タイムズ 比較。 Times Pay(タイムズペイ)とは?特徴から他社サービスと比較した際のメリット・デメリットを徹底解説│HIRAKULOG

駐車場のポイント、「タイムズ」と「三井のリパーク」はどちらがおトクか?

タイムズ 比較

ここがポイント• アプリ1つで使える『カーシェア』『レンタカー』『マイカーシェア』• 入会初期費用・月額料金が無料• 決済は『ドコモのケータイ払い』や『クレジットカード』• 会員カードなし、スマホでワンタッチ dカーシェアは、 スマホアプリから『カーシェア』『レンタカー』『マイカーシェア』の3種類を簡単に使えるプランです。 また、入会費・月額料金が無料で使わなければ維持費がかからず、決済は 『ドコモのケータイ払い』が利用可能。 そしてクルマのロック解除は、スマホの交通系ICカード(suicaなど)を使って施錠・解錠をするため、会員カードなど作る必要がなくまさに「スマホ1つで利用できるカーシェア」が特徴となっています。 詳細な料金プランなどは参考記事もチェックしてみて下さい。 dカーシェアは、維持費がかからず会員カードの必要もないため手軽さが魅力ですが、ステーションが近くにない・ステーションまでの距離が遠いといった場合がよくあり、まだまだこれからのカーシェアといった印象です。 対してタイムズカーシェアの場合、利用なしでも維持費はかかるもののステーションの多さから出先や近所などどこでもあるので気軽に利用しやすく、「今日これから使いたい」といったときでも予約しやすい点があげられます。 なので カーシェアリングを「頻繁に使う」もしくは、「月1回以上使う」という方なら『タイムズカーシェア』、 たまにしか使わないという方なら『dカーシェア』がオススメだと思います。 まとめ.

次の

【圧倒的な人気!】タイムズはカーシェアリングでNO.1!料金&車種をご紹介

タイムズ 比較

また,各店舗での説明会には事前にWEBで「クイック入会」で予約をする必要があります。 タイムズカーシェアが人気のワケ 1.ステーション数が業界トップで抜群の利便性! タイムズカーシェアは,ステーション数がダントツで多いだけでなく,首都圏や大阪などの一等地にあるタイムズにステーションを設置しているからアクセスが良く,便利。 2.車種が多様で目的に合わせて選べる! タイムズカーシェアではコンパクトカー、SUV、1BOXカー、EV、輸入車など豊富に車種をラインナップ。 目的や気分、運転スキルに合わせて選べます。 特に、レンタカーではなかなか乗れない輸入車に,手頃な値段で乗れるのは嬉しい。 3.料金体系がすごくシンプル! タイムズカーシェアはカード発行料+月額基本料金+利用料金のみ。 入会金は不要です。 それに 距離料金が利用料金に含まれているから,とってもシンプルで分かりやすい。 法人,学生プランの場合は月額基本料無料! 4.6時間パックと3つのナイトパックは破格の安さ! タイムズカーシェアのパックプランで6時間パックとナイトパック3種類のコストパフォーマンスは非常に高い!要チェックです! 5.ポイント制度や会員特典がとっても充実! 利用金額の3%が還元されるポイント制度「タイムズクラブ」や,各種施設の優待が充実。 タイムズカーシェアカードの提示で,遊園地や温浴施設,レストラン,ショッピングセンターなど色んなところで割引が受けられます! 6.カーシェアと鉄道の組み合わせで便利に、お得に! 鉄道事業者と連携する「レール&カーシェア」に積極的で、東海道・山陽新幹線(東京~博多)の EX-ICカードや,福岡市交通局の はやかけん、仙台市交通局の icscaなどをカーシェアICカードとして使えたり、カーシェア利用料金の優待を受けられるなどお得で便利なエリアが拡大しています! 体験会で魅力を知る! タイムズカーシェアではカーシェア体験会を各地で開催しています。 カーシェア併設のタイムズカーレンタル(旧マツダレンタカー)店舗なら,入会時に店舗でカーシェア体験してみるのもオススメ。 カーシェアリングがどんなものかを知るには,やはり実際にステーションや車を見てみるのが一番。 一人でもじっくり説明してくれます。 分からないことはやっぱり直接聞くとよく理解できます。 それに一部の体験会では,ICカード発行料1,500円が無料になるキャンペーンも同時に開催していますし,ICカードも当日発行ですぐに使えますから,体験会の情報は事前にチェックしていかれることをお勧めします。 ちなみに,私が東京出張のときに体験した感想を のページで,これまでに乗った車種を のページで紹介しています。 利用シーンをイメージできると思いますから,良かったらのぞいてみてください。 タイムズカーシェアの概要とステーション配置エリア 「2009年日経優秀製品・サービス賞 優秀賞 日経産業新聞賞」や「ATTTアワード(自動車通信技術賞)ビジネスイノベーション部門優秀賞(2011,2012)」を受賞するなどサービスの質や安全性確保に高い評価を受けているだけあって,圧倒的な人気を誇る会社です。 タイムズカーシェアサービス概要 サービス名称 タイムズカーシェア(旧タイムズカープラス) サービス提供会社 タイムズ24株式会社 システム 車載型 サービス提供地域 全国47都道府県 ステーション数 約11,500ヶ所 車両数 各ステーション基本1~3台 使いやすさとシンプルな料金体系で人気の高いマツダレンタカーのカーシェアリング事業「カーシェア24」が,2010年6月1日に「タイムズプラス:Times PLUS」となり一気に業界トップへと成長しました。 そしてさらに2013年4月1日「タイムズカープラス:Times Car PLUS」へと進化し、2019年5月1日より「タイムズカーシェア:Times CAR SHARE」ました。 カーシェアリングと駐車場は,事業の相性が抜群なんです。 パーク24が整備してきた時間貸し駐車場「Times(タイムズ)」の一角をそのままステーションに活用できるので事業展開が早い!2009年に一気に都内の六本木・青山・渋谷・日本橋など100ヶ所のステーションに200台を設置したのを皮切りに,2019年10月までに約11,500ヶ所(車両約24,000台)と業界トップに君臨しています。 全国の大都市にステーションを展開しているので,出張や帰省などの際に使うユーザーも多く、また、外車の配備されているステーションに出向いて,輸入車ならではのリッチな雰囲気でドライブを楽しむ方も増えているようです。 会員登録 タイムズカーシェアの会員登録について 資料請求 電話: 0120-20-5037 WEBサイト:問い合わせページあり オンライン入会 入力はわずか5~10分,数日後から利用開始可能 説明会・体験会 定期的に実施 カーシェア併設のレンタカー店舗での体験も可能 入会時に必要なもの 運転免許証・クレジットカード 備考 入会は店舗はもちろん,インターネットなら来店不要。 入会受付可能店舗数:全国80か所 【オススメ情報】WEBで事前に入会情報を入力しておけば, 店舗で当日中に会員カードを受け取れる(クイック入会)。 タイムズカーシェアは現在申込が殺到していて,店舗入会の場合,土曜・日曜は特に手続きに時間がかかっています。 WEBなら店舗まで足を運ばずに入会手続きを完了できるので,インターネット入会がおすすめです。 保険・補償制度 タイムズカーシェアの保険・補償制度 対人補償 無制限 対物補償 無制限 車両補償 時価額 人身傷害補償 無制限 ノンオペレーションチャージ(NOC) 自走可能 20,000円(非課税) 自走不可能 ペナルティ料金 汚損(煙草の臭い,ペットの毛,嘔吐,ゴミなど) 実費+20,000円(NOC) 紛失(車両のキー) 実費+20,000円(NOC) 乗り捨て(故意,返却場所間違い) 実費(保管料+移動費)+20,000円(NOC)+延長料金 バッテリーあがり 20,000円(NOC) 混油(油種を間違えて給油) 実費+20,000円(NOC) 車両内破損(スイッチなど) 実費+20,000円(NOC) 他社に先駆けてペナルティ料金を明確にしたのもタイムズカーシェアです。 カーシェアリングは会員制なので,他の人のために守るべきことは守るという心がけはやっぱり必要ですよね。 一見窮屈に見えるこうしたペナルティ規定をしっかり会員に伝えるのも,利用者の方々が快適に使ってもらいたいというパーク24の想いがあるからだと思います。 連絡なく予約時間が経過すると経過分を課金する お得に使うポイント:車両は予約時刻の 15分前から利用できます。 その15分の料金はタダなので,それを見越した予約の取り方をするとお得ですよ。 休日 年中無休 WEBサイト メール HPに問い合わせフォームあり 資料請求,実例報告! 今ではインターネットでの入会が主流となっていますが,タイムズカーシェアの前身である旧カーシェア24(マツダレンタカー)にカーシェアリングの資料を請求した時のことをご紹介しましょう。 このような資料が送られてきました。 届いた資料は,以下の9種類。 1.カーシェア24 リーフレット 2.カーシェア24 A4版チラシ 3.入会手続きの流れ 4.入会申込書 5.個人情報の取り扱いについて 6.入会申込み受け付け店舗の案内 7.カーシェア24 会員規約 8.カーシェア24 貸渡約款 9.全国ステーション一覧 各社ともリーフレットはコンパクトな中にとても分かりやすい説明が載っていますが,カーシェア24のリーフレットもとても分かりやすいものでした。 それに,入会申込書や,会員規約・貸渡約款などがあるとなんだか安心しますね。 規約や約款は細かい字でびしぃ~っと書かれていて,あまりしっかりとは読まないのですが(笑),きちんとしたサービス体制で事業を展開されているんだろうなという印象を受けます。 入会申込書を見ると,ICカードの暗証番号を記入する欄や,クレジットカード番号を記入する欄があるので,「ICカードには4桁の暗証番号が必要なんだな」とか,「VISAやJCBだけでなくて,ORICOカードもOKなんだな」とかホームページやリーフレットに書いてない情報もわかるわけです。 資料請求してみないと分からないことってありますよね。 こういったことをこのサイトでご紹介できればと思っています。 はみ出しひと言 関東にステーションが1つだった4年前から,パーク24㈱の元でまたたく間に業界ナンバー1に立ち,多くの支持を集めるサービスになりました。 お話を伺うとカーシェアが便利なのはもちろん,車に乗る楽しさだって知ってほしいという想いに溢れていました。 そうなんです,車が好きならカーシェアリングっていう選択肢ってすごくアリだと思います。 外車などのいろんな車種で気軽にドライブできるってカーシェアリングだけですからね。 パーク24㈱グループが提供するサービスのブランド名称を「タイムズ」に統一するのにともない,「クルマを貸し出すサービス」であるレンタカーとカーシェアリングを「タイムズ カー」としたとのこと。

次の

ひと目でわかるカーシェア徹底比較表!タイムズ・カレコ・オリックス・dカーシェアを徹底解析!

タイムズ 比較

「タイムズカー」の本格化• タイムズカーシェアの料金改定 「タイムズカー」とは、 乗り捨て ワンウェイ 利用やチャイルドシートレンタルなどができる新しいサービス。 タイムズカーシェアのステーションの一部が「タイムズカー」として利用できるようになります。 このタイムズカーの本格化に伴って、タイムズカーシェア全体の料金も改定されるんですね。 消費税増税もあり、 料金は全体的に値上げ。 まずはタイムズカーシェアの料金改定におけるメリット・デメリットから見ていきます。 【タイムズカーシェア料金改定】改悪点・デメリットは? タイムズカーシェアの料金改定による、 改悪点・デメリットは以下になります。 自動的におトクな料金が設定されるみたいだけど.. パック料金はどのクラスでも同じ料金でしたが、「最大時間料金」の場合は 車種のクラスによって料金が変わってしまいます。 【現在】 ベーシック プレミアム 時間料金 15分 206円 412円 6時間パック 4,020円 12時間パック 6,690円 24時間パック 8,230円 36時間パック 12,000円 48時間パック 14,000円 72時間パック 20,000円 【2019年10月から】 ベーシック ミドル プレミアム 時間料金 15分 220円 330円 440円 6時間まで 4,290円 6,490円 8,690円 12時間まで 6,490円 8,690円 13,090円 24時間まで 8,690円 11,990円 18,590円 36時間まで 11,990円 16,390円 25,190円 48時間まで 14,190円 19,690円 30,690円 72時間まで 20,240円 28,490円 43,890円 ミドルクラス、プレミアムクラスの車種は、 6時間以上の利用料金が大幅値上げ! 消費税増税分よりかなり高くなってしまいます。 シエンタやフリードの長時間利用は2,000円以上も値上げになるよ! ナイトパックが1種類に減る 夜中に利用するときに使える 「ナイトパック」が3種類から1種類に減り、車種クラスによって料金が変わるようになります。 【現在】 アーリーナイトパック 18:00~24:00 2,060円 レイトナイトパック 24:00~翌9:00 2,060円 ダブルナイトパック 18:00~翌9:00 2,580円 【2019年10月から】 ベーシック ミドル プレミアム ナイトパック 18:00~翌9:00 2,640円 3,960円 5,280円 現在あるアーリーナイトパック、レイトナイトパックが廃止される形ですね。 さらに車種によって料金が変わってくるので、ミドルクラス以上はナイトパック料金もかなり高くなってしまいます。 改定後はその裏技も使えなくなってしまいます。 買い物やレジャーなどで6時間~半日ほど利用することが多い人にとってはかなり厳しい値上げになります。 24時間利用すると「ミニマムチャージ」がかかる 2019年10月からは、新たに「ミニマムチャージ」というものが新設されます。 これは、24時間以上の予約の場合、 2日目の 利用時間が2時間未満でも、2時間分の時間料金が必要になるというものです。 24時間以上利用する場合には注意が必要ですね。 補償サービスも値上げ その他、安心補償サービスの料金やトラブル時の緊急出動費などが値上げになります。 乗り捨て ワンウェイ 利用できるようになる 一部• チャイルドシート・ルーフボックスがレンタルできる• 最大30日間連続で利用できる• 1ヶ月前から予約可能になる 1つずつ見ていきましょう。 乗り捨て ワンウェイ 利用できるようになる 一部 タイムズカーのでは、乗り捨て ワンウェイ 利用ができます。 乗り捨てができるのは、空港近くのステーションと都市部のステーション。 空港近くのステーションから空港までは無料バスで送迎してもらえます。 乗り捨て料金は以下になります。 <空港間乗り捨て料金> ベーシック ミドル プレミアム 乗り捨て料金 3,300円 3,850円 4,400円 現在はまだすべてのタイムズカーステーションで乗り捨てが可能なわけではありませんが、今後さらに乗り捨てができる拠点を増やしていくそうです。 タイムズカーシェア料金改定に関する利用者の口コミは? タイムズカーシェアの料金改定の発表でみんなどう感じているのか? 利用者の口コミを調べてみました。 全体的に、 改悪だと感じる口コミが多かったです。 ミドルは現ベーシックの値段据え置きが良かったよ。 本当に残念。 せめて月額無ければ退会までは考えなかったけど。 — ナオ naoFeb8 タイムズのカーシェア、アーリーナイトパックをめっちゃ使ってたから料金改定で無くなるの残念だなー。 カレコなど、「他のカーシェアに乗り換えようかな」とう意見も多くありました。 やはり値上げは残念ですね。 【2019年10月開始】タイムズカーシェアの料金改定は改悪点が多い 2019年10月からのタイムズカーシェアの料金改定。 「タイムズカー」が本格化したことで乗り捨てなど便利なサービスが増えたこともありますが、.

次の