ネコ タイフーン 緊急 爆風 警報。 絶撃の暴風渦 超極ムズ【攻略メモ】スペシャルステージ 絶・緊急爆風警報【にゃんこ大戦争】

【にゃんこ大戦争】緊急爆風警報 進撃の暴風渦の攻略とおすすめキャラ|ゲームエイト

ネコ タイフーン 緊急 爆風 警報

本日のメニュー• メタル対策に非常に使える特性となります。 攻撃頻度 0. 20秒• 攻撃発生 0. 03秒 攻撃頻度と攻撃発生がこのようになっていて、暴風ステージのサイクロン系の攻撃くらい速いんじゃないか?くらい速い! 攻撃1回1回でクリティカル率5%の判定があるので、手数の多さでクリティカルが発生しやすくなっています。 にゃんコンボが優秀 ネコタイフーンは何気ににゃんコンボも優秀だったりします。 ネコタイフーン• ふっとばす距離が上がるにゃんコンボ。 敵の進軍を遅らせたり、ふっとばしている間に壁役が間に入る隙もできやすい。 ネコタイフーン• 風神のウィンディ 風神のウィンディが浮いている敵に超ダメージの特性を持っているので、対浮いている敵であれば実質ネコタイフーン1枠で発動可能! 属性があれば超ダメージが入れられるアマテラスなどとも相性が良い。 ネコタイフーン• 風の精霊エアル自身エイリアンに対して打たれ強い特性を持っているので、エイリアンを相手にするならネコタイフーン1枠で発動可能。 ネコタイフーン• ネコなわとび にゃんこ砲の攻撃力が50%も上がるにゃんコンボ。 にゃんこ砲を使うステージでは使えるかもしれませんね。 風のイタズラ ダブルタイフーン 爆風ときどき竜巻 これらのにゃんコンボと比べると、実用性は低いような感じがします。 再生産も19. 53秒と遅いので、ネコタイフーンだけ・・・ってなると、やられたら厳しい戦況になりますね。 場合によっては 妨害要員を入れたり、他のクリティカルキャラで補うなどした方がいいかもしれませんね。 その他はにゃんコンボ要員で使うキャラとなるでしょう。 メタル相手であれば射程180でも十分なので、かなりの活躍が期待できます! 同じ射程180のねこジュラザウルスが、超メタルカバちゃんにしばかれたことがあったので、使う場合はやられないようにしましょう。 コスト1,350円は高いからね(苦笑) また にゃんコンボ要員としても優秀! 発動要員のキャラも戦力になるので、ネコタイフーンさえ入れれば使えるもの多いです。 クリティカル5%と低確率ですが、攻撃回数の速さで補う優秀なメタル対策キャラ!• 範囲攻撃なので、他の属性の敵が混ざっても処理しやすい。 コストが1,350円と高く再生産も遅めなので、妨害キャラやサブのクリティカルキャラが欲しいかも?• orooroKT.

次の

にゃんこ大戦争 緊急爆風警報 進撃の暴風渦を無課金で攻略

ネコ タイフーン 緊急 爆風 警報

緊急爆風警報 進撃の暴風渦 超激ムズ 狂乱のネコダラボッチが重要 今回、狂乱のネコダラボッチがいたら、かなり楽にクリアーできました。 進撃の暴風渦では、こいつ「ハリケーンサイクロン」がやっかい。 浮いてる敵で、遠距離攻撃です。 なので、 近づいてしまえば攻撃を受けません。 ポイントとしては、• 狂乱のネコダラボッチを入れる• にゃんコンボで「キャラクターの移動速度アップ」を使う。 以上! 狂乱のネコダラボッチが、遠距離攻撃をくらいながらも、近距離に近づいてくれるので、あとは殴りまくりでOK! パーティーは• ネコワイルド• キスヨリ・ス・ゴイ• ネコライオン• ねこウエスタン• アタタタアシラン• 狂乱のネコビルダー• 大狂乱のゴムネコ• タクヤとビューティユキ• 狂乱のネコダラボッチ• ネコジャラミ にゃんコンボは「カウボーイ」と「風車」で、移動速度(小)を2つ。 戦闘開始して、ある程度お金がたまったら、狂乱のネコダラボッチを召喚! それだけだと怖いので、タクヤとビューティユキも生産。 浮いてる敵に打たれ強いので、こいつも近距離に潜り込んでくれます。 あっという間に、撃破! 一発でネコタイフーンをゲット。 やりました。 こんな感じ。 超高速で攻撃、しかも範囲攻撃でクリティカルなので、 今後メタルの敵が出てくるステージが一気に楽になりそう。 パワーアップさせると、ネコハリケーンになる模様。 やはりにゃんコンボをどう使っていくかが、重要かなと。 いろいろ研究してみます。 今日は以上 benjournal.

次の

絶撃の暴風雨 絶・緊急爆風警報の低LV攻略ゼロカムイ使用

ネコ タイフーン 緊急 爆風 警報

それもそのはず キャラ説明文を見るに、遠方攻撃のようで。 ハリケーンの特徴は ・遠方攻撃 ・1回の攻撃力が低い ・倒れるまでに2回KB(3回目のKBで撃破) といったことがあります。 KBしてこちらから距離をとり、再び攻撃範囲に入れてくるのが2回あります。 最低でも3回潜り込まないといけないので、確実に内側へ潜り込める対策が必要です。 はじめは にゃんこ砲のタイミングに合わせて覚醒ムートを滑り込ませようとしていましたが、成功率が低いのでやめました。 29) 接近戦を挑むため、ジャラミ&狂ボッチを採用。 攻撃を受けながら無理やり内側に入ってもらいます。 とあるボクシングマンガの主人公みたいなファイトスタイルです。 編成 一段目ににゃんコンボ「暴風一家」を使用しています。 ネットで調べればわかりますが、コンボの名前やレアリティから必要キャラを推測するのも楽しみだと思うので伏せておきます。 キャラの射程についてはネットで調べますが、にゃんコンボは自分で考える派です。 ・暴風一家で味方の体力上昇 効果は「キャラクター体力アップ【中】」。 にゃんコンボなしだと狂ボッチもジャラミも内側に辿り着くことができませんが、これを発動することで潜り込むことが可能となります。 ・2枚壁でハリケーンの前進を遅らせる 敵の攻撃力が低いことやにゃんコンボの効果もあってか、狂カベゴムが結構耐えてくれます。 ・狂美脚で雑魚敵を一掃 にゃんこ砲の他にも雑魚敵一層役を置きました。 例のヤツ、はぐれたヤツは一撃で倒してくれます。 波動のおかげでそこそこ奥にいるやつにも届きます。 黒わんこは倒すのに少し時間がかかりますが… ・狂ボッチ&ジャラミで攻撃 メインの攻撃役は狂ボッチです。 ジャラミはほとんど使いません。 取り巻きがいないから攻撃役を出したいけど、狂ボッチの再生産準備が完了してない… というときくらいしかジャラミは出しません。 ジャラミは近づいたとしてもハリケーンをふっとばして勝手に攻撃範囲に戻り、やられていくからです。 狂ボッチにはそれがないのがGOOD。 2体同時に出すとジャラミだけでなく狂ボッチも無駄死にさせてしまうので、ジャラミの生産はできるだけ控えます。 戦うときに留意することとして他に注意するのは、 ・にゃんこ砲や狂美脚で取り巻きを一掃したところに狂ぼっちが入るようにすること にゃんコンボで体力を上げてはいますが、それでも内側へ到達するには一度も立ち止まってはいけません。 例のヤツなどが途中にいてそこで一旦止まってしまうと、やっぱり辿り着く前にやられてしまいます。 狂ボッチが近づくタイミングに合わせてにゃんこ砲を使用し、狂ボッチの通り道を作ってあげましょう。 ・にゃんこ砲を温存した状態で狂ボッチが内側に入れた場合、はぐれたヤツ撃退用ににゃんこ砲を使う とより効率が良いです。 はぐれたヤツはこちらより射程が長いうえにふっとばし効果で攻撃範囲に押し戻してくるため、非常に厄介です。 うまくいけば狂ボッチの波動で事前に撃退してくれますが、そんなことそうそうありません。 にゃんこ砲を温存できた場合の使い道はここだと思います。 お金には余裕があるのであまり生産の手順とかはないです。 狂ボッチが暴れるお膳立てをすること、それだけを考えて クリアしました。 続いて2回目は別編成で。 もしかしていけるんじゃないかと思ったのですが… いけました。 コスモとハッカーは外側から安定して攻撃することができます。 少しずつハリケーンが前進してきますが、コスモがふっとばしてくれるので大丈夫でした。 ハッカーだけだとちょっと微妙だったかもしれません。 コスモがいないなら、そこにジャラミとか狂ボッチあたりを仕込めばいい気がしますが。 そして3回目、1回目クリアと同じ編成でトレジャーレーダーを使用し ドロップキャラ獲得です。 激レアなんですね。 9) レジェンドの方でネコハリケーンが欲しくなったので、回収します。 攻略方針はメインデータに同じく、狂ボッチによる接近戦です。 狂カベ&ゴムで戦線維持、狂美脚と狂ドラゴンで取り巻き処理、狂ボッチで攻撃。 上記のとおりにゃんこ砲攻撃力を抑えており、チャージ時間は最長より10秒ほど短いです。 戦術 資金管理がきちんとできればネコボンは要らないですし、戦線維持がきちんとできればスニャも要りません。 しかしいずれにしても取り巻きの出現の仕方次第なので、結構運が絡みます。 それぞれのアイテムを使えば、求められる運のハードルが下がります。 生産は以下の6通り。 はぐれたヤツなら、にゃんこ砲を撃てれば撃ちたい。 そこそこ運が良い感じで、そこそこ普通に戦えた動画を撮れたのでアップしておきます。 射程は僅かながら超メタカバよりも長く、対メタルとしては十分です。 範囲攻撃なので、複数体のメタル、他の敵に紛れたメタルにも対応できます。 クリティカル確率は低めですが、それを補う超高速攻撃が可能です。 しかし、メタルに対しては十分かもしれませんが、それでも短射程の域を出ていません。 特に他属性キャラとの乱戦になる場合、物足りないことがあります。 また、超高速攻撃であるとはいえ、所詮もとのクリティカル確率は低いので、発動しないときは本当に発動しません。 また、攻撃力が低いので、高体力メタルに対しては物足りません。 これまでの少佐やなわとびと比べると、かなり扱いやすいクリティカル要因であることは確か。 しばらくは 「対メタル=ハリケーン」となるはず。 しかし、高体力メタルが増えたり、攻撃力や確率の高いクリティカル要因が手に入ってくると、 「乱戦中で低体力メタルにクリティカルを当てたい=ハリケーン」みたいな感じに少々役割が狭まってきます。 それでもメタルがいるステージの大部分で起用される強キャラであり続けるのは間違いないでしょうけど。

次の