右手 薬指 しびれ。 手のひらがしびれる病気|手足のしびれをケース別に分析

手のしびれは何科?緊急受診か見極められる5つの知識【医師が解説】

右手 薬指 しびれ

骨の変形・脳卒中・・・早めに受診を 千葉県内の女性(75)は、ひざの内視鏡手術を受けた後、杖をついて歩いていた。 無理な姿勢が続いたせいか、首や肩の凝りや痛みが出て、右手の先がしびれだし、やがて左手もしびれるようになった。 いつもジンジンして力が入らず、家事はおろか、コーヒーカップを持つこともできなくなった。 3年前のことだ。 整形外科に行くと「頸椎(けいつい)症」と診断された。 加齢により、首の骨や、骨と骨の間でクッションの役割をする「椎間板(ついかんばん)」が変形して、神経が圧迫されて起きる。 女性の場合、背中を走る脊髄(せきずい)から分かれて腕へとつながる「神経根」の部分が圧迫され、肩の痛みだけでなく、手や指先にしびれが出ていると考えられた。 しびれの正体は神経の働きの異常だ。 手足の感覚を脳に伝える神経のどこかに異常があると、感覚がまひしたり、何も触れていないのにジンジンしたりする。 しびれの感じ方や表現はさまざまで、客観的な評価が難しい。 しびれを伴う病気は、糖尿病の合併症や神経を包むさやが壊れる多発性硬化症、筋肉を動かす神経が傷害されるギラン・バレー症候群など様々だ。 しびれている場所やその近くに原因があるとは限らない。 東邦大医療センター佐倉病院(千葉県)の榊原隆次教授(神経内科)は「隠れている病気が見つかることもある」といい、神経内科や整形外科への早めの受診を勧める。 中でも、左右どちらかの手や口のまわりに急に強いしびれを感じる場合、脳の視床と呼ばれる部分の脳卒中が原因として疑われ、急を要する。 頸椎(けいつい)症と診断された女性は、過敏になった神経を鎮める薬を処方され、しびれは治まった。 完全に治ったわけではないが、日常生活に不自由はなくなったという。 閉じこもらず外出を心がけ、前向きな気持ちを保つようにしているという。 運動には注意 手術も 頸椎症のように神経の圧迫で起きるしびれは高齢者でしばしばみられる。 神経の異常がある部位によって、しびれを感じる場所も変わってくる。 東邦大医療センター佐倉病院の中川晃一教授(整形外科)によると、手の指がしびれる病気として、「手根管(しゅこんかん)症候群」が知られる。 手首付近で、靱帯(じんたい)と骨で挟まれた神経の通り道(手根管)が圧迫され、親指から薬指のしびれが出る。 手の仕事が多い人がなりやすい。 ひじの内側の神経が骨などで圧迫される「肘部管(ちゅうぶかん)症候群」でも、薬指や小指にしびれが出る。 頸椎症で脊髄が圧迫される「頸….

次の

脳梗塞の前兆をチェック!しびれには要注意!

右手 薬指 しびれ

Kさんは50代女性で、体に痛みがあると病院に行く前に まずに来てくれる常連さんです。 Kさんが「右手の中指と薬指が痺れて痛いので診てくれない?」 と来院してきました。 私はKさんの体の特徴を把握しているので、右の肩関節の問題だろうなと 予測しながら施術を始めました。 今までにKさんは、左の肩が上がらない、右の肩甲骨の上や腕が痛くて夜中に 寝返りをうった時に目覚めてしまう、など両肩に関係する痛みを訴えて 来院したのがほとんどてした。 Kさんの骨盤は少しは歪みがあるものの、肩に大きく負担がかかるほど 前傾姿勢にもなっていなかったので、Kさんは痛みを訴えて来院されても 1回の施術で痛みは改善しました。 しかし、毎年のように冬になると痛みが出てくるので、 何か深いキズがあるのかと思っていたら、 Kさんは若い時に中華料理店で働いていて、お盆に重い料理を乗せて 運ぶ仕事を長期間したことで、肩を壊して通院した 経験があることを話してくれました。 腕や肩関節を酷使して、一度、筋肉や腱、靭帯を痛めてしまうと じっくり、それを癒して完全に回復しておかないと、 自然治癒にも限界があるので、Kさんのように20年、30年経っても、 ちょっとした負荷がかっただけで痛みがすぐ発症するようになります。 Kさんの肩関節は、前肩と巻き肩を合併していました。 骨盤の歪みの程度からみると肩関節の歪みが酷いので、この点も 謎だったのですが、中華料理店の話を聞いて納得しました。 今回の施術中にKさんは、痛い方の中指と薬指を触りながら 「昨日、友達とボーリングに行ったのよ。 そしたら夜になって 右の中指と薬指が痛いというか痺れるというか。 これって神経痛って言うのかしら? もし、神経痛だったら治らないわよねぇ???」 と治るのかどうか不安そうに話してきました。 神経痛だったら治らない? 誰がそのように言ったのかは不明ですが、Kさんの神経痛のイメージは、 そういうものだったのでしょう。 今までのKさんの施術経験から、肩関節の歪みを矯正できたら 右手の中指と薬指の痺れや痛みも消えるだろうとほぼ確信していました。 Kさんの肩関節まわり、肩甲骨まわりの筋肉を解しつつ、 そして前肩と巻き肩も矯正しつつ、今回は鎖骨から腕に繋がっている筋肉 (三角筋鎖骨部)の鎖骨に近い部分が疲労していたので、 その筋肉を少し圧迫するとKさんは、「そこ、ちょっと痛いわねぇ」と反応しました。 ボーリングをして、この部分の筋肉を使ったことで、筋肉を硬直させて その結果、腕の骨を内旋させてしまっていたようです。 それが肘と手首に影響を及ぼし、血行を悪くしてしまい 中指と薬指の痺れを起こしていたのです。 Kさんを施術した翌日に電話があり、「中指と薬指、一回で治ったわよ! たった一回でバッチリね、どうもありがとう!」と喜んで話してくれました。 Kさんの中には、神経痛は治らないという固定観念があったようなので いくら今まで私の整体で痛みを治してきた体験をしたKさんでも 本当に治るか不安があったようです。 指に痺れがある場合、温めると楽になりますが、冷たくなると また痺れや痛みが出てくるので、根本原因を解決しないと 一生付き合うことになります。 6 7 8 9 10• 最近の記事• カテゴリー• RSSリーダーで購読する.

次の

右手の薬指の痺れは何が原因?考えられる病気とは

右手 薬指 しびれ

脳梗塞の前兆! しびれをチェック 脳梗塞って「突然倒れる病気」と思っていませんか? でも、そのようなケースはごく一部で、多くの場合前兆があるのです。 特に しびれは見逃しがちなので注意が必要です。 こんな「しびれ」は要チェック!• 体の片側半分だけ手足がしびれる• しびれる手足には手ぶろをはいているような感覚• 唇や顔の半分だけしびれを感じるまたは、マヒしたような感覚 脳梗塞によるしびれは、通常のしびれとは違います。 手足や体から伝わる感覚を脳へ伝えるための神経が途切れてしまうので、まるで手袋でも履いているような鈍い感覚となるようです。 また、正常な感覚が作り出せない脳が勝手に痛みやしびれを作り出していると考えてもいいでしょう。 なので、不快感や違和感は普段感じる「しびれ」とは違う感覚として現れます。 「しびれ」はすぐに収まってしまうと軽視されがちです。 「しびれ」が、体の右半身か左半身のみに起こる時は「脳梗塞」を疑ってください。 スポンサードリンク 脳梗塞の前兆! しびれ以外にも要注意 脳梗塞はしびれ以外にも色々な前兆があります。 「しびれ」以外の症状チェック• 急に手足に力が入らなくなる• 片方の足を引きずって歩いていると言われた• 何もないところでつまづく• まっすぐに歩けていない• 片方の目だけものが見えにくい• しゃべりにくい(ろれつが回りにくい) 「しびれ」を含めてこれらの症状は短時間で症状が消えてしまう事がありますが(一過性脳虚血発作)、脳梗塞が起きやすくなっている危険サインです。 次に同じ症状が起こったときには、元に戻らない可能性もあるのです。 「おかしいな?」と感じたらすぐに検査に行きましょう。 脳梗塞になりやすい人は? そもそもどうして「脳梗塞」になってしまうのでしょう。 「脳梗塞」は、脳の血管に血栓(けっせん)という血のかたまりがつまってしまうなどの原因で血のめぐりが悪くなり、脳が酸素不足や栄養不足になってしまう状態です。 この状態が長い時間続いてしまうと、脳組織が壊死(梗塞)してしまいます。 「脳梗塞」は詰まる血管の太さや詰まり方によって、その症状や後遺症の残り方が違ってきます。 「脳梗塞」になりやすい人は• 高血圧• 高脂血症• 糖尿病 などの生活習慣病の人や• 心房細動(不整脈の一つ)• 喫煙 などが危険要因となります。 生活習慣病や喫煙は「脳梗塞」と関係の深い動脈硬化を起こしやすく、心房細動は心臓に血栓ができやすく、血栓が脳へめぐって行き、「脳梗塞」を起こしやすくします。 また、最近の30歳代、40歳代の方が起こす脳梗塞は 「若年性脳梗塞」と呼ばれ、• 抗リン脂質抗体症状群• 奇異性脳塞栓症• もやもや病 などの病気が脳梗塞を引き起こすと言われています。 あまり聞きなれない病気ですが、いずれも血栓ができやすい病気です。 脳梗塞予防は生活の見直しから すでに生活習慣病の方は生活を見直されているのでしょうが、今は病気でなくても、 肥満、運動不足、1日1合以上の飲酒、喫煙などの生活を続けていると、いずれ、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症などを引き起こしかねません。 見直したい生活習慣• 塩分のとりすぎ• 糖質のとりすぎ• 動物性脂肪のとりすぎ• 過剰な飲酒• 運動不足• 過労の蓄積• ストレス ちょっと気をつけるだけで、日々の積み重ねが大切な予防となるのです。 気になっているところを見直したいですね。 おわりに 若いからと言って安心できない「脳梗塞」という病気ですが、前兆を見逃さないことで、初期段階からの治療が可能です。 脳梗塞を素早くキャッチするために F(フェイス):「いー」と言いながら口角を上げたとき、どちらかが上手く上がらない A アーム):手のひらを上にして、肩まで両手を上げたとき、どちらかの手が下がってしまう S スピーチ):言葉を言ったとき、言えなかったり、ろれつがまわっていない T タイム):上の3つのどれか一つでも起こっていたらすぐに救急車を呼びましょう! この「FAST」はとても覚えやすく実行しやすいので、自分や家族にお試しください。 家族みんなの安心生活を守りたいですね!.

次の