アヘン コカイン マリファナ。 田代まさし「アヘン コカイン マリファナ ヘロイン♪たまにやってパーになって♪(PUFFY)」

田代まさし評判の替え歌はパクリ?元ネタ「ジェニーいとう」歌動画!

アヘン コカイン マリファナ

こんにちは、ローラです。 ここシドニー、というかオーストラリア全体、大麻=マリファナにはとてもとても寛大です。 はっきり言って、超!緩いです。 日本のように職を失うような大事件では全くありません。 オーストラリアの首都キャンベラでは、2株までの栽培が一人だか一軒だか知らないけども許されているんだとか。 すごくない? その話聞いた時、びっくりしたよ! とにかくそれくらいにオーストラリアはマリファナに寛大なのです。 寛大、そうもう日常すぎるので、私の6年間過ごしているオーストラリア(主にシドニー)生活でも、マリファナエピソードには事欠きません。 以前にしましたが、そもそもここオーストラリアではタバコ1箱でも$25(2500円以上)っていう日本に比べたら考えられないくらい高額、そして常に値上がりを続けているので、手巻きタバコ?と言って、うすーいロールペーパーの内側にタバコの葉っぱを一列に敷いて、それをクルクル丁寧に巻いていって、最後に舌で糊づけしてっていうタバコが、普通のタバコ同様に一般的に嗜好されています。 タバコ1箱2500円以上って世界的にもそうとう高額だと思うので、少しでも安くタバコを吸いたい海外からの留学生はこの手巻きタバコをすぐに習得するのです。 タバコの味が違うとかで、あえてこっちを嗜好する人たちもいるみたいだけど。 そして手巻きタバコにしたって日本に比べると十分以上に高いんだけどね。 (20本くらいが巻けるタバコの葉っぱが入ったパッケージで1500円くらいだった記憶。 詳しくは吸わないからごめん) そしてこの手巻きタバコのやり方は、まさにマリファナを吸うやり方と一緒です。 中身にマリファナを入れるか入れないかの違い。 私の周りだけかもしれませんが、私の知る喫煙者は、ほぼ100%の確率(個人的な印象調べ)でマリファナを吸っています。 そもそも日本に比べると喫煙者自体の数が圧倒的に少ないんだけれどね。 そして、普段はタバコは吸わないけども、週末リラックスするために、もしくはたまのパーティでマリファナを吸う人も別に存在します。 感覚的には、飲酒と同等レベルです。 かつてボンダイに住んでいた頃、親しくなったバイロンベイ出身のパイロットの彼は、隠れた副職としてマリファナの売人をしていました。 あんなに大量のマリファナを見たのは人生初。 ランドセルくらいの大きさのタッパーにそれはそれはたんまり。 彼はそれを0. それを知らなかった頃は、ひっきりなしに鳴る電話とちょこちょこ家を出て行く彼の姿を見ながら、それにしてもせわしない人だなーと思っていましたが、後から真実を聞いて、あーそういうことかと至極納得したものです。 彼いわく、ボンダイはマーケットが大きいから、足がつかないために引っ越しはするけども、ここから離れるつもりはない、そうです。 このボンダイには2年以上住んでいましたが、最初の入居先のオーナーは私たちが夜にビールを飲む感覚で、毎晩マリファナを嗜んでいました。 共有のキッチンには、常にそれが置かれてあり、それにしてもオープンだなーと感心したほどです。 4年近くオーストラリアに住む日本人女性と知り合いましたが、この彼女は超がつくほどのマリファナ人だったそうです。 嗜好していたのは知っていましたが、ただのマリファナ好きイタリア人が引くくらいにしょっちゅうストーン化していたと後から聞いてびっくりしました。 彼女は間もなくして日本に戻りましたが、あれだけどっぷりハマった人が日本で生活するのはさぞかし大変だろうにと思うんだけど、実際どうなんでしょうか。 もう引っ越してしまったんですが、元ハウスメイトの一人も超マリファナ好きで、私の知らない吸引方法(プラスチック容器を使った方法?というのかしら)で嗜んでいた模様。 そうすると強い効果があるらしく、リビングのソファでしょっちゅう寝落ちしていました。 部屋でも栽培を試みていたようで、それだけはやめろと注意されていました。 私の彼コーリーちゃんの兄弟の一人も実は超ポッドヘッド(マリファナ中毒をこう呼んでいるみたい)で、彼女も2歳近い娘もいるのに、ギリギリの収入でしか働かないみたい。 彼の職業、プランマーと言われる配管工は時給$100とかって世界だから、すこし頑張っただけですぐにでも大きなお金を作れるのに。 ある時、一緒に住む彼に聞いてみました。 もし家のバルコニーなりでシェアメイトが吸っていて、近隣がニオイに気づいて(独特なニオイがあります)警察に通報したら、ハウスオーナーとしての責任はどうなるのかと。 すると彼曰く、警察もそんなんじゃ動かない、そう。 たとえ通報受けて訪ねたところでニオイなんて飛んでいるだろうし、見つかったにしてもたかが数千円の罰金&没収だけ。 彼はさらに言いました。 ボンダイに行けば、街中がマリファナのニオイだ、と。 例をあげればキリがないほどに、シドニー、オーストラリアのマリファナ事情はお酒と同じくらいの立ち位置です。 ここまで近いとは正直思っていませんでした。 私にはオーストラリアでのファーム経験がないんですが、日本人のワーホリの方々がファーム行って経験するってパターンは確率的にそうとう高いと思います。 ファームって仕事以外やることないらしいじゃん。 言い過ぎ? そして、マリファナ好きってジョイントっていってみんなでシェアするのが当然と思っているみたいで、なぜか吸う?って聞いてくる。 私はむしろそれを肯定しています。 好きにしたらいいんじゃないかと。 むしろ、ファーム体験同様に日本じゃなかなかできない、というか法律的にとても罪深いものだからね、日本じゃダメ、絶対。 それに、いつかは親になるなら、もしかすると今以上に日本でもマリファナが普通になっちゃうかもしれない将来に、自分が経験していないと何がダメかって言えなくない?とかって思うんだけど、これは話が飛躍しすぎかも。 (それを言ったらいろんな犯罪を経験しないといけなくなっちゃうもんね) 私の知る限りのマリファナの一番こわい部分は、仕事しなくなること、いろんなやる気を奪うことです。 朝からワイン飲んだことありますか? 実はそんな感じだと思っています。 体が重ーくなって、ゆるーくハッピーな、まぁなんでもいっかってなる感じ。 これが続いたらどうなるさ、という意味でマリファナは怖いと感じます。 社会問題になっていますが、この覚せい剤マーケット(種類、程度の差がいろいろあるようですが、私の知識的に覚せい剤とひとくくりで呼びます)もマリファナ同様にかなり身近です。

次の

オーストラリア 6年間で知ったマリファナ&コカイン事情

アヘン コカイン マリファナ

ケシの果実(いわゆるケシ坊主)に傷をつけて、アルカロイド樹脂を採取する アヘン( 阿片、 鴉片、 opium)は、(芥子、 opium poppy)の実から採取される果汁を乾燥させたもので、いわゆる麻薬である。 ケシの実から採取されるアルカロイドはと呼ばれ、そこから合成されるものがである。 (narcotic)とは、本来このようなやを指す。 ケシから採取されたや、そこから合成される化合物は、鎮痛、陶酔といった作用があり、また高用量の摂取では昏睡や呼吸抑制を引き起こす。 このようなアルカロイドや、合成化合物には、、、、を含む。 代の、の日本では 阿芙蓉(あふよう)と書いた。 ケシの実の汁は古代から鎮痛・鎮静作用が知られ、医薬品として用いられてきた。 しかし同時に習慣性や、濫用による健康被害など、としての特性があり、を引き起こすなど、重大な害悪も引き起こした。 現在では、の、これを引き継ぐのにおいて国際統制下にある。 日本でもによって規制されている。 性質 [ ] アヘンを収穫する伝統的な方法としては「ヘラ掻き」がある。 ケシの開花後、10~20日経って花弁の落ちた未熟果(いわゆるケシ坊主)の表皮に、のうち浅い切り込みを入れると、乳液状の物質が分泌する。 これを夕方掻き採って集め、乾燥させると黒い粘土状の半固形物になる。 ヘラ掻きによるアヘンの採取は人手や手間がかなりかかる。 そのわりに得られる量はごく僅か(1kgのアヘンを得るのに、ケシの実が約2000本も必要)である。 貧しい農民が栽培に従事するなど非合法栽培地域では現在も行われているが、合法的栽培においては、現在は有機溶媒で茎も含む全体を処理して化学的に麻薬成分アルカロイドを抽出・精製する方法が主流である。 作ったアヘンは産地でで粉末にし、缶に入れ、製品として出荷する。 精製しなくても薬効があるために、極めて古くからそのまま吸引されてきた。 しかし生アヘンは不純物を大量に含み、効き目がモルヒネやヘロインより数段劣るため、そのままでの麻薬としての商品価値はかなり低い。 価値を高めるにはさらに煮出して乾燥させるなど精製し、及び化学的に加工して、モルヒネやヘロインに加工する必要がある。 産地 [ ] 以前は、の・・に跨る「」で多く栽培されていたが、抑制対策が功を奏してその地帯での栽培は大きく減少した。 2011年10月、ロシアの外務大臣は、「アフガニスタンのアヘン畑を一掃することにアメリカが消極的であることに驚きを禁じえない」と述べ、アフガニスタンでのアメリカのアヘン問題への態度を批判した。 アヘン史 [ ] 禁止令により、焼却される喫煙具 アヘンは極めて古くからその存在が知られている。 紀元前3400年頃にはでケシが栽培されていたと考えられており、紀元前3000年頃に記述されたと見られるイランで見つかった石版にはの乳液の採取について記述されている。 紀元前2000年頃には、ヨーロッパや、中央アルプスにケシ栽培は伝わった。 紀元前1500年頃ににてアヘン製造がされていた事がわかるの文献が見つかっている。 文献によれば、アヘンは当時のエジプトにおいて鎮痛剤などの薬剤として用いられていた。 にある、の宮殿にあった紀元前879年に作られた浮き彫りの有翼神獣は、美術館はと述べているもののケシの未熟果の束を運んでいる。 頃ののであるの著書に、アヘンについての記述を見ることができる。 では、アヘンの発見者はとされている。 帝時代の医師は、アヘンの採取法及び薬効を著書の中で詳しく述べている。 この時代には、アヘンはすでに鎮痛剤、睡眠剤として利用されていた。 一部で遊興的な使用も行われたが、多くは薬用であった。 英語名opiumは、この時代の名opiumを引き継いだものである。 ヨーロッパにおけるアヘンの使用は、の滅亡により、一時廃ることとなった。 5世紀前後、の交易網が発達し、インドや中国、アフリカの中部などの各地にアヘンはもたらされた。 商人は医薬品としてのアヘンを商品とみなしていた。 にも伝来した。 を通じて、アラブ商人が持ち込んだと考えられている。 500年頃に薬学者であったにより編纂された『唐本草』には医薬品としてのアヘンの記述がある。 それ以前に、シルクロードを通じて持ち込まれた医薬品、底野迦(てりあか)にはアヘンが含まれていたとの指摘がある。 11世紀前後、イスラム圏との接触を経て、アヘンはヨーロッパに再伝来した。 再び、医薬品として用いられた。 15世紀頃からは麻酔薬としても用いられた。 20世紀初頭までは民間療法の薬剤として用いられた。 を経ての西欧諸国による海上貿易において、アヘンは重要な商品となった。 中国では、西欧諸国、特にイギリスによりアヘンがもたらされ、アヘン禍に陥る。 は交易においての構造を構築し、アヘンを用いて資産を獲得した。 このアヘン貿易は、規模や対象、時代こそ違うものの諸国においても同様の交易が行われた。 では、など都市の河沿い地域に使用者が多く、当初は運搬船の停泊船内や宿場などで煙草に混ぜて吸入されていた。 、このアヘンの蔓延に危機感をつのらせた清国がイギリス商人のアヘンを焼却したことが、イギリスと清国の間で、(1840年-)の引き金となった。 しかし、この紛争後もアヘン流入量が縮小されず、市中では次第に半固形の阿片膏を煙管(キセル)に入れて吸入するようになっていた。 この携行しやすい阿片膏によって、より清国内の広域へアヘンが浸透、も伝播した。 20世紀初頭の清末には、清国の上流層にもアヘンが一部流れていたとされており、清滅亡後の1930年代においても、煙管など吸引用品の取扱店や「大煙」と看板を掲げた煙館など、アヘン関係の店が各地でみられた。 においては、「アヘンの危険性の認知」や「アヘンの習慣を持つ者が多い中国人の各地への移住とそれによる中国人コミュニティーとの接触」に伴い19世紀には反アヘン運動が高まった。 また、・への中国人労働者の流入ともに、特にサンフランシスコをはじめとする地域でアヘン窟がみられるようになり、1875年に至り反ドラッグ法制定など対策が行われた。 20世紀初頭から、国際間におけるアヘンの統制が始まる。 1912年にはが調印され、アヘン貿易が制限された。 1920年にが成立してからは、連盟が統制に関する職務を負い、国際機関が設置された。 1926年の第一・第二阿片会議条約では、アヘンの使用等に関しても統制され、1928年のにおいてアヘン貿易は完全に禁止された。 に移行後も、同様の統制体制が持続し、現行の1961年のにおいてもアヘンは統制されている。 日本におけるアヘン史 [ ] 江戸時代まで [ ] 文献に見える古い記録では、(かじわらしょうぜん:1265~1337)『頓医抄』の中にすでに「罌粟」の用語が見られる。 くだってには、によってケシの種がから地方(現在の)にもたらされ、それが「ツガル」というケシの俗称となったという伝承がある。 その後を通じて現在の山梨県、和歌山県、大阪府付近などで栽培されたが、いずれも少量で高価であり、用途としてもなどの医療用や投獄者への自白剤などに限られていた。 『』(頃)巻百三には「阿片」や他の生薬、などと調合した「一粒金丹」なる丸薬がとして紹介されている。 この処方箋はの手によるといい、これが2年()藩医に秘薬として伝わった。 藩医のによる11年()の効能書には鎮痛や強壮が謳われている。 この薬の評判はすぐに江戸にまで及び、『富岡恋山開』には「新右衛門、それでおれが、月々呑まそうと思って、伝手を頼んで、津軽のお座敷で所望した一粒金丹」という台詞が残されるまでとなり、江戸市中で売られていたようである。 8年()のの太田四郎兵衛が種子を持ち帰って栽培し、はじめてアヘンの製造に成功したとの記述もみえる。 幕末 [ ] 一方、半ばの朝末期に、イギリスの三角貿易によりインドから大量のアヘンが中国内に流通し始め、やがて明が滅びとなった中国からは、を通じて吸煙用途の安価なアヘン(煙膏)や生アヘンが知られるようになった。 日本は鎖国はしていたが、海外の情報はによって得ていた。 19世紀に入るとオランダ以外の欧米諸国も日本にも執拗に開国を迫り出してきており、は対応に苦慮していた。 (天保10年)にアヘン戦争が始まると、オランダはそれまでの風説書とは別に、詳細な別段風説書としての報告書「阿片招禍録 」を作成して欧米が関わる動乱を詳細に報告を始めた。 その3年後、明に続く大国と認識していた清がイギリスに大敗したことは幕政を大いに揺るがし、同年にを取り消した。 このためアヘンに関しては日本も清の後追いになる危険もあったが、らによって『聖武記』『海国図志』などが熱心に研究され(『鴉片始末』など)、を解いた4年後の5年()に締結に至り、このいずれの国からもアヘンの輸入を禁制とする条文が記載された。 なお、国内ではから国内に散発していたがこの年に江戸でも大流行し、者のは患者にとアヘンの製剤を与えたことが記録されており 、また典医が開国を巡る朝廷説得の心労で倒れたにアヘンを処方して不眠を収めたなど一定の需要があり、日本ではまだ吸煙の習慣も定着しておらず、栽培は全国に広がっていた。 明治期 [ ] 長崎、などのでは、貿易のために集まった外国商人が居住のため使用人や料理人として中国人を連れて来ており、彼らが密輸によりアヘンの煙膏を持ち込んで問題となっていた。 長崎では中国人が日本人にアヘンの煙膏を大量に売りつけ、遊女などが中毒死する事件を伝えている。 やがてたびたび「あへん御禁令」の高札が立つようになり、慶応4年閏4月(1868年6月)、から最初のアヘン禁令となる第319号を布告し、「あへん煙草は人の生気を消耗し命を縮めるもの」と初めて人害であることが明記された。 政府は法整備を進め、明治3年8月8日(9月3日)には「 販売鴉片烟律」が布告され、使用や売買を含めて罰則規定を設け重罪とした。 なおこの法律は後の現行法にほぼそのまま取り入れられ、「(136-140条)」となっている。 また、国内に流通するアヘンについても「 生鴉片取扱規則」を同日発布し、記録や届出など管理の徹底を始めた。 これらの法律は在留清国人にも適用された。 植民地におけるアヘン対策 [ ] アヘン戦争の敗戦以後、大量の中国人が東南アジアや東アジアへ移動しており、それとともにアヘンも拡大していった。 にはイギリス商人によるアヘン密輸事件であるが起ったものの、治外法権を行使されて領事館から逆に(明治12年)には薬用阿片売買竝製造規則(阿片専売法)を施行した。 この法律において、政府は国内外におけるアヘンを独占的に購入し、許可薬局のみの専売とした。 購入は医療用途のみとし、購入者及び栽培農家は政府による登録制とした。 この専売制はの戦需品として、政府に利益をもたらした。 日清戦争後、日本はにより清からを割譲させて植民地とした。 当時、台湾においてアヘンの使用が広がっていたことを背景に、はにアヘンのを提案し、にはが敷かれる。 同令において、アヘン中毒者へのアヘン販売が許可された。 の阿片令では、台湾における民間のケシ栽培は禁止され、による専売が始まった。 内地では、台湾産の原料を使ったアヘン製造が活発に行われた。 その後、植民地支配に組み入れていったやにおいても、日本はアヘンを厳禁しない漸禁政策を採用した。 にはの国内生産が成功し、モルヒネの原料としてのアヘンの需要が高まったため、関東州・満州でもアヘンは製造された。 は、日本と違い、アヘンの全面禁止政策を採用していたが、・などで密造された非合法のアヘンが闇で流通しており、軍閥の重要な資金源とされていた。 中国産アヘンの末端価格は日本産のそれの約半分であり、しばしば日本産アヘンを市場から駆逐した。 がはじまると、の大佐の指導のもと、が秘密結社のやと連携しを設立し、中国の通貨を獲得するため、などでアヘンやモルヒネを大量に密売した。 統制の状況 [ ] アヘンは多くの国で麻薬の一種としてその製造・販売・販売目的の所持が禁止または規制されている(自己使用を処罰する日本の法制は、比較法的には少数派である)。 日本ではとが、アヘンやヘロインの使用、所持等を禁止している。 同法により、原料のケシの栽培自体も禁止されている。 あへん法にいう「けし」とは、 Papaver somniferum L. , Papaver setigerum DC. 及びその他のケシ属 Papaveraceae の植物であって、厚生労働大臣が指定するものをいい、「あへん」とは、けしの薬汁が凝固したもの及びこれに加工を施したもの(として加工を施したものを除く。 )をいう(同法3条1号、2号)。 使う意思がなくとも吸引用具を所持(海外では吸引用具が美術品として取引されているところがある)しているだけでも違法になる。 136条~141条でアヘンの製造・輸入・所持・吸煙および吸煙道具の製造・輸入・所持や吸煙場所の提供を禁じており、未遂も処罰される(刑法第2編 第14章「」)。 現在、モルヒネ用としてのアヘン輸出が国際的に認められている国はインド、日本、中国、北朝鮮だけである。 しかし、外国へ輸出が出来るほどの生産量(少なくとも、表のルートで取引されるもの)があるのはインドだけである。 また、オーストラリアでも比較的大規模な薬用アヘンの製造が行われているが、国内の需要の一部しか満たせない。 その他の国では、少なくとも表向きは大規模なケシ栽培は行われていない。 このため、世界の合法的なモルヒネは大半がインド産である。 また、必要以上の在庫を保有することが禁じられているため、いかにインドと言えども、何らかの急な需要増加には対処できない。 注釈 [ ] この節にはやの一覧が含まれていますが、 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 適切な位置に脚注を追加して、記事のにご協力ください。 ( 2015年5月)• 佐藤弘 『大東亜の特殊資源』 大東亜出版、1943年。 『続・現代史料集 12』第一部第三資料。 『戦争と日本阿片史』 すばる書房、1977年。 マーティン・ブース 『阿片』 田中昌太郎訳、中央公論社、1998年。 関連項目 [ ]• - アヘンの精製物である。 (通称・チャイナホワイト)• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 税関のウェブページ。 2001年の密輸動向について。 - 書店編•

次の

オーストラリア 6年間で知ったマリファナ&コカイン事情

アヘン コカイン マリファナ

11月6日、覚せい剤所持の現行犯で宮城県警に逮捕された元タレントの田代まさし容疑者(63)。 今年5月末、静岡県浜松市内の飲食店のステージで 薬物をモチーフにした替え歌を歌う田代の映像を「週刊文春デジタル」が入手した。 「この日、田代さんは50分のステージを2回してくれて、大盛況で50人程のお客さんが集まりました。 年齢は40代~60代でラッツ&スターファンの お客さんとは一緒にカラオケ曲を歌うといったサービスもしてくれました。 お店の宣伝VTRにも出てくれた。 大盛況だったから、『来月もお願いしよう』と ちょうど話していたところだったんです」(店舗関係者) 白い帽子とジャケットにファーをまとってステージに立った田代、ピン芸人のヒロシを真似して、「まさしです」「くわまんに連絡をかけたら 着信拒否でした」と自虐ネタを披露したという。 披露したのは、PUFFYの大ヒット曲「アジアの純真」の替え歌。 薬物をモチーフにした、こちらも自虐ネタだった。 ダメダメダメ ダメダメダメ! これ以上歌ったら捕まっちゃうから! 」 自虐の通り、今回、覚せい剤で5度目の逮捕になった田代。 店内で会話した店舗関係者は肩を落とす。 「食事もしっかり摂っていたし、まさか今でもやっているとは思わなかった。 ですが、『覚せい剤はなかなかやめられない』とも話していました。 『こうやって人に呼ばれているときはいいんだけど、一人になると(やりたい)気持ちが出てしまう。 いつでも誘惑が来るんだ』って。 ネタなのかもしれませんが、営業先で握手を求められて、手を握ったらパケを渡されたこともあったそうです。 『一瞬もらっちゃおうかな』って 思ったとも話していました」(同前) 県警は覚せい剤の使用の有無、入手ルートについて今後調べを進める方針だという。

次の