ブリムオン 隠れ特性。 【ポケモン剣盾】夢特性おすすめポケモンと入手場所【ポケモンソードシールド】

ブリムオン/ノート

ブリムオン 隠れ特性

今回の解説はブリムオンです。 基本データ No. 858 分類 せいじゃく 英語名 Hatterene タイプ パー フェアリー H57 A90 B95 C136 D103 S29 高さ 2. 1m 重さ 5. シールド 別名は森の魔女。 騒ぎたてると触手のツメで引き裂かれるかもしれないぞ。 帽子の先から垂れた触手が箒のようになっている。 実は顔から下に小さな手足を持つ体がある。 さながら塔に小さなが囚われたかのようだ。 概要 テブリムの進化形で、ミブリムの最終進化形。 普段は帽子から生えた触手でバトル時に相手に対しての攻撃手段や喜怒哀楽を表現する際に腕として機能している。 手足は内部に隠れているのが常であるが、やられモーションの時のみ、本体の上半身の部分やスカート内に薄っすら見える足を一瞬ではあるが垣間見る事が出来る。 性質は分類通り静寂を好む。 頭痛を引き起こすサイコパワーを放ったり、箒型の触手で敵を引き裂くなどして己の身を守っている。 高さに対してあまりに軽すぎる体重設定はではよくあることだが、ブリムオンは高さ2. 1mに対して体重が5. 1kgというなかなか異次元の軽さである。 頭部の本体以外には実体が無いのだろうか。 との類似 族とは完全な同タイプかつ「他者の感情を読み取れる」という点で似通っている。 は明るい感情を持つ人間に近寄ってきて、その感情をエネルギーにし、育ててくれたトレーナーを全力で守る。 対してブリムオン族は、穏やかな感情を持つ者にしか心を開かず、激しい感情を持つ者がいれば力業で黙らせ、強力なサイコパワーで他者を遠ざける。 ワイルドエリアでも野生で登場するが、やはこちらを見ると近寄ってくるのに対し、ブリムオンはこちらに気づくとテレポートで距離を取ろうとする。 モチーフ に登場する魔法使いマーリン 塔に死ぬまで幽閉される運命にある。 ブリムオンのキョックスの姿も正しく塔に囚われたかのような姿になる。 か、に伝えられるだと思われる。 ただし、マーリンの性別は男性。 女性の登場人物という焦点に絞って考察した場合、の湖周辺に生息する事を考えればにを授けた『湖の乙女』、魔女としての側面を鑑みれば『モルガン』あたりが元ネタか。 見張り塔跡地• エンジンリバーサイド• ハシノマ原っぱ• ナックル丘陵 キョックスのすがた キョックスすると毛の部分が二股に分かれる。 通常形態では隠れていた顔から下の上半身部分が丸見えになり、恰も小さな本体が巨大なアーマーを操縦しているかの様な見た目に変化する。 キョックス技はフェアリータイプの「キョダイテン」。 相手全体を混乱させる。 妖精なのに天罰と聞くとおかしいと思われるが、妖精は神同様に自然の化身である以上に、神の零落した姿としての側面を持っている。 元々口の小さいブリムオンだが、キョックス後はそれが更に顕著になる。 加えて通常時とは異なり前に乗り出し首を突き出した姿勢になる。 更に状況によってはそれを下から見上げる形になるため、首の影が目立ってしまう。 結果のような縦に長いのっぺりとした顔と錯覚しそうになる。 だが、よく見ると元のブリムオンとそれと同じ位置にしっかり口がある。 対戦のブリムオン 能力 見た目通り特殊面に寄った能力値。 意外にも物理側もそれなりにある。 その代償として思いっきり素早さをかなぐり捨てた鈍足。 防御や特防は高いもののHPは少々心許ない。 「きけんよち」は戦闘に出てきた時、相手が『こうかは ばつぐん』や一撃必殺となる技を持っているかが分かる。 技の名前などは分からない。 は「マジックミラー」。 技『』で跳ね返すことのできる技を跳ね返せる。 自身には使えない 備考 ダブル用 おさきにどうぞ タイプ ノーマル 効果 素早さ等を無視して相手を即時行動させる 備考 ダブル用 さきおくり タイプ あく 効果 素早さ等を無視して相手の行動を最後にする 命中 100 備考 ダブル用 てだすけ タイプ ノーマル 効果 味方の技威力を1. 5倍にする 備考 ダブル用。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

ブリムオン

ブリムオン 隠れ特性

水色とピンクのロングヘアーで身体を覆う、セクシーな女魔法使いを思わせる外見で、その見た目の通り「森の」の異名を持つ。 帽子の先からは先端がの様な形となった触手が伸び、これを相手に対しての攻撃手段や、喜怒哀楽を表現する際の腕として用いている。 分類通り静寂を好み、争いやそれを起こす人を嫌う性質は更に加速。 頭痛を引き起こすサイコパワーを放って相手を遠ざけたり、箒型の触手で敵を引き裂くなどして己の身を守っている。 ポジティブな感情に引かれ寄り添い、身を賭して全力で守ろうとするとはその点対照的と言える。 一見サーナイトの様にスラリとした体型を持つように見えるが、実は顔から下に小さな手足を持つ本当の身体があり、実体部分をサイコパワーで浮かせ髪で隠す事でその様に見せかけている。 前述の通り、普段は帽子の触手をメインアームとして使っている為出すことはないが、やられモーションの時のみ、この本体部分やスカート内に薄っすら見える足を一瞬だけ垣間見る事が出来る。 高さ2. 1mに対して、体重が 5. 1kgというなかなか異次元の軽さであるのも、これが原因なのだろう。 また、生息域が同じ系統とは共通点が多く、度々話題に上がる事がある。 詳細はを参照。 ゲーム上における特徴 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 57 90 95 136 103 29 510 フェアリータイプが追加されにも対抗出来るようになったが、元より分が悪かったや、本来エスパータイプが得意とするに弱点を突かれてしまう点には要注意。 見た目通り特殊面に寄った能力値だが、意外にも物理側もそれなりにある。 その代償として思いっきり素早さをかなぐり捨てた鈍足。 防御や特防は高いもののHPは少々心許ないので、大技を食らうと案外あっさり落とされてしまう。 鈍足・高防御という事で、を主体とした特殊アタッカーが鉄板構成。 トリパのアタッカーとして運用することを考えた場合、厳選の目安は れいせい・最遅となるだろう。 メインウェポンとしてや、サブウェポンとして鋼対策のや対ゴーストのが有力。 トリパに組み込むのであれば、当然ながらは必須となる。 ブリムオンの専用技 「」で相手のタイプをエスパータイプに変化すると言う変わった技も持ち、その技で生かした戦法で特にではや強力なさえも倒せるほどのポテンシャルを秘めている。 攻撃もそれなりに高くや、なども覚えるので意表を突いた物理型も一応は可能。 ちなみにどういうわけか、タマゴ技でより を遺伝できる。 起点作りとしては優秀だが、絵面にすると見た目とのギャップが激しいこと請け負いである…。 kg せいじゃくポケモン・ブリムオンがキョダイマックスした姿。 毛の部分が二股に分かれ、通常形態では隠れていた顔から下の上半身部分が丸見えになり、恰も小さなかの様な見た目に変化する。 50キロ先にいる生物のキモチを読み取ることができ、敵意を感じた時攻撃する。 髪の先から稲妻のようなビームを発射するため、「荒ぶる女神」とも呼ばれている。 元々口が小さいブリムオンだが、キョダイマックス後はそれが更に顕著になる。 加えて前に乗り出し首を突き出した姿勢になり、更に状況によってはそれを下から見上げる形になるため、首の影が目立ってしまう。 結果、魔女というよりや宇宙人の様にのっぺりとした顔と錯覚しそうになるが、よく見ると元のブリムオンと同じ位置にしっかり口があるので安心するように。 このブリムオンが放つフェアリータイプのわざは「 キョダイテンバツ」に変化する。 ダメージを与えるだけでなく、相手全体を混乱状態に陥れる効果を持つ。 妖精なのに天罰と聞くとおかしいと思われるが、妖精は神同様に自然の化身である以上に、神の零落した姿としての側面を持っている(ではそれが顕著)ので別に間違ってはいない。 なお、キョダイマックスニャースのとは「相手にダメージを与えつつ混乱させる」という点でほぼ同じ効果の技である。 もっとも、技のタイプが違うことや、あちらはどちらかといえば金策目的で使用されることが多いこともあり、一応差別化はできている。 相手全体を混乱させるという効果は凶悪極まりなく、そのため、基本的に使い勝手がイマイチとされやすいキョダイマックスの中では、と並んで対戦でも見かける機会が比較的多い(特にダブルバトル)。 余談 モチーフはに登場する魔法使い 塔に死ぬまで幽閉される運命にある。 ブリムオンのキョダイマックスの姿も正しく塔に囚われたかのような姿になる。 か、グリム童話に伝えられるだと思われる。 ただし、マーリンの性別は男性である為、女性の登場人物という焦点に絞って考察した場合、げきりんの湖周辺に生息する事を考えればアーサー王にを授けた 『湖の乙女』や魔女としての側面を鑑みれば 『モルガン』あたりが元ネタか。 フォローしておくと、モルガンは本来は今日知られるようなではなく、伝説成立当初はを助ける所謂 『きれいなモルガン』として描かれる事が多かった。 元々モルガンはの女神である為、キョダイマックス時の『キョダイテンバツ』という技名にも符合する。 前述の通り顔の下に本来の小さい体があり、髪のような触手・その下の体のような部分とは繋がっていないのが正しい姿だが、二次絵では普通に人型スタイルで描かれているものが多い。 特に髪の下部分のちょうど膨らんだところがっぽく見えるため 敢えてそういうデザインなのだろうが な姿で描かれたイラストが多数を占める(現状、 投稿されているイラストのおよそ3分の1がR-18という他のポケモンと比較してもぶっちぎりで高い比率を誇っている)。 もっとも、本来の姿と違うからといって一々指摘して回るのは野暮なのでそっとしておくことが望ましいだろう。 逆に、本来のに準じて下のスカート部分を切り離した姿で描かれることも少なくはない。 関連イラスト.

次の

ブリムオン (ぶりむおん)とは【ピクシブ百科事典】

ブリムオン 隠れ特性

ブリムオン育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 ブリムオンはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 能力値は特攻が非常に高く、防御・特防も高いが、HPがとても低いため、耐久は並みよりは高い程度。 そして素早さは非常に低く、先制され弱点をつかれると何もできずに負ける場合もある。 ただし、非常に低い素早さを逆に活かしてトリックルームを使って運用する手もある。 素早さ種族値29は貴重で、多くいる素早さ種族値30を下回る。 トリパ同士で戦う際にも先制しやすい。 隠れ特性の「マジックミラー」で相手の変化技の多くを跳ね返すことが可能となっている。 「ちょうはつ」も防げるため、「めいそう」、「トリックルーム」などの変化技を安全に使うことができ、非常に強力だ。 自分には適用されないのでダブル専用技。 ) きけんよち (相手が自身の弱点をつける攻撃技または一撃必殺技を覚えているかどうかが分かる。 ) マジックミラー(隠れ特性) (マジックコートが有効な技を跳ね返す。 ) 考察 「マジックミラー」があれば変化技をほとんど跳ね返せる。 特性「かたやぶり」に貫通されるくらいしか弱点はなく、 極めて強力な特性であり選ばない理由がない。 「きけんよち」は全く役にたたないわけではないが、4倍弱点を持っているわけでもないので必要性が薄い。 また、ポケモン剣盾(ソードシールド)では「めざめるパワー」も廃止されており、 相手がどのタイプの技を持っているのかわかりやすくなっているので、この特性の価値は下がっている。 「マジックミラー」を捨てて「きけんよち」をとる選択肢はない。 「いやしのこころ」はシングルでは意味が全くない。 たとえダブルでも確定で状態異常が回復するわけではなく価値が低い特性。 「マジックミラー」を捨てて使う意義はない。 威力と命中が安定しているメインウェポン。 サイコショック 超 80 100 相手の特防でなく防御でダメージ計算する。 タイプ一致技。 相手の特殊受けに刺さる。 アシストパワー 超 20 100 自分の能力ランクが1段階上がるごとにこの技の威力が20上がる。 タイプ一致技。 自身で積み技を用いる場合や「バトンタッチ」を味方に使ってもらう場合に有効なメインウェポン。 マジカルシャイン 妖 80 100 なし タイプ一致技。 威力は低めだが命中安定。 威力は低いがタイプ一致技で回復量も多い。 同じエスパーや環境に多いゴーストに刺さる。 特殊アタッカーに刺さる。 ギガドレイン 草 75 100 与えたダメージの半分吸収。 不一致とはいえ特攻が高いので吸い取れる量が多く、回復の選択肢の一つとなる。 あくのはどう 悪 80 100 怯み20% ダイマックスするつもりがないならシャドーボールで足りる。 ダイマックスするならダイホロウが強力なのでシャドーボールより優先度が高い。 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 ほっぺすりすり 電 20 100 麻痺100% 攻撃して「きあいのタスキ」をつぶしつ相手を麻痺状態にできる強力技。 ただし麻痺させても相手も鈍足でなければ素早さ逆転はできない。 「マジックミラー」があるので安全に積みやすい。 あまえる 妖 100 攻撃を2段階下げる。 相手の物理アタッカーを機能停止させられる。 ふういん 超 - 自分が覚えている技を相手は使えなくなる。 「シャドーボール」は自身も取得可能なサブウェポンであり、相手に使われると弱点をつかれ厄介だが「ふういん」を使えば使われないようにできる。 まほうのこな 超 100 相手をエスパータイプにする。 ブリムオン専用技。 相手のタイプを変更してタイプ一致技の威力を下げられる他、「シャドーボール」などで弱点をつけるようになる。 アロマセラピー 超 - 味方の状態異常を回復する。 状態異常を治せるが、「マジックミラー」があるので状態異常になることが少ないので優先度低め。 いやしのねがい 超 - 自身を瀕死状態にし、その後控えから出るポケモンの状態異常を治し、HP全回復。 素早さが低いため使うタイミングは図りづらい。 トリル下ならまだ使いやすい。 退場技として使うならアリ。 ひかりのかべ 超 - 特殊攻撃によるダメージを2分の1にする壁を張る。 自身の特殊耐久を更に高められ、味方サポートにもなる。 トリックルーム 超 - 5ターンの間、素早さが低いポケモンから攻撃できるようになる。 自身の素早さが非常に低いので好相性。 トリックルーム後次ターン先制の流れが強力。 マジックルーム 超 - 5ターンの間、全てのポケモンは道具を使えず効果がなくなる。 道具依存の相手に対して有効。 「トリックルーム」を使うわけではないが、「トリックルーム」対策のために素早さに下降補正をかけることをおすすめする。 HP228振りは16n+1調整にして「たべのこし」の回復効率を上げるため。 4n+1調整にもなっているので「オボンのみ」を使う場合でもHP228振りでいい。 技はエスパー技、フェアリー技、めいそうはほぼ確定。 できれば、ドレインキッスかギガドレインのどちらかは覚えさせHP回復ができるようにしておきたい。 「めいそう」後は戦況をみてダイマックスし火力と耐久を上げるのも選択肢だ。 ダイサイコはサイコフィールドになり2発目から火力を更に上げることができ強力だが、ダイフェアリーを撃つとサイコフィールドを消してしまうので注意しよう。 「トリックルーム」を使うので、素早さに下降補正を必ずかけておこう。 「トリックルーム」を使う都合上、先発で出す機会が多く、相手に読まれ、苦手な相手と対面してしまうことも多い。 だが、「きあいのタスキ」があれば確実に「トリックルーム」を使え、最低でも後続のサポートは可能となる。 ただ、耐久はそこそこあるので他の持ち物を選んでもいい。 ダイマックスとも非常に相性がいい。 「トリックルーム」後のダイサイコでサイコフィールドにすれば、先制技を封じることができる。 先制技さえ封じれば低すぎる素早さで確実に先制攻撃を仕掛けていけるようになる。 エスパー技・フェアリー技・「トリックルーム」以外の技構成は鋼に刺さる「マジカルフレイム」とゴースト・エスパーに刺さる「シャドーボール」の優先度が高い。 加えて、特攻に全振りしているので火力もある。 「ドレインキッス」や「ギガドレイン」の優先度が高い。 「とつげきチョッキ」を持たせているにもかかわらず回復ができるので、特殊アタッカーに対して非常に強くなれる。 自身はトリックルーム始動はできないが、他のポケモンでトリックルーム発動後の特殊アタッカー兼特殊受けとして使うにも強力。 ダイマックスして、火力と耐久を更に伸ばす選択肢もある。 スポンサーリンク ブリムオンのパーティメンバー考察 ブリムオンをトリックルーム始動要員として使うなら、他にも素早さが低いポケモンを用意しておこう。 ブリムオンはゴースト技や鋼技が弱点で、環境にはドラパルト、ミミッキュ、ドリュウズなどゴーストタイプと鋼タイプが多い。 ゴーストタイプや鋼タイプを処理できるポケモンは必ず用意しておこう。 特にゴーストに強い ブラッキー・サザンドラ・バンギラスなど悪タイプは入れておきたい。 ブリムオンの対策 ポケモン剣盾のブリムオンは「トリックルーム」を使った後攻撃してくる型が多い。 トリックルーム型の場合、先発に出てくることが多いのでブリムオンに強いゴースト・鋼タイプを先発で出すといい。 「めいそう」をして積んでくる型も多く、特殊アタッカーでは突破が厳しいこともある。 物理耐久を上げる手段はないので、物理アタッカーで攻撃していくといい。 変化技を使うポケモンを持っている場合、ブリムオンを出され起点にされないように十分注意しよう。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の