どうやら ゾンビ の お で まし。 BiS BiS

どうやら私はゾンビだったらしい|おじゃむ@片山ばなな|note

どうやら ゾンビ の お で まし

どうも!パイセンです。 今回は新モンスターの ドラウンド(溺死ゾンビ)についての検証! 実はゾンビが水に入って一定時間経過すると、このドラウンドに変化します。 この変化する条件とはいったい何なんでしょうか?! コマンドを駆使して徹底検証してみました。 それではさっそく行ってみましょう! けっこう長くなってしまったので、結果だけ見たい!というかたはしてください。 ドラウンド化するまでの時間を計測する 5体のゾンビを用意 まずはこんな感じにゾンビがちょうど入れるような空間を5つ用意し、その中に水を満たしておきます。 そしてコマンドを使って 同時に5匹のゾンビを召喚し、ドラウンド化するまでの時間を計測してみます! おそらく ドラウンド化までの時間にばらつきがあるだろうと推測し、5匹計測をしてみたのですが、どうなのでしょうか・・・?! ではさっそく結果を発表します。 まさか全員同時にドラウンド化するとは思わなかったのですこしビックリ。 何度か繰り返し検証してみましたが、900tickが変わることはありませんでした。 ではドラウンド化するまでの時間を計測したので、今度は ドラウンド化する条件を色々と調べてみます。 水に触れている場所を変えてみる まずは 水に触れる箇所を変えて調べてみます。 と言っても2か所だけですが・・・。 足元のみに水がある ゾンビの足元だけに水を満たし、変化するか待ってみます。 とりあえず1分まで待ちましたが、 変化するどころかドラウンド化の前に起こる震えすらありませんでした。 どうやら足元だけだとドラウンドには変化しないようです。 では今度は頭のみに水を満たすとどうなるのでしょうか?? 頭のところのみに水がある このように足元には看板を設置して、水が流れてこないようにしました。 頭だけ水に入っているとどうなるのでしょうか・・・? こちらはドラウンドに変化!時間も先ほどと同じ 900tick、つまり45秒でした。 どうやらドラウンド化の条件の1つは水に頭が入っていることのようですね。 では次に、ドラウンド化の途中に水を抜くとどうなるのか調査してみます。 スポンサーリンク 途中で水を抜いてみる 震える前に抜いてみる ゾンビはドラウンド化する前にプルプルと震えるのですが、 震える前に水を抜いたらどうなるのでしょうか? そのままドラウンド化?それともゾンビのまんま? さすがに 震える前に水を抜くとドラウンド化は起こらないようです。 そうじゃないと、ゾンビが少しでも水に入ったらドラウンド化するっていうことになっちゃいますからね! では、震えだした後ならどうなるのでしょうか?? 震えた後に抜いてみる ゾンビが水に入って一定時間経過するとプルプルと震えだすので、水を抜いてみます。 すると・・・。 こちらは ドラウンド化しました! どうやら 一度震えだすと止まらず、そのままドラウンドへと変化してしまうようですね。 スポンサーリンク ゾンビのデータタグを見てみる ふとここでゾンビのデータタグをdataコマンドで取得してみます。 もしかしたら、ドラウンド化に関係するデータタグあるかも・・・? やはり、それっぽいのが2つ。 『InWaterTime』と『DrownedConversionTime』がありますね。 名前を見るに、水に入っている時間とドラウンドへ変化するまでの時間を示すデータタグでしょうか? では、今度はこのデータタグの値を表示させながらゾンビをドラウンド化させてみます。 dataコマンドでデータタグの値を取得して、executeのstoreコマンドでスコアへ代入し、scoreboardコマンドで表示させています。 コマンドを知らなかったらなにいってだコイツ状態になるけど、とりあえず『データを取得してる』って捉えてくれればOKです。 InWaterTime まずはInWaterTimeの方から。 画像のように、 水に入った瞬間からカウントは徐々に増えていき、600になると増加が止まりました。 そして同時にゾンビが震えだします。 どうやら、InWaterTimeという値が600になるとゾンビがプルルプルしだし、ドラウンド化するようです。 Timeと書かれてあるので、これも恐らく単位はtick、600tickでしょう。 600tickは30秒なので、 つまり水に入ってから30秒経過するとプルプルルするようです。 先ほど震える前に水を抜く、という調査をしたときはドラウンド化しませんでしたが、一度空気に触れるとこのInWaterTimeがリセットされるようですね。 次はDrownedConversionTimeを調べてみます。 DrownedConversionTime DrownedConversionTimeは次のようになりました。 水に入って最初は-1の状態でした。 が、プルプルと震えだすと同時に値は300になり、徐々に減っていきます。 そして0になると同時にドラウンドへ変化! どうやらDrownedConversionTimeはプルプルと震えだしてからドラウンドへ変化するまでの時間のようです。 InWaterTimeと同様に考えると、こちらも単位はtickで15秒になるでしょう。 つまり、 プルプルするまでの時間(600tick,30秒)+プルプル~ドラウンド化までの時間(300tick,15秒)=900tick(45秒)となり、一番最初に調査した結果と一致します! 複数のパーツがカチッとはまった感じがして良いですね! 震えだしてから水を抜いてもドラウンド化は止まらないとわかっているので、このDrownedConversionTimeは一度カウントダウンし始めると止まらないでしょう。 なるほど。 実験を通して色々わかりましたね! 今回の内容をサラっとまとめようと思います。 まとめ 今回の実験から分かったことは• ゾンビからドラウンド化する時間は45秒• ゾンビが水に入ってから30秒経つとプルプルと震えだし、さらに15秒経過でドラウンド化する• 水から抜けるとドラウンド化しなくなるが、一度震えだすと水から出てもドラウンド化してしまう• ゾンビがドラウンド化するには水に頭が入って入ればOK ですね! ドラウンド化する時間は完全にいっしょなので、ゾンビをドラウンド化させるトラップは作りやすいと思います。

次の

【マイクラ】ゾンビがドラウンド(溺死ゾンビ)へ変化する条件を徹底検証!【マインクラフト】

どうやら ゾンビ の お で まし

第3期としてデビュー・アルバム『Brand-new idol Society』を8月14日にリリースするBiSが、本作よりリード曲「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」のミュージック・ビデオを公開した。 同ビデオは全編にわたりモザイク加工が施されており、内容はほぼ認識できない前代未聞の作品となっている。 現在、BiSはTwitterフォロワーが15,000人を達成しないと顔出しができないことになっており、達成ができ次第モザイクなしの"無修正"ミュージック・ビデオが公開されるとのこと。 気になる方は、ぜひTwitterをフォローしてほしい。 なお、「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」の音源は本日7月30日より1週間、Dropboxにて無料公開される。 こちらも要チェック。 14 ON SALE CRCP-40585/¥3,000(税込) [収録曲] ・STUPiD ・SURRENDER ・BiS3 ・this is not a love song ・1,2,3!!! ・リフレイン ・thousand crickets ・LET'S GO どうも ・absolutely meeeeee!! そんな2ndアルバムの随所から感じられるのは、90年代ミュージックの香りだ。 リード曲は「BASKET BOX」。 90年代パンク・ロックの匂いを醸し出すサウンドに乗せて"教えてください/ひとをぶつのは悪いことですか?"とまっすぐに問い掛ける言葉を聴いて、自然と自分自身を見つめ直してしまうリスナーもいるのでは? さらに90年代ポップスを想起させる「LOVELY LOVELY」のような曲もあれば、BiSらしいアグレッシヴなロック・チューンもあり。 その時代をリアルタイムで生きた、かつてのキッズたちはもちろん、当時を知らないリスナーにもレコメンドしたい1枚。 (宮﨑 大樹) 何かと話題に事欠かない破天荒アイドル 第3期BiSが、メジャー・デビュー・アルバムに続きメジャー1stシングルをドロップ。 アグレッシヴなロック・チューン「DEAD or A LiME」では、ジャケット写真から伝わってくる獰猛で攻撃的なイメージの通り、強烈に歪ませたギター・サウンドが洪水のように襲ってくる。 そんな音像に負けない、燃え滾るようなエネルギーの感じられるリリックと、それを吐き捨てるように歌い上げるメンバーのヴォーカル・ワークによる凶悪な三位一体は、デビューしたばかりとはいえ、すでにシーンにおいて唯一無二と言える。 フロアが揉みくちゃになっている画が容易に想像できるライヴ映え間違いなしの1曲だ。 (宮﨑 大樹) 新メンバー5人で結成され、第3期として始動したBiSの再々デビュー作。 既存曲一切なし、全13曲を新曲で構成した本作では、オープニングの「STUPiD」でこれまでのBiSの系譜を継ぐストレートなギター・ロックを鳴らし、続くリード曲「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」で、BiSを体現する言葉"行かなくちゃ"を感情が溢れんばかりに歌い上げる。 個性が光る各々の歌声にも注目したい。 果たして"三度目の正直"として念願の日本武道館に立ち伝説の5人となるか。 ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg.

次の

私は墓石に点数を彫ってからゾンビになります「デッド・ドント・ダイ」感想

どうやら ゾンビ の お で まし

第3期としてデビュー・アルバム『Brand-new idol Society』を8月14日にリリースするBiSが、本作よりリード曲「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」のミュージック・ビデオを公開した。 同ビデオは全編にわたりモザイク加工が施されており、内容はほぼ認識できない前代未聞の作品となっている。 現在、BiSはTwitterフォロワーが15,000人を達成しないと顔出しができないことになっており、達成ができ次第モザイクなしの"無修正"ミュージック・ビデオが公開されるとのこと。 気になる方は、ぜひTwitterをフォローしてほしい。 なお、「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」の音源は本日7月30日より1週間、Dropboxにて無料公開される。 こちらも要チェック。 14 ON SALE CRCP-40585/¥3,000(税込) [収録曲] ・STUPiD ・SURRENDER ・BiS3 ・this is not a love song ・1,2,3!!! ・リフレイン ・thousand crickets ・LET'S GO どうも ・absolutely meeeeee!! そんな2ndアルバムの随所から感じられるのは、90年代ミュージックの香りだ。 リード曲は「BASKET BOX」。 90年代パンク・ロックの匂いを醸し出すサウンドに乗せて"教えてください/ひとをぶつのは悪いことですか?"とまっすぐに問い掛ける言葉を聴いて、自然と自分自身を見つめ直してしまうリスナーもいるのでは? さらに90年代ポップスを想起させる「LOVELY LOVELY」のような曲もあれば、BiSらしいアグレッシヴなロック・チューンもあり。 その時代をリアルタイムで生きた、かつてのキッズたちはもちろん、当時を知らないリスナーにもレコメンドしたい1枚。 (宮﨑 大樹) 何かと話題に事欠かない破天荒アイドル 第3期BiSが、メジャー・デビュー・アルバムに続きメジャー1stシングルをドロップ。 アグレッシヴなロック・チューン「DEAD or A LiME」では、ジャケット写真から伝わってくる獰猛で攻撃的なイメージの通り、強烈に歪ませたギター・サウンドが洪水のように襲ってくる。 そんな音像に負けない、燃え滾るようなエネルギーの感じられるリリックと、それを吐き捨てるように歌い上げるメンバーのヴォーカル・ワークによる凶悪な三位一体は、デビューしたばかりとはいえ、すでにシーンにおいて唯一無二と言える。 フロアが揉みくちゃになっている画が容易に想像できるライヴ映え間違いなしの1曲だ。 (宮﨑 大樹) 新メンバー5人で結成され、第3期として始動したBiSの再々デビュー作。 既存曲一切なし、全13曲を新曲で構成した本作では、オープニングの「STUPiD」でこれまでのBiSの系譜を継ぐストレートなギター・ロックを鳴らし、続くリード曲「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」で、BiSを体現する言葉"行かなくちゃ"を感情が溢れんばかりに歌い上げる。 個性が光る各々の歌声にも注目したい。 果たして"三度目の正直"として念願の日本武道館に立ち伝説の5人となるか。 ytimg. ytimg. ytimg. ytimg. ytimg.

次の