ウーピー ゴールド バーグ 吹き替え。 ウーピー・ゴールドバーグとは

天使にラブソングをのあらすじ!キャストの吹き替え声優一覧から主題歌が入っているサントラまで紹介!

ウーピー ゴールド バーグ 吹き替え

レビュータイトルは最近観た映画『ヘアスプレー』から、クィーン・ラティファの台詞の引用です。 黒人差別に急展開をもたらしたバスボイコット運動。 それに参加した「普通の」女性二人の物語。 居丈高に「平等」を掲げる訳でない二人の根底には、ただ「同じ母親、同じ女、同じ人間」という、 至極当たり前の共感があるだけなのです。 たとえ二人が白人と黒人であったとしても。 マーティン・ルーサー・キング牧師からオバマ大統領誕生までの歴史は、私にとっては意外に短いものでした。 しかし黒人にとっては怖ろしく長い道程、本当に「ロングウォーク」であっただろうと思います。 そしてその歩みは、黒人大統領という存在を持ってしてもゴールを迎えた訳ではなく、これからも続く。 これ程の良作が、なぜ未だDVD化されていないのか理解に苦しみます。 ウーピー・ゴールドバーグは一時期、事実かどうか解らない非難を受けていましたが、関係あるのでしょうか。 彼女が出演した同テーマの作品としては『サラフィナ!』も良かっただけに、残念です。 白人女性の視点から(語り手は小学生の娘ですが…)公民権運動のはじまりを描いた作品です。 ごく平凡な、ひとりの家庭婦人が、自然な感情から「カー・プール」に参加するようになる。 彼女は最初は、「ただ自分の利益のために」黒人のメイドを迎えに行くのです。 それが、最終的には彼女の生き方を問う闘いになっていきます。 大上段にスローガンや正義を掲げる人は、結局信念を貫けなくなるように思います。 「自分のために」頑張る人だけが、歴史を拓くのです。 15年ほど前にテレビで観ました。 以来、その感動が忘れられません。 主人公にも、その黒人メイドにも、感激しましたが、主人公の夫も忘れられません。 妻を許せない彼は、特別な人種差別主義者でなくごく普通のアメリカ白人です。 モンゴメリーの黒人たちは、半年間歩き続けました。 そして50余年、USAに黒人大統領が誕生しました。 あの日からここまで、道は続き、人々は歩き続けた。 今再度観たい映画です。 DVD化を望みます。 そして、日本はどこに行くのか?こんな映画のできる「物語」を持たない私の国がはがゆいです。

次の

天使にラブ・ソングを…

ウーピー ゴールド バーグ 吹き替え

レビュータイトルは最近観た映画『ヘアスプレー』から、クィーン・ラティファの台詞の引用です。 黒人差別に急展開をもたらしたバスボイコット運動。 それに参加した「普通の」女性二人の物語。 居丈高に「平等」を掲げる訳でない二人の根底には、ただ「同じ母親、同じ女、同じ人間」という、 至極当たり前の共感があるだけなのです。 たとえ二人が白人と黒人であったとしても。 マーティン・ルーサー・キング牧師からオバマ大統領誕生までの歴史は、私にとっては意外に短いものでした。 しかし黒人にとっては怖ろしく長い道程、本当に「ロングウォーク」であっただろうと思います。 そしてその歩みは、黒人大統領という存在を持ってしてもゴールを迎えた訳ではなく、これからも続く。 これ程の良作が、なぜ未だDVD化されていないのか理解に苦しみます。 ウーピー・ゴールドバーグは一時期、事実かどうか解らない非難を受けていましたが、関係あるのでしょうか。 彼女が出演した同テーマの作品としては『サラフィナ!』も良かっただけに、残念です。 白人女性の視点から(語り手は小学生の娘ですが…)公民権運動のはじまりを描いた作品です。 ごく平凡な、ひとりの家庭婦人が、自然な感情から「カー・プール」に参加するようになる。 彼女は最初は、「ただ自分の利益のために」黒人のメイドを迎えに行くのです。 それが、最終的には彼女の生き方を問う闘いになっていきます。 大上段にスローガンや正義を掲げる人は、結局信念を貫けなくなるように思います。 「自分のために」頑張る人だけが、歴史を拓くのです。 15年ほど前にテレビで観ました。 以来、その感動が忘れられません。 主人公にも、その黒人メイドにも、感激しましたが、主人公の夫も忘れられません。 妻を許せない彼は、特別な人種差別主義者でなくごく普通のアメリカ白人です。 モンゴメリーの黒人たちは、半年間歩き続けました。 そして50余年、USAに黒人大統領が誕生しました。 あの日からここまで、道は続き、人々は歩き続けた。 今再度観たい映画です。 DVD化を望みます。 そして、日本はどこに行くのか?こんな映画のできる「物語」を持たない私の国がはがゆいです。

次の

ウーピー・ゴールドバーグとは

ウーピー ゴールド バーグ 吹き替え

「天使にラブソングを」のあらすじネタバレ|シスターと修道院の物語 ( 以下、天使にラブソングをのネタバレとあらすじ、ラスト結末とエンドロールです。 ) 「天使にラブソングを」のあらすじ|ナイトクラブの歌手がシスターに 歌手デロリスは、ナイトクラブで歌う傍らマフィアのボスであるヴィンスの愛人でもありました。 妻と別れる気のないヴィンスに振り回されつつも、歌手として仲間と日々舞台に立ち続けるデロリスでしたが、ある日ヴィンスが部下を始末する姿を偶然にも目撃してしまいます。 目撃者として命を狙われる身となってしまったデドリスは、隙をついて何とかその場から逃げ出して警察に自身に起きた出来事を訴えます。 警部補サウザーはヴィンスの裁判が始まる2か月後まで、安全のために修道院で身を隠せとデロリスに提案します。 修道院の院長はデロリスのこれまでの事情を知り、自身の修道院にまで危険が及ぶのでなはないかと恐れ拒否しようとします。 しかし協力することによって警察から寄付がもらえると知り、苦渋ながらも受け入れることを決めます。 ですが、一目デロリスを見た瞬間、その自由な態度と風貌に再び頭を悩ませます。 デロリスと修道院長、互いに正反対の生き方をしてきた2人は相性が合わず、会ったその日から対立を始めます。 そして2人は、お互いに干渉し合わないという誓いを立て、デロリスはシスター メアリー・クラレンスとして修道院での生活を始めます。 ストレスを溜め込んだデロリスは、ある夜一人修道院を抜け出してシスターの制服を着たまま近くのクラブへと出掛けてしまいます。 馴染のあるクラブの空間を楽しんでいましたが、そこへ同じ修道院のメアリー・ロバートとメアリー・パトリックがやって来ます。 修道院で偶然外出するデロリスの姿を目撃して心配した二人は、共にデロリスを追ってクラブへとやって来たのです。 初めて経験するクラブという空間に戸惑いつつも、興奮を隠せない2人。 高揚した気分の2人を連れそそくさと修道院へ戻ると、修道院長と鉢合わせてしまいます。 抜け出したことが見つかってしまったデロリスは、罰として一つの仕事を任されます。 それが聖歌隊の指導です。 聖歌隊の歌唱力の低さを目の当たりにしていたデロリスですが、その指導を引き受けます。 歌手として培ってきた歌唱力だけでなく持前の明るさとパワーを携え、聖歌隊の一人一人を鍛え上げていきます。 シスター達のことを怒ったり欠点を指摘したりすることなく、笑顔とユーモアを交えて声の出し方を教え、音楽を楽しむことを体現する彼女の指導を受けることで、自信をなくしていた聖歌隊の面々にも次第に笑顔が広がりはじめます。 以前よりも格段に上手くなった聖歌隊の歌声に驚いたのは、ミサに参加していた神父や修道院長や信者だけではありません。 外を歩いていた若者たちまでもが、教会から漏れてきた歌声に興味を持ち、足を踏み入れてきます。 歌声の美しさだけでなく、指揮をするデロリスと聖歌隊の面々が笑顔で歌いあげる様子は、厳格で習慣の多い静かな教会に、突如新しい風が吹き込んだ瞬間でした。 合唱だけでなく、これまでの聖歌とは一線を画す斬新で現代版ともいえるアレンジは、好評を博しミサの参加者から拍手を浴びます。 ミサ終了後、大胆なアレンジが加えられた聖歌に対して、修道院長からはお叱りを受けてしまいます。 その一方で参加していた神父からは感動したと絶賛を受けて、大司教様に報告するとまで言われます。 退屈な修道院生活でも、自分らしく楽しもうとするデロリスと、破天荒でも強さや優しさを持つ彼女に親しみを感じ始めるシスター達は、次第に心を通わせ始めます。 一方で修道院長は、自身がこれまで長く尊重してきた修道院の伝統と、突如現れた新しい価値観との間に挟まれ、戸惑いを隠せません。 デロリスの行いを受け入れところで、今後自身がこの新しい価値観を継続していけるのか。 また、長い間修道女としてまっすぐに生きてきた修道院長は経験を積んできた彼女にしか分からない不安を抱えていました。 それと同時に、反発するデロリスに悪意のないこともまた知っていた修道院長は、自分の歩んできた道を信じながらも、少しずつ新しい価値観を受け入れる努力もしていました。 そして悩んだ修道院長は、辞職届を出し他の修道院へ行くことも考えていました。 しかし警部補サウザーは、テレビに映り込んでしまったデロリスの姿を見て焦り、正体がばれてしまうのではないかと心配を募らせます。 そんな心配とは裏腹に、注目を集めた修道院のミサには連日多くの人が訪れて遂にはローマ法王までもが駆けつけることが決まります。 一方警察内部では、ヴィンスの事件について警察に内通者がいたことが発覚します。 サウザーにより内通者は確保されますが、その働きによりデロリスが修道院で匿われていることがヴィンスに知られてしまいます。 修道院では明日に迫ったローマ法王を迎えるミサを前に、聖歌隊の練習が行われていました。 デロリスの居場所がばれたことを心配したサウザーはデロリスに逃げるよう伝えに行きますが、彼女は皆んなをを見捨てるなんてできないとサウザーから逃げようとします。 ところがその時、デロリスを追っていたヴィンスの部下たちが修道院に現れてデロリスと偶然居合わせたメアリー・ロバートの2人が共に誘拐されてしまいます。 車で連行される途中、機転をきかせたデロリスによりメアリー・ロバートは脱出に成功し、後を追ってきていたサウザーに誘拐犯達の目的地を伝えます。 逃げ出したメアリー・ロバートからデロリスが誘拐された話を聞いたシスター達は、デロリスの正体について修道院長から初めて聞かされます。 全てを知ったシスター達は、それでもデロリスを助けたいと団結します。 修道院長を筆頭に全員が、チャーターしたヘリコプターに乗り込み、目的地のカジノ街へと繰り出します。 これまでずっと保守的な教会の中で過ごしてきた彼女たちが、シスター・メアリークラレンスと出会って身に着けた行動力で、彼女を助けるために自身の危険を顧みず街中を走り回ります。 そんな彼らの心理を読み取ったデロリスは、またも一瞬の隙をついて逃げ出します。 一方その頃、ヘリコプターで駆けつけたシスター達も街に到着してデロリスと再会を果たします。 無事に再会したデロリスとシスター達は、追っ手を巻きながら逃走を図ります。 同じような恰好をしたシスターが大勢現れカジノ中をバラバラに逃げ回りだしたことで、誰がデロリスなのかなかなか見つけることが出来ず、混乱する部下達。 逃げまとうデロリス達ですが、最後にはカジノの奥でヴィンス達に追い詰められてしまいます。 銃を向ける彼らに対し、シスター達を傷つけたくないデロリスは彼女らに手は出さないでと、自らヴィンス達の前に出ます。 しかし、相変わらずシスターの恰好をしたデロリスを撃つことにヴィンスの部下たちは抵抗を感じます。 そんな部下たちに対してヴィンスはあいつは尼僧じゃなくて、ただの女だと言います。 するとその言葉を聞いた修道院長は、前へ出て真っすぐな瞳で語り掛けるように否定して彼女は尼僧の鑑ですと言い切ります。 天使にラブソングをのラスト結末|大成功のコンサート、そしてエンドロール 部下たちが戸惑う中それでもヴィンス本人がデロリスを撃とうとしたその瞬間、後から駆けつけたサウザー警部補が現れて間一髪のところで彼女達は助け出されます。 そしてヴィンス達は逮捕され、デロリスには無事平和な生活が戻ります。 修道院へ戻った一行は、翌日修道院長が笑顔で見守る中無事にミサを開催します。 より一層団結を増した聖歌隊のパフォーマンスは、観客やローマ法王からスタンディングオベーションとともに拍手喝采を浴び、大成功を収めました。 新聞雑誌や、レコードのジャケット写真を飾るデロリスとシスター達の写真ありました。 以上、天使にラブソングをのネタバレとあらすじ、ラスト結末とエンドロールでした。 彼女の周りを、面倒見のよい味方の刑事、厳格な修道院長、どこか憎めないちょっとヘタレな敵たち等、個性豊かな脇役たちが固めます。 テンポ感が良くコメディらしい笑いが随所にちりばめられていて、子供でも十分に楽しめます。 ウーピー・ゴールドバーグ扮する主人公シスター・メアリークラレンスには、その圧巻の歌唱力だけでなく一緒にいる人たちを笑顔にする大きなパワーがあります。 最初は我儘に見える彼女の言動も、それは自身を信じる強さの表れであり自分の価値観を信じることの大切さを教えてくれます。 そして戒律だらけだった教会に、少しずつ新しい風を吹き込んでいきます。 また、厳格な教会の教えに従ってきたシスター達も徐々にそれぞれの個性が見え始めると、ひょうきんだったりお調子者だったり人知れず悩みを抱えていたりと最高にキュートです。 そしてあまりにも有名な聖歌のパフォーマンスシーンは、何度見ても感動します。 戒律という古い殻を破り新しい風をとりいれようとする姿、そして何より音楽を心から楽しむ彼女たちの姿は、観ていて自然と笑顔が溢れまます。 現代版聖歌ともいえるアレンジも秀逸です。 現実離れな設定や予定調和なハッピーエンド感もありますが、世界が少し元気をなくしている昨今、こんな風に痛快な主人公と素晴らしい音楽が楽しめる映画は必要だと思います。 初めて小学生の時に見て楽しんだ作品ですが、、大人になった今も子どもの頃と同じように楽しめる、大好きな作品です。 ある事件に巻き込まれ、修道院でシスターに扮して身を隠すことになります。 ここまでの概要はシリアスですが、終始コメディータッチで老若男女問わず楽しめるようなストーリーとなっています。 まずは、豪快でアウトローなシスター・デロリスのキャラクターにとても惹きつけられます。 先輩シスターや同僚に対する、歯に物着せぬ言動は、見ていて爽快な気持ちにさせてくれます。 そして、窮屈な生活を強いられる彼女ですが、聖歌隊の指揮を任され、本来の歌手としての実力を発揮することとなります。 讃美歌のアレンジは強烈で、どれも最高にかっこいい楽曲ばかりです。 デロリス役のウーピー・ゴールドバーグさんはさることながら、他の役者さんたちの歌唱もパワフルで見事なものです。 本作映画公開の翌年には、「天使にラブ・ソングを2」も公開されており、今度は舞台が高校に移ります。 こちらも、デロリスと高校生たちの歌声は圧巻です。 コロナの影響で、なんとなく世間全体が元気のない日々が続いていますが、明るくて勇気をもらえるこの作品は、この時期に是非、観ていただきたい作品です。 どこかしらでこのおばちゃん見たことある!なんて人も多いのではないでしょうか? しがないクラブ歌手のデロリスがギャングの殺人現場を目撃したことから修道院へ逃げ込むことで物語が発展するわけですが、このスピーディーな展開なら小さいお子さんも飽きずに観れるのではないかと思います。 また、『ハリー・ポッターシリーズ』のマクゴナガル先生こと若きマギー・スミスが潜伏先の修道院長を演じていたり、よく聞く讃美歌が明るいソウルやロックとしてアレンジされるなど、物語に触れたことない世代でもあっという間にこの世界に引き込まれるはずです。 最後のシーンでは皆んなが主人公のために力を合わせたり、シスターたちが奮闘する姿が何とも可愛らしく、心が温かくなりました。 素敵なハッピーエンドで良かったです。 コメディー映画とされていますが、私にとっては感動作です! 伝統ある修道院がまったく別世界の価値観を持ったデロリスによって徐々に変わっていく…。 ゴスペルを通して一人ひとりが成長し、修道院さえ変えていき、大きな力になる…。 新しいことにチャレンジするドキドキ感や成長することの喜びをこの映画を通して感じることができます。 しかも成長した聖歌隊のゴスペルが本当に美しい!映画の歌にこんなに心を動かされたのははじめてです成長前のひどい聖歌隊がこんなに成長するなんて…その成長過程を見ている分、エンディングのゴスペルは圧巻!涙が止まりません。 展開がわかってても笑ってしまうシーンがたくさんあります。 ウーピー・ゴールドバーグの圧倒的な歌唱力も魅力的です。 まずギャングの愛人が修道院に身を隠すというストーリー自体がそもそも面白いです。 ショーパブのスターのデロリスが修道院の下手な聖歌隊をたてなおして、さらにはダンスなども取り入れてゴスペルのショーのようにしてしまうところが好きです。 聖歌隊がどんどん上手になっていって、途中その歌声を聞いた若者たちが教会にはいってくるところは、歌には人を惹きつける力があるんだなと思いました。 自分がそんなに歌が上手ではないので、歌が素敵な映画はとても楽しいです。 こんな風に歌えるようになったら楽しいだろうなと思って見ています。 最後デロリスがさらわれてしまって、殺されそうになってしまう時に、「本物のシスターになってしまった!」とためらうシーンは笑えます。 カジノにシスターがぞろぞろ吸い込まれるように入っていくシーンもクスっとしてしまいます。 終始笑えて明るくなれる映画です。 30代女性 *「天使にラブソングを」のみんなの口コミ評判レビューは当サイトが独自で集めたコンテンツです。 引用の際は必ず引用リンク「ChinemaHitsTV-シネマヒッツTV」の記載をお願いします。 女性として初めてアカデミー賞授賞式の司会を務めています。 2007年にCNNの番組内で女優を引退しトークショー等の司会に務めています。 修道院長 役:マギー・スミス 吹き替え声優ソフト版:京田尚子 吹き替え声優テレビ番:藤波京子 「ハリー・ポッター シリーズ」でのミネルバ・マクゴナガル役で有名。 イギリス王室より、1970年に大英帝国勲章第3位を、1990年には大英帝国勲章第二位を叙勲されています。 その他「レッド・ドラゴン」「グランド・ブタペスト・ホテル」「アイリッシュマン」等に出演。 メアリー・ロバート 役:ウェンディ・マッケナ 吹き替え声優ソフト版:石川悦子 吹き替え声優テレビ番:矢島晶子 テレビ番組にも多く出演している。 舞台では1999年にトニー賞ベスト新作プレイ部門に輝いた『Side Man』に主演。 メアリー・パトリック 役:キャシー・ナジミー 吹き替え声優ソフト版:信沢三恵子 吹き替え声優テレビ番:さとうあい 続編の『天使にラブ・ソングを2』にも同じ役柄で出演し、このシリーズでの演技で1993年にアメリカン・コメディ・アワードを受賞。 テレビアニメ『キング・オブ・ザ・ヒル』では声優として参加しており、2001年にはアニー賞も受賞。 エディー・サウザー(サウザー警部補)役:ビル・ナン 吹き替え声優ソフト版:西村友道 吹き替え声優テレビ番:玄田哲章 「海の上のピアニスト」「スパイダーマン シリーズ」等。 2016年9月24日自宅で逝去。 62歳没。 ゴスペル映画代名詞ともなった『天使にラブソングを』のサントラ、主題歌の紹介! サントラも販売されていて、2作目も観たかた用に1作目と2作目の曲が入ったサントラなんかも販売されています。 聴くと映画のシーンが蘇ってくるような感じになれますね。 また、以下では劇中で歌っていた曲を紹介しています。 主題歌と公式になっている曲はないのですが、『Hail Holy Queen』や最後に歌う『I Will Follow Him』なんかは人気で知っている方も多いのではないでしょうか。

次の