重要です。 また、アポイントを取り付ける電話の際に、「挨拶のみですぐに失礼いたします」と一言添えておきましょう。 相手が不在の場合は謹賀新年の朱印をした名刺を置く 基本的にはアポイントを取り訪問する挨拶回りですが、営業先の担当者が急を要する事態になり、会社に行っても会えないといった場合は、第三者、もしくは受付の方に朱印を入れた名刺を渡しておきましょう。 「挨拶に来ましたよ」という証明書のようなものです。 挨拶回りではお歳暮なども名刺と一緒にお渡ししておいて大丈夫です。 挨拶回りの滞在時間は長くても30分を目安にする 挨拶回りは『迷惑をかけないこと』が大事です。 事前にアポイントはとっているといっても、お互い忙しい時期での顔合わせとなるわけですから、営業先での滞在時間は短めとするべきでしょう。 玄関先での挨拶のみでも失礼にあたることはないので、あまりにも忙しそうであれば、時間をとらせることのないようにする気遣いも年末年始の挨拶回りでは必要です。 挨拶回りでのお歳暮の渡し方・紙袋の渡し方の手順 年末年始のお歳暮の渡し方にもお中元と同じでマナーがあります。 基本的には紙袋での持参でOKですが、風呂敷で包むのがベストです。 年末年始に挨拶回り・営業回りで渡す際には、きちんと正面を向けて渡すようにしましょう。 また、紙袋は本来であれば持ち帰るものですが、相手が持ち歩きに便利だったり、他の社員にあまり中身を見られたくない場合もあるので、手渡してもかまいません。 新年の挨拶回り・営業回りは、営業マンにとってとても大切なものです。 挨拶回りはこれからの一年間を気持ちよくお付き合いしていく上で、必要なことです。 年が明け、あらためて信頼関係を築いていくためにもきちんとこなしておきましょう。 また、一般的に挨拶回りは「1月7日まで」という慣習があるため、なるべく営業スケジュールは年末までにたて、早めに営業回りを済ませられるようにしておきましょう。 挨拶回りは「松の内」までに済ませると意識する 基本的に、年末年始の挨拶は「松の内」までに済ませてください。 「松の内」とは元旦に迎えた年に、神様がいる期間のことです。 一般的には上記で説明した1月7日までですが、15日くらいまでとする地方もあります。 マナーを知って、新年からの営業をスムーズに行ってください。 年末年始の営業の挨拶回りは1月7日までに!アポイントも必須! 年末年始の挨拶回りで一番重要なことは、営業周りと同じで『顔を合わせる』ということ。 面と向かって「一年間大変お世話になりました」と言葉を交わすことが大事なのです。 そのため、先んじてアポイントをとり、 営業先と都合を合わせておくのを忘れないようにしましょう。 また、お歳暮を渡す時はお中元と同じように渡し方にマナーがあるので、営業回りに欠かせない知識として押さえておきましょう。 来年からの仕事をスムーズに行うためにも、できる限り早めに挨拶まわりをしに行くようにしましょう。

次の

年末年始の挨拶回りで営業必須のアポイント・お歳暮マナー

年末の挨拶 訪問

今年も残すところわずかとなりました。 最終営業日が近づくにつれて慌ただしくなり、つい後回しになりがちな、年末の挨拶。 中には「ご挨拶メール」を送付したいけれど、どのようなことを書けばいいかわからず、時間ばかり経っている方もいるかもしれません。 そこでこの記事では、何かと迷いがちな挨拶文の例文をいくつか紹介します。 合わせて、読んでもらいやすくなる「ご挨拶メール」のポイントや、年末の挨拶用に粗品を送る際などに添付できる手紙の例文も掲載。 これらを参考にして、クライアントの心に残る挨拶状を作成してみましょう。 年末の挨拶は、新年の仕事に繋がる可能性もあります。 年末作業だと思わず、相手の顔を思い浮かべながら丁寧に書いていくようにしましょう。 それだけで、伝わる内容が変わってくるはずです。 年末のご挨拶メールはいつ頃送る? まず、クライアントの年内最終営業日と、できれば担当者の予定をさりげなく伺っておいた方がいいでしょう。 担当者が有給を使い早目に休みをとっている場合もあります。 クライアントの最終営業日よりも数日前に送るようにしましょう。 もし事前にきいておくタイミングを逃したならば、2019年の場合は最終営業日を27日と考えておくと無難です。 年末のご挨拶メールの件名は? メールの件名欄はわかりやすい内容とします。 本文も伝えたいことを整理した上で、記していくことが大切です。 それでは例文を見ていきましょう。 年末のご挨拶メール例文(社外向け) まずは、一般的なご挨拶メール例文を紹介します。 手紙では「拝啓」「敬具」のビジネス文章が基本ですが、メールではあまり使われていません。 「拝啓」と時候の挨拶のかわりに「お世話になっております」が一般的です。 しかしそれでは味気ないと感じる場合は、「早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 」などの一文を加えると良いでしょう。 早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。 〇〇様には1年間大変お世話になり、心より感謝しております。 なお、弊社の年内の営業は12月00日までとなり、新年は1月00日から営業開始となります。 来年も本年同様のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 参考: 一般的なメール用挨拶文は「メール例文1」のような構成となります。 最初に「感謝」を告げ、「要件」を伝え「締めの言葉」で終わります。 年末の挨拶メールで気持ちを伝えたい場合は、「メール例文1」の「感謝」の部分を、しっかりと記し今後の展望にも触れると良いでしょう。 具体的には「メール例文2」のようになります。 〇〇様のご支援により、同プロジェクトは円滑に進めることができました。 来年は、さらにその内容を充実させていく所存ですので、より一層のご支援のほどよろしくお願いいたします。 なお、弊社の年末年始の休業期間は、下記の通りです。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 時節柄、ご多忙のこととは存じますが、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 来年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。 参考: 次に、もう少し堅めの印象の年末の挨拶メールを紹介します。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊社は、下記の期日を年末年始休業とさせていただきます。 年末年始休業期間:2019年12月00日(〇)~2020年1月00日(〇) 年末年始休業期間は何かとご迷惑をおかけいたしますが、 何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。 この例文を使う場合は、次の「社内向け年末のご挨拶メール 例文1」にもあるように「追伸」を加え、エピソードを交えながら感謝を伝える方法もあります。 来年も何かとご迷惑をおかけするかもしれませんが、 ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いいたします。 本日の業務はまだ残っておりますが、取り急ぎ年末のご挨拶とさせていただきます。 それでは、良いお年をお過ごしください。 忘年会の際は、色々とありがとうございました。 ご提案いただいたお店は、とても雰囲気がよくプライベートでも、ぜひ使わせていただきます。 私にはちょっと分不相応かもしれませんが、ランチ時ならどうにかなりそうです……。 このように、社内の人間にあてるメールの場合は「追伸」の部分で、相手の気持ちを温かくするような言葉を加えると良いでしょう。 上司や先輩に対して褒めるフレーズを並べすぎると、逆に信頼をなくす恐れがあります。 ほどほどとし、感謝したいポイントを思い浮かべながら、あまり飾り過ぎない言葉でエピソードを入れたご挨拶メールとしましょう。 次はエピソード中心の挨拶メール例文を紹介します。 ありがとうございます。 来年はそうしたミスを減らしていく所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。 次は取引先に粗品と共に送る挨拶状の際に使える例文を紹介します。 手紙の場合は「拝啓」から始まる文章が基本です。 お歳暮を贈る際にも使えるので、フォーマットとして持っておくと便利です。 【番外編】挨拶状(手紙)を送る場合 拝啓 歳末の候、ますますご清栄とお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、心よりお礼申し上げます。 お陰様で弊社も無事に年の瀬を迎えることができました。 これもひとえに〇〇様のお力添えによるものと感謝しております。 来年も変わらぬご愛顧のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。 敬具 参考: 挨拶は基本を抑え、相手を思い浮かべながら書こう 年末は繁忙期のため、ご挨拶メールのタイミングを逃しがちです。 忘れないようにしっかりと用意しておきましょう。 また件名は「年末のご挨拶」や「年末年始のお知らせ」などにして、他のメールに埋もれさせない工夫をすると読んでもらいやすくなります。 そして何よりも相手の顔を思い浮かべて、丁寧に気持ちを伝えていきましょう。 そうすれば受け取った相手も、きっと喜んでくれるはずです。 年始の挨拶の文例を見てみる.

次の