原田 佳奈。 原田佳奈!就活女優!阿澄佳奈?cmは?結婚は?

原田佳奈の映画作品

原田 佳奈

まずは原田佳奈さんの簡単なプロフィールや経歴について紹介します。 生年月日:1981年12月11日• 現在の年齢:37歳(2019年5月時点)• 出身地:福岡県北九州市八幡西区• 身長:164cm• 血液型:A型• 所属事務所:ジェイエフシーティー 原田佳奈さんは、2002年に刑事ドラマ「おみやさん」にて女優としてのデビューを果たしています。 代表出演作は2008年公開の映画「ラストゲーム最後の早慶戦」でのヒロイン役など。 原田佳奈さんは、自ら営業に行くというアグレッシブなスタンスで仕事を増やし、売れっ子女優の座を自らの手で掴み取りました。 現在も多数のドラマや映画に出演し活躍を続けています。 そんな原田佳奈さんのアグレッシブな姿勢は「就活女優ハラカナ」として注目を集めています。 そんな一面も今回は詳しく紹介していきます。 就活女優ハラカナ?就活女優として話題になった.

次の

関西電力CMに出演のかわいい女優、原田佳奈を紹介!結婚は?昼顔にも出演してた?

原田 佳奈

もくじ• youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. 所属事務所は JFCTです。 血液型:A型 身長:164 cm 現在、女優として活動中です。 『原田 佳奈』さんは、幼いころから、テレビに出る人になりたいと思っており、西南女学院高校卒業後、東京女子大学に進学。 大学在学中に、俳優養成所の アクターズクリニックに通いながら、女優デビューを目指して活動を始めます。 2002年、テレビ朝日系ドラマ 『おみやさん』第1シリーズの第7話に 「富樫美貴」役として出演し、 芸能界デビュー。 2004年2月より、 『原田 佳奈』さんが自ら、映画監督に 「私を主演に作品を撮って! 」と直談判に行き、3分のショートフィルムをビデオカメラひとつだけ持って撮ってもらうというプロジェクト、 「就活女優ハラカナ」を始めます。 現在は、主に、テレビドラマ、映画などで活動しています。 2005年3月公開、 小林義則監督の映画 『アンフェア the movie』に 「真樹」役として出演。 2008年4月公開、 本広克行監督の映画 『少林少女』に 「北野佳奈」役として出演。 2010年12月公開、 山崎貴監督監督の映画 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』に 「佐々木」役として出演。 2011年1月期、テレビ朝日系ドラマ 『悪党 重犯罪捜査班』に 「里中理恵」役として出演し、 連続ドラマ初レギュラー出演。 さん kanaharada1211 がシェアした投稿 - 2018年 9月月16日午後8時15分PDT 2019年1月期、フジテレビ系ドラマ 『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の第4話に 「佐久間京子」役として出演しています。 参考元: 結婚してるの? 『原田 佳奈』さんは、2019年7月現在、 37歳と結婚していても不思議ではない年齢ではあるのですが、調べたところ、現在まで結婚した情報や熱愛の情報は特に見つかりませんでしたので、現在、 独身であると思われます。 さん kanaharada1211 がシェアした投稿 - 2015年 9月月13日午後5時18分PDT 昼顔に出ていた? 『原田 佳奈』さんは、2014年7月期にフジテレビ系で放送されたドラマ 『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』に 「清水博美」役で出演していました。 『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』は、 上戸彩が 斎藤工演じる教師と、平日昼間に不倫をする役を演じ、大きな話題となったドラマです。 youtube. 『原田 佳奈』さんは、現在、結婚はまだしていないようでした。 youtube. 所属事務所は ケイファクトリーです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

原田 佳奈 (大学院医系科学研究科(医))

原田 佳奈

基本情報 主な職歴• 2019年04月01日, 広島大学, 大学院医系科学研究科, 助教• 2018年04月01日, 2019年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究科, 助教• 2014年04月01日, 2018年03月31日, 広島国際大学, 特任助教• 2013年03月01日, 2014年03月31日, 広島大学, 大学院医歯薬保健学研究院, 研究員• 2011年04月01日, 2013年02月28日, 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 特任助教 学歴• 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 博士課程創生医科学専攻(転学科), 日本, 2007年10月, 2011年03月• 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 博士課程後期薬学専攻, 日本, 2007年04月, 2007年09月• 広島大学, 大学院医歯薬学総合研究科, 博士課程前期薬学専攻, 日本, 2005年04月, 2007年03月• 広島大学, 医学部, 総合薬学科, 日本, 2001年04月, 2005年03月 学位• 修士(薬学) 広島大学• 博士(医薬学) 広島大学 教育担当• 【学士課程】 医学部 : 医学科• 【博士課程前期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム• 【博士課程後期】 医系科学研究科 : 総合健康科学専攻 : 生命医療科学プログラム 研究分野• ポリリン酸• マクロファージ• ミクログリア• 骨 所属学会• 日本薬理学会• 日本神経化学会• Anti-seizure effect and neuronal activity change in the genetic-epileptic model rat with acute and chronic vagus nerve stimulation, Epilepsy Research, 155巻, pp. 106159, 2019• Sodium butyrate abolishes lipopolysaccharide-induced depression-like behaviors and hippocampal microglial activation in mice, Brain Research, 1680巻, pp. 13-38, 2018• Data on the effect of maternal separation coupled with social isolation in a forced swim test and gene expression of glial fibrillary acid protein in the prefrontal cortex of rats, Data in Brief, 18巻, pp. 496-500, 2018• 82-94, 2016• Phospholipase C-related catalytically inactive protein PRIP controls KIF5B-mediated insulin secretion, Biology Open, 3巻, 6号, pp. 463-474, 2014• e98285, 2014• e74650, 2013• e78612, 2013• 1138-1147, 2011• 1461-1470, 2006 招待講演、口頭・ポスター発表等• PC12細胞分化により発現誘導するGPR3はシナプシンリン酸化を修飾する, 猪川文朗、田中茂、佐々木健太、野口智裕、原田佳奈、秀和泉、酒井規雄 , NEURO2019(第42回日本神経科学大会、第62回日本神経化学会大会), 2019年07月27日, 通常, 英語, 新潟• プリナージックおよびトル様受容体4活性化ミクログリアにおけるP2Y2・P2Y13受容体の発現と機能, 秀和泉、守田洋一郎、白榊紘子、柳瀬雄輝、原田佳奈、田中茂、酒井規雄, NEURO2019(第42回日本神経科学大会、第62回日本神経化学会大会), 2019年07月27日, 通常, 英語, 新潟• 脳虚血環境下での肥満細胞脱顆粒におけるGPR3の役割, 田中茂、柳瀬雄輝、浜川雄輝、山本真弘、白榊紘子、原田佳奈、秀和泉、酒井規雄, NEURO2019(第42回日本神経科学大会、第62回日本神経化学会大会), 2019年07月26日, 通常, 英語, 新潟• 肥満細胞刺激におけるGPR3発現誘導と脱顆粒に与える影響, 田中茂、浜川雄輝、柳瀬雄輝、白榊紘子、山本真弘、原田佳奈、秀和泉、酒井規雄, 第135回日本薬理学会近畿部会, 2019年06月21日, 通常, 日本語, 岐阜• 神経細胞分化に伴うGPR3発現誘導がシナプシンの発現とリン酸化に与える影響, 猪川文朗、田中茂、佐々木健太、野口智裕、原田佳奈、秀和泉、酒井規雄, 第135回日本薬理学会近畿部会, 2019年06月21日, 通常, 日本語, 岐阜• ポリリン酸はLPSによるマクロファージ細胞内情報伝達の活性化と炎症関連分子の産生を調節する, 原田佳奈、安部奈央、中嶋康陽、楠本萌、中富一彰、平山実穂、岡本桃子、木村美月、秀和泉、田中茂、酒井規雄、石原熊寿, 日本薬学会第139年会, 2019年03月23日, 通常, 日本語, 千葉• ポリリン酸によるマクロファージSTAT1制御機構とCXCL10、iNOS産生抑制, 原田佳奈、安部奈央、中嶋康陽、楠本萌、中富一彰、平山実穂、岡本桃子、木村美月、秀和泉、田中茂、酒井規雄、石原熊寿, 第92回日本薬理学会年会, 2019年03月15日, 通常, 英語, 大阪• 培養海馬神経細胞に発現するGPR3は軸索形成を促進する, 田中茂、嶋田直人、白榊紘子、宮城達博、原田佳奈、秀和泉、酒井規雄, 第92回日本薬理学会年会, 2019年03月15日, 通常, 日本語, 大阪• プロポフォールによる細胞内カルシウム上昇の機序, 卜部智晶、原田佳奈、秀和泉、田中茂、河本昌志、酒井規雄, 第92回日本薬理学会年会, 2019年03月14日, 通常, 英語, 大阪• マウス腹腔マクロファージにおけるサイトカイン産生に及ぼすポリリン酸の影響, 原田佳奈、安部奈央、中嶋康陽、楠本萌、中富一彰、平山実穂、岡本桃子、木村美月、秀和泉、田中茂、酒井規雄、石原熊寿, 第134回日本薬理学会近畿部会, 2018年11月23日, 通常, 日本語, 神戸• リポポリサッカライドにより活性化されたマクロファージのシグナル伝達に及ぼすポリリン酸の影響, 原田佳奈、仲谷翼、三木直樹、石原熊寿, 第89回日本薬理学会年会, 2016年03月10日, 通常, 英語, 横浜• Noda epileptic ratのてんかん発作に対する迷走神経刺激による発作抑制効果, 片桐匡弥、石原熊寿、飯田幸治、香川浩太、橋詰顕、原田佳奈、庫本高志、栗栖薫, 第39回日本てんかん外科学会, 2016年01月21日, 通常, 仙台• Induction of c-Fos immunoreactivity by vagus nerve stimulation in the rat brain, Masaya Katagiri, Koji Iida, Kumatoshi Ishihara, Kana Harada, Kota Kagawa, Akira Hashizume, Ryosuke Hanaya, Kazunori Arita, Kaoru Kurisu, American Epilepsy Society 69th Annual meeting, 2015年12月04日, 通常, 英語, Philadelphia• Induction of c-Fos immunoreactivity by vagus nerve stimulation in the rat brain, Masaya Katagiri, Koji Iida, Kumatoshi Ishihara, Kana Harada, Kota Kagawa, Akira Hashizume, Ryosuke Hanaya, Kazunori Arita, Kaoru Kurisu, 第49回日本てんかん学会学術集会, 2015年10月30日, 通常, 英語, 長崎• Noda epileptic rat NER のてんかん発作に対する迷走神経刺激による発作抑制効果, 片桐匡弥、石原熊寿、飯田幸治、香川浩太、橋詰顕、原田佳奈、庫本高志、栗栖薫, 日本脳神経外科学会第74回学術総会, 2015年10月15日, 通常, 札幌• Prip欠損MEFsにおけるautophagosomeとlysosomeの融合抑制, 原田佳枝、原田佳奈、兼松隆, 第87回日本生化学会大会, 2014年10月16日, 通常, 京都• 迷走神経刺激ラット脳における免疫組織化学的手法による神経活動の検討, 片桐匡弥、石原熊寿、飯田幸治、香川浩太、橋詰顕、原田佳奈、大野行弘、栗栖薫, 日本脳神経外科学会第73回学術総会, 2014年10月10日, 通常, 東京• 迷走神経刺激ラット視床における神経活動の免疫組織化学的検討, 片桐匡弥、石原熊寿、飯田幸治、香川浩太、橋詰顕、原田佳奈、大野行弘、栗栖薫, 第48回日本てんかん学会学術集会, 2014年10月, 通常, 東京• オートファジー系を介した黄色ブドウ球菌排除機構におけるPRIPの役割解明, 原田佳奈、原田佳枝、兼松隆, 第19回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 2014年08月08日, 通常, 日本語, 豊中• Extracellular inorganic polyphosphate decreases inducible nitric oxide synthase expression and nitric oxide production induced by lipopolysaccharide in macrophages, Kana Harada, Toshikazu Shiba, Kazuya Doi, Koji Morita, Takayasu Kubo, Yasumasa Akagawa, 5th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2013年10月12日, 通常, 英語, Hiroshima• PRIP modulates autophagosomal maturation containing invasive bacteria, Kae Harada, Kana Harada, Seiya Hayashi, Hanae Ikeda, Takashi Kanematsu, 5th Hiroshima Conference on Education and Science in Dentistry, 2013年10月12日, 通常, 英語, Hiroshima• Toll様受容体4活性化により生存するミクログリアは顆粒球マクロファージコロニー刺激因子を自己産生する, 神垣真由美、秀和泉、柳瀬雄輝、原田佳奈、関貴弘、田中茂、秀道広、酒井規雄, 第86回日本薬理学会年会, 2013年03月23日, 通常, 福岡• ミクログリアの死細胞貪食におけるP2Y2受容体の役割, 秀和泉、神垣真由美、柳瀬雄輝、原田佳奈、関貴弘、田中茂、秀道広、酒井規雄, 第122回日本薬理学会近畿部会, 2012年11月16日, 通常, 日本語, 大阪• 炎症病態に対するポリリン酸の効果とインプラント周囲炎治療への応用可能性, 原田佳奈、土井一矢、久保隆靖、赤川安正, 第42回公益社団法人日本口腔インプラント学会・学術大会, 2012年09月22日, 通常, 日本語, 大阪• Toll-like receptor 4 activation promotes survival and phagocytic clearance in microglia: Possible involvement of purinergic receptors, Izumi Hide, Kana Harada, Yuhki Yanase, Takahiro Seki, Shigeru Tanaka, Norio Sakai, Purine 2012, 2012年06月01日, 通常, 英語, Fukuoka• ミクログリアのToll-like受容体4活性化に対する異なる細胞反応とプリン受容体を介した調節, 秀和泉、原田佳奈、関貴弘、田中茂、柳瀬雄輝、酒井規雄, 第85回日本薬理学会年会, 2012年03月16日, 通常, 京都• Toll-like receptor 4活性化ミクログリアからのTNF遊離におけるP2X7受容体の関与:酸性pHによる制御, 藤原俊輔、秀和泉、原田佳奈、田中茂、関貴弘、酒井規雄, 第84回日本薬理学会年会, 2011年03月22日, 通常, 横浜• 神経細胞株におけるニコチン誘発性PKCトランスロケーションの観察, 酒井規雄、小林知貴、宮原岳史、原田佳奈、上園保仁、田中茂、関貴弘、秀和泉, 第118回日本薬理学会近畿部会, 2010年11月19日, 通常, 日本語, 豊中• Purinergic modulation of Toll-like receptor 4-regulated death or survival of microglia, Izumi Hide, Kana Harada, Shunsuke Fujiwara, Takahiro Seki, Shigeru Tanaka, Yoshihiro Nakata, Norio Sakai, The 29th NAITO CONFERENCE ON GLIA WORLD —Dynamic Function of Glial Cells in the Brain—, 2010年10月05日, 通常, Kanagawa• Toll-like receptor 4活性化ミクログリアの細胞死と生存の細胞外ATPによる調節, 原田佳奈、秀和泉、藤原俊輔、関貴弘、田中茂、仲田義啓、酒井規雄, Neuro2010(第33回日本神経科学大会・第53回日本神経化学会大会・第20回日本神経回路学会大会 合同大会), 2010年09月03日, 通常, 英語, 神戸• 細胞外ATPによるリポポリサッカライド活性化ミクログリアの生存調節, 原田佳奈、秀和泉、藤原俊輔、関貴弘、田中茂、仲田義啓、酒井規雄, 第83回日本薬理学会年会, 2010年03月16日, 通常, 日本語, 大阪• 細胞外ATPはミクログリアの生存を制御する, 原田佳奈、秀和泉、関貴弘、田中茂、仲田義啓、酒井規雄, 第115回日本薬理学会近畿部会, 2009年06月26日, 通常, 日本語, 金沢• ミクログリアにおける一酸化窒素放出に及ぼすATPの影響, 原田佳奈、秀和泉、酒井規雄、仲田義啓, 生体機能と創薬シンポジウム2007, 2007年09月13日, 通常, 日本語, 金沢• マクロファージ及びミクログリアによるサイトカイン産生におけるIba1の役割, 前田詠里子、原田佳奈、大澤圭子、高坂新一、秀和泉、仲田義啓, Neuro2007(第30回日本神経科学大会・第50回日本神経化学会大会・第17回日本神経回路学会大会 合同大会), 2007年09月10日, 通常, 横浜• 細胞外ATPはラット脳ミクログリアにおける一酸化窒素の産生を調節する, 原田佳奈、濱千紘、宮野加奈子、高坂新一、井上和秀、秀和泉、仲田義啓, 第80回日本薬理学会年会, 2007年03月15日, 通常, 日本語, 名古屋• 2014年08月09日, Young Investigators Award, 日本病態プロテアーゼ学会, オートファジー系を介した黄色ブドウ球菌排除機構におけるPRIPの役割解明 外部資金 競争的資金等の採択状況• 科学研究費助成事業 若手研究(B), 新しいマクロファージ機能転換方法とインプラント周囲炎治療への応用, 2016年, 2018年• 科学研究費助成事業 研究活動スタート支援, ポリリン酸を用いたインプラント周囲炎治療法の確立を目指した研究, 2011年, 2012年.

次の