コロナ 大阪 ライブ ハウス アーティスト。 コロナ感染時にソープオペラクラシックスにて出演していたアーティストは誰?|Aomameブログ

【新型コロナ】大阪京橋ライブハウスの出演アーティスト4組とは?

コロナ 大阪 ライブ ハウス アーティスト

もくじ• カツオコレクションの出演アーティストは、カツオさん繋がりで決定しているようです。 ジャンルは、ロックバンドに該当します。 関西では、コアなファンが多いライブイベントで、年齢層は高めです。 『カツオコレクションvol55』の出演者は、4組です。 ライブの日:2020年2月15日(土)• ライブの時間:開場 18:00 開演 18:30から(閉館 23:00頃)• 取り急ぎご報告させて頂きます。 2011年04月06日、new album『Theory of the circle』をリリースと共にメジャーデビューしています。 今津 直幸(いまづ なおゆき)【京都府出身・年齢40歳】ボーカル、ギター• 藤田 克洋(ふじた かつひろ)【大阪府出身・年齢40歳】ベース、コーラス• 2015年7月 「シグナル」が『飴とキス』実写化DVDのテーマソングに決定• 2017年3月15日 new album『anew』をリリースと共にメジャーデビュー。 OSAKA MUSEにてレコ発ワンマンライブを行う。 2017年4月 「Compass」が『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』の2017年度4月〜6月のエンディングテーマとテレ玉 テレビ埼玉 の生放送番組『情報番組マチコミ』の4月のエンディングテーマに決定• 2017年4月 「e. 」がテレ玉 テレビ埼玉 の報道番組「ニュース930」4月~6月のエンディングテーマに決定 (引用:ウィキペディア) ZILCONIA(ジルコニア)の歌・動画 ZILCONIA(ジルコニア)の2017年発売Album「anew」に収録されている歌「Compass」のMV動画です。 凄く素敵な曲で、どこかで聞いたことあるような・・・と思ったら、テレビでもタイアップされていました!• ABC朝日放送『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』の2017年4月~6月のエンディングテーマ• ナカノアツシ【大阪出身】ボーカル• KOIKEMAN55(コケマンゴーゴー)【大阪出身】キーボード• 宇田憲明(ウダノリアキ)【大阪出身】ベース• 』を主催し14年は5,000人、15年は6,500人、16年約1万人、17年・18年と1万人を超える動員と毎年大好評の大盛況な大成功で記録と記憶を更新中。 秋の『ぐるぐる魂!! 』と季節毎に高槻と音楽愛にあふれた一球入魂イベントも開催しどれも好評を得ている。 html) GRAND COLOR STONEの歌・動画 2014年9月18日に心斎橋BIG CATで開催されたGRAND COLOR STONEの『10周年ワンマンライブ』のダイジェスト動画です。 ダイジェスト版なので、どんな歌かよりもライブの雰囲気がよく分かる動画です。 KING 【NEXT LIVE】 2019. 15 金 京橋Arc 『カツオコレクションvol. 手売り・プレイガイド 並列入場 2. アーティスト予約 3. 当日券 — KING OFFICIAL KINGOFFICIAL114 KINGは、2013年RYOのソロとして活動となっていますが、詳しい内容は不明です。 KINGの歌・動画 2019年12月のKINGのライブ会場の動画です。 皆さんも元気でありますように。 祈ることしか出来ない非力さを恨みながら、今日も元気に自宅待機に励んでます。 — モリナオフミ@フラチナリズム naofumimori 2011年結成、『売れてないバンド界イチ売れてるバンド』から『売れてるバンド界いち売れてないバンド』を目指しているポップロックバンド。 高知や広島・埼玉のテレビ番組やラジオ番組に多数出演。 今回の大阪市のライブハウスArcの『カツオコレクション55』出演者の中では1番有名かと思われます。 com — カツオ🐟ZILCONIA katsuozilconia 『カツオコレクション』のことが分かってきましたね。 出演者はZILCONIA以外は、毎回違うようですね。 (同じバンドが出演していることもあります) 『カツオコレクションvol55』の出演者は、フラチナリズムやジルコニアなど活動歴も長く動画の歌もステキでした。 東京や九州など遠方からわざわざ大阪まで、ライブを見に来るコアなファンが多く年齢層が高いのも納得です。 『カツオコレクションとは何ジャンル年齢層が高い?vol55出演者や歌の動画も紹介!』を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の

カツオコレクションとは何ジャンル年齢層が高い?vol55出演者や歌の動画も紹介!

コロナ 大阪 ライブ ハウス アーティスト

nikkei. 高知県でも新たに1人の感染が判明した。 いずれも複数の感染者が確認された大阪市都島区のライブハウス「Arc」を訪れた人か、感染者と接触歴のある人だという。 大阪府の40代女性は2月16日、ライブハウスで行われたコンサートに参加した。 同じ場所で15日に行われたコンサートの参加者4人の感染が判明しており、うち2人は16日も参加していた。 女性は24日に発熱し、25日に府内の医療機関を受診。 29日に同じ医療機関を受診し、3月1日に新型コロナ受診相談センターに連絡した。 2日に陽性が判明した。 同じく2日に感染が判明した50代男性はこの女性と頻繁に接触。 2月25日に札幌市で感染が確認された府内在住の40代男性とも18日に接触したという。 高知県で新たに確認されたのは高知市の30代女性で病院職員。 大阪市のライブハウスを訪れた後に感染が判明した女性看護師の友人だが、2人が接触したのはライブ前日の2月14日で県内で感染した可能性もあるという。 国立感染症研究所(東京・新宿)は大阪市保健所に薬剤師を派遣。 「クラスター」と呼ばれる小規模な集団感染の可能性があるとみて、大阪府・市と協力して感染源や感染経路の解明に取り組む。 nikkei. また、 JR環状線 京橋駅からも近く、約徒歩11分の場所にあります。 大阪城からも近く、都心に近いアクセスのよい場所にありますね。 ライブハウスは100人ほどの収容人数とのことです。 2月15日について 日付 2020年2月15日(土)「カツオコレクション vol. 9」 時間 開場 17:30 開演 18:00(閉館 23:00頃 ホストバンド Ba. asahi. html ライブ参加者の感染者について報道をまとめました。 この女性は大阪府在住の40代女性で、2月16日のライブに参加されていたとのこと。 こちらのライブハウスに参加されていた全員とはまだ連絡がとれていないとのことなので、心配ですね。 ライブハウスアークのホームページには、このように記載されています。 該当期間に当ライブハウスを利用された方で、呼吸器症状、発熱等があり感染の不安がある方は 各区保健福祉センターへご連絡ください。 なお、大阪市以外にお住まいの方は管轄の保健所にご相談ください。 今後もライブハウスからの感染者がでてくるのではないかと予想されますね。 3月4日放送の、 「ひるおび」によりますと、現在 ライブハウスに訪れていた方の感染者は8人確認されているとのことでした。 yahoo. このライブハウス参加者の感染した方から、家族や同僚、親戚、知人へと広がっています。 また、ライブハウスアークに参加した方が、大阪梅田にあるソープオペラクラシックにも参加されていることがわかっていますので、 小規模感染集団(=クラスター)が発生している可能性があるとのこと。 現時点で、ソープオペラクラッシックにて感染が確認されたのは 3名(全て大阪府在住)ということです。 このうちの60代女性は、堺税務署の職員であることがわかっています。 内部事務のため確定申告には携わっていないとのこと、このため堺税務署は5日に消毒作業のため、確定申告の会場を閉鎖しました。 堺税務署の府庁内の消毒や清掃を行い、濃厚接触者の21人の職員は自宅待機を行うとのこと。 窓口業務は6日から再開するようです。 ライブハウス参加者で現時点では症状もない方もいらっしゃるかもしれませんので、今後も大阪府としては、 参加者全員に検査をしたいと呼び掛けています。 スポンサーリンク おわりに 今回は、最新[大阪コロナライブハウスアーク Arc ]場所とアーティストは誰? 参加者や経路は!? と題して記載いたしました。 大阪のライブハウスの観客から、毎日感染者が確認されているので、今後も増えていくのではないでしょうか。 ライブに参加された方はご本人はわかっていらっしゃるので、一度管轄の保健所に相談されたほうがよいかもしれないですね。

次の

コロナ感染時にソープオペラクラシックスにて出演していたアーティストは誰?|Aomameブログ

コロナ 大阪 ライブ ハウス アーティスト

新型コロナクラスター発生:店名公開されたお店 昨日、動画で話をした大阪市都島区のライブハウス、Arcの件ですが、 密室でのクラスター感染が発生してるかもしれないとは…。 90人に連絡がつかないってのはシャレにならないな。 — Freeman freeobligation <ライブハウス「Arc」> 始まりは、大阪府都島区にあるライブハウス「Arc」といわれています。 ここArcでは、2月15~16日の間に複数のバンドが出演していたこともあり、多くの来場者で店内が埋め尽くされていたといいます。 それから約2週間後の3月4日。 この日の記者会見にて大阪府が新たな感染者を発表。 それによると、その日の新たな感染者9人のうち3人がArcを訪問していたことが判明します。 <ライブハウス「Soap opera classics Umeda」> 次のクラスター発生は、北区にあるライブハウス「Soap opera classics Umeda」でした。 ここでは、2月19日に1回、23日に2回と、イベントを開催。 しかも、驚くことにその4人のうちの1人に関しては、ここ「Soap opera classics Umeda」と共に「Arc」にも来訪していたことが判明します。 このように、感染者が両店舗に来訪していたという事実は当時としては驚愕するところで、さらなる感染者が危惧される案件となりました。 ちなみに、この「Arc」と「Soap~」の両店舗に来訪していたという感染者の足取りは、このようになっています。 この感染者は、大阪府内に住むという30代の男性。 男性は、両ライヴハウスの関係者であるらしく「Arc:2月16日」「Soap~:2月19日・23日」と、複数回足を運んでいました。 肝心の症状ですが、2月16日のArc訪問の時点では無症状。 19日のSoap~でも無症状だったとのこと。 しかし、その後の20日に鼻水が出始めることになったといいます。 つまり、この男性は16日のArcのイベントにて感染した…という見方が濃厚。 このことから、16~19日までの間に接触したであろう「ライブハウス関係者(スタッフ、客など)・家族や知人・職場」などといった、その男性の接触者たちへの影響が懸念されたということでした。 しかし、懸念されたとはいっても、家族や知人など近しい人物であればまだしも…。 Arcに訪れていたのは少なくとも90人以上といわれ、Soap~に関しては3回のイベントで計170人以上の人々が参加していたといわれています。 これだけの人数の中から1人ひとりを把握するのは不可能。 しかも、その1人ひとりの連絡先を調べて連絡を取るのは非常に難しいことです。 当然ながら、感染経路の解明を進めるも難航したといいます。 このようなケースは、きっとこの件ばかりではなかったことでしょう。 何件、何十件…いやいや何百件とあったのではないかと思われます。 やはり、完璧に追跡することはできないのでしょうか。 新型コロナクラスター発生:店名が非公開となったお店 7人の感染者が出ていて、その感染者らから店名と営業形態は確認できていないと。 それならなぜ「バー」と表現するのか。 新たに4人感染確認 うち3人は集団感染発生のミナミのバーを訪れる 大阪府(ABCニュース) — 山内 憲之 kyrino ライブハウス「Arc」・ライブハウス「Soap opera classics Umeda」に引き続き、クラスター発生の現場となったのは、北区にあるショーパブやクラブ・ミナミのバーでした。 しかしながら、こちらのお店は店名が非公開。 当時、店名公表に向けてお店へ協力を求めたそうなのですが、ここでは拒否をされたといいます。 感染が判明したのは4月1日のことで、この日の感染者は18名。 その感染者のほとんどは従業員や客などといったお店の関係者でした。 しかしながら、そうはいっても行動証明などが不確かであったり、嘘を言っているという可能性もあったため、聞き取りは難航したのだそう。 そのため、全容を明かして追跡したいものの…、結局のところ、全容は判明しないまま終わってしまったとのことでした。 新型コロナなぜ、店名公開しないのか 「クラスター発生した店舗は、店名を公表すべき」 当時、そんな声もあったといいます。 確かに、店名を公表してそこに行かないようにする…そうすることで、ウィルス感染予防にもなりますよね。 しかし、店名公表というのは、行政側が勝手に公表することはできないそうです。 公表にはお店側の協力が必要で、承諾を得て初めて店名が公表できるのだそう。 ただ、風評被害を恐れて拒否するお店が多いということで、店名公表はなかなか進まないといいます。 ただ、そればかりが店名公表できない理由ではなく、「追い切れない」というのも現実としてあるのだとか。 大規模なクラスター発生であればまだ追い切れるのだそうですが…。 小規模なクラスター発生となると、全てを追うことは不可能近いことなのだそうですよ。 そのため、クラスターが発生していても判明していないお店は数多くあるのではないかといわれています。 当時、吉村知事はクラスター発生への危機感から、店名公表のことばかりではなく、お店・そのお店への客に対して「利用自粛・営業自粛」を訴えました。 しかしながら、それもまた強制はできないことから難航。 さらなるクラスター発生が危惧されることとなりました。 お店側にはお店側の苦しみが、行政側には行政側の苦しみがありますよね。 何をどうすれば、誰もが幸せとなれる最善の道となるのでしょうか。 現在のところ、とりあえずは新型コロナウィルスの脅威はひと段落しました。 ただ、それはあくまでも季節性のものであるだけのことかもしれませんよね。 夏が終わり、またくる秋・冬。 気温が下がる季節にまたやってくるかもしれない新型コロナウィルスの感染拡大に、これまでの教訓を生かせるよう、今から1人ひとりが何か対策を考えておきたいものです。

次の