ペッパー スプレー。 熊よけスプレー、ツキノワグマ専用の推奨スプレー

催涙スプレー(防犯スプレー)の一覧

ペッパー スプレー

催涙スプレー所持は法律違反なのでしょうか?また、失明するほど強力な成分が入っているのでしょうか?効果は想像を超えるという噂がありますが、どうなのでしょうか? 2017年12月19日、和歌山県田辺市で下校途中の女児が男にスプレーを吹きかけられて全治3か月の重傷を負った事件がありました。 そして、先ほど、宮下裕介容疑者が逮捕されたと報道がありましたが、女児にかけたのは、催涙スプレーだと話しているということです。 催涙スプレーって聞いたことはあるのですが、かけると具体的にどうなるのか知りませんでした。 私のイメージでは、タマネギを切った時、目にしみることありますよね?あれの強い感じなのかな?と勝手に思っていました(笑) かけられた女児が3か月の重傷を負うほどなので、かなり強力なはずです。 今回は、催涙スプレーについて気になることをまとめました! スポンサーリンク 目次• 催涙スプレー所持は法律違反? 催涙スプレー所持は法律違反になるのでしょうか? 結論から言うと、「 場合による」です。 催涙スプレーは有害玩具としてみなされることがあり、警察官による職務質問で発見された場合、軽犯罪法違反や迷惑防止条例違反の疑いをかけられる場合があるということです。 あくまで、疑いをかけられるというだけで、必ず捕まるわけではありません。 今から10年前にズボンのポケットに催涙スプレーを入れて持ち歩いていた男性が、軽犯罪法違反容疑で任意同行、書類送検しています。 しかし、この男性に前科がなかったことや状況から護身用に持っていたと考えられ、所持していた正当な理由があったと判断されました! まとめると、 護身用として持っていたのなら法律違反にはならないが、犯罪目的だったり、所持していた人物が前科者だったりすると、法律違反となるようです。 今回の女児に催涙スプレーをかけたというのもそうですよね! 11年前にも韓国人の武装すり団が西日暮里駅で催涙スプレーをまき散らし、22人もの人が病院に搬送される事件も発生しています。 こんな事件が頻発したことから、日本では取り締まりが厳しくなっています。 催涙スプレーを犯罪目的で使用したり、いたずらをした者は、刑事と民事の両方から厳罰が与えられることが多いです。 わざとではなくても、誤って催涙スプレーを噴射させ、他人に被害を与えた場合でも犯罪として処罰される可能性もあります。 催涙スプレーにはどんな 成分が入っているのか調べてみました。 一般的に販売されている催涙スプレーのほとんどは、 オレオレジン・カプシカムが主成分であり、一部 クロロアセトフェノン(CNガス)のものもあるということです。 こんな説明をされても、ほとんどの人がピンとこないと思います(笑)化学に詳しい人とかでないなら、分からないでしょう。 1つ1つ説明しますね! オレオレジン・カプシカムとは? オレオレジン・カプシカムとは、 トウガラシなどからとれる油性樹脂のようです。 自然界にあるものだったんですね。 その効果は即効的に 皮膚にやけどのような感触を起こし、目をヒリヒリさせ、催涙効果と腫れを起こす作用があるようです。 後遺症が残らないため護身用として用いられています。 クロロアセトフェノン(CNガス)とは? クロロアセトフェノン(CNガス)とは、 警察が暴徒鎮圧用として使用しており、目に入ると激しい痛みを感じ、大量に目に入った場合は一時的に失明する場合もあるそうです。 涙や鼻水が出るほか、吸い込むと激しいくしゃみも出るんだとか! ただし、これは後遺症が残ることはなく、30分程度で症状は回復するということです。 まぁ、オレオレジン・カプシカムもクロロアセトフェノンも効果は同じようなもんですね。 しかし、和歌山県で起きたスプレーをかけられ、女児が全治3か月の重傷を負ったということでしたよね! 何だか矛盾しているような気がするのですが・・・。 実は全治3か月ではなくずっと短い、もしくは、犯人が嘘をついていて、催涙スプレーではなく、別の液体をかけたということが考えられますよね。 個人的には、犯人が言ったとおり、女児にかけたのは催涙スプレーだけど、全治はもっともっと短かったのでは?と思います。 催涙スプレーの効果には、それぞれの商品で違うものなのでしょうか?調べてみたところ、やはり違うようです。 熊撃退用スプレーなんかだと、先ほど説明した有効成分の含有量が多くなっており、強力みたいです。 催涙スプレーは、スタンガンと同様、有害玩具とみなされることがあり、所持していた理由が正当でなければ、法律違反となる場合がある。 催涙スプレーは、オレオレジン・カプシカムやクロロアセトフェノンが有効成分で、どちらも目をヒリヒリさせ、催涙効果と腫れを起こす効果があるが、後遺症は残らないようだ。 催涙スプレーは、商品によって強さが異なっており、有効成分の含有量が多いと当然強力である。 いかがでしたか? 催涙スプレーを私は甘く見ていました(汗)タマネギの強いバージョンと思っていました(汗)しかし、後遺症は遺らないようになっているんですね。 だったら、なぜ女児は重傷に?と思いましたが、今日、女児は登校したようなので、そこまで大きなケガではなかったのかな?という感じはします。 しかし、罪のない子供にかける目的で持っているのでは、これは犯罪ですからね。 犯人にも同じものをかけてやれば痛みがわかるのでは?と思いました。

次の

ペッパースプレー

ペッパー スプレー

携帯用トウガラシスプレー トウガラシスプレーは、刺激的な薬品であり、目の痛み(一時的な盲目)・・鼻水・せき・皮膚の灼熱感などの症状を引き起こし、場合によっては数時間持続する。 対処法としては、通常、皮膚に付着したものを水で洗い流すことが行われるが、油性物質であるため、植物油を用いる方法もある。 目への影響は後遺症が残ることなく、無害であると結論した調査報告が発表されている。 しかし、は1995年6月に、トウガラシスプレーの警察使用によると思われる死者が1990年以降少なくとも61人に上るとの発表をした。 過剰な噴射を受けて呼吸困難等を引き起こしたための死である可能性がある。 WHOの報告書では、直接的な死亡例は喘息保持者の1名のみで、他はコカインとの併用や不適切な拘束姿勢による窒息の疑いがあるとしている。 アメリカ軍のアバディーン研究所はにトウガラシスプレーがを誘発する影響、発癌性の影響、増感、心血管で肺毒性、神経毒性などの致死的な作用を引き起こすことがありうると発表した。 アメリカの法規制 [ ] トウガラシスプレーを装備した機動警官 アメリカでの規制は州ごとに異なる。 - 所持は警察による登録制である。 - 銃の所持許可書保有者のみ購入することが出来る。 他の州 - 特に規制する法令なし。 日本の法規制 [ ] 所持や販売については、明確に規制されていないが、正当な理由の無い携帯はや違反となる場合がある。 航空機には、として持ち込むことが出来ない。 使用については場所や状況によって、やとして、また被害の程度によってはの容疑で逮捕される可能性がある。 脚注 [ ].

次の

もし催涙スプレーをかけられたら!? 覚えておきたい応急処置法

ペッパー スプレー

近所の野良猫が庭にやってきて迷惑した経験はありませんか?ひょっとすると、現在進行形で野良猫が家の周りにイタズラをしていて、困っているかもしれません。 野良猫は自分の遊び場やエサを食べるテリトリーを決めてしまうと、簡単には動いてくれません。 ですので、猫がイタズラをしていると気づいたら、すぐに対策をはじめることが大切です。 忌避剤、スプレー、ネットなど野良猫のイタズラを防ぐ方法はいくつかあります。 その中でも特に短期間で効果を実感できる対策を紹介します。 猫よけスプレーは手軽に自作できてGood できるだけ費用を抑えて、猫よけグッズを用意する方法といえば「自作」です。 ホームセンターで購入できる木酢液や竹酢液はお金さえ払えば手に入るので、用意する手間がかかりませんが、1,000円以上する場合もあり安い買い物ではありません。 また、木酢液などの忌避剤は継続的にまき続けることで効果が現れる猫よけグッズです。 1週間から2週間に1度は忌避剤をまく必要があるので、費用もバカになりません。 自作の猫よけスプレーも忌避剤と同じように定期的に散布の手間がかかりますが、値段を安く抑えやすいことが特徴です。 猫が嫌がる植物の原液を材料に選びますが、原料はアロマオイルなので利用方法が猫よけに限りません。 オイルの種類によっては虫除けスプレーを作ることも掃除用のアルコールスプレーを作ることもできます。 具体的に猫よけスプレーを作る方法を確認していきましょう。 猫よけスプレーの調合方法• スプレーボトル• アロマオイル 上記の3つがあれば、猫よけスプレーは作れます。 60mlのスプレーボトルで作成する場合、水40ml程度にアロマオイル24適ほどたらすと、虫除けスプレーを配合する分量と同じ程度の比率でちょうど良いです。 猫よけスプレーの場合は吹きかけるのが人の肌ではなく、植木鉢などなのでアロマオイルの分量をやや多めにしてもよいでしょう。 アロマオイルは化粧水やルームスプレーを作る際にも使用できます。 その場合、水道水ではなく「精製水」という純度が高い水を使用して、「無水エタノール」という材料が混ざりやすくなる成分を加えるのが一般的です。 猫よけスプレーの場合は直接、人の肌に吹きかけるわけではないので、調合内容に神経質にならなくてもよいでしょう。 ただし、アロマオイルは植物油なので、水道水に混ぜると表面に浮き上がってしまうため、使用する前によく振って中身が混ざるように注意しましょう。 アロマオイルの注意点 アロマオイルの調合分量を理解したあとは、アロマオイルの種類選びに気を配りましょう。 アロマオイルにはいくつかの分類があり、すべてのアロマオイルを猫が嫌がるわけではありません。 また、効果が強すぎると猫が中毒症状を起こす場合があります。 アロマオイルは部屋の空気をよくするルームスプレーとして使用されることがありますが、猫を飼っている家では使用方法に注意が必要です。 ティートゥリーは猫にとって危険 猫の健康にわるい影響があるアロマオイルとして「ティートゥリー」があります。 ティートゥリーは殺菌作用が強く、飼い猫のノミ除けシャンプーに配合されている時期がありました。 ですが、そのシャンプーを使用した猫が異常行動や抑うつ症状などを引き起こすことが報告され、アメリカの「動物中毒自己管理センター(NAPCC 」はティートゥリーと猫の中毒事例を発表しました。 野良猫が庭にイタズラをすると言っても、過度な対策で野良猫に危害を加えてしまっては倫理的に問題があるのと同時に、「動物の愛護及び管理に関する法律」に違反する可能性もあります。 その他中毒症状が懸念されるアロマオイル 猫の中毒症状が懸念されているアロマオイルは主に3種類です。 フェノール類:クローブ、シナモンなど• ケトン類:ユーカリ、スペアミントなど• モノテルピン炭化水素類:ベルガモット、フランキンセンスなど これら3種類に分類されるアロマオイルは中毒症状の危険があるので避けた方がよいです。 シトロネラやゼラニウムは安全 中毒のリスクが低い「アルコール類」に分類されているアロマオイルで、猫が嫌がるにおいにはシトロネラやゼラニウム、ペパーミントがあります。 こちらを使って猫よけスプレーを作った方が安全です。 超音波は置くだけでOKなのでスプレーより手軽 自宅で簡単に作れる猫よけスプレーですが、水分が主な原料なので雨が降ると流れてしまいます。 天候に影響されて効果が薄まるのは市販の忌避剤も同様のことで、液体が主成分である以上、避けられません。 一時的に猫を追い払いたい場合には役立ちますが、長期的に猫を追い払う場合には最適な対策とは言えません。 そこで注目したいのが超音波タイプの猫よけグッズです。 設置型の猫よけグッズで、機械の前を猫が通過すると赤外線が反応して超音波を発します。 音は猫などの動物だけに聞こえる周波数なので、人間には無害。 赤外線の距離も10メートル以上なので、守備範囲も広いです。 猫がイタズラする位置に向けて置いておくだけで良いので、準備の手間がかからないのがラクで喜ぶ人が多いです。 太陽光で充電できるタイプだと、メンテナンスも特に必要ないので、「置きっぱなしでOK」というところが猫よけスプレーよりオススメな点です。 猫よけスプレーよりも超音波が効果的 猫よけスプレーはアロマオイルと水の調合で、誰でも簡単に作成できます。 さらに、アロマオイルは虫除けスプレーやルームスプレーを自作する材料にもなるため、猫よけ以外の目的での使用も可能です。 ただし、効果が継続的でないことが最大のデメリット。 猫よけは長期的な対策が必要なので、スプレーをまくよりも超音波で猫を驚かせて追い払う方が効果は高いでしょう。 商品購入のコストはかかりますが、ソーラー充電が可能なタイプを選べば置いておくだけで猫よけ対策ができます。 最も手軽で、手間がかからない猫よけ対策と言えます。 野良猫のイタズラに迷惑しているのなら、猫よけスプレーだけではなく、超音波を発する猫よけグッズの導入を検討してみるとよいでしょう。

次の