あえば直道。 あえば直道、一般社団法人JCU議長ってどんなお仕事をしているのか?まとめてみました。

クリントン・キャッシュ

あえば直道

政治評論家の肩書を持つ人は、実際に自分の事務所を立ち上げるなどして活動を行っています。 あえば直道さんもその1人で、一般社団法人JCUの議長として活動を行っていますが、このJCUがどのような活動をしているのか、気になるところです。 簡単に、あえば直道さんのプロフィールを説明すると1967年生まれの現在52歳、2011年に渡米しての顧問になったという方です。 何もコネクションがない中での顧問になったというストーリーが衝撃を与えましたが、もう1つ衝撃的だったのは、の日本側パートナーとして一般社団法人JCUを立ち上げたことです。 ここからはJCUについて説明をします。 JCUはThe Japanese Conservative Unionの略で、日本の保守政治を盛り上げていく意味合いがあります。 はカの保守政治を担ってきた政党で、基本的なスタンスは政府が大きな支出をしないという小さな政府、そして減税です。 このカのと、日本で育まれてきた保守思想、2つの保守の考え方を融合させて、日米関係の構築を図れるような活動をしていくために、一般社団法人JCUが発足されました。 活動概要を見ると、日本での保守とは何かを定義、国会議員の中で保守に関するスコアをつけていきます。 このスコアは日本的な考えでの保守ではなく、カのを加味してのスコアです。 そのため、小さな政府を目指すうえでの貢献や減税、、当然日米同盟といったところにまで、いかにその国会議員が貢献をしているのか、チェックを行っていきます。 それでいて、日本にもカ流の保守を根付かせていき、本来の保守とはどういうものか、環境を構築していく狙いがあえば直道さんにはあります。 そうしたこともあり、日本だけでなくカの大物保守政治家を招き、様々な観点からの保守政治を目指していきます。 元々一般社団法人JCUでを務めていたのが江口峻さんです。 江口さんはで働き、記者ではなく、販売の方で実績を上げ、の取締役にまで出世し、2015年、あえば直道さんと一緒にJUCを立ち上げます。 2019年7月、江口さんはを退任し、ファウンダーとして支えています。 これを受けて、あえば直道さんはそれまで議長でしたが、2019年7月から江口さんに代わってを務めることになります。 の支持母体である全米、ACUのカウンターパートとして設立したJCUが着実に歩みを続けている証拠とも言えそうです。 そんなあえば直道さんが、JUC議長の肩書で出した本が「トランプ革命」という本です。 カ国民がなぜトランプ氏に注目するのか、もし大統領になったら日本はどうなるのか、トランプ革命の中であえば直道さんは語っています。 この本のすごいところは、2016年3月という、まだそこまでの実現度が高いとは言えない状況で出版に踏み切ったこと。 当時は多くの反対があえば直道さんの周りであったそうですが、これを乗り越えて出版、結果的にこの本はベストセラーになります。 誕生を予見したというのが大きく、勝ち馬に乗っかるつもりもなかった姿勢もあえば直道さんの価値を高めたといっても過言ではありません。 あえば直道さんは、カで出された本の翻訳や監修なども手掛けています。 2018年、満を持して発売したのが、トランプのカという本です。 カでベストセラーになった本の日本版で、あえば直道さんが作者である氏にインタビューを敢行するなど、こちらも高い評価を集めます。 このようにJCUとしてカ政治とはどのようなものか、の功績とは何かを、の関係者としても頻繁にカにわたるあえば直道さんが語ることでリアリティを持って接することができます。 当然ながらあえば直道さんは国際的な活動をしており、先日大阪で開催されたの際、特別指導者である氏との会談がセッティングされました。 中国に属しながら宗教間の違いから独立を模索する、中国政府からの不当な人権侵害に立ち向かうカーディル氏。 JCUではアジアの自由だけでなく、民主主義を実現させていくことを求めており、カーディル氏の活躍に注目を集めています。 JCUでは会員を募っており、ネットワークパートナー、プレミアムメンバーなどがいます。 ネットワークパートナーになれば、ネットワークパートナー専用のイベントに参加できる他、カやアジア各国からやってくる保守政治家や要人のイベントなどへの参加などが行えます。 プレミアムメンバーになると、JCU論説の解説動画や日本政策学校での講座などが受けられます。 あえば直道さんはこのようなイベントに頻繁に顔を出すほか、カの現状を事細かに話すだけでなく、日本のメディアでは報道をしないようなことまで明らかにします。 日本のメディアを一切信用していない人からすると、あえば直道さんの言葉はどれも新鮮であり、信ぴょう性を感じさせるものばかりです。 そのため、あえば直道さんは日本全国を回り、JCUの活動を行っていくだけでなく、様々な関係者に講演をしてもらうほか、若者たちもあえば直道さんの活動に協力するなど、大きなウェーブとして盛り上げていくようなことを行っている状況です。 あえば直道さんがすごいのは、カなどに行けばのイベントなどで登壇して演説が行える点です。 2019年にはCPACと呼ばれる、がメインのイベントに参加。 あえば直道さんは当時JCU議長として4年連続で登壇し、日本のが劇的に広まっていることをアピールし、会場は大盛り上がりになります。 その後に登壇をしたのが。 会場の熱は最高潮に達し、カ保守政治の熱の高さを感じ取ることができました。 JCUではこれに先立ち、ワシントンにあるなどを訪問し、実際のその雰囲気を体感。 こうしたイベントに参加するのも先ほどのネットワークパートナーなどです。 JCUのブースもCPACの中で展示されており、日本の保守政治がどのような状況なのかや暗号通貨のことなども紹介しています。 暗号通貨に関するセッションではあえば直道さんも議長としてスピーチを行ったほか、日本から和太鼓を持ってきてもらい、日本の文化に触れてもらうというユニークなこともしています。 トランプ・ジュニアもJCUのレシェプションに参加しており、記念撮影を行うなど、カの保守政治家や関係者に対する顔の広さを感じ取れます。 このように、あえば直道さんはカの保守を間近で学び、それを日本で広げていく活動を行っています。 その行動力は保守層からも段々と支持を集め、とのパイプを担う1人として注目されている状況です。 は改選を控えていますが、ライバルのの動きが鈍く、再選は確実視されています。 すると、ますますカと日本の関係性が注目を集めることになりそうですが、あえば直道さん、一般社団法人JCUがますます活躍することになるのは間違いでしょう。 一般社団法人JCUの活動などを含め、あえば直道さんの活動に注目していかなければなりません。 hyouronka.

次の

あえば直道がトランプ大統領誕生を予測できたワケ

あえば直道

政治評論家を名乗る人の中にはに近い人、に近い人と特定の党派との距離が接近している人がいますが、あえば直道さんはなんととの距離が近いことをアピールする政治評論家です。 自身も出馬経験があるなど、異色の政治評論家です。 1967年1月5日、52歳のあえば直道さんは神奈川県の出身です。 実家は弁護士をしており、エリート教育が行われ、1973年にはに入学し、それ以降の入学までカレーター式で神学を続けます。 高校時代にはでインに出場するなど、文武両道を行っています。 あえば直道さんの名前が登場したのは2009年5月のこと。 この当時、時の総理である麻生総理が様々な理由を付けて解散を先延ばしにし、任期満了を迎える2009年8月あたりに選挙が行われると言われていました。 その際、あえば直道さんの名前が登場し、会見では日本のになりたいと語るも2週間後、投手を交代させられ広報本部長となり、翌年のにから出馬するも落選。 その後、北米の担当としてカにわたります。 しかし、2012年、とんでもないニュースがカから飛び込んできます。 あえば直道さんがの顧問に就任したというのです。 その前年、で米軍が危険を顧みず被災地活動を協力してくれたことに感謝するスピーチを行い、それがきっかけでの養殖に就く人物との交流がスタート。 その後情報交換が行われ、の顧問になったという流れです。 現在の大統領トランプ氏は全く注目していない頃から指示をしており、大統領になると日本側の窓口として活動しています。 2018年には、ペンス副大統領と会談を行い、メインホールで演説を行うなど、トランプ政権に近い存在となっており、日本では政治評論家としてそうした話題を提供している状況です。 その真偽が色々と取りざたされ、将来的な国政挑戦も視野に入れているとの話もありますが、日本人でこれだけ関係者との距離が近い人はなかなかいません。 hyouronka.

次の

おりょう: あえば直道ファンブログ

あえば直道

この節のは、 や記事主題の関係者による情報源に頼っています。 とされるが求められています。 ( 2019年6月)• 1月5日 - で出生。 実家は弁護士。 4月 - (小学校)に入学。 以後慶應の付属校を経てへ進学。 時代は弓道で県代表として国体やインターハイに出場経験がある。 大学在学中は憲法学者教授のゼミナールに所属。 大学2年生の時に「末川杯争奪 法律討論会」に出場し優勝。 - に入会し、学生部・青年部の要職を経験。 3月 - を卒業。 4月 - 幸福の科学総合本部に入局、多数の要職・理事を経験。 5月 - 饗庭直道として幸福実現党・党首に就任。 2週間後、広報本部長に。 - 単身渡米。 - 幸福実現党広報本部長として全米税制改革協議会(ATR)が主催する「水曜会」に継続的に参加したと主張。 1月 - 全米委員会・顧問(担当)にとして初めて就任したとの取材に対して主張、「全面特集」として夕刊フジには「幸福実現党広報本部長」の肩書を添えられて掲載され、幸福実現党が記事全文を全面コピーして紹介した。 - 幸福実現党広報本部長から調査局長となる。 - 幸福実現党役員を退任。 一般社団法人JCUを設立。 専務理事に就任。 - について各メディアにてコメントしている。 CPAC2018で演説するあえば• 4月の全米税制改革協議会(ATR)が主催する「水曜会」で、「について、にお礼がしたい」とスピーチの機会を得る。 後のによる救援作戦への感謝と、減税政策が重要であると訴えた内容であった。 当日、あえば直道が参加していた共和党全米委員会共同議長のシャロン・デイの申し出より交流が始まる。 2011年5月、シャロン議長より共和党本部に招かれ、その後、共和党員と定期的に情報交換を行うようになると主張した。 2011年12月、シャロン議長の推挙により1月にはで唯一のメンバーとして、全米委員会・顧問に就任したと自ら主張した。 11月11日の広告記事で、共和党全国委員会共同議長シャロン・ディとの対談が掲載された。 には、共和党の支持母体である「全米保守連合」(ACU)の日本側のパートナーとなる一般社団法人JCUを設立。 また、とは、トランプがに出馬する前からの 知り合いで、 [ ]メディアで泡沫候補扱いされていた頃から支持している。 3月5日、にて開催中の共和党系政治大会 CPAC 2016 メイン・ホールにおいて『新しい日米同盟のあり方』と題して演説を行った。 2016年6月から、共和党からの大統領選の情報を日本のメディアに出演してアメリカの現状を伝える。 2016年12月、トランプのの当選後は、新政権移行チームの日本窓口の1つとして活動している。 2017年1月、ドナルド・トランプの就任に合わせ、共和党全米委員会・顧問の役を退任したが、 新政権との連携活動は継続している。 [ ]• 2017年2月25日、CPAC 2017 の3日目メイン・ホールにおいて演説を行った。 2018年2月23日にアメリカ合衆国副大統領と、24日にはアメリカ合衆国大統領と会談を行ったと自分のブログで主張し 、同日3年連続のCPAC 2018 の3日目メイン・ホールにおいて演説を行った。 経歴詐称疑惑 [ ]• 2016年11月5日、Web News『』が、アメリカ共和党顧問の肩書きに詐称があるのではないかと報じた。 あえば本人は「2011年の12月に正式にRNCの法務室の認可が下りた。 RNCの法務室か、共同議長秘書に問い合わせれば明確になる」と反論した。 反論を受けてBuzzFeedが再度取材したところは「あえば氏は共和党全米委員会 RNC で何の役職にも就いていません」と回答があったとされ(回答者名はオフィシャルな立場としながらも非公表)、一方、共和党の広報戦略を担当しているボブ・スパークスは、「あえば氏は、ディ共同議長の無報酬アドバイザーです」と違う肩書で回答した。 「アメリカ共和党顧問」の肩書であえばを紹介したことのある、、、に対して、肩書の確認法について質問したところ、朝日放送、フジテレビ、産経新聞は「答えられない」と回答し、唯一確認方法について回答した双葉社は「協議会に出席した動画や、共和党員と一緒に写っている写真で確認した」というものであった。 BuzzFeedは、「双葉社の確認方法は不十分であり顧問でなくても協議会に出席したり、共和党員と写真に写ることは可能だ」と論評した 著作 [ ] 単独著書 [ ]• 『トランプ革命』、2016年3月23日発行、 共著 [ ]• 』矢内筆勝・黒川白雲 共著、、2010年5月27日発刊、 書籍監修 [ ]• 『』著:ピーター・シュヴァイツァー、監修:あえば直道、発行:LUFTメディアコミュニケーション、2016年2月10日発行、• 『大統領の風水』著:小林照弘、監修:あえば直道、発行:音羽出版、2017年1月、• 1994年9月10日公開 - 映画『』1994年、劇場公開映画:東映(生まれ変わりのドーム・息子役)出演• 2009年9月18日発売 - 雑誌『』2009年10月号「学会との諍いとカルトの壁 幸福実現党元党首、敗戦の弁」掲載• 2010年1月22日発売『』1月23日号「いざ! 幸福維新」コラム連載開始、2010年9月まで連載• 2012年11月2日発売『夕刊フジ』11月3日号「激戦 11・6米国大統領選挙の舞台裏」 掲載• 2013年6月25日発売『月刊「」2013年8月号』アメリカ現地レポート「中韓ロビイ活動にこう対抗せよ」 掲載• 2013年12月20日発売『月刊「WiLL」2014年2月号』現地レポート「中国のアフリカ侵略を食い止めろ」 掲載• 2014年11月25日発売『月刊「WiLL」2015年1月号』「反日運動の黒幕『抗日連合会』に極秘潜入! 」 掲載• 2015年4月9日放送開始 - テレビ番組『』2015年(、 2局放送) レギュラー出演 、9月26日まで• 2015年9月10日発売『』2015年9月17日号「今は一介の信者に格が下がって「幸福実現党」初代党首が胸に秘める野望」 掲載。 2016年3月28日発売『2016年4月11日号』「トランプ大統領誕生で日本はどうなる!? ~米国共和党全米委員会アジア顧問が予見」掲載。 2016年4月11日発売『2016年4月22日号』「トランプと角栄の共通点に人の心を動かすスピーチ術」 掲載。 2016年5月29日放送 - フジテレビ系列『』出演「ドナルド・トランプ自身が『クリントン・キャッシュ』を取り上げている」• 2016年7月4日発売『2016年7月18日号』「「トランプが『トランプ革命』を持って勝利宣言!? 」掲載• 2016年7月9日放送 - TOKYO MXテレビほか『』 出演• 2016年7月21日放送 - フジテレビ系列『』 出演• 2016年10月2日放送 - テレビ朝日系列『坂上・美輪のニュースにダマされるな』出演• 2016年10月31日発売『』11月14日号「現地レポート、窮地のトランプ候補 大統領への秘策」掲載。 2016年11月4日発売 - の政治専門紙『The Hill 』「トランプ政権は『ならず者国家』と対峙する日本の力強い同盟国となりうる」掲載。 2016年11月11日放送 - TBSテレビ系列『』「トランプ大統領の素顔について」出演• 2016年11月18日発売 - の政治専門紙『The Hill 』「アジアのパワー・バランスの舵取りを決める、トランプ氏による米日会談」掲載。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• JCU 2018年10月27日. 2018-12-05T07:27:28Z閲覧。 一般社団法人JCU. 2017年12月27日閲覧。 産経新聞2014年11月11日• 産経新聞2014年11月11日• 2014年11月11日. 2016年12月31日閲覧。 - YouTube映像• - CPAC2016共和党大会演説者紹介 英文• - youtube映像• 2016年11月5日• 、英文• [ ]• 外部リンク [ ]• (ブログ)• ultrajedi -•

次の