ヘブンズドアー 能力。 第4部キャラ館

岸辺露伴 (きしべろはん)とは【ピクシブ百科事典】

ヘブンズドアー 能力

38: 名無しのジョジョ好き[] 2016-04-06 08:07:15 波長が合った人にしか効かないって制約は、スタンドの成長で無くなったんだっけ? 誰でも100%本に出来るのかってなるとクソチートだね 43: 名無しのジョジョ好き[] 2016-04-06 10:37:22 敵スタンドの攻撃は受けなくはなるだろうけど、惨敗する事はないだろうが勝てるとは限らない。 ただし、 「4部」では自分に書き込めない 「動かない」では多分書き込めないが、六壁坂で子供に書き込んで、自分を認識できなくしている 「ルーブル」では自分に書き込んで危機回避 どんどんチート化してるのは確かではあるけど、最強スタンドとは程遠いね。 負けないけど勝てるとは限らない。 45: 名無しのジョジョ好き[] 2016-04-06 11:30:18 ヘブンズ・ドアーは本人の体験を本にして読める、って能力だから、 本人が認識できることなら実現可能な気がする。 「イタリア語がペラペラ」「時速70kmで吹っ飛ぶ」みたいな。 だから例えば「イスラス・デ・ラ・バイアクレオール語がしゃべれる」って書き込んでも、 見たことも聞いたこともないような言葉だとしたらしゃべることはできないと思う。 なので「敵スタンド攻撃の影響は受けない」って書いても、スタンド攻撃と認識できなければ防げない。 その辺はデスノートと似てる気がする。 対象をAからBまで移動させる場合どんな手段を用いても最低1時間はかかる距離をそれ以下の時間で移動させようとするとその命令は無効になるってのと同じで。 そうすると「露伴にスタンド攻撃はできない」って書き込んでもスタンド攻撃以外の攻撃や露伴を対象外とした攻撃であっても偶然に露伴がダメージを負うという行動結果は防げない。 「露伴に攻撃できない」なら前者は解決できるけど後者は対応できないし。 そして自分に書き込めるとしたら、それはもう自分と相手の精神力に拠るんじゃないかと思う。 「岸部露伴はあらゆる被害を無効にする」というスタンド(精神力)の能力に対して相手がそれを上回る(つまり露伴自身が「これは無効にできない」と思ってしまう)ような被害を発生させることができるなら、やっぱり負けるんじゃないかなと考える。

次の

岸辺露伴のスタンド「ベブンズ・ドアー」は最強なのか!?能力考察まとめ

ヘブンズドアー 能力

まず、スタンドって? 出典: そもそも「スタンド」とは何か??その詳細を知っている人はあまりいないと思います。 そんな人のためにスタンドとは?説明しちゃいます! まず「スタンド」とは 「パワーを持った像」であり、持ち主の傍に出現して様々な超常的能力を発揮し、他人を攻撃したり持ち主を守ったりする守護霊のような存在です。 簡単に言うと その人の潜在していた超能力が出現したものに近いです。 その姿は人間に似たものから、動物や怪物のようなもの、果ては無機物まで 千差万別です。 出典: スタンドにはルールがあります。 その中でも大まかなものをまとめてみました! それはスタンドは 一人につき一体、スタンドを見ることができるのはスタンド使いだけ、スタンドは本体の意思によって動く、スタンドが傷つけば本体も傷つく、本体から離れて行動できる距離に限界があるなどです。 例外はありますが、ほとんどのスタンドがこのルールに則っています。 能力を簡単に紹介! トト神 出典: たくさんの能力がある中、強い弱いにかかわらず面白いスタンドをまとめてみました。 まずは 「トト神」。 第3部『スターダストクルセイダース』に登場した、エジプト9栄神のスタンドの一つ。 本体はオインゴ・ボインゴ兄弟の弟・ボインゴ。 この能力はボインゴが常に持ち歩く本に描かれた漫画を通して、 ごく近い未来を予知することが出来るスタンドです。 本に時間経過とともに浮き出る漫画には、 独特なタッチの絵で予知が描かれています。 等々、失敗した結果を後出しで告げたり、しっぺ返しが来ることがあったり、かなり強引な形で予知が的中する形になるなど、鵜呑みにして行動するには、 かなり危なっかしい予知ばかりなので頼りすぎはNG。 ハーヴェスト 出典: ハーヴェストは、第4部のしげちーが持つ自称500体以上からなる、小さな 群体型のスタンドです。 遠隔操作が可能で、 物を集めることを得意とします。 重清はこれを使い、町中に落ちていた小銭を集めていました。 細かい急所を攻撃するのを得意としており、 仗助・億泰の二人がかりでも奇策で降参させるのがやっとでした。 (一応勝ったはずの)仗助から 「ハーヴェストに勝てるやつがいるとは考えられない」と高く評価されているのも特長です。 ボヘミアン・ラプソディー 出典: このスタンドは、第6部に出てくる ウンガロのスタンド。 「自由人たちの狂想曲」と訳されます。 マンガのキャラクターたちを実体化させ、そのマンガのキャラクターに惹かれた相手に、 マンガの人物と同じ運命を辿らせる能力があります。 例えば、誰かと戦って死ぬキャラクターの運命になった場合は、そのキャラクターと戦えば必ず死ぬという運命をたどります。 その性質上、 二次元に憧れる人たち垂涎の能力です。 なんといっても自分の二次元嫁を実体化できるのですから、、 悪用禁止です! 出典: 部ごとのスタンド一覧 出典: ここでは部ごとに出てくる特長的なスタンドを紹介したいと思います。 スタンドが登場するのは第3部からなので、第一部、2部は割愛です! まず第3部のスタンドは何と言っても 「スター・プラチナ」でしょう。 このスタンドは3部主人公 空条承太郎のスタンドです。 タロットカードの17番目「星」の暗示を持つスタンドで、比類なき力強さとスピードを持つ一方、精密な動作も可能です。 オラオラオラが合言葉。 出典: 4部のスタンドでは、 「クレイジー・ダイヤモンド」が有名です。 これは東方仗助のスタンドです。 能力は 「壊れたものを直す、ケガ人を治す」こと。 例えば敵に片方の欠片を持たせてもう片方を「直す」と、敵の欠片に向かって飛んでいくので追跡などが可能、またバイクをいったん壊して障害物を乗り越え、 その後で問題無く直すなどができます。 スタンドの強さランキング! 出典: ここでの強さは完全なる個人的な見解です!もしかしたら違う可能性もありますのでご了承ください! まず5位は 「ヘブンズ・ドアー」。 これは第4部の 岸辺露伴のスタンドで、人の記憶や能力を本にして読んだり書き換えることが出来る能力を持っています。 能力をかけられた相手はヘブンズ・ドアーに逆らう事も嘘をつくこともできず、命令を書き込めば 相手の行動を完全に支配下に置けるスタンドです。 出典: 第4位は 「キング・クリムゾン」です。 これは第5部のボスキャラ ディアボロのスタンドです。 時を「消し飛ばす」能力と未来を予知する「エピタフ」(墓碑銘)を持ちます。 消された時間の中では全ての物がその間の動きを認識せず、記憶もできません。 デ ィアボロだけが消した時間を理解し行動できるのです。 出典: 第3位は 「ウェザー・リポート」です。 これは第6部に出てくる ウェザーリポートのスタンドで、天候や空気を広範囲にわたり操作できるスタンドです。 雨を降らす、雲を集めて空気層をつくる、カエルを降らせるなどかなり 応用的な使い方が出来ます。 接近戦にも能力の使用が可能で、風を纏ったパンチを放って攻撃する事も可能です。 また、隠された技である 「ヘビー・ウェザー」は、能力発現の経緯(後述)もあって非常に強力な力を持ち、この能力は ウェザー本人にも制御できないほどです。 出典: 第2位は、 「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」です。 第5部「黄金の風」の主人公、ジョルノ・ジョバァーナのスタンド。 進化前の「生命を与える」能力に加え、「動作や意思の力をゼロにする」という究極の能力が備わっています。 そのため「 死にたくても死ぬことには到達できない」ことが起きます。 『終わりのないのが『終わり』 それが『ゴールド・E・レクイエム』 出典: 第一位は 「メイド・イン・ヘブン 」です。 これは第6部のボスキャラプッチ神父が持つスタンドです。 この世の時間を無制限に加速させるため、 メイド・イン・ヘブンによって加速された世界では、 体感時間で1~2分の間に時計が1時間を刻むなどと言った事が起こります。 メイド・イン・ヘブンの圧倒的な能力により、神父はエンポリオを除く空条徐倫や空条承太郎ら全ての敵対勢力を葬り去るというかなりの戦果を挙げています。 かっこいいスタンドの画像一覧! 出典: こちらはジョルノのスタンド。 金色の姿がかっこいいですね!!! 出典: こちらは4部のボスキャラ吉良吉影とキラークイーン。 赤い背景が生えていますね! 出典: 承太郎と一緒にポーズをとるスタープラチナ!どこかお茶目な一面もありますね。 出典: 4部の億泰とそのスタンド。 いつものアホズラと違ってかっこいいですね! 出典: 7部のファニーバレンタインとスタンド。 うさぎの形が可愛くもありかっこ良くもあります! まとめ たくさんの数あるスタンドの中から最強を選び出すのはとても難しいですが、どのスタンドも魅力的ですね! これからもどんなスタンドが出てくるのか気になります!要チェックです!.

次の

岸辺露伴のスタンド「ベブンズ・ドアー」は最強なのか!?能力考察まとめ

ヘブンズドアー 能力

目次一覧• 岸辺露伴 きしべろはん とは 歴代岸辺露伴。 今回のはアニメ5部のデザイン寄りな印象 — バカヤナギ ジョジョ アメコミ ゲーム 映画 bakayanagi2019 岸辺露伴とはジョジョの奇妙な冒険、第4部に登場するスタンド使いの1人。 1979年生まれの20歳。 血液型はB型。 職業は人気漫画『ピンクダークの少年』の漫画家で16歳のころから連載しています。 アシスタントを雇うことなく週刊少年ジャンプの連載漫画を1人で書き上げています。 アシスタントを雇わないのは、人間関係が嫌で気苦労をしたくなことが理由。 しかし、連載漫画は4~5日で完成させる仕事の早さ。 漫画に対する愛情と探求心はとても強く、リアリティを描くためには普通の人がしないことも平気でしてしまうほどです。 広瀬康一たちが岸辺露伴の家を訪ねたときは、クモの内臓を見るためにお腹を割ったり、生きているクモを味見していました。 また、漫画のためなら、自分がボコボコにされた体験もネタにしてしますほどの凄さ。 そんな性格は普段の生活にも影響しています。 自分以上にスゴイ人間はいないと思っていて、誰であろうと小馬鹿にしています。 普段の生活でも好奇心も旺盛で極度の負けず嫌い。 「じゃんけん小僧」や「東方仗助とのチンチロリン」の危険と分かっている勝負も受けていました。 登場当初は漫画のネタのためにスタンド能力で、広瀬康一の体験を盗み見るなど危険を感じさせる人物でした。 また、東方仗助にボコボコにされたことから、東方仗助との人間関係はすこし微妙な感じ。 ただ、岸辺露伴は広瀬康一の人間性を気に入っていて、一方的に慕っています。 しかし、広瀬康一は過去の経験から岸辺露伴のことを少し警戒している微妙な関係となっています。 そして、岸辺露伴はジョジョ4部のボスキャラである「吉良吉影」と幼少のころに関係がありました。 吉良吉影が15年前に殺害した杉本鈴美と家族付き合いがあり、杉本鈴美は幼い岸辺露伴を吉良吉影から救った命の恩人でもあります。 幽霊である杉本鈴美と再会、そして杜王町にいる殺人鬼(吉良吉影)の存在を聞かされ空条承太郎たちと事件解決に協力するようになりました。 スタンド:ヘブンズドアーの能力と強さ 『岸辺露伴は動かない』楽しみにがんばろ!!! — フーゴ814 de9b3e353b854e7 岸辺露伴のスタンド『ヘブンズドアー』 ヘブンズドアーの能力は 『人を本にする能力で、体験した記憶や能力を読んだり書き換えることができる』 というもの。 岸辺露伴の漫画の原稿や空間に描かれたキャラクターを見たものは、心を奪われる形で体が本のようになってしまう。 スタンドのスピードはいたって普通だが、原稿を見せたり、空間にキャラクターを描く岸辺露伴本体のスピードははすさまじく並みのスタンドよりも速い。 東方仗助のスタンドクレイジーダイヤモンドのスピードよりも速く、初見で岸辺露伴の能力を防ぐことはほぼ不可能と思われます。 また、本にした相手の体の自由を奪ったり、記憶を読み取る、能力を書き換えるなどかなりチートな能力です。 「10m吹っ飛ぶ。 」「英語が話せるようになる。 」など、書き込むことでたいていのことは実現可能。 幽霊などの生きていないもの、目の見えない人には本にする能力は無効。 周りが見えなくなるほどキレた東方仗助には、岸辺露伴の原稿は全く見えておらずヘブンズドアーの能力は発動しませんでした。 ヘブンズドアーは成長していて岸辺露伴が原稿や空間に描く残像を見せなくても、スタンドが相手に触れることで本にする能力が発動するようになりました。 スタンド自体での物理的な攻撃シーンは少なく、「本にする」という特殊な能力に特化したスタンドとなっています。 4部のキャラで最強の能力なのか考察 岸辺露伴のスタンド『ヘブンズドアー』 対象人物を本の状態にしてしまえば「勝ち」というかなりチートな能力ですね。 作中では本の状態になると、スタンド能力者はスタンドが発動しない様子でした。 また、書き込んだことが実現するということも、他のスタンドに比べてもかなり尖った能力ですね。 もし「自分に対して攻撃できない」と書き込めば 、たとえ空条承太郎であっても敵うことはありませんね。 岸辺露伴が登場したジョジョ4部の中では最強といっても過言はないでしょう。 ただ、ヘブンズドアーの能力がバレていないことが条件です。 岸辺露伴を知らない定、奇襲攻撃にはもってこいのスタンド能力じゃないでしょうか。 使い手の岸辺露伴の精神力も強く、大抵のスタンド使いなら本にされてしまうのがオチでしょう。 もしかすると、あのディオにも勝つことができたかもしれませんね、 ただ、岸辺露伴がディオを目の前にしてヘブンズドアーを発動できるかどうかは不明です。 ディオの圧倒的な存在感は恐怖そのもの、岸辺露伴の精神力がその恐怖に打ち勝つことができればディオが相手でも勝つことはできるでしょう。 弱いという意見について 『岸辺露伴のヘブンズドアーは弱い。 』とう意見もあるようです。 確かにスタンド自体は攻撃力がほとんどなく、近距離タイプのスタンドと殴り合いといった戦いは不向きなスタンドです。 また、能力の発動条件がバレてしまうと対処される可能性が高い能力ですね。 能力の発動条件が整わなければ、他のスタンドには力及ばないスタンドなのです。 しかし、真正面からの戦いでヘブンズドアーの能力を防ぐことはかなり難しいんじゃないでしょうか? 能力の発動条件も、「漫画の原稿を見せる、空間に描いたキャラクターの残像を見せる」とタイムラグがあったものから、 「スタンドで触れる」と成長しています。 成長性を考えてもヘブンズドアーが弱いという意見には少し疑問が残るところです。 まとめ ・岸辺露伴とはジョジョの奇妙な冒険、第4部に登場するスタンド使いで、人気漫画家で『ピンクダークの少年』の作者。 ・ヘブンズドアーの能力は『人を本にする能力で、体験した記憶や能力を読んだり書き換えることができる』というもの。 ・岸辺露伴のスタンド、ヘブンズドアーの能力はジョジョ4部の中では最強といっても過言はない。 ・能力がバレている相手、能力が発動しないと弱いという意見もあるが、ヘブンズドアーの能力を防ぐことは難しいと考えられる。

次の