三菱ufj 海外送金 受取。 外国送金

外国からの送金受取のお取引(被仕向送金)|海外関連サービス|便利につかう|個人のお客さま|足利銀行

三菱ufj 海外送金 受取

海外の銀行からお金を送ったり、逆に日本の銀行にお金を送ってもらう時には 海外(国際)送金という手続きが必要になります。 これだけグローバル化が進んだ今では海外の会社からお金を振り込まれたり、反対に外国の大学の学費を払ったりする時に海外送金が必要不可欠になりました。 実際に私もアメリカにある会社でリモートワークしていた時は、毎月海外送金で給料が振り込まれていました。 とはいいつつも、日本の全ての銀行が海外送金に対応しているわけではありません。 大手の銀行でも海外送金が出来ない銀行(イオン銀行など)もあり、自分の口座の銀行が海外送金に対応していなければ、新たに口座を開設する必要もあります。 そこで今回は海外送金に対応している銀行(割と大手のみ)と、各銀行の送金手数料(仕向・被仕向)、さらに必要な情報と書類を一挙に紹介していきます。 これから海外に送金(仕向・被仕向)する予定がある方はぜひ参考にしてみてください。 円普通預金から出金し、円建で送金する場合• 海外送金手数料 4,000円(三井住友海外店・連携銀行あては3,500円• 関係銀行手数料 2,500円• 受取人取引銀行または送金の経由銀行で発生する手数料を依頼人負担とした場合にかかる。 受取人取引銀行または送金の経由銀行から後日4,000円を超える請求があった場合は差額を請求。 05%、最低2,500円)• 円普通預金から出金し、外貨建てで送金する場合• 海外送金手数料 4,000円(三井住友海外店・連携銀行あては 3,500円)• 関係銀行手数料 2,500円• 受取人取引銀行または送金の経由銀行で発生する手数料を依頼人負担とした場合にかかる。 受取人取引銀行または送金の経由銀行から後日4,000円を超える請求があった場合は差額を請求。 外貨普通預金から出金し、外貨建てで送金する場合• 海外送金手数料 4,000円(当行の海外店・連携銀行あては 3,500円)• 関係銀行手数料 2,500円• 受取人取引銀行または送金の経由銀行で発生する手数料を依頼人負担とした場合にかかる。 受取人取引銀行または送金の経由銀行から後日4,000円を超える請求があった場合は差額を請求。 円貨建てで送金し、円預金で受け取る場合• 被仕向送金手数料 1,500円• 05%、最低2,500円)• 外貨建てで送金し、円預金で受け取る場合 被仕向送金手数料 1,500円 (円預金への入金円貨額は、入金日の当行所定の外国為替相場を適用し換算いたします)• 外貨建てで送金し、外貨預金で受け取る場合• 被仕向送金手数料 1,500円• しかし実際には• 中継銀行手数料が受取人負担• 外貨のみ というような制約があるので必ずしも最安で送金出来るわけではないということに注意しましょう。 マイナンバーは必須 海外送金にはマイナンバーが必須です。 去年くらいまではマイナンバーが無くても海外送金(仕向・被仕向)が可能でしたが、今年からはどの銀行でも本格的にマイナンバーの提出が義務化されています。 (ゆうちょ銀行) ただし、マイナンバーカードでも通知カードでも構わない場合がほとんどなので、市役所に行ってマイナンバーカードを申請する必要はありません。 あくまで必要なのは マイナンバーです。

次の

三菱UFJ銀行の海外送金の特徴と手数料

三菱ufj 海外送金 受取

外貨預金には為替変動リスクがあります。 外貨預金は預金保険制度の対象外です。 中国元、レアル、ウォン、ランドは各政府の通貨政策や市場環境の変化などにより、流動性の低下、市場機能の低下および規模の縮小の可能性があり、為替レートが大幅に変動するリスクやお取引を停止する場合があります。 中国元、レアル、ウォン、ランドのお取引にあたっては、これらのリスクがある点をご理解のうえ、お取引ください。 詳しくは、外貨預金の詳細および契約締結前交付書面を必ずご確認いただき、お取引ください。 注意事項• 本サービスは、以下のお客さまを対象とします。 日本国内にお住まいの満20歳以上のお客さま• 受取り口座である当行の外貨普通預金口座をお持ちのお客さま• ご本人さま名義の口座からの送金に限ります。 本サービスは、日本国内に本店を置く金融機関の国内本支店からの電信送金を対象とします。 外貨送金に対応していない金融機関からの送金は対応できません。 お申込みからご入金までに、数日いただきます。 期間に余裕をもってお手続きをお願いします。 お電話での事前申込みがないまま送金手続きをしていただいた場合、入金対応ができないだけでなく、返金手数料などが生じてしまう可能性がありますのでご注意ください。 以下の場合は、入金せず返金対応をする場合があります。 お電話での事前申込みがない場合• 入金時点で、お申込者さまの外貨普通預金口座が開設されていない場合• 送金手続きに不備がある場合• 送金人名と受取人名が一致しない場合• 当行の外貨預金口座に入金された外貨預金は、他の国内金融機関へ外貨のまま送金することや、外貨としてお引出しすることはできません。 外貨預金には元本割れとなるリスクがあります。 お取引の前に必ずご確認ください。 外貨預金には為替変動リスクがあります。 外貨預金は預金保険制度の対象外です。 中国元、レアル、ウォン、ランドは各政府の通貨政策や市場環境の変化などにより、流動性の低下、市場機能の低下および規模の縮小の可能性があり、為替レートが大幅に変動するリスクやお取引を停止する場合があります。 中国元、レアル、ウォン、ランドのお取引にあたっては、これらのリスクがある点をご理解のうえ、お取引ください。 詳しくは、外貨預金の詳細および契約締結前交付書面を必ずご確認いただき、お取引ください。

次の

手数料一覧

三菱ufj 海外送金 受取

ご注意事項 あらかじめ外国送金先口座の登録が必要です。 外国送金の限度額は受付時の当行所定の為替相場を適用します。 円預金口座から外貨建てでご送金される場合、適用レートは送金実行時の当行公表相場TTS*となります。 外国送金のお申込時のレートではございませんのでご注意ください。 *米ドルは午前10時頃、他通貨は午前11時頃に更新される、円から外貨に交換する時のレートです。 送金金額および手数料の引き落し時に残高が不足している場合は、お取引を取り消しさせていただきます。 送金資金の引落口座は、送金のつど、普通・貯蓄・外貨普通預金からご指定ください。 外貨普通預金のご指定は送金通貨と同一の通貨のみとなります。 送金手数料は円貨のサービス指定口座から引き落とします。 ご依頼内容の不備または国内の関係法令、外国の法令、事情、慣習その他の事由から、ご依頼通りの外国送金を取り扱うことができない場合があります。 ご提示いただいた本人確認資料の有効期限切れやお客さまの所在不明等、お客さまのご本人確認ができなくなった場合は、ご利用いただけません。 お客さまのご送金取引が、「貿易に関する支払規制」および「資金使途規制」、「米国OFAC規制」等に該当しないことを確認させていただいております。 送金目的についてのご申告および、お取引内容によっては、 三菱UFJダイレクトではお取り扱い出来ない場合があります。 外国送金のお取引では、お客さまのご職業、お取引の目的、原資、受取人さまとの関係等について確認させていただくため、お客さまにご連絡させていただくことがあります。 一定期間連絡がつかない場合は、送金依頼の受付を取り消しさせていただきます。 ご依頼人は契約者ご本人さまに限ります。 支払い方法は受取人口座への入金に限ります。 内容変更・組戻しのお取り扱いはテレフォンバンキング(オペレーター対応)のみとなります。 その場合、当行および関係銀行の所定の手数料、諸費用がかかります。 国内への外貨建送金はお取り扱いしておりません。

次の