もらってください 敬語。 「もらう」の正しい敬語は「いただく」?ビジネスで役立つ例文も

「~してもらってもいいですか?」という敬語表現は間違い? [手紙の書き方・文例] All About

もらってください 敬語

公開日: 2018. 11 更新日: 2019. 07 「お電話」のビジネスの使い方、「お電話差し上げる」は正しい?適切な敬語を解説! ビジネスシーンにおいて、大変なのが電話対応です。 会社には上司宛であったり、取引先やお客様からなどいろいろな人から電話がかかってきます。 そんな電話対応の中で、難しいのが敬語の使い方です。 電話をかけてくれた相手に対して、失礼であってはいけませんよね。 ですが、そもそも「お電話」という表現は正しいのか、「お電話差し上げる」は目上の人に使っていいのかと迷ってしまいますよね。 そこで今回は「お電話」の正しい使い方、「お電話」とともに使われる敬語について解説していきます。 適切な敬語表現を知って、上手く使いこなせるようにしましょう。 「お電話」は正しい敬語 「お電話」の「お」は敬語の接頭辞 「お」は敬語の接頭語です。 「お電話」は正しい敬語で、尊敬語にも謙譲語にも丁寧語にも美化語にもなりえます。 「お電話」の後に続く言葉が尊敬語か謙譲語かによって、「お電話」も尊敬語か謙譲語となります。 ですので、自分の動作に「お」をつけるのはおかしいのではと疑問に思っているかもしれませんが、 「お電話」は相手の動作に対しても自分の動作に対しても使えます。 例えば、「お電話ありがとうございます」といった場合は相手を高める尊敬語になります。 一方で「お電話いたします」とした場合は相手に敬意を表しているため謙譲語に当たります。 「お電話」は美化語でもある また、「お電話」は美化語にも当たります。 接頭語「お」はとても汎用性が高く、様々な範囲で使われます。 尊敬語か謙譲語か区別するのは難しいですが、文脈によってしっかり分類できるようにしましょう。 外来語にこの表現は使わないので注意しましょう。 「お電話差し上げる」の意味と使い方 「お電話差し上げる」の意味は「電話をしてあげる」の謙譲語 「差し上げる」の意味は、 「やる」「与える」の謙譲語となります。 「差し上げる」は「奉仕の気持ちをもって捧げる」というニュアンスが含まれます。 「花を差し上げる」といったように「与える」という意味としてだけでなく、「ご説明して差し上げます」といったように「やる」という行為をするといった意味でも使うことができます。 「お電話差し上げる」は自分が電話するときにのみ使う 「差し上げる」は謙譲語です。 自分を謙って相手を立てる言葉なので、相手の動作に「差し上げる」を使うと失礼に当たります。 「お電話差し上げる」は上から目線に感じられることがある 「差し上げる」は「〜してあげる」の謙譲語なので、「お電話差し上げる」というフレーズは自分を謙り相手を立てていることには間違いありません。 ですが そもそもの「してあげる」というニュアンスが相手に上から目線に聞こえてしまい不快感を与えてしまう可能性があります。 相手にとって利益やメリットがある内容でないと偉そうで厚かましい響きになってしまうので注意してください。 例えば、頼んでもいないのに「教えて差し上げる」と言われたらどう思うでしょうか。 「教えてやる」と上から目線のように感じ、不快感を持ってしまいます。 こういった場合は「教えて差し上げる」ではなく、「必要であればご説明します」「良ければご案内します」と言い換えた方が適切になります。 目上の相手には「お電話差し上げる」「メールを差し上げる」は使わないのがベスト 「お電話差し上げます」や「メールを差し上げる」は相手がこちらからの電話やメールを望んでいる場合にのみ使うことができます。 例えば、取引先や顧客様から電話があった際に担当者が不在で、戻り次第こちらから電話をすることを伝える場合に「担当者が戻り次第、折返しお電話差し上げます」と使います。 ただ何度も説明しているように目上の相手に対して、いくら相手が電話を望んでいるとはいえ「電話をしてあげる」といったニュアンスが含まれる表現です。 そのためなるべく「お電話差し上げる」「メールを差し上げる」といった表現は避け 「折返しお電話いたします」「ご連絡します」と言い換える方が良いでしょう。 「お電話差し上げる」の例文 例文 ・こちらの方で準備が整いましたらお電話差し上げます。 ・それでは、また後ほど折り返し電話差し上げます。 実はこの表現は誤りです。 「頂戴」は「もらう」の謙譲語で、物をもらうときに使う表現なので、電話番号だったり名前を聞くときに使用するのは間違いになります。 電話番号を聞くときは「お伺いしてもよろしいでしょうか」「お名前をお教えいただけますでしょうか」などを使います。 「お電話させていただく」の意味と使い方 「お電話させていただく」は「電話をさせてもらう」の謙譲語 「させていただく」は、 使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「させていただく」は、 「相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること」を意味します。 そのため「お電話させていただく」は謙譲語となります。 「お電話させて頂く」と漢字で書くのは誤用 「させて頂く」は誤りで、正しくは「させていただく」と表記します。 「頂く」と漢字表記にする場合は、「大切にする」「敬う」「食べる・飲む」と「もらう」の謙譲語として使用します。 例えば、「頂く」は「お酒を頂く」「労いのお言葉を頂く」「お便りを頂く」といったように使うことができます。 逆に「いただく」を「頂く」と漢字表記ではなく、平仮名表記にしなくてはいけない場合があります。 「いただく」を平仮名表記として使う場合は、 補助動詞として使用するときです。 ひらがなで「いただく」と書く場合は、 「何かを~してもらう」という意味で使います。 例えば「ご覧いただく」「お越しいただく」「ご足労いただく」といったようになります。 つまり「~していただく」はひらがなで書くのが正解です。 「〜して頂く」「させて頂く」は誤りになります。 「お電話させていただく」場合は相手や第三者からの許可を受けて行う 「させていただく」は、 使役の助動詞「させて」+「もらう」の謙譲語「いただく」で成り立っています。 「させていただく」は、 ・相手や第三者の許可を受けて行う場合 ・それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合 の2つの条件を満たすときに使用するのが正しい使い方になります。 不適切な場面で「お電話させていただく」を使うと、こちらが許可したようなニュアンスになり、違和感を持つという人もいます。 「電話差し上げる」は電話する自分を低め、動作の向かう先である相手を高めるということになるのに対して、 「電話させていただく」は許可を受け自分が電話をすることによって、(自分が)ありがたく思うことを伝える言い回しになります。 「お電話させていただく」の例文 例文 ・よろしければ終わり次第、お電話させていただきます。 ・準備が整いましたら、こちらからお電話させていただきます。 「お電話いただく」の意味と使い方 「お電話いただく」は「電話をかけてもらう」ことの謙譲語 「いただく」は 「もらう」の謙譲語です。 「お電話いただく」は「電話をかけてもらう」という意味になります。 「私はあなたに〜(して)もらったことを(私にとってメリットになることであると感じ)ありがたく思う」というニュアンスです。 「お電話いただけると幸いです」はとても丁寧な表現 相手に対して電話をかけてもらうことを頼む場合は、 「お電話をいただけますか」「お電話いただいてもよろしいでしょうか」を使います。 また 「お電話いただけると幸いです」も丁寧な表現です。 「幸いです」を依頼をするときに使う場合は、「〜してくれるとありがたい」という意味になります。 電話をかけてもらったことに対してお礼を述べる場合は、「お電話いただきまして、ありがとうございます」ということができます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

「お電話」のビジネスの使い方、「お電話差し上げる」は正しい?適切な敬語を解説!

もらってください 敬語

敬語は、尊敬語と謙譲語と丁寧語に大きく分類することができます。 そして、「もらう」「受け取る」の敬語表現も、謙譲語か丁寧語かによって変わります。 どの場面でどの種類の敬語を使うのが適切なのかを知るために、まずは敬語の基本をおさえておきましょう。 尊敬語の主人公は相手です。 「相手の行動や相手の物を敬った表現」を敬語表現を尊敬語と言います。 基本的に「お~になる」「お~られる」「お~くださる」という使い方をします。 「自分を相手よりも下位にして、へりくだった表現」をする時に使います。 基本的に「お~いただく」「お~させていただく」という表し方をします。 行動の主体はどちらでもありません。 基本的に「です」「ます」口調と言われているものは、丁寧語になります。 ビジネスで大事な「受け取る」「もらう」の尊敬語 尊敬語は相手に対して敬意を払う言葉です。 「もらう」「受け取る」を尊敬語に直すとどのような表現になるのでしょうか。 もらう・受け取る、を使う場面は日常的にあります。 正しい敬語表現ができるように確認しておきましょう。 「お受け取りになる」「お納めになる」が正しい敬語 受け取ると貰うの尊敬語は「お受け取りになる」「お納めになる」です。 もらう・受け取るを敬語にして、自分より目上の上司やお客様が受け取る際には、「お受け取りになる」や「お納めになる」と表現しましょう。 何かを受け取ってくださいと伝える時、具体的にどう使うのか、例で確認しておきます。 」 「どうぞ。 お受け取りください。 」 「ささやかですが、お納めください。 」 別の敬語表現も覚えておこう! 受け取るともらうには別の敬語表現もあります。 例えば「ご査収ください」は、よく調べた上で受け取ってください、という意味で使われます。 FAX送信後の締めの言葉でよく見かけますね。 また、つまらないものですが受け取ってください、というのを「ご笑納ください」と言うときがあります。 こちらは、お歳暮やお土産を贈るときに使われます。 「受け取る」「もらう」の謙譲語 受け取るともらうといった「受け取りました」という言葉を謙譲語に直すとどうなるのでしょうか。 同じ敬語でも、敬語の種類によって表現法は異なる点に注意です。 「頂く」「頂戴する」が正しい敬語 受け取るともらうの謙譲語は「頂く」「頂戴する」が正解です。 もっと丁寧になると「賜る」や「拝受する」という言い方をするときもありますので、「受け取りました」の謙譲語の例を参考にしっかり覚えておきましょう。 例) 「受け取りました」 「素敵なプレゼントを頂きました」 「プレゼントを頂戴する」 「受け取る」「貰う」の謙譲語はほかにもある 敬語は形を変えて同じ意味を持つものが多くあります。 そして、受け取るともらうといった「受け取りました」の言葉も言い換えることができ、「賜る(たまわる)」を使います。 それでは、例で確認しておきましょう。 例) より丁寧な「受けとりました」 「上司から、ためになるご本をたまわった」 受け取る・もらうの敬語は、謙譲語が「頂く・頂戴する」、尊敬語が「お受け取りになる・お納めになる」 今回は「受け取る」と「もらう」の、正しい敬語表現について見てきました。 ビジネスでも「受け取ってください」や「受け取りました」など「受け取りに」に関する敬語はよく使うので、正しく覚えておきましょう。 正しい敬語を使うために一番大事な点は、受け取る、もらう、を敬語に直す場合に行動の主体は誰なのかを考えることです。 敬語は使い方を間違えると、失礼な表現になってしまう時もあります。 受け取るのは誰なのか、もらうのは誰なのか、をまず考えて、尊敬語や謙譲語としっかり使い分けるのが重要です。

次の

「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

もらってください 敬語

物の受け渡しというものはビジネスシーンにおいてつきものな行為です。 自分が何か受け取ることもあれば、資料の提出やお土産など、何かを渡すこともあることでしょう。 皆さまはその際に何とお声かけしていますか。 こういった際に使ってしまいがちな「もらってください」という言葉について今回は注目していきます。 果たしてこの言葉は、目上の人にも使うことのできる正しい敬語表現なのでしょうか。 敬語の種類や使い方、「もらってください」を用いた例文や別の敬語表現などをご紹介します。 まずは敬語の種類とその意味や使い方、今回のテーマである「もらってください」という言葉を各々の敬語ではどう表現すべきかについて考えていきましょう。 尊敬語 目上の人に対して使うというイメージのある敬語ですが、敬語といえば一番に思い浮かぶのは尊敬語ではないでしょうか。 そのイメージどおり尊敬語は、目上の人などの相手の言葉や行動を高めて言い、敬意を示すという表現方法です。 この意味からわかるように尊敬語は自分ではなく相手を表す言葉ですので、「もらう」という言葉が自分側の動作を表すものである以上、今回のテーマである「もらってください」という言葉を尊敬語で表すのはとても難しいです。 尊敬語で表すようにするには「もらう」を別の表現に変えなければいけません。 謙譲語 次に謙譲語についてです。 この謙譲語は自分や自分の身内・組織をへりくだって言うことで相手に敬意を示すことのできる表現方法のひとつです。 尊敬語とは違いこの敬語は相手ではなく自分の行動や言葉を表します。 尊敬語と間違って覚えてしまわないように気を付けましょう。 「もらってください」という言葉を敬語で表そうと考えたときに間違ってしまいがちなのが「いただいてください」という表現です。 「いただく」は「もらう」の謙譲語表現、すなわち自分側の行動を示す言葉ですので「いただいてください」は誤用であることが明らかです。 自分が恥をかくだけでなく、相手にたいへん失礼になりますので絶対に使わないようにしましょう。 丁寧語 最後に、敬語の中でも分かりやすく使いやすいであろう丁寧語についてです。 丁寧語は物や人に対して丁寧な言葉遣いで表現する敬語です。 語尾に「~です」「~ます」を付けることで成り立ちます。 自分だけでなく相手側の言動に対しても使うことができ、また敬意を示す相手の存在の有無は問われません。 「もらってください」はすでに丁寧語表現となっています。 しかしこのままですととてもカジュアルな表現となってしまいますので、目上の人に対して「もらってください」と言うのは避けましょう。 「もらってください」の敬語での使い方 敬語の種類や意味、使い方を見直しましたがお分かりになりましたでしょうか。 次に「もらってください」という言葉の敬語の使い方や注意点、またビジネスには欠かせないメール上でのやり取りにて「もらってください」という言葉をうまく表現する方法などについて考えていきます。 意味や使い方を理解し、実際のビジネスシーンに役立ててみましょう。 敬語の種類 始めにも述べましたが、敬語は大きく3つの種類に分けることができます。 1つ目が、相手の行動や言葉を高めて表現し敬意を示す尊敬語。 2つ目が、自分の行動や言葉、または自分の身内について述べるときはへりくだって言い、相手に敬意を示すという表現方法の謙譲語。 そして3つ目が物事を丁寧な言葉遣いで表現することで成り立つ丁寧語です。 これらは同じ敬語ではありますが、使うべきシーンがそれぞれあります。 繰り返しになりますが、意味を覚えられれば自然と使い分けができてくるはずですのでしっかり覚えましょう。 使い方 では次に「もらってください」の敬語表現の使い方についてです。 先ほども述べましたが「もらってください」という言葉は丁寧語表現です。 同じ目線やフランクな相手に対してはこのままの表現でも問題はありませんが、ビジネスシーンでの丁寧語の乱用はあまりお勧めできません。 この言葉を尊敬語での表現をする場合、「もらう」という言葉を置き変える必要があります。 「もらってください」という言葉において注意すべき点は、この「もらう」動作をしているのは自分ではなく相手であるということです。 自分の場合は謙譲語表現として「いただく」や「頂戴する」という言葉が適切です。 それに対し、相手の「もらう」動作を表す尊敬語は意味が矛盾してしまうため、正式な単語や表現方法は存在しません。 メールでの使い方 存在しないにしても何かを目上の人にお渡しする機会は当然あります。 丁寧な言葉を添えようにも謙譲語や丁寧語がふさわしくないのであれば一体どうしたらよいのでしょうか。 ではビジネスシーンに欠かすことのないメール上のやり取りでの「もらってください」の表現方法について考えましょう。 ビジネスメールでよく使われる「ご査収」という言葉をご存知でしょうか。 「査収」とは「さしゅう」と読み、「金額・書類などよく調べて受け取る」という意味をしていて、それに接頭語である「ご 御 」がつくことで成り立っている敬語です。 メールに添付した資料などを見てほしいときや確認してほしいときなどに使われる言葉で、「もらってください」の別表現としても使うことのできる言葉です。 目上の人に対して使うときは「ご査収くださいますようお願い申し上げます」や「ご査収のほどよろしくお願いいたします」と表現するといいでしょう。 「もらってください」を敬語表現するときの例文 よかったら 「もらってください」のクッション言葉として一番に思い浮かぶのはやはり「よかったら」です。 もしかすると意識せずに自然と使用している方も多いのではないでしょうか。 「よかったらもらってください」という表現は丁寧語であることがわかります。 フランクな表現ですのであまりビジネスシーンに向いていないことが明らかです。 目上の人に使いたい場合は「もしよろしければ」と置き換えましょう。 またこの例文から考えられることは、「もらってください」と言われる 受け取る 側である相手にもらうかもらわないかの選択権があるということです。 ですので資料や提出物など必ず確認してほしいものを渡す際には用いるべきクッション言葉ではないことが考えられます。 よろしければどうぞ 次の例文は「よろしければどうぞ」です。 これは先ほどの「よかったら」よりも丁寧な表現をしていますので、「よろしければどうぞ、もらってください」とこのまま目上の方にも使用することができます。 「よかったら」と同じく、もらうかもらわないかの選択権があることが考えられますので、例えばお土産や差し入れなどを手渡したいときに用いるべき表現方法です。 「もらってください」の別の敬語表現 始めにも述べましたが、「もらう」の謙譲語は「いただく」「頂戴する」というように相手に失礼の無いよう状況や立場に合わせて敬語そのものを変えて表現し伝えるという場合があります。 ですので丁寧語である「もらってください」を尊敬語として使うには、別の言葉に変えて表現するという手段になるということが分かります。 ではどのように変えて「もらってください」を表現すればいいのか詳しくご紹介します。 お受け取りください まず一番に考えられるのは「お受け取りください」という表現方法です。 「受け取る」というと謙譲語での表現としても使われている言葉ですが、「お~になる」という尊敬語表現にも当てはまるため尊敬語として使うことができます。 このことから何かをもらってほしいとき・お願いする形として「お受け取りになる」が「お受け取りください」という言葉になるということです。 受け取るという動作は「もらう」と同じであることが言えますので「もらってください」を「お受け取りください」に置き変えることは容易であるといえます。 必ず確認してほしい資料の受け渡しに対しても、受け取り拒否をすることも可能なお土産に対しても使うことができますので、目上の人に何かを渡すときはこの「お受け取りください」が一番適した表現であることが考えられます。 お金を お納めください 先ほどはどんな場合にも「お受け取りください」と置き換えることができると述べましたが、場合によってはまた別の言葉での表現が可能です。 あまり起こり得ることではないでしょうが、例えば目上の人に対してお金をお渡しする場合です。 このときに添える言葉として「もらってください」よりも「お納めください」という表現が正しいといえます。 「お受け取りください」と同じで「お~になる」の形に当てはまる表現方法ですので目上の人にも使うことができます。 受け渡すものによって言い変えてみる 金銭の授受以外にも、渡す物によって上手く言い変えられる場合があります。 例えば冊子や本、資料などでしたら「ご覧ください」という表現に変えてから伝えましょう。 他には食べ物のお土産や差し入れの場合は「召しあがってください」を用いましょう。 敬度不足だと感じた方はクッション言葉をうまく使いましょう。 「よかったらご覧ください」「どうぞ召しあがってください」という表現にすると柔らかい印象になります。 ぜひ使ってみてください。 「もらってください」は尊敬語ではなかった!.

次の